離婚をしたあとに夫の姓を使っていた女性が旧姓に戻らなくてもいい、とか、子供の姓をどうするか、といったことについて書かれた法律は何法ですか?初心者でもわかりやすく読める本などもありましたら教えてください。

A 回答 (3件)

民法の親族編に規定があります。

第767条です。
そのことに関する書物は、持っていませんから分かりませんが、大きな書店に行かれると、様々な離婚に関する本が出ています。

参考URL:http://www.ron.gr.jp/law/law/minpo_si.htm#2-4-1- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早いご回答どうもありがとうございました。また参考のページも今後にこういった法をしらべるのにすごく役立ちそうで、ありがたかったです。本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/21 23:54

 皆さん、書かれておられるように民法に規定があります。

民法767条です。
●たとえば、婚姻して、佐藤から鈴木に姓を変えたとしましょう。離婚の際はこの姓を変えた方は当然に佐藤に戻ります。これを当然復氏などと言います。
●御質問の件ですが、上の場合を例にとると、婚姻で姓を変えたほうが、離婚後も鈴木の姓を使いたい場合は、離婚後三ヶ月以内に届け出をします。多分この届出は市役所などでいいと思います。
あと、このような離婚の法的問題を書いた本は本屋の法律コーナーにあります。民法の家族法といところにあると思います。
本屋で手にとってわかりやすいと思った本を選べばいいのではないかと思います。
以上 多少いいかげんな回答すいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。いいかげんな回答だなんてとんでもないです。細かく解説してくださってありがとうございました。

お礼日時:2001/10/21 23:58

民法の他、戸籍法です。

関連は戸籍施行規則、住民台帳基本法などがあります。解説書は本屋を探して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。民法の他にもこういったものがあったんですね。参考になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/21 23:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数楽と数学会の読みは何ですか?

数楽と数学会の読みは何ですか?

最近、よく「数楽」という言葉を見かけますが、この言葉の読みは何でしょうか?。

普通に読めば「すうらく」だと思いますが、数楽舎という塾は、「すうらくしゃ」ではなく、「すうがくしゃ」と読むそうです。
どちらかが造語ですか?

また、数学会の読みは、「すうがっかい」ですか、「すうがくかい」ですか?

Aベストアンサー

私も、「すうがく」、「すうがっかい」でよいと思うが。

数楽というのは、数学者や数学愛好家が「数学とは楽しいものだ」ということを強調するために、わざと漢字を変えて使っているものである。
だから、数学と同じく、「すうがく」と読んで問題ない。

>どちらかが造語ですか?
「数楽」は造語、「数学会」は「数学」と「会」の合成語だろう。

余談だが、「楽」と言う字は、
・「楽園」「行楽」など、「たのしい」「のびのびする」という意味では「ラク」
・「音楽」「楽器」など、「うたう」「音をかなでる」という意味では「ガク」
と読むのが原則である。
「数楽」の場合は、上記のような理由で敢えて例外的に「ガク」と呼ぶのである。

Q離婚で旧姓に戻った妻が、婚姻中の姓に戻ることができる件について。

私は女性で、離婚歴のある男性との結婚を予定しています。

その男性が離婚時に、元妻といくつかの覚え書きを交わしました。(公正なものではありません)
その中に、元妻に対して「今後婚姻中の姓は名乗らないこと」との項目がありました。
離婚時には、元妻は元妻の旧姓に戻りました。

男性は、そのような約束をしたのだから、守られているはずだ、と思っているようなのですが、離婚後原則として、3ヶ月以内であれば、女性が誰の許可もなく、婚姻中の姓に戻れるという法律があるわけですから、私は元妻が、本当に約束を守って、旧姓を通しているのかどうか、知りたく思っています。

もしも元妻が、男性の姓に戻っていたとしても、私自身に何ら実害があるわけではないのですが、心理的にあまりよい気がしませんし、ですから事実を確かめて、安心したいのです。

そこで事実を確かめる方法なのですが、元妻やその関係者に接触せずに確かめる方法はないでしょうか? 
素人の私が考えるに、やはり弁護士などの専門家に、専門家の権限を使って調べてもらうほかに方法はないのではないかと思うのですが、そうなのでしょうか?
そうだとしたら、そのような件を依頼できる専門家とは、弁護士だけですか?
よくわからないのですが、司法書士や行政書士などという職業の方も、法律と関わっている人のように認識しているのですが、弁護士以外でも依頼できるところはあるのでしょうか?
(できればいろいろな選択肢があった方がいいので、お聞きしています。)

男性は離婚後3ヶ月以上が経過しており、子供はいませんでした。
この件に関して、男性の協力は得ることができます。

どうぞよろしくお願いいたします。

私は女性で、離婚歴のある男性との結婚を予定しています。

その男性が離婚時に、元妻といくつかの覚え書きを交わしました。(公正なものではありません)
その中に、元妻に対して「今後婚姻中の姓は名乗らないこと」との項目がありました。
離婚時には、元妻は元妻の旧姓に戻りました。

男性は、そのような約束をしたのだから、守られているはずだ、と思っているようなのですが、離婚後原則として、3ヶ月以内であれば、女性が誰の許可もなく、婚姻中の姓に戻れるという法律があるわけですから、私は元妻...続きを読む

Aベストアンサー

旦那様の戸籍から元奥様の戸籍をたどっていくことが可能かと思います。
もし元奥様が婚姻中の姓を使っていたとしても法律的には認められた行為であれば不愉快になるお気持ちはわかりますがそれ自体をなかったことにすることはできないと思うのです。
交渉してお金を返してもらったりする必要があるのかもしれませんが今回の質問には直接関係ないと思われますので(これ以上不愉快にさせるわけにもいきませんし)やめておきます。

どういういきさつで旦那様と元奥様が別れたのかは図りかねますが旦那様に深い恨みでもない限り別れた旦那の姓を名乗りはしないと思います。お子さんがいないわけですしわざわざ婚姻中の名前を使うメリットは考えづらいです。
あまり気にされないほうがよろしいかと思いますよ。

Q読みは何でしょう

読みは何でしょう

Aベストアンサー

「網目」です。

写真から箱書きのように見えますが
網目模様の焼き物か塗り物でも入っているのでしょうか?

Q離婚前の姓を継続していましたが、旧姓に戻すことはできますか?

離婚後も仕事の関係で、結婚時の苗字を名乗っていました。この度、仕事を辞め地元に戻ることにしたため、旧姓に戻そうと思っているのですが、不可能なのでしょうか?以前に、市役所などで確認した際には、双方の戸籍謄本を取得のうえ、家庭裁判所へ行って手続きをする必要があると聞いていたのですが、最近インターネットで調べていたところ、「旧姓に戻すことはできない」という情報が掲載されていました。
実際には、可能なのでしょうか?
またその際には、どのような書類と手続きが必要なのでしょうか?
お詳しい方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

 こんにちは。以前、仕事で戸籍事務をしていました。

 私が担当していた当時(10年くらい前です)は、「旧姓に戻らない届け(戸籍法77条の2の届ですね)を出すと、旧姓には戻れませんよ」と説明していました。

 お書きのとおり、一般的な氏や名の変更と一緒で、家庭裁判所の許可が必要です。
 下記のサイトでは、最近は認められることもある様ですね。裁判所の判断ですから、基準を知ることは難しいですね。

○手続き
・住所を管轄する家庭裁判所の許可を得るには当人が出頭して申立書に必要な事柄を書き、申立人の 戸籍謄本を添付の上、費用として印紙600円と郵便切手(家庭裁判所で多少の違いがあるでしょうが、おそらく400円程度)を添えればいいです。

・家庭裁判所から改名通知が届いたら、本籍のある区市町村役場の戸籍係の窓口に家庭裁判所からの通知書を提出しますと、役所では戸籍にその事実の日付を記載し、同時に戸籍名も新しい名に変更します。

・手続きの詳しい事柄は、家庭裁判所からの通知書に丁寧に書き添えられておりますから、心配ありません。

 とりあえず、申請しないことには始まりません。

http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/rikon2.html

参考URL:http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/rikon2.html

 こんにちは。以前、仕事で戸籍事務をしていました。

 私が担当していた当時(10年くらい前です)は、「旧姓に戻らない届け(戸籍法77条の2の届ですね)を出すと、旧姓には戻れませんよ」と説明していました。

 お書きのとおり、一般的な氏や名の変更と一緒で、家庭裁判所の許可が必要です。
 下記のサイトでは、最近は認められることもある様ですね。裁判所の判断ですから、基準を知ることは難しいですね。

○手続き
・住所を管轄する家庭裁判所の許可を得るには当人が出頭して申立書に必要な...続きを読む

Q本を読み事で何が得られますか?

本を読み事で何が得られますか?

Aベストアンサー

楽しい時間。展開を想像すること。新たな知識、作者の思想。

Q現在夫(外国人)の姓を名乗っていますが子供と私の姓を私の旧姓に

戻したいのですが 以前家庭裁判所に問い合わせしたところ はっきり内容は思い出せないのですが手間がかかるような事を言われたのであきらめました 
やはりもう一度旧姓にもどしたいと思うのですが
難しいことなのでしょうか?

Aベストアンサー

婚姻中ですよね?
そして相手の姓を名乗る婚姻をされたと言うことですね?

夫がご質問者のご両親と養子縁組されない限りは無理です。
外国人に限らず日本人同士でも同じです。

婚姻時に決めた姓の変更は婚姻している限り変更できません。

Q「故れ」の読み方と意味は何ですか

「故れ」の読み方と意味は何ですか。

本居宣長の「古事記伝」に出てきます。
一応、自分の解釈は
読み方は「これ」
意味は「これによって」
と思うのですが、国語学的な根拠がないので、
自信がありません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えば古事記傳七之卷神代五之卷の二段目「須佐之男命御啼伊佐知の段」の冒頭を見てください。「故各隨依賜之命所知看之中」に、「カレ オノモオノモ ヨサシタマヘル  ミコトノ マニマニ シロシメス ナカニ」と訓みが添えられています。

「かれ」は、「か・あれ」の縮まったもので、「か」は「あれ」「あそこ」と物を指し示す語、「あれ」は物が明瞭に見える意の「ある」の「已然形」で、「あるので」「あるのだが」というような意味。併せて、「そのようなことであるから」といったような意味に使われます。

「自分の解釈」と仰るのはとても良いことですね。国語学的な根拠など参考程度にすればよいでしょう。それこそ宣長の言う「おほらか」ということでしょう。

Q両親(60代)が離婚で母は旧姓に戻ります。私(40代男子)も母方の旧姓を名乗りたいですが、改姓することはできるのでしょうか??

はじめて質問いたします。

両親(父60代前半、母50代後半)が、離婚することになりそうです。原因は度重なる父の浮気で外に何人もの子供が出来ているため、信頼関係が壊れたみたいです。
私は40代前半の男子で一人っ子として育ち、現在は結婚し2児の父親です。
当然、私、妻、子供二人とも父方の姓を名乗っています。
最近になって「他に兄弟がいる」という事実を知り私もショックを受けていまして、母も懲りずに父が外に子供を作ったことで堪忍袋の緒が切れ、離婚を考えはじめました。

昔から父は母に対して蹴飛ばすといった暴力を度々振るっていたこともあり、私自身も幼少の頃から父のことが好きではなく、そして今回の事実を知ったことで、父の血が自分の身体を流れてると思うとゾッとするぐらい、父に対して嫌悪感を抱くようになりました。

そこで私としては、父と母が離婚するに際し、私も母の旧姓を名乗りたいと思った次第です。私が母の旧姓に改めるとすると、当然、妻子供も改姓したいと思います。

しかし、このようなことが可能なのかどうか、法律に疎い私には判断が出来ません。

私、妻、子供達2人とも母の旧姓に改姓することは出来るのでしょうか?

是非ともお教えいただければ幸いです。
宜しくお願い致します。

はじめて質問いたします。

両親(父60代前半、母50代後半)が、離婚することになりそうです。原因は度重なる父の浮気で外に何人もの子供が出来ているため、信頼関係が壊れたみたいです。
私は40代前半の男子で一人っ子として育ち、現在は結婚し2児の父親です。
当然、私、妻、子供二人とも父方の姓を名乗っています。
最近になって「他に兄弟がいる」という事実を知り私もショックを受けていまして、母も懲りずに父が外に子供を作ったことで堪忍袋の緒が切れ、離婚を考えはじめました。

昔から父は母に対し...続きを読む

Aベストアンサー

#1です

ごめんなさい。
質問に答えてませんよね。
民法791条に規定があります。

これは、子であることを条件とするのみで、戸籍が一緒であることを要求していません。ですので、裁判所の許可を得てできることになります。
が、やっぱりなじみの無い苗字に代えるのであれば、奥様の苗字にしたら如何でしょう?


第七百九十一条  子が父又は母と氏を異にする場合には、子は、家庭裁判所の許可を得て、戸籍法 の定めるところにより届け出ることによって、その父又は母の氏を称することができる。
2  父又は母が氏を改めたことにより子が父母と氏を異にする場合には、子は、父母の婚姻中に限り、前項の許可を得ないで、戸籍法 の定めるところにより届け出ることによって、その父母の氏を称することができる。

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%96%af%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=M29HO089&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1

#1です

ごめんなさい。
質問に答えてませんよね。
民法791条に規定があります。

これは、子であることを条件とするのみで、戸籍が一緒であることを要求していません。ですので、裁判所の許可を得てできることになります。
が、やっぱりなじみの無い苗字に代えるのであれば、奥様の苗字にしたら如何でしょう?


第七百九十一条  子が父又は母と氏を異にする場合には、子は、家庭裁判所の許可を得て、戸籍法 の定めるところにより届け出ることによって、その父又は母の氏を称することができる。 ...続きを読む

Q「馬前」←1字の漢字です。読みと意味は何ですか?

「馬前」←1字の漢字です。読みと意味は何ですか?
人名のようなのですが、[馬前]原という記述がありました。
第2水準にも無い漢字のようですが、何と読むのでしょうか?
また意味は何ですか?

Aベストアンサー

漢字辞典で調べたらありました。人名については分かりません。

読み:「セン」古い中国の読み方だと「ゼン」の場合も
意味:蹄の白い馬
「[馬前]原」の読み:「きばはら」

参考…大修館「漢語新辞典」

Q婚姻後、夫の姓→妻の姓 または 妻の姓→夫の姓 へ変更するには。

タイトル通りなのですが
婚姻届を出した後に、姓を変更するにはどうしたら良いでしょうか?

夫の姓から妻の姓へ もしくは 妻の姓から夫の姓への変更です。

養子縁組か、離婚してまた結婚しかありませんか?
よっぽどの理由がないと難しいのでしょうか?
特に理由がない場合は不可能に近いのでしょうか?

詳しい方いらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。

>養子縁組か、離婚してまた結婚しかありませんか?

・この方法が最も早くて確実です。やろうと思えば今日にでもできます。

>よっぽどの理由がないと難しいのでしょうか?

・氏の変更を家庭裁判所に申し立てることは、制度としてはありますが、「やむを得ない事由」があり、それを裁判所が認めてくれるかどうかです。裁判所の基準は具体的に示されているわけではなく、ケースバイケースで可否が決まりますから何ともいえませんが、一般的には難しいようです。

・以前、3年間戸籍事務(人口30万人程度の地域です)をしていましたが、裁判所の許可を得て氏の変更の届出をされた方は、一人もおられませんでした。
 もともとそういう手続きをされる方が少ないか、認められる例が少ないかどちらかなんだと推測します。

>特に理由がない場合は不可能に近いのでしょうか?

・そのとおりです。「やむを得ない事由」が必要です。

http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/ujina/ujina.html

参考URL:http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/ujina/ujina.html

 こんにちは。

>養子縁組か、離婚してまた結婚しかありませんか?

・この方法が最も早くて確実です。やろうと思えば今日にでもできます。

>よっぽどの理由がないと難しいのでしょうか?

・氏の変更を家庭裁判所に申し立てることは、制度としてはありますが、「やむを得ない事由」があり、それを裁判所が認めてくれるかどうかです。裁判所の基準は具体的に示されているわけではなく、ケースバイケースで可否が決まりますから何ともいえませんが、一般的には難しいようです。

・以前、3年間戸籍事務...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報