最新閲覧日:

※このカテゴリでよいのか自分では判断がつきかねますので、もし何かお気づきでしたらご指摘ください。
 
「覚えていられないようなものは価値がない。どんどん忘れなさい。」
これは某ベストセラー本にある一節です。(文面は変えてありますが。)
これが私には至極ひっかかってしまうのです。

―「忘れてしまった、または忘れてしまっている、ようなもの」は自分の人生という大きなものさしの上では(長期的にみれば)価値がないものだ―
私はこのように解釈しました。つまり自分の記憶というものにも重要度に応じて
淘汰が起こりうるということでしょう。実際脳内神経のしくみからも、使われない回路(シナプス)はだんだんと消えていくのだそうですが。

しかし私は、単に電気信号が伝わらなくなったニューロン=自分にとって全く無価値であるが為、というのは当てはまらないと思うのです。本当は自分の求めている真理に触れているような大事な記憶であるのに、ただそれを永久保持するのが機能的に不可能なだけであって、一時期他のことに傾倒したばっかりに忘れてしまったことというのもあるはずではないのでしょうか?もしくはそういうことを考慮にいれてもやはり忘れたものはしかたがない、のでしょうか?
それは個々の意思次第ともいえるでしょう。しかし、例えば義務的強迫的に覚えさせられたものの割合が高い人はこれに当てはまらないでしょう。

長文で申し訳ありませんが私にとってとても大きな命題なので意識してまわりくどく表してみたつもりです。こんな私の疑問にじっくり付き合ってくれる方の意見ぜひおまちしています。

A 回答 (12件中11~12件)

全くの私見を言わせてもらえば


>覚えていられないようなものは価値がない。どんどん忘れなさい。
というのはかなり正しいように思います。
記憶というのは大きな外傷がない限りはカケラぐらいは残っているものです。

自己の人生に少しでも必要性があるものならば、その記憶は必ずいつか蘇り(様々な方法で…時には自分の発想として)、自分の中で血となり肉となると思います。
そして、その通り自分の人生にさほど意味を持たないものは消えていく…そういったものだと僕は判断しています。

…と、いった簡単な答えを出してしまいましたがあなたにとっての何らかの答えになれば幸いです。
もし、お役に立てなかったらごめんなさい

この回答への補足

いえいえとんでもないです。とてもポジティブな意見ありがとうございます。
 
補足というか、もしよろしければ考えていただきたいことがあります。ちなみに私は現在大学2年生、ついこのあいだハタチになったばかりの青二才です(笑)。
たった20年という、私の人との交流を例にあげて意見するということ自体、恐縮で勘違いしているかもしれませんが、私の見地からはっきりいって最近では「忘れる」ということを肯定している人の方が大勢を占めている気がします。これは必ずしも適切な仮定でないかもしれませんが、こうしてネットも普及して人との交流機会や、やりとりされる情報量が爆発的に大きくなってくると、直接現在の自分に利害関係のないことをわざわざ思い出そうとする人も少なくなってくるのではないでしょうか。そうなるとよりいっそう、「自分の現在」にばかり目が向けられ、忘れたものはしかたない、という割り切った結論をもつことこそが処世術だということになってこないでしょうか。私は確かにそういうイデオロギーの浸透が進行していると思います。

皆さんぜひ意見を聞かせてください。

補足日時:2001/10/21 12:46
    • good
    • 0

その本は読んでませんので、質問文からのみお答えします。



私もO-jiroさんと同じ意見ですね。
人間の脳みそは確かに優秀ですが、だからってそんなに都合よく出来てるとは
思えない(笑)単に永久保持する事が機能的に不可能なだけでしょう。

でも、逆に考えますとある意味での真理も見えてくるように思えます。
それは、現代の風潮として「忘れる事」についてすごく罪悪感を覚える人が
多数いるってことです。
忘れてしまう事で救われる事ってたくさんありますよね?でも、なんだかんだで
忘れるって意識的に出来ないじゃないですか?

それに「忘れてもいいんだよ、そんなたいして重要な事じゃない」なんて
誰にも言ってもらえない言葉じゃないですかね?
そう考えていくと、その理論的な事柄よりもむしろ言葉そのものに私は
重要性を感じました。

一度その「某ベストセラー」読んでみたいですね。
最近本屋さんにも行って無いからたまに覗きにいってみようかな(笑)
あんまり参考にならないと思いますが、ごめんなさいです。

この回答への補足

早速の回答どうもありがとうございます。

>現代の風潮として「忘れる事」についてすごく罪悪感を覚える人が
多数いるってことです。
ここすごく考えさせられます。受験勉強とか仕事上のマニュアルとか、皆一度は気が乗らないようなことでも覚えさせられますよね。モチベーションはその対象を拒絶しているのに「大学にはとりあえず入らなきゃ」とか「自分の専門外だけどおぼえなきゃ食べていけない」とか無理やり事後的に理由付けをさせられる―

またその逆ですごく興味のあることに取り組んでいても、あるときふと「あれ?なぜ私はこんなことをしているんだろう?」と思うことがあります。プロスポーツ選手なんかはだいたいまずそれが好きでなければやっていけないような世界で生きていると思いますけど、どんな人でも大小違いはあれど個々にモチベーションスランプを経験しているでしょう。好きで始めたもののはずなのに気づくと義務的になっている、こともありえるのではないでしょうか。

「大切なのは同じことを長く続けない、ということだ」
私の父はよく自己啓発的な本を読むのが好きなようでしたけれど、彼のメモにこのような言葉が記してありました。たぶんこれは、自分の意欲の源泉でさえ忘れてしまうのだから<状況が許してくれるのなら>対象が自分の中で義務化されないうちに、次の意欲対象を探せ、ということだと解釈しました。本当に正直に生きるってことはこういうことなのかもしれません。

ただ、私はpco1633さんのいうように「忘れるって意識的に出来ない」というのにも疑問が残るんです。インプットの方は意識的にある程度操作できる、じゃあデリートはどうなのか。これもあくまでその内容次第ですけれど、たとえばすごく嫌なことがあってそれを忘れるために、意識して他のことに没頭する人と思いつめて原因を特定しようとする人に分けると、たぶん前者の方が忘れやすいでしょう。ここが私を惑わせている、のです。

よろしければまたこれについて意見を聞かせてください。

補足日時:2001/10/21 12:27
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ