今の社会では、おもに「ひらがな」が使われていますが、戦前に書かれた文章などには「カタカナ」が使われているのはどうしてですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

日本語の表記方法を簡潔にする(ローマ字表記の効率の良さとの比較)ことはヨーロッパを手本として日本を近代化した明治政府や知識人の大きな課題でした(脱亜入欧)。

たしかに日本語ほど複雑な表記法をもつ国はありません。漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字を使い分けなければならないのですから。明治時代には表記方法から逸脱して日本語そのものに問題があり英語を国語にすべきだという乱暴な意見もあったそうです。

お尋ねの戦前の書物にカタカナ表記が多いというのは大正時代に生まれたカタカナ表記運動の名残りだと思います。軍隊などは国粋主義者が多かったのでカタカナ表記を好んだようです。小学校一年でカタカナ、ひらがなのどちらを先に教えるべきかは常に議論の的で、現在はひらがなになっていますね。

戦前と現在とどちらがカタカナ表記が多いか議論の分かれるところです。戦前は今日ほど外来語が生で使われることはありませんでしたから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく、分かりやすいご説明をありがとうございます!大変参考になりました。

お礼日時:2001/10/21 12:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜひらがなとカタカナの2種類が作られたのか

漢字から派生したこの2種類の文字セットは、なぜ2種類できることになったのですか?
ひらがなが女性用だったので、男性用にカタカナが作られたのでしょうか?

Aベストアンサー

素人の想像ですが、平仮名は万葉仮名から発展してきたもので、はじめから日本語を表記するのが用途だっただろうと思います。一方カタカナのほうは漢文に接する機会が多かった僧侶や知識人にとって何かの必要があって発達してきたものではなかったでしょうか。私は新米の小坊主が先輩が使っている難しい漢語を聞いて後で漢字を調べるというような使われ方もあったのではないかと想像しています。

Q「戦時中」と「戦前」の違い

「戦時中」と「戦前」の違いっていうのは何ですか?同じ意味でしょうか?

Aベストアンサー

 もちろん同じ意味ではありません。また、沢山のご回答が集まっていますが、当時を知らない若い方が多いのか、曖昧な回答も見受けられますし、中には明らかに間違った回答も見られます。

 戦争があればかならず「戦前・戦時中・戦後」があります。この日本でも日清戦争、日露戦争、それぞれにもやはり「戦前・戦時中・戦後」はあったわけです。ですが、今日よく耳にする「戦前・戦時中・戦後」という表現は一般的に「太平洋戦争に於ける戦前・戦時中・戦後」といった区切りで語られるものです。

 それでは「戦時中」とは何時から何時までか・・・といえば、事実上太平洋戦争に突入した日から終戦を迎えた日まで、つまり、真珠湾攻撃が行われた昭和16年(1941)12月8日から「戦時」が始まり、終戦を迎えた昭和20年(1945)の8月15日をもって「戦時」が終わった。この間が「戦時中」であり、当然のことながら、それ以前が「戦前」であり、それ以降が「戦後」であるということになります。

 ただし、ここでひとつ気をつけなくてはならない点があります。それは、日頃中高年層が口にしたり、経済や社会情勢などの比較としての視点で語られる「戦時中」という言葉のイメージは、こうした「何時から何時まで」といった歴史的な日付とはかなり隔たりがある場合もまた多いからです。
 
 まず、この日本で戦時体制が敷かれたのはなにも太平洋戦争が勃発した日からのことではないということ。真珠湾攻撃の前にも支那事変をはじめとして、この日本はある意味で戦時体制下にあったのです。しかし、当時はさほど戦時といった緊迫した感覚がありませんでした。
 しかし、傀儡政権を擁した満州国の行き詰まりや、資源の生命線とも言われた東南アジアルートの圧迫、こうした事態に至って、やむなくアメリカと、そして連合国を相手に戦争を強いられることになった日本。事実上の太平洋戦争に至っても、まだまだこの時点では、強い先行きの不安感はあったものの、一般社会や民間の日常生活に於いては、「戦時中」といったさほどの緊迫感も逼迫感もなかったように思います。
 つまり、「戦時中」とは、ある意味で具体的に「歴史的な日時」をさして言うよりも、むしろかなりイメージ的な表現であることもまた多いということを知っておいて欲しいのです。

 それは昭和18年(1943)ぐらいからだったでしょうか、戦況は次第に悪化し、誰の目にもそれが明らかになり始め、出征兵士の数も戦死者の数も膨大なものになり、夫や息子を失った家族が町に目立ち始め、物資と言えばなにもかもが不足し、食料から思想に至るまですべてに統制が行われと、日常生活にも極度の我慢を強いられ始めた、こうした何につけても苦しく辛かった時代のこと。この時代を「戦時中」と表現し、「戦時中はこんな美味いものは手に入らなかった」といった言い回しとして使われることが多いのです。

 事実の上からは政治や国策、そして経済までもが次第に窮地に追い込まれ、世界規模の不況の波も避けられず、いずれはこうした諸問題の打開のために戦争もやむなしといった空気が漂い始めたにもかかわらず、当時はまだ世界の列強として名を連ね、戦勝を疑うこともなく、西欧の文化の交流や流入も盛んで、表面的には高揚した空気に支配されていた「戦前」・・・、そして「戦時中」を経て・・・、終戦に至って何もかもすべてを失い、文字通りのゼロポイントから立ち上がった日本、「もはや戦後ではない・・・」と言われた昭和29年(1954)頃までの「戦後」の時代・・・、この日本は三つの大きな時代の区切りを経たのです。

 もちろん同じ意味ではありません。また、沢山のご回答が集まっていますが、当時を知らない若い方が多いのか、曖昧な回答も見受けられますし、中には明らかに間違った回答も見られます。

 戦争があればかならず「戦前・戦時中・戦後」があります。この日本でも日清戦争、日露戦争、それぞれにもやはり「戦前・戦時中・戦後」はあったわけです。ですが、今日よく耳にする「戦前・戦時中・戦後」という表現は一般的に「太平洋戦争に於ける戦前・戦時中・戦後」といった区切りで語られるものです。

 それで...続きを読む

Q「キロ」、「グラム」を使う前に、昔の日本はどのような重量単位を使っていたのでしょうか。

 日本語を勉強中の中国人です。日本の重量単位についてお聞きしたいことがあります。

 今の日本は日常生活と一番かかわる重量単位は「キロ」、「グラム」ぐらいでしょうね。そこで、お聞きしたいのですが、「キロ」、「グラム」を使う前に、昔の日本はどのような重量単位を使っていたのでしょうか。古代から現代まで、歴史のまたがりが大きいため、あまりに多すぎると皆様のご迷惑をお掛けすると思いますので、日本の昔の一番重要な、よく使う重量単位、あるいは一般常識として知っておいたほうがよい単位を教えていただければ非常に嬉しいです。よろしくお願い致します。

 自然な日本語の文章を書きたいと思いますので、よろしければ質問文の添削もお願いできれば有り難く思います。

Aベストアンサー

最も主要な単位としては、貫(かん)=3.75kg、匁(もんめ)=3.75gという単位が使われていました。すなわち1貫=1,000匁です。例えば、昔の銅貨(銭=ぜに)の単位は文(もん)と言いますが、これは重量が1匁であったことに由来します。これは、メートル法が義務化されるまでは、一般に用いられていました。以前、私の両親(80代と70代)に尋ねたところ、両親でもメートル法でないと分からず、貫と言われてもよく分からないと言っていました。したがって、この単位になじみのある世代は、もはや日本にはほとんどいないということになります。なお、あなたの日本語は、そこらへんの日本の若者より正しい言葉です。近頃の日本人は、日本語をろくに書けません。嘆かわしいことですが…。日本語能力に自信を持ち、さらなる研鑽を期待します。

Q「社会」と「世間」

 こんにちは、お世話になっています(^-^)

 「Individualism」「Groupism・Circlism・Personalism」などを手がかりに「個の集合体としての社会」と「日本古来の世間」の違いを調べていましたが、どうしても「世間」の方の定義が掴めません。

 的確な定義をご教授いただくか、ウェブ・ページや書籍を紹介していただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私には「世間」とは自分で見聞き出来る範囲から直接得られるマナーとかルールとか道徳律という法律という形態をとらない規範が支配するところとおもわれます。

これにたいして「社会」とは知識として体得する法律という形で私達を規制する共同体であると認識しています。
民族とか国籍とか自由に選べない選択肢が必然的に影響する知的範囲です。

従って「世間」には成文化されたものはありませんが自然に形成された基準というものが存在しその範囲内で生活しようとする自然法的な規制が働きます。
自律的な世界です。

「社会」はより多様な構成体からなるため、成文化された法により他律的に規制が必要になる世界と認識します。

これはあくまでも私見です。

Q太平洋戦争下の日本(台湾と朝鮮も含む)では戦前の時に輸入していた米国製

太平洋戦争下の日本(台湾と朝鮮も含む)では戦前の時に輸入していた米国製や英国製などの敵国製の物(米国車、英国車や、日用品等)はどうなったのですか?政府から接収されたのですか?それとも、大目にみていたのですか?実際、戦時中に普通に敵国車は走っていたのですか?

Aベストアンサー

 これは一概には言えないんじゃないでしょうかね。

 僕の母は、シンガー(だからアメリカ製ですかね)の足踏みのミシンを持っていましたが、誰からも咎められないで普通に使っていました。

 自家用の自動車は、今に比べて非常に少なかったし、第一ガソリンが手に入らないので、バスやトラックは、木炭で一酸化炭素ガスを発生させて、動いていましたから、見ませんでした。

 バスなどは、後部にガス発生装置があり、発車前の車掌の仕事は送風機を手で回してガスを発生させることでしたから、ガソリンで走る車は車庫で眠っていたのではないでしょうかね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報