母平均の推定や検定において、対応の「ある」場合と「ない」場合の使い分けが分かりません。
たとえば、ある製品の部位Aと部位Bの厚みを比べるような場合は、対応が「ある」のだと思いますが、同じ部位をメーカーの異なる2つの装置でそれぞれ測定した場合、対応は「ある」のでしょうか?「ない」のでしょうか?

A 回答 (2件)

「対応のある」方法は、個々のデータに比べたい相手がはっきり決まって


いるときに使います。これは、対になったデータの差を1系列のデータと
みなして、その平均がゼロであるかどうかを検定しているのです。この方法
が使えるかどうかは、データを対にすることの「もっともらしさ」で決まり
ます。

例えば、あるダイエット法に効果があるかどうか調べるときに、20人の
人間にそのダイエット法をやってもらい、前後の体重を量るとします。
このとき、同じ人間の前後の体重差を1つのデータとして扱うことは非常に
もっともらしいでしょう。このようなとき「対応のある」検定方法を使い
ます。

「対応のない」方法は、2つのデータ系列をA、Bと呼ぶと、A全体の
平均値とB全体の平均値が同じといえるかどうかの検定です。上の
ダイエットの例をこの方法で検定することは間違いではありませんが、
ダイエット効果による体重差が、20人の体重のバラツキの中に埋もれて
しまって、検出しずらくなります。


>同じ部位をメーカーの異なる2つの装置でそれぞれ測定した場合

これは2つの測定装置の差を見たいわけですよね。全く同じ物を測った
結果を比較するのが最もいいでしょうから、「同じ物の同じ部位」を
測定したデータを対にするのはもっともらしいと言えるのではないで
しょうか。すなわち、「対応のある」方法がよさそうです。


>ある製品の部位Aと部位Bの厚みを比べるような場合は

これは、「同一物」の部位Aと部位Bが同じ厚さになっていて欲しいと
いう要件があれば、「対応のある」方法がふさわしいでしょう。いや、
そこまでは求めない、製品群全体として部位Aの平均と部位Bの平均
が同じになれば構わない、程度ならば「対応のない」方法でも差し支え
ないでしょう。

edogawaranpo さんがお書きになったように、データを取るときから
「対応」を意識しなければなりません。どれとどれが対応するか分から
なくなってしまったら、「対応のない」方法を使うしかありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

失礼ながら、edogawaranpoさん、redbeanさん、おふたりにまとめてお礼をいたします。
おふたりの説明で大変よく分かりました。特にredbeanさん、ダイエットの例はものすごく良く分かりました。また同一物の部位Aと部位Bの例で、目的に応じて使い分けられるということに目の前がパッと晴れた気がします。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/22 00:58

2つの考え方があります。


1つの部品から取ったデータを対応があるようにデータ表に記載した場合は.個別のデータに対応がありますので.対応ありの計算が使えます。
しかし.一つ一つの部品を分けないで記載した場合.対応なしの計算になります。
データの取り方(データ表の作成の仕方)でどちらの計算を使うかが決まります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフィボナッチ数列で「0から開始する場合」と「1から開始する場合」がある理由は?

フィボナッチ数列をネットで検索してみたのですが、「0から開始する場合」と「1から開始する場合」がありました。
・どうして異なるのでしょうか?
・1から開始した方が説明しやすいのでしょうか?
・読んだ限りでは「0から開始する」方が分かりやすいと思うのですが…

Aベストアンサー

0、1ではじめても、1、1ではじめても、3つ目以降は直前の2項の和で定義されるので
数列としては同じものです。(それはわかってるって?はい、すいません。)
ただ、数列の番号をa₁、a₂、...と1からはじめる場合
a₁=1、a₂=1
a₀、a₁、...、と0からはじめる場合
a₀=0、a₁=1
とすれば、一般項anはまったく同じ形になる。

ということではないでしょうか?

Q5mm(厚み)と0.4mm(厚み)の価格差が0.65セントとします。

5mm(厚み)と0.4mm(厚み)の価格差が0.65セントとします。
では3mmだと、価格差はどれだけになるでしょうか?
全然わかりませんので、考え方も一緒に教えていただけないでしょうか。
厚みが減ると逆に価格は上昇します。

Aベストアンサー

本当なら、厚みと価格の関係がはっきりしないとこの問題は解けないのですが、
単純に考えて、厚みが減ると価格は上昇するということなので、厚みと価格が反比例しているとしましょう。

厚みをx、価格をyとして、
y=a/x
の関係がなりたっているとします。

「5mm(厚み)と0.4mm(厚み)の価格差が0.65セント」を式にすると、
a/0.4-a/5=0.65
これから、
a=0.65/(1/0.4-1/5)=0.65/2.3=13/46
であることが分かります。


>では3mmだと価格差はどれだけになるでしょうか?

3mmと何mmとの価格差なんでしょうか?

3mmと5mmの価格差なら、
a/3-a/5=(13/46)*(2/15)=13/345≒0.03768セント

3mmと0.4mmの価格差なら、
a/0.4-a/3=(13/46)*(13/6)=169/276≒0.6123セント



ほかに、厚みの差と価格差が比例しているとする考え方もあり得ます。
この場合は当然違った答えになります。

Q漢字の「加減乗除」「和」「差」「積」。ここまでは、感覚的に分かる。しかし、なんで「商」なの?

四則演算を「加減乗除」
その演算の答えを和・差・積・商。

この8つの漢字の中で、唯一「商」だけが、感覚的に分かりません。
はるか昔、小学生の頃から変だと思っていました。

割り算の答えの「商」の語源・由来とは何なんでしょう。



とある情報源より、下記の話は、すでに分かっています。

1.商という漢字は、平原の中の高台を表す象形文字。

2.その高台に住む人達が、後に他へ移り住み、あきないをするようになった。
 「商」から移ってきた人達なので「商人」。

3.「商」には「あきなう」のほかに「はかる」の意味があり、土木工事の工程をはかるという意。(※)

(※: たぶん、100の仕事を4人でやれば25日とかなんだと思いますが。)


この説明は、1→2→3の三段論法みたいになってますが、1→2は分かりますが、2→3の飛躍が激しすぎて、私としては不満です。


上記の説明よりも優れた説明をしていただけるかたを募集!

(恐れ入りますが、知識・情報・出典等が無く、推測・ご意見のみのご回答は対象外とさせていただきます。)

四則演算を「加減乗除」
その演算の答えを和・差・積・商。

この8つの漢字の中で、唯一「商」だけが、感覚的に分かりません。
はるか昔、小学生の頃から変だと思っていました。

割り算の答えの「商」の語源・由来とは何なんでしょう。



とある情報源より、下記の話は、すでに分かっています。

1.商という漢字は、平原の中の高台を表す象形文字。

2.その高台に住む人達が、後に他へ移り住み、あきないをするようになった。
 「商」から移ってきた人達なので「商人」。

3.「商」に...続きを読む

Aベストアンサー

一種のノウハウ集である九章算術の第5章の商功の章で
解説された土木工事における体積計算などの手法を
和算が輸入したときに、割算を乗算の逆算の解ととらえ
商と呼んだからです。

体積などの計算という文脈のなかで、
加算や乗算に対する逆算を行なうわけですが、
和算では解のことを商と呼ぶ場合がでてきて、
例えば解がないことを無商などと呼ぶことが
あったそうです。

現代では上記の乗算の逆算としての解の意味の商を
割算のときの意味に限定して生き残ったのではないかと
思われます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E7%AB%A0%E7%AE%97%E8%A1%93

Q点推定と区間推定について

今大学で推定を習っているのですが、出てくる問題は区間推定ばかりです。
で、少し思ったのですが、どのような場合に区間推定ではなく点推定が必要になってくるのでしょうか?
出来れば具体例で教えていただければ幸いです、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

精度の問題だと思います。たとえば内閣の支持率を調査した場合、支持率が20%(低っ!!)だったとします。このとき国民全員を調査したわけではないのでこれは推定値になります。
点推定の場合は内閣の支持率は20%となり、区間推定の場合は(正規分布なら)15~25%… とかいうことになります。この場合正確なのは後者の方ですがわかりやすいのは前者の方です。要するに点推定の方が大まかに分かりやすいといえます。ただ当然範囲を持っている区間推定の方が正確ではあります。
またこれは分布状態や母集団の大きさにもよります。分散が小さいもの(みんな支持or不支持)や母集団が大きい場合(国民全員に調査)は点推定でも精度が上がりますよね。

Q「場合の数」と「確率」の問題が分かりません。

(1) 7人の中から委員を3人選ぶとき、選び方は何通りあるか答えなさい。
(2) 7人の中から班長、副班長を1人ずつ選ぶとき、選び方は何通りあるか答えなさい。
(3) 男子3人と女子2人の5人が長椅子に座る順番を決めるとき、女子が隣り合う確率を求めなさ    い。

この問題の解き方、答えを教えて下さい!

よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

>(1) 7人の中から委員を3人選ぶとき、選び方は何通りあるか答えなさい。

7人をA-Gとすると
 組み合わせの問題なので
7C3=7!/(3!*4!)=7*6*5/(3*2*1)


>(2) 7人の中から班長、副班長を1人ずつ選ぶとき、選び方は何通りあるか答えなさい。

これも上と同じく組み合わせなので
7C2で計算

>(3) 男子3人と女子2人の5人が長椅子に座る順番を決めるとき、女子が隣り合う確率を求めなさい。

女子が隣り合うのは以下の4パターンのみ
○○○××
○○××○
○××○○
××○○○
後は、他の並び方を考える


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報