現在遺伝子クローニングをしていて、遺伝子の部分配列(500bp)のクローニングに成功しました。今全長をとろうとしているのですが、自分でふと思いついた方法にみなさん意見ください。その方法とは
 (1)ゲノムを適当な制限酵素で切りサザンを行う。
 (2)その結果からサザンででたバンドを切り出す。
 (3)プラスミドにライゲーションする。
 ここからオリジナルですが
 (4)形質転換せずに(コロハイせずに)カラムで精製して部分配列のプライマー  (それぞれの方向に伸びるプライマーを2種用意)とベクター上のプライマーで  PCRをかける。
 (5)得られたバンドをTAクローニングする。
 (6)全長が得られるまで(1)から(5)を繰り返し行なう

A 回答 (1件)

アダプター(リンカー)ライゲーション後のPCRに似てますね。

方法がイマイチ分からない(私の解釈したやり方と意図されているものが違うかもしれません)のと目的が良く分からない(遺伝子取ってから何に使うのか?シークエンス情報のみ必要?発現させたり、プロモーター解析したりするのか?)ので判断が難しいですが、私は良い考えとは思いません。

先輩や指導教官に聞けば分かると思いますが、皆がやっているやり方にはそれなりの理由がありますよ。(・o・)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報