オーストラリアでは、食器を洗うときには、容器に水をためて、その中で、洗うようにして、そのあとに、ふきんで拭くというやり方をしていると聞きました。それは、たぶん、水を節約するためだと思ったのですが、なぜ、オーストラリアでは、水を大切にするのでしょう。自然の問題なのか、それとも、昔からの伝統なのか、理由を知っていたら教えてください。それとも、オーストラリアでは、特に水に対する強い意識はないのでしょうか。もし、オーストラリアに住んでいたりして、詳しい方がいたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私が留学したメルボルンのそばでは、水は雨水をためてそれを濾過することによって、生活に必要な水を蓄えていました。

そもそも水道が家まで引かれていないところが多く、水は雨水を貯めるため、まともに購入したら高いということでした。

しかし余談ですが、もし留学などをされるのであれば、なるべくしろ衣服は持っていかない方がいいかと思います。濾過しているといっても日本の水くらいまできれいになっているわけではないので、白いものはだんだん黒くなってきます(生活していると気づきませんが、帰ってきて洗濯したら、水が黒くなったので、わかりました)。

実際に住んでいる方、フォローよろしく。
ではでは☆
    • good
    • 0

オーストラリアとか海外のことはちぃっとも知らないので、発言するのは場違いかなぁとも思ったのですが。



生まれも育ちも日本で、海外旅行の経験さえない私ですが、
私も食器を洗うときは溜め洗いでございますよ。お母ちゃんは水流しっぱーですが。
なんでそんなことをするのかというと
水の節約のため
というより
水道代の節約のため。
というのもあるけどなによりも
洗剤の節約のためなんですね。

水を流しっぱなしで食器洗いをしてると
水といっしょに洗剤の泡もどんどん流れていって
泡が足りなくなるから何度も何度も洗剤をスポンジに足していって・・・。
食器洗いをしてる手を、洗剤の容器に何度も何度も延ばすのって、
時間がもったいないし何よりもめんどくさくありません?
しかも、真っ白い泡が排水溝に吸い込まれていくんですよ。
この流れていっちゃう泡をかき集めたら皿のもう2、3枚は洗えるはずだ!
と思ったのが、溜め洗いを始めたきっかけです。

油汚れがひどいときは何度か洗剤を足しますが、
ちょっとの洗剤と容器一杯の水で
食器を洗ってガスレンジの油汚れを落として台布巾も洗っちゃう。
場合によってはお鍋まで洗えちゃいますよ。

使う洗剤の量が少ない方が自然にも優しい(ハズだ)し、
水道代と洗剤代が減ったらお財布にも優しいしね。
    • good
    • 0

かなり昔になりますが、オーストラリアのパースでホームステイをしたことがあります。



食器を洗う時は、ふたつに別れた流し台にお湯をはり、一方で食器を洗い、もう一方(これにはかなり熱めのお湯をはります)にさっとくぐらせてあとはふきんで拭いていました。
こういった形の流し台は、かつて日本の家庭にもあったと記憶しています。
同じように使っていたのではないでしょうか?

当時私はかなり長髪で、毎日シャワーの時に、洗髪していました。
日本では毎日髪を洗うことは、当たり前になっていますよね。
でも、ホストマザーに「どうして毎日、髪の毛を洗うの?水が勿体無いから、2日に1回にしてくれる?」と言われました。(州によって違うと思いますが、パースでは当時水道代は無料でした。)

日本人は、特に水をよく使うと思います。
一緒にホームステイをしていたスイス人の女性は、シャワーは毎日5分(どこを洗ってるのでしょう?)、食器を洗うと、すすがずにふきんで拭いていました。(これには、びっくり!)
他の海外の友達も、シャワーの時間は短かったです。

オーストラリアの夏はあまり雨が降らず、日中は40℃を越える時もあります。(特に西のほうは)
西オーストラリアでは、大地が干上がり、あちこちでブッシュファイアー(山火事のようなもの)が起こります。
水の有難味を、よく知っているのでしょうね。

無駄な水は使わない、でもその代わり庭の水遣りにはふんだんに水を使う。
有効な水の使い方を知っているんでしょうね。

日本も今ほど水道設備が良くなる前は、水は貴重だったと思いますよ。
    • good
    • 0

オーストラリアのような食器の洗い方を日本人がしなくなって未だ30-40年ぐらいしか経っていないと思いますよ。

昔はどこでも水を大事に使っていたのです。
私の意見ですが、今のような水を大事にしない洗い方が主流になったのは

*食生活の変化(肉類が増えた)
*洗剤の普及、過剰使用
*都市人口の増加(農業人口の低下)
*核家族化(おばあちゃんに見習わない)
などが原因ではないでしょうか。

昔は都市に住んでも一歩街を離れれば農村が広がり自然が体験できました。今は住宅地が広がり都市と農村の距離が遠くなりました。都市に住む人は縄文時代から続く自然との付き合い方が分からなくなって来ました。(例えば、野草が3本あったら
一本は必ず残し、根絶やしにしないとか)日本は水が豊富ですが、昔の人は農業にとって如何に水が大切か分かっていたので全ての人が水を大切にしました。(米を洗った水や食器を洗った水を庭木にやるなど)夏になると水不足が起こるのは人口が増えたからだけではなく、現代人は昔の人より水のありがたみが分からず何倍も
無駄使いをするのが原因のひとつです。

日本人は縄文時代以来の伝統が理解できなくなった(日本各地の僻地には伝統が未だ残っていますが)ため、アメリカインディアンやその他の地域の先住民の生活の知恵に驚くようになりました。彼らは昔の通りの生活をしているわけではありませんが日本人に較べれば縄文時代と同じ頃の自然との共生の仕方を知っているからです。
    • good
    • 0

オーストラリアの状況は、知らないのですが、水が豊富なのは、日本の特権のようです。

水道水を、安心して、おいしく、そのまま飲めるというのも、日本ならではのことのようです。ヨーロッパの方からすると、日本人が水道で流しながら、皿を洗うのは、驚くべき事のようです。水道代は、結構高いようです。
そうした水に関わる文化は、移民の国のオーストラリアにも、当然、受け継がれているのではないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浄化槽の流入水が少なく放流水のPHが低い場合!

現在、浄化槽の管理の仕事をしておりますが、ある施設の浄化槽は、普段めったに使う施設ではないため、浄化槽に入る流入水が極端に少ない状況です。そのため、水質はきれいで、透視度も50cm以上見えてかなりきれいな水が放流されているのですが、流入にあわないばっ気量なため、PHがかなり低い状態です。放流のPHは3~4ぐらいです。施設的に大きな設備なため、わりと大きめの浄化槽をすえているのですが、流入が少ない状況の中で、PHを標準値に持っていくことは可能でしょうか?ブロアのエアー調整はできないものとして、ご回答頂きたいです。(一度エアー調整してPHを標準値までもっていったのですが、エアー逃しがないため、ブロアにかなり負荷をかけてしまいました)予算がないため、施設の浄化槽改造、部品交換はできません。ちなみに、浄化槽は合併処理で60人槽、25人槽等です。どなたか、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

サービスで改造、部品交換できる少々の費用が無いと何もできないですよ
25人槽ぐらいの浄化槽だったらPH低い状態でも特になにもしてないです、するとすれば散気管にエアー逃しをつける
塩ビ13の短管と13のチーズ・エルボ・バルブ差込式

60人槽だとエアー逃しをつける以外に(沈殿分離接触ばっ気式)だと汚泥返送は常時として汚泥返送用電磁弁タイマー
をブロワー用として改造して時間設定による間欠運転をする、これだど1.25mm2の操作電線少々必要なだけです

PHが低くなるのは窒素による硝化反応なのでPHのみを基準にしたエアー逃しではうまくいかない場合が
あります、ペストなのはブロア専用のタイマーを付けて間欠ばっ気して硝化脱窒効果にてPHを調整するのがいいです

Q水以外では原発はひやせないの?

もう原発に水を入れれない、なら、ドライアイスはだめなの? って工学部の学生に訊いてもわからない。 きっとだめな理由があるんでしょうけど。どなたかおしえてください。

Aベストアンサー

少なくてもドライアイスやめておきましょう。
ドライアイスは確かに温度は低いのですが、熱を奪った後が厄介です。常温で気体の二酸化炭素ですから、ものすごい体積の放射能を帯びた二酸化炭素が出来上がります。これをどうやって処理するかを考えるだけでお手上げになります。それとあまり極端な温度変化を与えると、金属は脆くなりますし、部分的な温度差があまり大きくなるとひび割れなどができる危険性が高くなるので使えないというのもあるでしょう。もし、常温で気体で外界に放出してよく、温度差が大きくてもよいのであれば液体窒素かなんか放り込んでやれば、冷凍原子炉が作れるかも知れないですが、怖くて出来ないでしょう。

大量に手に入り、常温で液体で中性子の遮蔽効果もあるということで水なのでしょう。

Q原発を覆う格納容器をなぜ作らないのか

原発を覆う格納容器をなぜ作らないのか

原発を全て覆う鉛の格納容器で、全て覆ってしまえば、仮に原発事故が起きたとしても封鎖するのが容易だと思うのですが、なぜそのような設備は設けないのでしょうか?

Aベストアンサー

鉛の容器では強度がありませんから、形が保てませんよ。
自重で変形してしまいます。

鉄骨を組んで鉛板をつけて行かなければなりません。
鉛は重いですので鉄骨の強度もかなり強くしなければならなくなってしまいます。

そもそも、原子炉建屋はコンクリートで作られており、今回ひびは入って居る様ですがそれ以上の大きな損傷は出て居ません。

勘違いされている方もいらっしゃるようですが、今回の原発事故で吹き飛んだ部分は、原子炉建屋の本体ではなく、上部の鉄骨造りサイディング構造(工場の壁や家の壁などの様に、骨にサイディング材を張っていっただけ)の部分が吹き飛んだだけなんです。
原子炉建屋の建屋本体部分の壁などが吹き飛んだんじゃないんですよ。

強度の無い鉛などで覆ったら、今回の事故の場合だと衝撃でぐずぐずになって居るでしょうから、中に入ることなども出来ず、作業も今以上に困難を極める物になった可能性があります。

Q高調波電流ではなく高調波電圧では?

高調波電流が系統に流出して他の機器に悪さをするかの説明をよく見聞きするのですが、私は下記のように考えます。間違っていますでしょうか。どなたかご教示下さい。

配電系統における高調波被害の原因は、コンバータなどの高調波原因機器(以下、原因A)に高調波電流が流れる。→配電線の電圧降下により、原因Aの電源側の電圧波形が歪む。→原因Aの電源側につながっている他の負荷(以下、負荷B)に印加される電圧が歪んで(高調波成分を含有)いるため、負荷Bに高調波電流が流れて加熱・振動などの問題を生じる。

すなわち、
原因Aによって、負荷Bに加熱・振動などの問題が生じるのは、原因Aから系統側に高調波電流が流出し、それが負荷Bに流れ込んで悪さをしているのではなく、あくまでも原因Aの受電電流によって引き起こされる電圧歪みが原因である。

Aベストアンサー

>この矩形波電圧は、インバータに接続された負荷には印加されるものの、コンバータの電源側すなわち系統側には印加されないので、系統側への影響はないような気がするのですが。
●電源側には印可されないというのはそのとおりですが、電源側にも重畳してしまうということです。通常は電源側にフィルターが設けられてますから軽減されていますが、質問者さまが例として上げておられるコンバータもそうなんですが?

Q50Hzでは200Vしかないのに60Hzでは200と220Vがあるの?

産業用電気機器の仕様で、50Hzは200Vしかないのに60Hzは200Vと220Vがあるのはなぜでしょうか。

Aベストアンサー

海外に220V、60Hzがあるからではないでしょうか?


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報