私は大学生で、先生方のプロフィールを見ると大学院を後期の博士課程?で退学ってあるんです。どういう意味なんですか?退学というと、良いイメージはないですよね?卒業はしてないんでしょうか?全くわかりません!教えてください。
あまりの難しさに退学するんですか?(笑)それとも、時間の問題でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 文系の大学院の場合、博士後期課程の3年間で博士号を取得することは、まず不可能です。

特に文学系の研究科では、博士号は、長年研究を続け、長年の研究成果のまとめとして博士論文を提出し、博士号を取得するというのが一般的です。したがって、ほとんどの大学院生は、博士後期課程(留年しても6年間しか在籍できないはずです)の途中で、助手や大学、短大の講師として就職し、研究を続けます。それで、博士後期課程中退という最終学歴になるわけです。
 ただし、正確には、3年以上在籍し、所定の単位を取得した人は「所定単位取得中退」、そうでない人は、ただの「中退」というふうに区別されます。
    • good
    • 0

 数年前に工学系の博士前期課程を修了した者ですが、後期課程(いわゆる博士課程)について述べます。



 後期課程を修了するには条件が二つあります。

(1)大学院の講義を受けて所定の単位を取得すること。
(2)博士論文を提出し、その論文が審査に通ること。

 後期課程の3年間を終えた状態で、単位は取得できたが論文審査は通らなかった場合、「博士課程単位取得退学」ということになります。もちろんその場合は博士号は得られません。

 またayaeさんの回答にあるように、審査に通るにはあらかじめ「そのテーマで学会の論文誌にX本以上掲載されたことがあるか」という条件(学科の内規)があることが多いです。論文誌に一つも載ったことがない場合は、そもそも博士論文を書かせてもらえません。

 論文審査が通る割合は大学や学科によって差があるようですが、私のところでは3割程度でした。つまり、7割の人は単位取得退学になります。

 また論文博士・課程博士の話がありましたが、私の指導教授(学部長兼任)の話では、これからは論文博士の適用はなくなっていく方向だということでした。
    • good
    • 0

「後期の博士課程で退学」っていうのは、「修士課程終了後に退学した」ということであって、中途で大学院を止めたわけではありません。


大学によって大学院の呼び名が「修士課程と博士課程」に分かれているところと、「博士課程前期と博士課程後期」に分かれているところがあるんです。
後者の場合、博士課程前期はいわゆる「修士課程」で、博士課程後期はいわゆる「博士課程」を指します。
ですから、修士だけでいい…という人は前期終了後、後期で退学となるわけです。

ちなみに、「博士論文が難しいかどうか」というご質問が下の方にありましたので、それの回答を…。

私が知っているのは理系ですが、博士号を取るためには、ただ単に博士論文を卒業(修了)時に出せばいいというわけではありません。
決まった本数の論文を学会誌に投稿し、それが掲載(採用)されることが大前提です。
しかも、小さな学会誌だけではなく、大きなメジャー誌に掲載されなければなりません。
ですから、「トータルで掲載○本、そのうちメジャー誌に掲載が×本」と決まっています。
これをクリアしなければ博士号は取得できません。
その上で、最後に博士論文を書き、それが審査を通過しなければならないのです。
博士課程にいれば、誰でも取れると言うわけではないんですよ。
そういう意味では、修士までの資格は比較的取りやすいと言うことができます。

この他に「論文博士号」というものがありますが、これは修士の資格を持った人が、博士課程に在籍せずに博士号を取る方法です。
論文を投稿して実績を作り、その上で博士論文を書いて審査をしてもらうものです。
企業のお偉いさんなんかが博士号を取得する時の方法ですね。
これは、更に多くの論文を投稿しなければいけません。
難しい方法ですね。

私は修士までしか取っていませんので、あまり詳しい論文の本数までは分かりませんが、ご参考までに…。
    • good
    • 0

単位取得退学者です(^^;)



まず最初に基礎知識。
ご存じと思いますが,大学には標準在籍年限というものがあります。留年・休学などをしないで,普通に単位を取っていれば,何年で卒業できるかという年数です。
短大は2年,学部学生は4年,医学部・歯学部・獣医学部は6年です。
大学院は,修士課程(大学院によっては博士前期課程)2年,博士課程(同じく博士後期課程)3年です。なお医学部などには修士課程がありません。

修士課程を終える(卒業ではなく修了という)には,修士論文を提出してこれがパスすることが必要です。また,博士課程に進学する場合は,通常,その前提として修士取得済み,または取得見込みであることが必要です。
博士課程についても基本的には同じです。

ところが,わが国の文系の大学院では,shinkishuさんがおっしゃたような慣習が昔からあります。
特に文学系ですと,たかが大学院で3年だか4年だか研究したくらいの若造なんぞに博士号などやれるか,あれはライフワークの集大成の論文に与えるものなんだ,みたいな雰囲気が昔から強かったといいます。
(「英語も文系ですか?」とのことですが,文系です。ただ,文学系に比べると語学系はもうすこしゆるいと思います。)
このため,文系の大学院で博士号をとるのはかなり困難です。実際,大学の教員公募の書類を見ても,条件に「博士号取得,またはこれに準じる能力を持つ」のようなことが書かれていることが多いです。
ただ,一方では,海外の学会に行って「おや,あなたはPh.D(博士号)お持ちじゃないんですね,何か理由でも?」などといろいろ聞かれて,けっこう説明が大変という話も聞きました。
もちろん肩書きが全てではないのですが,そういった事情もあって,特に心理系や教育系などでは,博士課程を出る時に論文を出した人には,きちんと審査したうえで博士号を出す流れになりつつあるように思われます。

>ただし、正確には、3年以上在籍し、所定の単位を取得した人は「所定単位取得中退」
本の著者略歴などでは「満期退学」などと書いている人もいますね。

理系では,博士課程に3年(~6年)いるあいだに博士論文を提出する人が多く,また実際文系よりは通りやすいようで,あまり中退者はいません。

理系,文系とも,中には博士課程の2年の途中で大学講師の就職が決まるような優秀な人もいます。それまでに雑誌に載せた論文や学会発表などが高く評価されて引き抜かれるのです。この場合は,満期でない単なる退学,中退です。
法学部あたりでは,大卒と同時に大学の助手になる(修士も博士も持っていないのに)というスーパーエリートみたいな人もいるようです。

就職してからどうやって博士号を取るかというと,やはり論文を書き,博士課程をもっている大学(別に自分の在籍した大学でなくてもよい)に提出して審査を仰ぎます。
これを論文博士といい,研究内容が素晴らしければ,べつに大学関係者でなくてもとれます。ときどき,全くの趣味で歴史か何かを研究していて博士号をとった,などのニュースが新聞に載ることがあります。
これに対して,博士課程在学中か,退学してから一定期間(5年とか)以内に,その大学院に論文を提出するのを,課程博士といいます。論文博士は審査料がいりますが,課程博士は無料(というか授業料に含まれている)なのが普通です。

このあたりの事情は,大学によって,また学部・学科(大学院では研究科・専攻という)によって,かなり違うようですので,自分のいたところ以外は不確かな部分もあります。とりあえず自信ナシとしておきます。
    • good
    • 0

確か普通に卒業すると退学と書かれたような気が……


博士過程中に論文で博士号をとるのは文系ではそんなに多くなかったので(今は変わったかもしれません)
期間が終わって、学校を去っていくと退学と書かれてしまうのです。

ただ色んなケースがあるのであんまり自信がありません(苦笑)
修了と書くのがメジャーだと思いますし。
博士課程中に講師として引き抜かれる方もいらっしゃるので。

この回答への補足

 普通に卒業して退学!?なんでですか~!?みなさん言うことが違いますね・・・文系では多くないんですね。英語も文系ですか?
 

補足日時:2001/10/20 20:46
    • good
    • 0

途中で大学の助手かなんかの就職口が見つかり、退学して就職、研究を続けて論文で博士号とって今にいたっておられるのでしょう。

大学院は博士論文がとおらないと卒業(修了)できませんので単位取得後退学というのは多いですよ。授業料払いながら研究するより給料もらいながら研究の方がいいですからね。

この回答への補足

博士論文が通ってないから卒業できないということですか?博士論文ってそんなに難しいんですか?どうしてlipさんはわかるんですか?

補足日時:2001/10/20 20:36
    • good
    • 0

これは勉強が難しくついて行けなくやめるのではなく、もう大学課程で十分以上の知識も得てこれ以上いる必要がなくなりやめるのです。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国公立の大学院(博士後期課程)の後期試験

こんにちは。

一般に、大学の後期試験(二月などに実施する試験)は、前期試験より難易度が上がると聞きます。
国公立の大学院の博士後期課程の後期試験の場合もレベルが上がりますか?
募集人数が少数でしたが、その人数は必ず合格できるのでしょうか?

おねがいします。

Aベストアンサー

ごめんなさい。レベルが下がるなんて言ったら誤解が生じますね・・・・。

私が言ったのは、入試の難易度は、
大学院→学部→高校→中学→小学→幼稚園
ってな具合に、下の学年になるほど難しくなるってことです。博士課程の方々のレベルは非常に高いです。

私は農学出身で、高校時代には医学部に行くなんて選択肢もありませんでしたが、今なら医学博士課程に進学することもできます(東大は無理ですが、地方国立大なら行けると思ってます)。

さて、博士後期課程進学を考えていらっしゃるようですが、できれば中央の大学(東京・大阪や旧帝大)に行かれることをお勧めします。
専門が何か存じませんが、できればポスドクのいる研究室がいいです。雰囲気が違います(ポスドクというものがどの分野にもいるのか知りませんが・・・)。


以上、私の偏見たっぷりの意見でした。偏見がありすぎて参考にならないかもしれませんが、がんばってください。そう言えば、うちの教室も募集してましたわ・・・。もうそんな時期か~。

Q立命館大学 総合理工学専攻の博士後期課程の英語の試験内容

はじめまして。

現在、某大学の修士課程(M2)に在学しておりますが、来年度、博士後期課程に進学しようと考えております。そこで、現在、いくつか大学院の博士後期課程の試験を受けてきましたが、できれば立命館大学の理工学研究科の総合理工学専攻に入学したいと考えております。

願書を見る限りでは、試験は英語の筆記試験と面接となっており、具体的にどのような問題が出題されるかがわかりません。おそらく自分の専門分野に関する問題だとは考えておりますが、どのような形式の問題がでるか実際に受験した方がいらっしゃいましたら、教えてくださいませ。

ちなみに、柱となる研究分野は環境型です。

Aベストアンサー

立命の話は知らないので以下は参考程度と言うことで・・・


まずD課程なら、既に教授と挨拶は済ませて「弟子にしてやるから来い」というぐらい信頼が無いと受からないのでは?

私の場合(理系国公立)、試験の内容は「○○もしくは、◆◆、もしくは××を英語で論述せよ」という長文論述ものでした。ちなみに○○は私の修士論文の内容、◆◆と××は同じく受験する同期や外部から来た社会人の研究内容でした。どこでも、こんな感じの試験とは言えない試験だと思いますが・・・。(過去問対策が必要な類の問題は出ないのでは?という事です)

てか、なんで外部から私学のDへ???死にに行くようなモンかと・・・・・。

Q博士課程前期を卒業してまた博士課程前期に入学できる?

 新しい分野に興味を持ったので考えています。
どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

 可能です。

因みにうちの院(宗教学)には元大学教授(工学系)と別の大学の現職の教授(中国語)の方がいらっしゃいますし、
同じ分野の別の大学院から移ってこられた方もいらっしゃいます。

あと、教授のつてで正規の学生ではないけれど、聴講の形で他の大学院の授業に参加することも出来ますよ。

また、アメリカの会社(googleとか)の経営者には2つの分野の修士号を持っている方も大勢いらっしゃいますよ。

最近は1つの専攻だけではやっていけないので、他の分野の知識も必要ですから、あなたの選択は大いに結構なことだと思います。

仮に経済学の修士→法科大学院でしたら公認会計士試験がかなり免除になる可能性もありますよ。

参考URL:http://www.komazawa-u.ac.jp/gr/research/in-bukkyoken-home/hokoku/04/04hokoku.html

Q博士後期課程で特待生合格したんですけど・・・・

博士後期課程入試で特待生で受かったのですけど
何でだろうと思ってます。
みんななるのかなぁ?
3人合格してますけど入試が良かったのかなぁ・・・?
なんか喜んでいいのか複雑な気分です。どうなんでしょう?

Aベストアンサー

教員の側からすると、博士に来てくれる学生って
とても有難いんですよね。4年生の指導もしてくれるし。
いろんな雑用もやらされますよね。
だから、少しでもそれに報いてあげようと、
いろいろ考えているんですよ。
胸を張って、後期課程を頑張って下さい!

Q博士課程単位取得満期退学は

博士課程で博士号を取得した人より劣っているということになるのでしょうか?国立大の教授になると取得か退学かで年収が変わるときいたんで投稿してみました?回答お願いします

Aベストアンサー

東京大学の法学部の場合、研究者として残る人は、学部を卒業後、そのまま、大学院に行かず、助手採用になります。
助手の期間(確か、三年間)で助手論文を作成し、それによって、そのまま助教授、教授となっていきますので、博士号を持っていない人もいます。
戦前においては、博士号は研究者人生の集大成として退官する際にもらうものという伝統もありました。(文系では)
理工系では、博士号取得を採用に際しての条件にする場合もありますが、業績があるかどうかが基本的には優先されます。つまり、博士号があるかどうかは余り関係ない。
博士号取得は、学科によって違いますが、国際的な査読のある論文誌に二報以上採用されているとかが必要条件になっている場合もあり、満期退学の場合、単にその論文が提出中で結果待ちという場合もあります。

結論的には、博士号を取得しているかどうかは、(学科による違いはあるが)基本的には関係ないはずです。

参考URLは 東大の法学部の教員一覧です。
ご参照ください。卒業即助手の方が多いです。

参考URL:http://www.j.u-tokyo.ac.jp/about/professors/index.html

東京大学の法学部の場合、研究者として残る人は、学部を卒業後、そのまま、大学院に行かず、助手採用になります。
助手の期間(確か、三年間)で助手論文を作成し、それによって、そのまま助教授、教授となっていきますので、博士号を持っていない人もいます。
戦前においては、博士号は研究者人生の集大成として退官する際にもらうものという伝統もありました。(文系では)
理工系では、博士号取得を採用に際しての条件にする場合もありますが、業績があるかどうかが基本的には優先されます。つまり、博士号...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報