振り飛車が得意で、子供に殺された??棋士は、なんていう人でしたか?。

今日、NHKトーナメントで解説をした、福崎さんを見て思い出したんです・・・福崎さんに、似てませんか??。

決して悪い意味ではないんです・・・。
いきなり思いだせなくなってしまって、質問してしまいました・・・。
すみません。。。m(__)m

A 回答 (2件)

お尋ねの棋士は森安秀光9段です。


お亡くなりになったのは1993年11月23日のことでした。享年44歳でした。

なお、同じ棋士に森安正幸6段という方がおられますが、この方は亡くなった森安9段の実兄です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>お尋ねの棋士は森安秀光9段です。
そうでしたぁぁ!!(^^ゞ。森安秀光さんでした~!。

>森安正幸6段
森安棋士の、お兄さんもプロ棋士だったとは!!。初めて知りました!!。

44歳で亡くなったなんて、早すぎます・・・(>_<)。
aminouchiさん、教えて戴きまして、大変ありがとうございましたm(__)m。。。

お礼日時:2001/10/21 21:36

「そーそー、いたよな~、あの、ほら、あれ、・・・


あ゛~なんてったかな、もー」

で、

調べちゃったじゃないかよ~

http://www3.xdsl.ne.jp/~hana/wrk0017.html
(すごく長いので、「棋士」ぐらいでページ内検索)

森安秀光九段、四間飛車 かな?

>いきなり思いだせなくなってしまって、
こういうのは、伝染るんですわ。ほんとに・・

>すみません。。。m(__)m
まぁ、今回は大目に見ておく。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「そーそー、いたよな~、あの、ほら、あれ、・・・
あ゛~なんてったかな、もー」
あはははっ!笑(^o^)

>森安秀光九段、四間飛車 かな?
そっ!、そうですぅ!!(^o^)、四間飛車の、森安秀光さんです~!!。

ykkw_2001さん、教えて戴きまして、大変ありがとうございました!!。
>まぁ、今回は大目に見ておく。
よかった~~、ほっ・・(^_^;)。。。

お礼日時:2001/10/21 21:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【将棋】振り飛車党のプロ棋士教えて

プロ棋士で一番強い振り飛車党って誰でしょう?

羽生さんは両党らしいですけど

Aベストアンサー

誰が一番かはともかく、振り飛車党と言えばこの4人です。
藤井猛九段、鈴木大介八段、杉本昌隆七段、久保利明棋王

藤井九段はA級で頑張っています。
鈴木八段は一年でA級から陥落ですがB級1組の1位
杉本七段は順調に順位を上げています。
久保棋王はA級を陥落したものの佐藤棋王から棋王位を奪取

藤井九段は最近振り飛車を休業し矢倉を指していますので、
今、振り飛車党トップといえばタイトルを取った久保棋王ですね。

Q将棋初心者は 居飛車or振り飛車どちらが

将棋初心者です。
初心者は居飛車、振り飛車どちらが良いですか?

Aベストアンサー

「どちらが良い?」と尋ねられたら、「どちらでもよい、興味のある方をやればいい」くらいしか言えません。しかしそれだけでは不親切なので・・

おおざっぱに言えば、居飛車→攻め 振り飛車→カウンター  を狙う指し方といわれています。
まずはこれを自分の性格などと照らし合わせて、どちらの戦法を選ぶかの基準にしてみるといいかもしれません。


例外もあって、攻撃的な振り飛車(具体的には、No.2さんの挙げている ゴキゲン中飛車、石田流などといった戦法)などもあります。ただこういった戦法を一番最初に覚えるのは勧めません。強くなってからで充分です。


また よく言われることとして、「居飛車は振り飛車より覚えるべきことが多い」ということがあります(詳しい理由などは省きます)。
なので振り飛車の方が身につけるのは簡単かもしれません。
しかし居飛車の場合は覚えることが多い分、 ちゃんと一つ一つ覚えるべきことを学んでいけば、安定した、本格的な実力をつけることが出来ます。
(こう書くと振り飛車では本格的な実力をつけることが出来ないかのようですが、もちろんそんなことはないのでご安心を.)


・・とりあえずこのあたりで、どちらから始めるか決めてみてはいかがでしょうか。居飛車を勉強していって嫌になったら振り飛車に変えてみる、なんてことも出来るので、気軽に選んで始めればよいと思います。

「どちらが良い?」と尋ねられたら、「どちらでもよい、興味のある方をやればいい」くらいしか言えません。しかしそれだけでは不親切なので・・

おおざっぱに言えば、居飛車→攻め 振り飛車→カウンター  を狙う指し方といわれています。
まずはこれを自分の性格などと照らし合わせて、どちらの戦法を選ぶかの基準にしてみるといいかもしれません。


例外もあって、攻撃的な振り飛車(具体的には、No.2さんの挙げている ゴキゲン中飛車、石田流などといった戦法)などもあります。ただこういった戦法を一番...続きを読む

Q将棋は居飛車と振り飛車どちらがオススメですか?強い人は居飛車のイメージがあります。僕は振り飛車しかさ

将棋は居飛車と振り飛車どちらがオススメですか?強い人は居飛車のイメージがあります。僕は振り飛車しかさせません。

Aベストアンサー

オススメは、振り飛車です。

・ご自身で振り飛車しか指していないって書いているじゃないですか。
 好きな戦法を選択するのが一番です。
 
・こんな質問をしてるってことはせいぜい中級者以下(初段以下)でしょ。居飛車も振り飛車もなんて目移りせず、一つを極めた方が有利です。
 
・とはいえ、相手が振ったときの対応は必要です。自分は振らずに対抗形にするか
 相振り飛車にするかを決めておきましょう。
 
・大体、両方と言っている方々に聞きたいが、じゃぁ角換わりも矢倉も相掛りも
 横歩取りもひねり飛車も筋違い角も全部マスターしますか?そんなヤツはアマ高段者にもいません。
 
・振り飛車は、「自分が振れば、少なくとも対抗形か相振りになる」というすぐれた特性があります。他の多くの戦法は、相手との合意が必要です。
 
・20年くらい前までは受け身になりがちで自分から打って出られないという欠点がありましたが、角交換振り飛車、ゴキゲンの出現で、「攻める振り飛車」という選択ができました。

---
このような優れた特性に目をつけているのが女流棋士です。
女流の対局は振り飛車ばかりです。

オススメは、振り飛車です。

・ご自身で振り飛車しか指していないって書いているじゃないですか。
 好きな戦法を選択するのが一番です。
 
・こんな質問をしてるってことはせいぜい中級者以下(初段以下)でしょ。居飛車も振り飛車もなんて目移りせず、一つを極めた方が有利です。
 
・とはいえ、相手が振ったときの対応は必要です。自分は振らずに対抗形にするか
 相振り飛車にするかを決めておきましょう。
 
・大体、両方と言っている方々に聞きたいが、じゃぁ角換わりも矢倉も相掛りも
 横歩取りもひねり...続きを読む

Q【将棋】居飛車に見せかけた振り飛車

将棋倶楽部24で14級の者です。
下の棋譜は将棋倶楽部24である人と対戦した時のものですが、相手が左側を強化しているので(自分から見たら右側)居飛車で来ると思って矢倉を目指しました。
ところが、矢倉に組んでる時に相手が飛車を振ってきました。
あと一歩で矢倉が完成するところまで駒組みした為、舟囲いにすることが出来ず矢倉のまま振り飛車と対戦することになりました。
このように指された場合、どうすれば良いのでしょうか?

先手:相手
後手:自分

▲7八金 △8四歩 ▲7六歩 △8五歩 ▲7七角 △6二銀
▲8八銀 △5二金右 ▲4八銀 △3二金 ▲5六歩 △5四歩
▲3六歩 △3四歩 ▲5七銀 △4四歩 ▲6九玉 △4二銀
▲4六銀 △4三金右 ▲3五歩 △同 歩 ▲同 銀 △3四歩
▲4六銀 △3三銀 ▲5八飛

Aベストアンサー

16手目の▽4四歩が悪手です。この手は矢倉を目指したのでしょうけど、先手はまだ矢倉とは確定していません。基本的なことですが、矢倉は先手が目指して、後手は先手に追従する戦法です。先手にその意思が無いのに後手の方から矢倉を目指すのは無理です。先手の矢倉模様に対して、後手が急戦に変化する形も後手の有力な指し方なぐらいですから、後手の矢倉模様に対して先手が急戦に変化するのは、なおさら有力なのです。先手は常に一手先行します。先手と後手の大きな違いがそれなのです。先手が▲6六歩と角道を止めるのなら、後手もお付き合いして▽4四歩とするのは正しい指し方です。ところが後手の方から▽4四歩とすると先手は▲6六歩とせずに、角筋を通したまま戦うことができます。先手の角だけが自由度が高いのに、後手の角は働きが悪くなってしまいます。それが▽4四歩の罪なのです。
16手目は▽7七角成▲同銀▽4二銀と指すところです。お互い角を手持ちにすれば、角の働きに差が生じないことになります。先手は▲7七角の一手を指しているので後手から角交換しても手の損得はありません。そこから先手が▲4六銀と急戦を志向しても、後手は▽5三銀▲5八飛▽4四歩▲5五歩▽同歩▲同銀▽4三銀▲5四歩▽6二銀と応戦して十分です。▲5三角▽同銀▲同歩成▽同金▲5四銀打といった強攻が怖いようでも▽5二歩と打って受かっています。いずれにしても後手は常に先手の急戦策を警戒する必要がありますし、受けの力が問われるところでもあるのです。ところが低級者は、往々にして受けの力が弱いので、無理攻めを通してしまうことが多いです。まさに「無理が通れば道理引っ込む」なんですよね。
将棋は相手の無理を通さないことが最重要です。本譜は▽4四歩が無理だったのですね。だから先手は「無理は通さんぞ!」と怒ってしまったわけです。
この手順で▽4四歩のところ、▽4四銀と指す人もいるでしょうけど、それは▲3五歩▽同歩▲同銀▽同銀▲7一角で先手有利です。こういう変化で分かるように、先手の▲4九金型は▲5八飛を可能にして働いているのに対して、後手の▽5二金右は▲7一角を生じさせている手になっているわけです。
だから8手目の▽5二金右も時期尚早の悪手なのです。ここではもう▽3四歩と角道を開けて先手の態度を窺ったほうが良いのです。
26手目の▽3三銀も悪手です。▲3八飛か▲2六歩~▲2五歩を見てからでも▽3三銀で間に合います。
それを先に▽3三銀としたものだから先手は裏をかいて▲5八飛としたくなるわけです。26手目は▲6九玉に追従して▽4一玉と居玉を解消しておくところです。
そういう風に後手は先手の出方を見ながら、先手に追従する指し方が基本です。それが相居飛車の後手の宿命です。基本といいながら後手は先手の手を真似するということではありません。遅れを取らないように、ついていかないと勝てないという意味です。互角についていけば、どこかで後手が前に出るチャンスも生じます。

▽3三銀が悪いのは後手の角道を▽3三銀と▽4四歩で二重に止めてしまうからです。これでは後手の角は使いようがありません。

▽4一玉だったら、▲5八飛▽5三銀右▲5五歩に▽4五歩▲同銀▽5五角▲同角▽同歩▲同飛▽2八角と応戦して後手有利です。▽4五歩に▲5四歩なら▽7七角成▲同銀▽4六歩▲5三歩成▽同銀で後手有利です。▽4二銀のままだったら、▽4五歩の決戦策が利きますし、5三のと金を▽同銀と応じることができるのです。こういう変化を検討することで▽3三銀がどれほど酷い手だったか理解できるだろうと思います。

将棋は難しいです。是非とも、私が挙げた変化手順を並べて本譜との違いを検討してください。

16手目の▽4四歩が悪手です。この手は矢倉を目指したのでしょうけど、先手はまだ矢倉とは確定していません。基本的なことですが、矢倉は先手が目指して、後手は先手に追従する戦法です。先手にその意思が無いのに後手の方から矢倉を目指すのは無理です。先手の矢倉模様に対して、後手が急戦に変化する形も後手の有力な指し方なぐらいですから、後手の矢倉模様に対して先手が急戦に変化するのは、なおさら有力なのです。先手は常に一手先行します。先手と後手の大きな違いがそれなのです。先手が▲6六歩と角道を止...続きを読む

Q女性棋士と男性棋士について

女性棋士と男性棋士について

将棋の世界でよく女性棋士は男性棋士に勝てないとかありますが

あれってなぜなんですか?

私的に思うに(将棋に関しては無知ですが)
女性と男性では体力の差はあると思いますが

なんとなく将棋は知の勝負のイメージがします。

なぜ女性は男性棋士に勝てないと言われているのか気になります。

皆さんの見解を教えてください。

Aベストアンサー

>将棋の世界でよく女性棋士は男性棋士に勝てない

そうなんですけど、今いる女流棋士は、誰ひとり奨励会(プロ養成機関で女性も入会できます)を卒業していませんから、いわゆる「プロ棋士」として男性棋士と同じ土俵で比較するには、その比較自体に無理があります。高校球児とプロ野球選手とを比較するようなものかも。「女流棋士」は男性棋士と区別する用語ではなく「棋士」と区別する用語です。女性も奨励会を卒業して四段になれれば単に「棋士」と呼ばれるのですから。ちなみに女流六段は奨励会の初段といい勝負とかいわれますね。

どうしてこうなるかというと、かなり大雑把ですが、思うに、
(1)男性(プロ)棋士の頭脳は、将棋を指せる人だけではなく、すべての日本人男性の中でもトップクラスの頭脳でしょう。某有力棋士が「兄貴は頭が悪いから東大に行った。」と嘯いたのは有名な話です。他方、「女流棋士」の方は、数少ない将棋の指せる女性の中でのトップ。なにしろ全競技人口の中で女性の占める割合は0.2%程度しかないそうです。この分母の違い比較すれば、同じトップ同士でもレベルの差は歴然でしょう。なにせ女性は将棋に興味がないのですよ。

(2)また、興味があったとしても、女性は無理して奨励会を卒業(四段になること)しなくても、もっと容易に「女流棋士」の資格を得ることができますし、その資格でもってレディースのタイトル戦に出場することも可能です。場合によっては、レッスンプロになることも可能でしょう。他方、男性は、年に数名しかなれない四段を目指して年齢制限を気にしながら初段→二段→三段とリーグ戦を戦う訳です。負ければ陥落です。制限年齢が到来したら強制退会。厳しいなんてもんじゃないです。もっともこの厳しさが人間離れした強さを磨くのですがね。

もうおわかりでしょ? つまり、「女性棋士は男性棋士に勝てない」のは、女性一般が知力に劣るからではなく、単に過去現在の女流棋士が「個人として弱い(知力・耐力に劣る)」からに過ぎないのだという非常に単純な結論が導けるようです。

>将棋の世界でよく女性棋士は男性棋士に勝てない

そうなんですけど、今いる女流棋士は、誰ひとり奨励会(プロ養成機関で女性も入会できます)を卒業していませんから、いわゆる「プロ棋士」として男性棋士と同じ土俵で比較するには、その比較自体に無理があります。高校球児とプロ野球選手とを比較するようなものかも。「女流棋士」は男性棋士と区別する用語ではなく「棋士」と区別する用語です。女性も奨励会を卒業して四段になれれば単に「棋士」と呼ばれるのですから。ちなみに女流六段は奨励会の初段といい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報