たとえば 家具(furniture)はSが つかない名詞ですが
たとえ10個あってもつかないのですか?でも
そのとき 動詞は 複数形ですよね?
たとえば there are much furniture.とか
これをisにしたら だめですか?
他の集合名詞も同様にこうなれますか?
また不加算名詞はどうなりますか? isですかareですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1)



masmas さんがこたえておられるように furniture は常に単数形で単数扱いです。
「家具三つ」は three pieces(items, articles) of furniture です。
furniture と同じ扱いでよく出くわす語は baggage(luggage)、machinary, clothing などです。(この範疇に「半分(?)」入る語に fish があります。例えば I caught a fish/several fish. のようになります。 が、種類が異なるということをいいたいようなときは I caught two fishes(もちろん two kinds of fishともいいますが)のようですから。

(2)

単複どちらも取る集合名詞はけっこうあります。 family, crew, staff, audience, people などなど。family は受験英語でよくやりますね、 Her family is a large one. と Her family are all early risers. が有名(?)なパターンですね。要するに、かたまって一つと見る(彼女の家族のかたまり)か、かたまりを構成する一人一人を見るか、ということでしょう。 社会に出るとよく出くわし、誤用が多いこのタイプの集合名詞は staff のような気がします。He is a staff of our project とよく言ったりしますが、staff は a group of people who work for an organization, often for a special purpose, or who work for a manager within an organization という意味ですから、誤用となります。

集合名詞で「常に単数形で複数扱い」の語に police があります。「10人の警察官」は ten plolice/policemen、一人の場合は a police とはいわず a policeman。 (The) police are searching for the man. であり、(The) police is ... ではないわけです。

(3)
その他いろいろな不可算名詞については文法書を今一度みられたらどうでしょう。実務で英語を使っていて出くわす誤用の多い不可算名詞に advice, informationがあります。複数にする時は、...s でなく、 a piece(three pieces) of advice/information のようにします。

(4)
最後に、不可算名詞ゆえ s を取らないのに、sをつけてる例を二つほど(実際、米国で見ないし聞き、あえて確かめたものです):

 1.(あるみやげ物の店で)30% OFF ON WOODS(木製品は30%引き)
 2.(カウンターバーみたいなところで)"Give us two beers, please."
    ・・・・・ two glasses of beer という意味。

われわれ日本人(いや英語を母国語にしないこの世のすべての人)にとって、英語の「冠詞」「単数/複数」の世界は、まったく enigma ですね。The sky is blue. The skies are blue. はどう違い、どう使い分けるのでしょうか。
    • good
    • 0

furniture は不加算名詞ですから、


There are much furniture.とは言えません。不加算名詞が主語の場合、動詞は単数形になります。
furniture は1個1個の「家具」ではなく「家具」全体を示します。ですから1個の家具という場合には、a piece of furniture、2個の場合には、two pieces of furniture となり、こうすれば普通の加算名詞とい同様に扱えます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報