かなりひどい便秘だったので大腸検査を受けたのですが、何も異常がなく(食事にも気をつけているので)精神的なところからくるものかもしれないという事でした。自律神経失調症や神経症の本を読んでいたら自分にあてはまる事ばかりで、1度病院に行った方がいいいのかな?とも思います。
症状としては
 ・無気力、無関心
 ・笑う事が少ない
 ・被害妄想が強い
 ・嫌な事があると泣けてくる
 ・自分がどう思われているか異常に気になる
 ・不安感が強い
 ・死に対する恐怖
 ・飛行機に乗るのが怖い
 ・高いとこや狭いとこが怖い
 ・イライラする
 ・怒りっぽい
  
などです。しかし外では自分を明るく見せ様と、無理して喋ったり笑ったりしている気がします。だから誰も周りの人はこんな自分を知りません。
4才と2才の子供がいるので明るいお母さんでいたいのに自分の調子がいい時、気分の乗る時はいいのですが、たまに返事をするののもおっくうな時があります。
どうしたらいいか、アドバイスを下さい。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

自律神経失調症の他に、軽度のうつ病や不安症とも考えられます。


心療内科か精神科でカウンセリングを受けられたらいかがですか。
殆どの場合、症状に合う薬を飲むと、早期に回復しますから、安心してください。
深刻に考えたり、無理に頑張ろうとするのは良くありません。

病院について心当たりが無いのでしたら、各県に設置されている「精神保健福祉センター」に相談すれば、病院などの賞か居もしてもらえます。
お一人で悩まずに、相談しましょう。
相談先は、参考URLのページの傍線の所をクリックしてください。

参考URL:http://ww1.enjoy.ne.jp/~mh-hiroshima/4.01.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

しばらくパソコンができなくてお礼が大変遅くなってしまってすいませんでした。
kyaezawaさんのアドバイス大変参考になりました。いろいろ本やネットで勉強して、心療内科の事とかもいろいろわかりました。たまたま通りかかった漢方の店でカウンセリングを受けてしばらく漢方療法でやってみる事にしました。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/12/07 15:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小3 高熱時の異常行動・精神症状

9才の女児のことです。
インフルエンザに限らずですが、高熱で就寝中、うなされて異常行動のような症状を見せることがよくあります。
内容は、声を出さずに「静かにしてー!!」と興奮して泣き叫ぶ(息で)ことです。
異常行動は、幼稚園児の頃から始まって、その頃は小さいためうまく説明できず、頭がおかしくなってしまったのかと、大変怖い思いをしました。
その当時は高熱に限らず、就寝中にのそのような悪夢にうなされることがたまにありました。
近年になって、説明ができるようになったのですが、重いタイヤが胸の上に次々乗っかってきて、苦しくてたまらない。あと、人の声が、頭の中でものすごく大きく反響するから、とにかく静かにして欲しい、ということでした。
毎回、大体同じような内容です。
今では自分でもわかっているので、悪夢を見ても起こせばわかってくれます。

このようなことは、子供にはよくあることなのでしょうか?
今まで、タミフルは飲ませたことはありません。
高熱の時も、実は子供が氷枕やシートなど、冷やすのを気持ち悪がるのと、私自身も熱が菌をやっつけるのだからと無理には冷やさず、解熱剤も、辛そうな時以外は極力控えるようにして、あまり熱を下げることには執着しませんでした。
熱が下がってしまえば、何の後遺症も残ってないみたいに、元気な子供に戻るのですが、今後もこのような感じで、対処していっていいものか、それとも、子供が嫌がっても頭くらいは冷やした方がいいのか、ご意見を伺いたく、ご相談しました。
よろしくおねがいします。

9才の女児のことです。
インフルエンザに限らずですが、高熱で就寝中、うなされて異常行動のような症状を見せることがよくあります。
内容は、声を出さずに「静かにしてー!!」と興奮して泣き叫ぶ(息で)ことです。
異常行動は、幼稚園児の頃から始まって、その頃は小さいためうまく説明できず、頭がおかしくなってしまったのかと、大変怖い思いをしました。
その当時は高熱に限らず、就寝中にのそのような悪夢にうなされることがたまにありました。
近年になって、説明ができるようになったのですが、重...続きを読む

Aベストアンサー

うちの息子(8歳)も高熱のときは毎回うなされています。
最近では、本人も自覚があるらしく
熱が出るのを怖がっていますが(怖い夢を見るからと)
熱のせいだから心配しないようにといっています。
私自身もそう思っていますので。

熱のないときの、夜の興奮状態ですが
息子も幼稚園年長から時々あります。
私も心配になりあちこち相談したり調べたのですが
「夜驚症」のようです。
脳の発達が精神の発達に追いつかず
睡眠時に(寝てから1時間から2時間たって)
突然起きだして泣いたり歩き回ったり怯えたりします。
本人は翌朝は覚えていないらしくけろっとしています。
年齢が上がるにつれておさまるそうです。
なのでこちらもあまり心配はしていません。

熱は出し切らないと回復しないという話もありますが
夜寝付けなかったり、熱で不安がるようなときは
私は解熱剤を服用させます。

Q1才・耳掃除の頻度と耳だれについて

お世話になります。
1才2ヶ月になる双子の娘の母です。

夫はカサカサ耳、私はシトシト耳です。優勢遺伝はシトシト耳だと聞きましたので、娘たちもシトシト耳だと思います。
9月の中旬に娘たちが鼻水の風邪をひいて耳鼻科を受診した際、耳もチェックしてもらっており、その時は異常がありませんでした。また、耳かきについて相談したところ、風呂あがりは耳の中の皮膚が、ふやけているため、特に皮膚の薄い幼い子には耳かきをしないほうが良いと指導されました。また、そもそも日常的には耳掃除をする必要はなく、3か月に1回くらい耳鼻科を受診してプロが耳掃除をすれば、それで問題ないと言われました。

ものごころついた頃から耳がかゆかった私自身は毎日のように耳掃除をしているためビックリし、夫に確認したところ、カサカサ耳の夫は半年に1回くらいしか耳掃除をしないとのことでした。また、耳がかゆくなったことなどないと言われて衝撃を受けています。他人に耳のことを聞く機会など今までなかったため、驚くことがたくさんあります。

一般的に耳掃除というのは、どれくらいの頻度で行うものなのでしょうか?

また、このところ娘たちが耳の中に指を突っ込む仕草をするため気になり、綿棒を湿らせて耳に入れたところ、黄色い耳だれがつきました。すぐ綿棒が全体的に黄色くなったため、2本目の綿棒を同じように湿らせて入れたところ、今度は茶色い耳だれも少しついて出てきました。耳鼻科を受診した方がよいでしょうか?

毎日のように耳掃除をしている私自身も頻繁に黄色い耳だれがつくので、今までは黄色い耳だれがついてきても普通だと思っていたのですが、私の耳のかゆさと耳掃除の回数は一般的ではないようなので、心配になってきました。

アドバイスいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

お世話になります。
1才2ヶ月になる双子の娘の母です。

夫はカサカサ耳、私はシトシト耳です。優勢遺伝はシトシト耳だと聞きましたので、娘たちもシトシト耳だと思います。
9月の中旬に娘たちが鼻水の風邪をひいて耳鼻科を受診した際、耳もチェックしてもらっており、その時は異常がありませんでした。また、耳かきについて相談したところ、風呂あがりは耳の中の皮膚が、ふやけているため、特に皮膚の薄い幼い子には耳かきをしないほうが良いと指導されました。また、そもそも日常的には耳掃除をする必要はなく...続きを読む

Aベストアンサー

改めて、耳鼻科を受診なさってください。
そして、耳に異常がないかどうか確認してもらってください。前回は大丈夫だと言われても、今回も大丈夫だとは限りません。
そもそも耳だれが出るというのは、耳に異常が起きていると考えるのが普通です。
・・・・・・で、耳掃除についても改めて、医師に相談してみてください。

あとは医師に任せてください。

Q腹痛・嘔吐・冷や汗・下痢・血便で苦しいです。

始めまして。助けて下さい!

夜中2時ごろ、突然お腹が痛くなりトイレに駆け込みました。
症状としては、腹痛・嘔吐・冷や汗・下痢です。
朝方9時ごろちょっと治まって、昼ぐらいまで寝ました。

また、起きて時々腹痛が起こり、少量の下痢があるんですが、
なんと血便だったんです(泣)
たぶん、朝方の下痢も意識朦朧として気付かなかったけど
血便だったと思います…。
どす黒い下痢で、水っぽいような赤色がついています。。

今日は日曜なので病院に行けないのですが
明日まで腹痛とか下痢が続くなら、朝一で病院に行きたいと思ってます。
あまり心配することではないですかね?
病院に行くなら何科にいけばいいでしょうか?
明日の昼からは仕事なので、できるだけ短時間で検査とか終わってほしいのですが。
小さい病院でも大丈夫でしょうか?
あと、なんとなくお腹がすいてきたのですが、何を食べたらいいでしょうか?うどんとかホットミルクでもOKですか?
なんせ、一人暮らしなので困ってます。

Aベストアンサー

NO1です

乳糖や糖分の高い濃度の飲み物や食べ物:
急性下痢の後や下痢が続く場合では腸の粘膜が傷害されていますので、
乳糖(牛乳などに含まれる糖分)などの吸収が悪くなります。
そのため、これらを多く含んだ飲料やお菓子、
食事を食べると乳糖が吸収されずに下痢になります。

急性の場合には、風邪によるウイルスや細菌、
体の冷えや暴飲暴食、アルコールの飲みすぎ、
辛いものの食べすぎ、緊張や興奮、
ストレスなども下痢を引き起こす原因になりますが、
これらは一過性のものですのでさほど心配はありません。
しばらく食べ物を摂取せずに、水分補給だけして
腸を休めるのがいいです。

正反対の意見がありますが、下痢の時は乳製品は駄目です。
下痢は人間の自然治癒、悪いものを出そうとしてるので
食べれば食べるほど出ます。
冷たい飲み物はダメ、脱水するとだめなので暖かい白湯やスポーツドリンク(ぬるいやつ)
下痢が治まればお粥とお茶、リンゴを食べてそれでも下痢をしなければ
もう大丈夫です。

Q自分の病気のせいで家族・両親の仲が・・・

30代女性です。

現在、ある病気で、家族の助けが必要です。家族が一丸となって、自分のサポートに回らないといけない状況です。
中々、人には家族といえど、理解が難しい病気なので、自分で解決しようと、長年・・色々と治療所めぐりや電話相談etc・・・・・・考えられる範囲は自分で探しておこなってきたのですが、体力的にもう一人では無理で、家族にサポートしてもらわないとどうにもならなくなってきました・・。

が、、母親が私が病気になったのは、自分のせいだ・・自分が責められている様・・自分のせいなんやろ・・とか、長年の母の父への不満が爆発したり・・・汗。 今はそんな事言ってる場合ではない・・そうじゃない・・過去ではなく、今を見ようと・・父や家族が言っても、母は話し合いは上の空で・・・。
一丸とならないといけない時に、そっちの方向へいってしまい・・自分は病気も持っている状態で、ほとほと・・そういう事で体力を奪われてしまいます。微熱がここの所、ずっと続いている状態です。
病院へは通っていますが、結局は24時間接する、家族が重要で・・。解かって入るようですが、中々・・難しく・・困っています・・。 弟が入ると、何か上手くいくのですが、母もなだめられるのですが、弟も仕事があり、将来がある身です。

どうしたら、両親が協力でき、母がキレずに、、自分は病気を治す事だけに集中できるのか・・分かりません

30代女性です。

現在、ある病気で、家族の助けが必要です。家族が一丸となって、自分のサポートに回らないといけない状況です。
中々、人には家族といえど、理解が難しい病気なので、自分で解決しようと、長年・・色々と治療所めぐりや電話相談etc・・・・・・考えられる範囲は自分で探しておこなってきたのですが、体力的にもう一人では無理で、家族にサポートしてもらわないとどうにもならなくなってきました・・。

が、、母親が私が病気になったのは、自分のせいだ・・自分が責められている様・・自分のせ...続きを読む

Aベストアンサー

お母さんのことは、基本的には、お母さん自身が解決していく問題なんでしょうね。
確かに表面的に見るならば、きっかけはあなたの発病かもしれない。
でも!それは単なる切欠であって、本筋ではないと思います。
それはあなたも理解していらっしゃいますよね?。

お父さんとの間で、いろいろあったのでしょう。
おそらく少し神経質な方でしょうから、何らかのトラブルが頻発する中で、自分が抱え込んで日々過ごしてきた。
あなた方子供が、何らかのトラブルを起こした時も、それが例えば「事故に近いもの」であり、偶然の出来事であっても、それを「自分の管理不届きだから」と、押し込める習慣が知らずのうちについたのかもしれません。
自分が背負い込むことで、子供を保護し守ってきた。
だけど…今回ばかりは…という「慚愧」の気持ちなのでしょう。

言葉でいくら言っても、過去の自分は変えられないですし、お母さんの場合は「過去を見ながら現在を見る」習慣がついているのでしょうから、未来を見ようといくら言っても「そこに明るい未来が待っている」と自覚できない限りは、納得はしてくれないと思います。

つまり逆に言えば
「明るい未来の切欠を見せてあげれば」
心のなかの憂鬱も少しずつ晴れていくだろう、と思うのです。
言葉「だけ」では足りないってことですね。

大事なのは言葉ばかりではなく「態度」であり、実感です。
未来は暗いものではなくて、可能性があるもの、明るく「出来るもの」である、という実感を、少しずつ与えて見せていくことですね。
今回の場合、お父さんがかなり大変ですけど、お母さんのサポートに回るべきと思います。
お父さんは改心しなきゃですね(汗)。
でも、大人の男だから…きっと出来ますよ。

さて、次はあなたのことです。

まず基本的なことですけど
「病気はなりたくてなるものではない」ですよね?。
つまり「誰にも責任や落ち度はない」わけです。
だからあなたも「自責の念など持たない」のが、周囲のことを考えても一番いい事だと思います。
それがひとつ。

もうひとつが「家族以外のサポーターを誰か見つけていく」ことです。
あまり難しく考えないで、要は「多数の友人や知り合いを作っていく」という意味です。
ネットなどの利用も、かなり効果的です。

詳しい状況がわからないので、細かい回答は出来ないのですが、例えば「吸痰」とかが頻繁にある、ということであれば、そのケアが可能な人や、条件に適合する人を探す。
日常生活がある程度できるけど、突然の脱力感などがある場合は、その処置が可能な人を探すことで、家族の負担を減らすことが可能になります。

公共の施策で可能なものがあれば、どんどん質問して、可能なものがあれば使って下さい。
難病指定である場合は、そのためのサポートとしての費用扶助とかが行われている時もあります。
ともかく、公共のものはフルに活用して下さい。

それと言い忘れましたが、お母さんには「自由時間」を、設定してあげて下さい。
そしてそれはある程度「時間を前もって決められる」ことが望ましいです。
ある意味「強制的に休ませる」ということですね。
定期的に休みを入れることで、メリハリができます。
気持ちが僅かの間ですが、切り替えられるので、少しリセットが可能になります。
その間の人員の確保というのも、課題の一つになるでしょう。

お母さんのことは、基本的には、お母さん自身が解決していく問題なんでしょうね。
確かに表面的に見るならば、きっかけはあなたの発病かもしれない。
でも!それは単なる切欠であって、本筋ではないと思います。
それはあなたも理解していらっしゃいますよね?。

お父さんとの間で、いろいろあったのでしょう。
おそらく少し神経質な方でしょうから、何らかのトラブルが頻発する中で、自分が抱え込んで日々過ごしてきた。
あなた方子供が、何らかのトラブルを起こした時も、それが例えば「事故に近いもの」であり...続きを読む

Qあかちゃんが笑いません

9か月のあかちゃんがインフルエンザで入院しました。知人の子供です。タミフル少量と、咳のためにステロイドも使用しました。総合病院です。1周間なんとか入院を終え熱も下がり帰宅しました。いつもと同じようにいろんなものに興味を示し同じようにつかまり立ちや、立ったり、少し声を出したり、行動はいつもと変わりませんが、どんなにあやしても「わ!」っとかいつもやると奇声あげて喜ぶことをどんなにやっても笑いません。笑ってくれないのです。あとはなにも変わったことはないのですが。まあ本調子ではないようで鼻水もとまらないし、ミルクもいつも以上に飲むのに笑いません。全然。。。どうしたんでしょうか?

Aベストアンサー

まず考えられるのは、体調が戻っていないということでしょうね。インフルエンザは高熱を伴い、体力を消耗します。その上、熱が下がってから咳や鼻水といった症状がでるのもよくあるパターンです。タミフルの服用によりウイルスの増殖が防がれ、今までよりは早く熱が引きますが、倦怠感などは今までと同じくらい続きますので、遊び始めただけでも回復といっていいでしょう。乳幼児は多少調子が戻ってくると遊びだしますが、笑うのは最後です。
 次に考えられるのは、「入院」という体験ですね。母子同室だったのか、患児のみの入院だったのかにもよりますが、点滴や注射をされたり、処置室に入るときは親とも離されますし。9ヶ月といえば人見知りもします。きっと小さいながらにつらい経験だったのでしょう。もっと大きな子でも退院直後は赤ちゃん返りをしたり、お漏らしをしたりなど、よく見られます。
でもこれは時間が解決してくれるので、必要以上に甘やかすことなく、スキンシップを大切にしていけば大丈夫です。
 最後にちょっと気になったのが、タミフルの服用です。今シーズンから1歳未満の乳児にはタミフルを服用させないようにと、製薬会社から通達が出ているはずです。「タミフルを少量」と記載があったので、その辺りを考慮してなのかわかりませんが。
気になるようでしたら、主治医にご相談を。その記事は下記に添付します。

参考URL:http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/200401/11/20040111k0000m040038000c.html

まず考えられるのは、体調が戻っていないということでしょうね。インフルエンザは高熱を伴い、体力を消耗します。その上、熱が下がってから咳や鼻水といった症状がでるのもよくあるパターンです。タミフルの服用によりウイルスの増殖が防がれ、今までよりは早く熱が引きますが、倦怠感などは今までと同じくらい続きますので、遊び始めただけでも回復といっていいでしょう。乳幼児は多少調子が戻ってくると遊びだしますが、笑うのは最後です。
 次に考えられるのは、「入院」という体験ですね。母子同室だったの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報