磁石をコイルに入れる時と出す時とで、電流の向きが反対になるのはなぜですか?
また、N極を入れる時とS極を入れる時とで、電流の向きが反対になるのはなぜですか?
どうぞ、よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

それはファラデー効果ですね。


日本では電磁誘導とも言ってます。
コイルの性質としてコイル内の磁束を一定に保とうとする性質が有ります。
コイルに磁石を出し入れすると、コイルは逆向きに磁束を発生させて一定に保とうとするのです。
磁石を入れる時は磁束が増えますので、磁束を減少させる向きに起電力をコイル内に発生させます。
磁石を出そうとすると磁束が減少しますので、磁束を増やす向きに起電力をコイル内に発生させます。
N極とS極は磁束の向きが逆向きですので電流も逆になります。
下記のURLを参考にしてください。

まだ習ってないかも知れませんが右手の法則(親指=運動・人差し指=磁場・中指=起電力)で簡単に予想できます。
それを応用したものが発電機です。
ちなみに左手の法則は電磁石などに使われます。

参考URL:http://www.magnet.okayama-u.ac.jp/magword/faraday/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコイルに磁石のN極を近づけ、電流が流れるかどうかの実験をしたのですが、 遠ざける際と近づける際では、

コイルに磁石のN極を近づけ、電流が流れるかどうかの実験をしたのですが、

遠ざける際と近づける際では、流れる電流が違い、
遠ざける際は、近づける際に作られた磁界を妨げるようにして作られた磁界がまた「妨げるようにして逆向きになる」と習いました。(習った気がします。)


何を妨げるようにして、また逆になったのか知りたいです。


上で間違っているのであれば、解説お願いしたいです
お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

>何を妨げるようにして、また逆になったのか知りたいです。
正確には「磁界の”変化"」を妨げるように電流が流れます。

近づけるときには「N極の"増加"」を妨げるように電流が流れます。
遠ざけるときには「N極の"減少"」を妨げるように電流が流れます。

Q物理の磁界の問題について質問です 問題 コイルと棒磁石が図のように配置されている。矢印の向きに電流を

物理の磁界の問題について質問です


問題
コイルと棒磁石が図のように配置されている。矢印の向きに電流を流すとき、コイルはどちら向きの力を受けるか。

解答
左向きの力を受ける

なぜ左向きの力を受けるのでしょうか?
解説よろしくお願いします

Aベストアンサー

「右手の法則」をならったと思います。
この法則を思い出してください。
磁界の向きに注意します。
下のURLをクリックして参考にしてすると良いでしょう。

「右手の法則の図解(例)」
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im4691517

Q磁石ではなくコイルの方を動かしたら電流は流れない?

アインシュタインは彼の論文?の「電気力学の部」で、磁石を動かせば
電流は生じるが、コイルを動かした場合は、理論上は電流が流れないと
しているが、その嘘、本当ですか?

Aベストアンサー

 #3です。

>とにかくこんなくだらないやり取りもうやめにしませんか? 疲れるだけです。

 そうですか。ではこれで最後にしましょう(^^)。


>ガリレオの相対論を支持するものは、こんな屁理屈あっという間に一刀両断です。

>磁石が動いてコイルは動かない?
>何じゃいそれは?ということです。
>つまり、動くとか動かないはまさに相対的で、決め付けられるものではありません。
>磁石が動かないと言うのは、ぽけ~っと突っ立って磁石を持っている実験者の話であって、
>コイルからすると動いているのです。
>また、コイルが動かないと言うのも同じです。
>実験者がコイルを持っているか、置いているかの話であって磁石からするとコイルが動いているのです。

>それこそがまさに相対性理論なのです。
>真の相対論とはそういうことなのです。

 だからアインシュタインは、そう言ってるじゃないですか(^^)。「Maxwell の電磁力学は、(現在、通常に理解されるように)動く物体に適用すると、現象に本質的であるとは思えない非対称性を導く」、と。

>ですから、アインシュタインの論文で、静止系が連発されても何の気にもとめられないで支持されるのです。

 何回読んでも、静止系は連発されてませんが。相対静止系はありますけどね(^^)。

>↑上記の根拠となる資料をお持ちですか?

 光源に対する光速度不変と相対性原理の組を「証明する」ような、実験があるのか?という意味であれば、そんなものはありません。その理由は、前に述べました。

 あるのは、真上に光を投射しても真上にしか進まなかったという、「実験結果だけ」でしょう。でもその「実験結果達」は、あなたもたぶん認められるんですよね?(^^)。

>余分なものという言い方がクサイのです。
>否定というのは「エーテルは絶対に存在しない!!」
>これしかありません。

>余分なものとか、必要ないとかいう言い回しは完全否定ではありません。

 完全否定は出来ないんですよ。その理由も前書きましたし、根は「証明する実験はあり得ない」と同じです。数学の人に怒られそうですが(^^;)、全ては仮定だよと最初に宣言する数学なんかを除いては、完全否定を独断したら、それはもう学問ですらありません。

>なぜなら、エーテルを完全否定したら、ガリレイ変換しかありえないからです。

 エーテルを完全否定しても、ローレンツ変換は成り立ちますよ。どっちを取るかと聞かれれば、げんざい実験で反証されてない方です。

>ローレンツと同じ結果になるということは、根っこのところはエーテル論なのです。
>アインシュタインはおそらくローレンツの発想をパクッテ、エーテルの言葉を光速不変の言葉で言い表し、すなわち別のタイプのエーテル論で処理しただけです。
>(MM実験で、光速が不変ではないかと囁かれ始めたのもヒントになったのではとも考えています。)

 あなたは、物理と言わず数学を応用する全ての分野における、数学の意義も位置付けもわかっていない、と言えば十分だ。

>光速不変論では、光に慣性があるかどうかを述べることは口が裂けても触れることができません。
>それが分かっているから、アインシュタインは生涯、光の慣性については黙秘しています。

 電磁気学によれば光(電磁場)には慣性があります。前に言った、電磁場の内力であるマックスウェル応力が原理的には観測可能なものであるからには、電磁場は運動量の出し入れを行うので、局所的に作用・反作用の法則に従い、ニュートン力学の結論として慣性を持つ事になります。それは当時からの常識だったので、アインシュタインは言う必要もなっかただけです。

 電磁場の慣性は実験事実です。慣性がなければ、電磁場を利用した永久機関が作れてしまうんですよ(^^)。

>ですから、私から「光には慣性がありますか?」と聞かれ、教祖様が最後まで口を割らなかったため、相対論信者たちはどう答えてよいものやらと、右往左往しています。
>ある者は、光にも慣性はあると言い、またある者は、光には慣性がないと言い、さらにある者は、そんなことはどうでも良いと言う始末です。

 ある者は、光にも慣性はあると言い → ちなみに電磁気学によれば光には慣性があるけどね。これは相対論とはあんまり関係ないけど、言わなくてもわかるよね?。

 またある者は、光には慣性がないと言い → ふつうの粒子の慣性とは現れ方違うけどね。でも慣性がなければ、永久機関だよ。

 さらにある者は、そんなことはどうでも良いと言う → 特殊相対性理論は、電磁場の慣性とは無関係に成り立つ。何故なら、電磁場の伝達機構には触れていないから。

 ・・・こんなところでしょう。


 以下、余談です。

1.あなたが頼れる物
>>両者には、見事なまでに(対称でなく)反対称の整合性がある。
>と分かったような分からない言葉で表現される。

 >>の方は自分の言葉で、ちょっとカッコつけ過ぎましたね(^^;)。別に対立した事を述べてる訳じゃないと、強調したかったんですが・・・、

>そのこと自体がそもそも物理ではありえません。

という事は、あなたはマックスウェルの電磁気学も受け入れられない訳だ。

 またニュートン力学には、絶対空間,絶対時間というトンデモの考えが含まれているので、絶対静止エーテルを否定したように、あなたにはニュートン力学も認められない。

 ガリレイの慣性法則は史実としては、円運動の慣性であって、ガリレイ変換は円で慣性運動する地球の運動を感じられない事を、明確に言うためのものだった。こんな「中途半端なもの」は、あなたは当然認められないのですよね?。

 あなたには、頼れる物がほとんどない。


2.数式の重要性
 ガリレイが「そんな事、やるのも馬鹿らしい」と言ったという裁判記録は疑わしいと思ってますが(記録は大概裁く方が付ける)、ガリレイは本来、そんな人ではない。

 「やってみなけりゃわからない!」と最初に言った人だ。じっさい彼は「聖書は一般的理解に資するために、事実とは違う事が沢山書いてある」と、当時としては火炙りになってもおかしくない事まで言っている。でもこれ、教会組織からはほっておかれたんですよ(^^)。

 またガリレイ以前には、チコ・プラーエとコペルニクスがおり、ケプラーは同時代人で、少なくとも天文学者の間で地動説はなかば常識と化していた。折しもカニ星雲の超新星爆発を、庶民達は目撃してしまい天界は聖書の記述とは全く違うのかも?と、けっこうみんな思い出していた。

 でも教会はそれらを全部ほっといた。望遠鏡観測によるガリレイの月の凹凸の発見も、全部含めて。それは物理理論がどういう結果を出そうと、望遠鏡観測で月がどう見えようと、カニ星雲が爆発しようと、「神が宇宙を、そう造った事にはならない」からだ。
※あなたは何を言われようと、そうならないのは明らかだと言う.

 ではガリレイ裁判は何故起こったか?。「やってみなけりゃわからない!」と、彼は斜面実験による落体理論の検証を行い、地上の物質にも天界の物質と同じ、「円運動の慣性」を見い出してしまったからです。そしてその事をもとにして、地球(地上)も天界の星々と同様に、「動きうるものだ」という事を、「数学的に論証」してしまったからです。「地動説は可能だ」と。

 これに対して教会は、一言も反論できなかった。何故なら教会の理論的基礎は、アリストテレス自然学と結びついたスコラ哲学で、そこでは数学が重視されていたから。結局教会は、地動説をもってガリレイ裁判を起こせなかった(罪状には入ってはいたが、その他の方が多い。つまり玉虫色)。ガリレイの正式な罪状の一つに、こんなのがある。

  ・ガリレイは、人間が数学を神と同等に扱えるという事を、一部言っている.

 これが教会の本音でしょう。これが数式の力です。だから数式でもって語らなければ、誰も相手にしません。数式だけが全てでないは、本当ですよ。でもあなたは、数式抜きで定性論を語るには、訓練が足りなさ過ぎる。


3.アリストテレス学派
 理論はこうでなければならないと頭から決めつけ、偏見と先入観をもって頭から否定し対抗理論を調べず、調べたとしても偏見と先入観を優先させて読み、日常レベルの経験事実さえ素直に受け入れない。

 これが、アリストテレス学派に対する自分の評価です。もちろん当時としては、避けられないところはありましたよ。またアリストテレス自身は、こういう人ではなかった。

 自分のあなたに対する評価は、アリストテレス学派に対する評価と同じです。あなたは、アリストテレス学派の特徴を良く体現している。


>とにかく光速不変を証明した実験など存在しないのですから、アイ~ンの相対論は嘘から始まっていることは間違いないのです。

 くどいですが、何かを証明する実験なんかありません。でもあなたは、MM実験の結果そのものが捏造だという意見でしたよね?。だとして、光源に対する光速度不変「だけ」が真実なら、MM実験そのものが成り立たないと思えると、自分は聞きました。当然、成り立つ理由や光速度バラバラ結果の実験結果はあると返ってくると思いきや、あなたは、全ての観測者に対する光速度不変を「証明する実験」を示せと言うばかりだ。某人の激情もわかる気がします。

 でも「お開きに」にするんでしたね?(^^)。では、さようなら(^^)。

 #3です。

>とにかくこんなくだらないやり取りもうやめにしませんか? 疲れるだけです。

 そうですか。ではこれで最後にしましょう(^^)。


>ガリレオの相対論を支持するものは、こんな屁理屈あっという間に一刀両断です。

>磁石が動いてコイルは動かない?
>何じゃいそれは?ということです。
>つまり、動くとか動かないはまさに相対的で、決め付けられるものではありません。
>磁石が動かないと言うのは、ぽけ~っと突っ立って磁石を持っている実験者の話であって、
>コイルからすると動いているの...続きを読む

Q中学理科:鉄心に巻かれているコイルの電流の向きについて

すでに鉄心に巻かれたコイルに電流を流しながら、コイルをパイプに入っている磁石にコイルを近づけると、磁石はコイルを近づける前に静止していた位置から少し下がって静止した。
(磁石について:パイプの中に磁石を2個入れ、s極同士が向かい合うようにパイプにいれてある。)

このとき、鉄心の上方がs極、下方がN極というのはわかるのですが、電流の向きがわかりません^^;

コイルに磁石のN極を入れたときと同じ考えなのですか?
ただ、すでに電流が流れている状態なのでこれがどういった法則に当てはまるかよくわかりません>_<
ちなみに答えは 下から時計まわりに流れてるみたいです。

すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

よく整理すれば解決出来ます。

磁石は1個です。
理由、もう一個の磁石で浮かしているのです。
(絶対に動かない位置です)

磁石は、Sが下、Nが上を向いています。

電流を受けると、下に移動しました。

右ネジの法則で、左から巻くと(時計方向)下へ力が。
右から巻く(反時計方向)と上への力が。

上から反時計方向でも良いかもしれません。

フレミングの法則です。
片方が電流を流した時、もう片方は発電の時に使用します。
回答でも、電、磁、力と指を向ければ磁力は下に向いて一発で悩み解消のはず?です。^^;

Q物理の電磁誘導の問題で質問があります。 上向きに電流を流した導線から正方形のコイルを一定の速さで遠

物理の電磁誘導の問題で質問があります。

上向きに電流を流した導線から正方形のコイルを一定の速さで遠ざけるという問題です。

画像では誘導起電力V1,V2ともに上向きになっていますが、遠ざかっているためコイル内の紙面の裏への磁束が減少し、それによりV1は上向き、V2は下向き(右ネジの法則より)になるのではないのですか?

Aベストアンサー

「コイル」として考えた場合は,質問者さまの考えで合っていると思います.

解答例は,もう少し段階を分けていて,
まずADの直線だけ,BCの直線だけ に発生する起電力を求めてから,
その後,差し引きでV1のほうが大きいからV2のところは(V1に負けて)逆向きになる
という考え方なのだと思います.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報