たとえば 家具(furniture)はSが つかない名詞ですが
たとえ10個あってもつかないのですか?でも
そのとき 動詞は 複数形ですよね?
たとえば there are much furniture.とか
これをisにしたら だめですか?
他の集合名詞も同様にこうなれますか?
また不加算名詞はどうなりますか? isですかareですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1)



masmas さんがこたえておられるように furniture は常に単数形で単数扱いです。
「家具三つ」は three pieces(items, articles) of furniture です。
furniture と同じ扱いでよく出くわす語は baggage(luggage)、machinary, clothing などです。(この範疇に「半分(?)」入る語に fish があります。例えば I caught a fish/several fish. のようになります。 が、種類が異なるということをいいたいようなときは I caught two fishes(もちろん two kinds of fishともいいますが)のようですから。

(2)

単複どちらも取る集合名詞はけっこうあります。 family, crew, staff, audience, people などなど。family は受験英語でよくやりますね、 Her family is a large one. と Her family are all early risers. が有名(?)なパターンですね。要するに、かたまって一つと見る(彼女の家族のかたまり)か、かたまりを構成する一人一人を見るか、ということでしょう。 社会に出るとよく出くわし、誤用が多いこのタイプの集合名詞は staff のような気がします。He is a staff of our project とよく言ったりしますが、staff は a group of people who work for an organization, often for a special purpose, or who work for a manager within an organization という意味ですから、誤用となります。

集合名詞で「常に単数形で複数扱い」の語に police があります。「10人の警察官」は ten plolice/policemen、一人の場合は a police とはいわず a policeman。 (The) police are searching for the man. であり、(The) police is ... ではないわけです。

(3)
その他いろいろな不可算名詞については文法書を今一度みられたらどうでしょう。実務で英語を使っていて出くわす誤用の多い不可算名詞に advice, informationがあります。複数にする時は、...s でなく、 a piece(three pieces) of advice/information のようにします。

(4)
最後に、不可算名詞ゆえ s を取らないのに、sをつけてる例を二つほど(実際、米国で見ないし聞き、あえて確かめたものです):

 1.(あるみやげ物の店で)30% OFF ON WOODS(木製品は30%引き)
 2.(カウンターバーみたいなところで)"Give us two beers, please."
    ・・・・・ two glasses of beer という意味。

われわれ日本人(いや英語を母国語にしないこの世のすべての人)にとって、英語の「冠詞」「単数/複数」の世界は、まったく enigma ですね。The sky is blue. The skies are blue. はどう違い、どう使い分けるのでしょうか。
    • good
    • 0

furniture は不加算名詞ですから、


There are much furniture.とは言えません。不加算名詞が主語の場合、動詞は単数形になります。
furniture は1個1個の「家具」ではなく「家具」全体を示します。ですから1個の家具という場合には、a piece of furniture、2個の場合には、two pieces of furniture となり、こうすれば普通の加算名詞とい同様に扱えます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q[>名詞を修飾する分詞と関係代名詞の違い!

名詞を修飾する現在・過去分詞と関係代名詞の違い、
というか、どう使い分けたらいいかわかりませんil||li(´OдO`)il||li

名詞を修飾する現在分詞と関係代名詞
●The girl standing over there is Mary.
○The girl who is standing over there is Mary.

名詞を修飾する過去分詞と関係代名詞
●A letter written by the John.
○A letter was written by John.

↑勝手につくった英文なので変なところあるかもしれないですが、
一応2つの文は同じような意味になりますよね…?
これって、どんなふうに使い分けるものなのですか?

Aベストアンサー

名詞を修飾する現在・過去分詞と関係代名詞の違い、
というか、どう使い分けたらいいかわかりませんil||li(´OдO`)il||li

名詞を修飾する現在分詞と関係代名詞
●The girl standing over there is Mary.
○The girl who is standing over there is Mary.

名詞を修飾する過去分詞と関係代名詞
●A letter written by the John.
○A letter was written by John.

↑勝手につくった英文なので変なところあるかもしれないですが、
一応2つの文は同じような意味になりますよね…?
これって、どんなふうに使い分けるものなのですか?

【回答】
意味はほとんど同じです。句か、節かの違いです。主語と動詞を含むか含まないかです。

名詞を修飾する現在分詞と関係代名詞
●The girl standing over there
      形容詞句
○The girl who is standing over there
      形容詞節

名詞を修飾する過去分詞と関係代名詞
●A letter written by John.
      形容詞句
○A letter which was written by John.
      形容詞節

形容詞句・・・2語以上の語のかたまりで直前の名詞を説明する

形容詞節・・・主語と動詞を含む文で、直前の名詞を説明する

形容詞節の文を簡単に表現したものが形容詞句と思ってください

名詞を修飾する現在・過去分詞と関係代名詞の違い、
というか、どう使い分けたらいいかわかりませんil||li(´OдO`)il||li

名詞を修飾する現在分詞と関係代名詞
●The girl standing over there is Mary.
○The girl who is standing over there is Mary.

名詞を修飾する過去分詞と関係代名詞
●A letter written by the John.
○A letter was written by John.

↑勝手につくった英文なので変なところあるかもしれないですが、
一応2つの文は同じような意味になりますよね…?
これって、どんなふうに使...続きを読む

QThere is か There are か?

英語で臨床レポートを書いているのですが、腫瘍が2か所の臓器に転移したくだりで、
「原発腫瘍と似ている腫瘍が腎臓に一つ、沢山の赤い点状斑が肝臓にあった」と表現するのに
There ~を使いました。
最初、There were one similar mass on the right kidney and multiple red spots on the liver.
と書きましたら、
were が was に直されました。
内容的に腎臓の部分は単数で、肝臓の部分は複数ですが、二つの文章を一緒に受けるときに、
なぜ there was と、単数扱いになるのでしょうか?
お教えいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://ch02123.kitaguni.tv/e79184.html

Q人称代名詞が後続の名詞を指す場合の感覚教えて

江川泰一郎著の英文法解説によると、人称代名詞が後続の名詞を指す場合において、下記の例をあげています。

She felt ill, but my mother said nothing. (she≠my mother)

Although she felt ill, my mother said nothing. (she≠my mother),(she=my mother)

My mother said nothing, although she felt ill. (My mother=she)

She said nothing, although my mother felt ill. (She≠my mother)

要するに、副詞句(や節)に人称代名詞が入った場合には後続の名詞を指す事ができるけど、副詞句(や節)に名詞を入れて、主節に人称代名詞を入れたら後続の名詞を指せないって事なんですよね?

これは、ルールとして覚えるしかないのでしょうか?それとも感覚的に感じる事が可能でしょうか? もし可能であれば、感覚的に感じる方法を教えてください。

江川泰一郎著の英文法解説によると、人称代名詞が後続の名詞を指す場合において、下記の例をあげています。

She felt ill, but my mother said nothing. (she≠my mother)

Although she felt ill, my mother said nothing. (she≠my mother),(she=my mother)

My mother said nothing, although she felt ill. (My mother=she)

She said nothing, although my mother felt ill. (She≠my mother)

要するに、副詞句(や節)に人称代名詞が入った場合には後続の名詞を指す事ができるけど、副詞句(や節)に名詞を入...続きを読む

Aベストアンサー

基本的には名詞→人称代名詞という流れなのが,
従→主という場合には
1 流れを無視して,主従関係により,主の方に重い名詞を持ってくる。
2 流れどおり,名詞→人称代名詞
の両方が許される。

この,主・従の関係で主・名詞,従・人称代名詞があり,
このことと,基本の名詞→人称代名詞,この二本立て
とわかっておけば十分です。

Qthere is と there are

there is の後は単数、there areの後は複数で合っていますでしょうか?
(there is a green car. /there are three cars. )

Aベストアンサー

原則はそうですが、実際には例外があります。
There is no books/stars/dogs/pockets.
などと言う場合、is + 複数形 という形がまかり通るのですね。また
There aren't any dog in the garden.
などと言う場合も are + any + 単数系 という形がまかり通るのですね。実際は理論通り行かないのが面白いところです。

Q名詞が欠けていない関係代名詞節

おはようございます、こんにちは、こんばんは。一つ質問をさせて下さい。

 今使っている問題集の中で、関係代名詞の後で名詞が一つも欠けていないセンテンスにぶつかりました。

 ちなみに前置詞+関係代名詞の場合、名詞が欠けている(ように見える)ことはありませんが、その文章は非制限用法の"which"というだけで、前置詞+関係代名詞ではありません。

 問題文を引用できればよいのですが著作権の問題があるのでできません。そのため質問が相当わかりづらくなってしまいましたが、こういうこと(関係代名詞の後ろで名詞が欠けていない)は起こりうるのでしょうか?おわかりになる方よろしくお願いします。長い文章ですいません。

Aベストアンサー

 No.5のやりとりについて。TonyBさんに代わりお答えします。(Tonyさんこんばんは。もう書いてるかな?)

 Itselfは先行詞、すなわちThe right of~とは何の関連もありません。the majority と同格で、関係代名詞のwhich(=The right)はderiveの目的語になっているのです。訳すとこう。
「今やアメリカ人の大多数は、自分たちの卓越した知性によって社会における自らの主権を確立したと(自分たちのことを、卓越した知性から自らの主権を引き出したものと)思い込んでいるが、もともとそれは最初の植民者がこの地に持ち込んだものなのである。」

QThere they are! There he is!はどう訳せばいいですか?

There is~ や There are~ は ~があります。と訳せばいいですか?

ではThere they are! や、There he is!はどう訳せばいいですか?

これは文法的に正しいですか?
彼(ら)はそこにいます。というばあい、
They are there.He is there.または
There are them. There is him.
などでは間違いでしょうか?

There you are! それごらん と辞書にのってましたが、それと同じで熟語なのでしょうか?

この歌全体はこうなっています。
Where is 名前?Where is he?
where is 名前 ?Where is she?
Look in your book and you`ll see them.
There is 名前 ! There is名前 !
There they are!

本を見ながらその名前の人のページをさがすという遊びです。
どうかご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

There yoy are. と同じ熟語だと考えて良いと思いますよ。ただ、「それごらん」と言うのは辞書によると、通例but,stillの後で使うので、この場合は「ほら、そこにあります。」となると思います。
They are there.He is there. は間違いではないと思います。
There are them. There is him. だとthem,himが目的格なのでおかしいのでは。they.heでしょう。

Qこの nothing は代名詞? 名詞?

Nothing we did seemed to help.

【直訳】私たちがした無が助けるように見えた。

【意訳】私たちがやったことは何の役にも立っていないようだった。

nothing には

【代名詞】何も~ない

【名詞】無

という2つの品詞がありますが、
上記の例文の nothing は【代名詞】でしょうか?
それとも【名詞】でしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

>Nothing we did seemed to help.
「私たちがしたことで役立ったことは無かった。」(代名詞だとした場合)
「私たちが為した『無』が役に立った。」(名詞とした場合で、まるで禅の悟りみたい)

 no thing(s)と分解すれば名詞ですが、それが一語となったnothingは代名詞扱いですね。しかし、『無』というものを実在するようにイメージする名詞のnothingもあります。

P.S.

 something/anything→some thing(s)/any thing(s)も似たような面があります。名詞としてのsomethingだと、some thing「ある実在の物」とし、さらにあえて名前を言うのを避けるニュアンスでa certain thingともなります。代名詞のsomethingだと、そういうニュアンスはありません。

 そのsomething(anything)の否定語(not+something/anything)がnothingですので、お示しの文をnot+anythingで書き換えてみましょう。

Anything we did didn't seem to help.

 これが普通の書き換えだと思います。did didn'tがちょっと言いにくいし、ダブルのでNothngに言い換えたくなります。以下のような書き換えもあり得なくはないですが、ちょっと違和感あり過ぎな気がします。

Anything we didn't do seems to help.(nothingを名詞『無』と解したものに近い)
Anything we did seem not to help.(助けないために何かしたらしい。なお、anythingはsomethingでも可)

>Nothing we did seemed to help.
「私たちがしたことで役立ったことは無かった。」(代名詞だとした場合)
「私たちが為した『無』が役に立った。」(名詞とした場合で、まるで禅の悟りみたい)

 no thing(s)と分解すれば名詞ですが、それが一語となったnothingは代名詞扱いですね。しかし、『無』というものを実在するようにイメージする名詞のnothingもあります。

P.S.

 something/anything→some thing(s)/any thing(s)も似たような面があります。名詞としてのsomethingだと、some thing「ある実在の物」...続きを読む

QThere is/There are の使い分け

There is/There are の使い分けについて教えてください。

(1)There are a range of entertainment options available in town, (後略).
  上記は英検1級リスニング問題150(旺文社)からの抜粋です。
  実際のCD音声もスクリプトの印字も上記の通りであり、誤読・誤植などではないようです。
  この場合、be動詞のareが導くものは、あくまでa rangeの筈なので当惑しています。
  どう解釈すればよいでしょうか?
(2)There is no god.
  上記は英語のサイトで検索をかけると無限に出てきますがThere are no godsは出てきません。
  仮にもっと探せば例外があったとしても、少なくとも両者の数的優劣は明らかです。
  即ち、そこに理由があると考えるのが自然だと思うのですが、どう考えればいいでしょうか?
  下記(3)と矛盾しないご回答をお願いします。
(3)There are no children.
  上記は英語のサイトで検索をかけると無限に出てきますがThere is no childは出てきません。
  仮にもっと探せば例外があったとしても、少なくとも両者の数的優劣は明らかです。
  即ち、そこに理由があると考えるのが自然だと思うのですが、どう考えればいいでしょうか?
  上記(2)と矛盾しないご回答をお願いします。

以上(1)(2)(3)についてお答え願います。

There is/There are の使い分けについて教えてください。

(1)There are a range of entertainment options available in town, (後略).
  上記は英検1級リスニング問題150(旺文社)からの抜粋です。
  実際のCD音声もスクリプトの印字も上記の通りであり、誤読・誤植などではないようです。
  この場合、be動詞のareが導くものは、あくまでa rangeの筈なので当惑しています。
  どう解釈すればよいでしょうか?
(2)There is no god.
  上記は英語のサイトで検索をかけると無限に出てきま...続きを読む

Aベストアンサー

1.

> この場合、be動詞のareが導くものは、あくまでa rangeの筈なので

 私は違う受け止め方をします。There are entertainment options と読みます。a range of は entertainment options を限定している。 a という不定冠詞がついているからといって単数だ、とは限りません。There are a lot of entertainment options. という文の場合、lot という名詞に対して a という不定冠詞がついていますが、a lot of の修飾する名詞は複数です。むしろ、a range of とあれば、その後ろの名詞が複数形であることが予想されます。単一のものではないことが示されていると見ることができます。いくつかの要素を含む集合全体を a range of という語で表現していると見ることができ、There are はその集合の要素のそれぞれの存在を示しています。

2.

 There is no god. ですか? 私が頭に浮かぶのは There is no God. の方ですけど・・・
 後者の場合なら、その no は、「神なるものは存在しない」 という明確な 「否定」 を示すものとして受け止められます。God は唯一絶対の人格神なので、god とは区別されています。
 一方、日本の八百万の神のような場合には、gods と表現するのが適当な気がします。その場合には There are gods. となるのではないでしょうか。あるいは神無月みたいに There are no gods. の場合もあるかもしれません。

> There are no godsは出てきません。

 私が見た範囲でも、たとえば Wikipedia [Atheism] には、there are no gods という文が見られます。

 → http://en.wikipedia.org/wiki/Atheism

3.

 複数の子どもの存在を示す文として、There are no children. は普通の文のはずですが、There is no children. という言い方は、私には不自然に思えます。
 no = not any で、修飾される名詞が複数であることが予想されます。ですから子どもたち1人ではないならば複数いるわけで、自然に There are ... となってしまうのではないでしょうか。

1.

> この場合、be動詞のareが導くものは、あくまでa rangeの筈なので

 私は違う受け止め方をします。There are entertainment options と読みます。a range of は entertainment options を限定している。 a という不定冠詞がついているからといって単数だ、とは限りません。There are a lot of entertainment options. という文の場合、lot という名詞に対して a という不定冠詞がついていますが、a lot of の修飾する名詞は複数です。むしろ、a range of とあれば、その後ろの名詞が複数形であることが予想...続きを読む

Q‘数量代名詞’と‘数量を表す名詞’

「many of the books」 と
「a lot of books」 とで、
なぜ前者だけがbooksの前にtheが必要なのか、調べて見たところ、

manyは‘数量代名詞’なので、
of以下を限定的名詞にする必要があるので、booksの前にtheを付けて限定的にする。

a lotは‘数量を表す名詞’なので、
of以下を非制限的名詞にする必要があるので、booksのままで非限定的にする。

ということだそうですが、
まず‘数量代名詞’と‘数量を表す名詞’の違いがよく解りません。
この違いを教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 数量代名詞というのは,some や many のことであり,some books, many books のように形容詞的にも用いられます。このときは,(漠然と)「いくつかの本」,「多くの本」の意味になります。

 many of the books は,もとは,many books of the books ということです。many books の books が明確なため,many 一語にしているのです。

 そして,many of the books のように,of の後に the がついていたりして限定的な場合は of は「~のうち」という意味になりますが,a lot of books の場合の of は「同格の of」であり,「たくさん= books」で「たくさんの本」となります。

 ここで,many of ~すなわち,many books of ~のあとに漠然とした books がきて同格になることはあり得ません。many books だけで十分です。したがって,many books of the books「限定された本のうちの多く」としか,考えられません。

 ただ,a lot という名詞も,代名詞的に用いることが可能で,a lot of the books(← a lot of books of the books)「その本のうちの多く」ということも可能です。そういう意味では十分な解説ではないと思われます。

 数量代名詞というのは,some や many のことであり,some books, many books のように形容詞的にも用いられます。このときは,(漠然と)「いくつかの本」,「多くの本」の意味になります。

 many of the books は,もとは,many books of the books ということです。many books の books が明確なため,many 一語にしているのです。

 そして,many of the books のように,of の後に the がついていたりして限定的な場合は of は「~のうち」という意味になりますが,a lot of books の場合の of は「...続きを読む

QThere is / There are 構文

初心者の質問です。いわゆる There is / There are 構文って、「~がある」の「~」には不特定のものが来て特定のものは来ない、ということになってますけど、これは鉄則で絶対に例外はないのですか?

Aベストアンサー

There is the question of indentity.
のように,of ~や関係節による限定で,名詞の存在自体は the 的特定はない,
という場合は the ~もあり得ます。

また,弱い there の there is ~とは別に,
ちゃんと「そこに」の意味,さらに「ほら」的な強い there が倒置で文頭にある
There is/are ~の後であれば特定のものがきて普通です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報