初めて聞いた言葉なのですが、いろいろ検索したりしてみたのですが、よく意味や内容がわからず、途方にくれています。誰かわかりやすく教えてくれませんか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

国際理解教育は、すでに小学校段階から、取り入れられています。

教育の場では、外国の方と偏見を持たず対応できる、文化の違いを理解し尊重出来る、日本の文化を紹介出来るといったあたりを重視しています。
学校に外国の方を招いての活動をしたり、ちょっとした英会話の練習をすることもあります。
総合的な学習の中でと位置づけられていて、教科としての取り組みではありません。また、総合的な学習は、各学校ごとに編成されるので、国際理解に重きをおくところと、それほどでもないところがあります。
英語活動を重視し、週1時間定期的に、外国人講師が来校して、行っている特別研究校もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明ありがとうございました(*- -)(*_ _)

お礼日時:2001/10/22 21:15

1974年のユネスコ総会における国際教育についての決議に基づき進められている教育プログラムのことだと思います。

日本では高校を中心に進められていてホームステイによる交換留学などはその一例です。一方、高等教育の場でも国際理解教育は盛んで大学は海外の提携校と留学生交換(短期・中期)を行っています。また専門家や知識人が国際交流のあり方を研究する目的で設立された大学もあります。

国際理解の教育は居住外国人が極端に少なく、海外との交わりが大きな日本にとって不可欠で小学校低学年から始めてもよい教育だと思います。

http://www.tap.aiej.or.jp/

参考URL:http://www.joca.or.jp/ob-kai/krk/kokuri.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございました。
URLまで教えていただいて、とても助かります。
これから、更につっこんだところまで調べてみたいと思います。

お礼日時:2001/10/22 21:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q修士課程から他大の大学院へ(生物系)

現在薬学部4年で生物系の研究室に所属しているものです。
他大に興味のある研究室があり、修士課程から他大の大学院へ進学することを真剣に悩んでいるのですが、よく他大の院に行くなら博士まで行かないと意味がないという人がいますが実際はどうなのでしょうか?また他大行って修士卒で就職することでデメリットはあるのでしょうか?(たとえば修士入って半年で就活がスタートするなど)また逆にメリットはあるのでしょうか?多くの意見をお待ちしております。

ちなみに、自分は企業で研究職につきたいと考えているので修士過程を出て就職が最善ではないかと考えており(博士卒だと企業に就職できにくいため)、博士課程に進むことも興味があるのですが行かずに就職しようと最近は考えています。

Aベストアンサー

他大の院へ行くことをすぐにロンダ扱いする者もいますが、基本的にそれはその人の学歴コンプレックスから発生するものなので、無視するのが一番です。
さて、質問内容にお答えします。
私は某私立大学の生物系から東大院へ進学しましたが、先輩の就職状況を見ているとかなりよいです。文系就職も余裕みたいです。
しかし、これは修士卒の場合であって、博士卒ですと逆に研究職くらいしか就職先がなくなるため選択範囲が狭くなるというデメリットが生じます。研究職につきたいのであれば、博士まで進んでもいいですし、修士で就職活動してもいいと思います。しかし、博士の場合ですと教授のコネで就職することも多くなると思いますので、教授が企業とどのようなコネを持っているのか徹底的に調べておく必要があると思います。
したがって、他大の院へ進学するのであれば、博士まで行かなければ意味がないというのは、就職面に関して言えばそんなことはないと私は思います。少なくとも、東大ではそうだと思います。
修士で就職活動するデメリットを挙げれば、研究に割く時間が少なくなるということくらいだと思います。

他大の院へ行くことをすぐにロンダ扱いする者もいますが、基本的にそれはその人の学歴コンプレックスから発生するものなので、無視するのが一番です。
さて、質問内容にお答えします。
私は某私立大学の生物系から東大院へ進学しましたが、先輩の就職状況を見ているとかなりよいです。文系就職も余裕みたいです。
しかし、これは修士卒の場合であって、博士卒ですと逆に研究職くらいしか就職先がなくなるため選択範囲が狭くなるというデメリットが生じます。研究職につきたいのであれば、博士まで進んでもいい...続きを読む

Q次の語句整序問題を教えてください。 (1) 私は彼の質問に何と答えたらよいのか途方にくれた。 I

次の語句整序問題を教えてください。

(1) 私は彼の質問に何と答えたらよいのか途方にくれた。

I ()()()()()()()()()().

①a ②answer ③his ④loss ⑤to make ⑥question ⑦to ⑧was ⑨what ⑩at

(2) 失って初めて、持っているものの価値に気づくことがよくある。 *1つ不要

We often don't recognize ()()()()()()()()().

①after ②have ③lost ④of ⑤them ⑥the things ⑦untill ⑧the value ⑨we ⑩we've

(3)それを提出するやいなやルイーズは出発した。

No ()()()()()()() she set out.

①had ②handed ③in ④it ⑤Louise ⑥sooner ⑦than

(4) The government will have to continue to pay for social welfare programs, ()()()()()().

①of ②takes ③which ④regardless ⑤the economy ⑥direction

(5) Anger is too mild ()()()()()() feel about the government's new tax policy.

①to ②word ③describe ④a ⑤I ⑥how

次の語句整序問題を教えてください。

(1) 私は彼の質問に何と答えたらよいのか途方にくれた。

I ()()()()()()()()()().

①a ②answer ③his ④loss ⑤to make ⑥question ⑦to ⑧was ⑨what ⑩at

(2) 失って初めて、持っているものの価値に気づくことがよくある。 *1つ不要

We often don't recognize ()()()()()()()()().

①after ②have ③lost ④of ⑤them ⑥the things ⑦untill ⑧the value ⑨we ⑩we've

(3)それを提出するやいなやルイーズは出発した。

No ()()()()()()() she set out.

①had ②handed ③in ④it ⑤Louise ⑥...続きを読む

Aベストアンサー

(1)
I (8)(10)(1)(4)(9)(7)(2)(5)(3)(6)=I was at a loss what to answer to his question.

(2)
We often don't recognize (8)(4)(5)(7)(9)(2)(10)(3)(5)=We often don't recognize the value of things we have until we've lost them. で(1)が不要です。

(3)
No (6)(1)(5)(2)(3)(4)(7)she set out.=No sooner had Louise handed in it than she set out.

(4)
The government will have to continue to pay for social welfare programs, (4)(1)(3)(6)(5)(2)=The government will have to continue to pay for social welfare programs, regardless of which direction the economy takes.

(5)
Anger is too mild (4)(2)(1)(3)(5) feel about the government's new tax policy.=Anger is too mild a word to describe how I feel about the government's new tax policy.

(1)
I (8)(10)(1)(4)(9)(7)(2)(5)(3)(6)=I was at a loss what to answer to his question.

(2)
We often don't recognize (8)(4)(5)(7)(9)(2)(10)(3)(5)=We often don't recognize the value of things we have until we've lost them. で(1)が不要です。

(3)
No (6)(1)(5)(2)(3)(4)(7)she set out.=No sooner had Louise handed in it than she set out.

(4)
The government will have to continue to pay for social welfare programs, (4)(1)(3)(6)(5)(2)=The government will have to continue to pay ...続きを読む

Q理系大学院(修士課程)の就職活動について

文系の大学生は今年度より、3年生の3月から、就職活動が解禁になりました。
しかし、最近は、理系の大学生は、大学院の修士過程まで進学し、卒業しないと、就職活動もままなりません。
そこで、質問です。
理系の大学院生の就職活動は、いつから、解禁になるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

いつでもOKでしょ。
ニュースで言ってるのは企業がおおっぴらに学生の選考をすると言っている時期なだけで非公式であれば関係ないし,それに従うと言ってる企業はいわゆる経済3団体の会員企業だけですから,それ以外の中小企業は関係ありません。

Q血液量がへるとこうしつ浸透圧が上がるのはどうしてですか? いろいろ調べましたが分かりません!よろしく

血液量がへるとこうしつ浸透圧が上がるのはどうしてですか?
いろいろ調べましたが分かりません!よろしくお願いします

Aベストアンサー

膠質浸透圧のことですね。
血液中のアルブミンなどの親水性タンパク質による浸透圧です。
これらの料は肝臓のはたらきなどによって長期的な変化はありますが、
短期的には変化しないものです。
ですから、血液の水分量が減ると自動的にアルブミンなどの濃度が上がり、
浸透圧が大きくなります。

Q修士課程で留年?

 現在理系の4年生です。自分のやりたい研究内容が他の大学院にあるとしり、春休みに研究室訪問を行い自分のやりたい内容ができると確認し現在、大学院試験の勉強をしています。(修士で卒業予定です)
 ところが、最近大学院で修士過程が卒業できない人の話を聞きました。その理由で、結果がでない、研究のレベルがその研究室のレベルに達していない等が挙げられていました。他の大学院から進学となれば、内部生と比べて研究の進行状況等がやや遅くなると考えているのですが・・・
 1、修士課程が卒業できない人ってどういう人が多いのですか?やはり外部生に多いのでしょうか?
 2、あと、理学系の院の方が農学や工学と比べて厳しい(修了条件が厳しい)と聞くのですが・・どうなんでしょうか?ちなみに私は農学で院では微生物の醗酵の研究を考えています。
  
 3、最後に、進学が決まった際にやっておくことはありますか?私は今のところ、研究に関する論文等を読んでいる程度なので・・・
  
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

明確な意志をもっての進学なのですね。すばらしいです。頑張ってください。

>1、修士課程が卒業できない人ってどういう人が多いのですか?やはり外部生に多いのでしょうか?

内部外部は関係ないように思います。基本的には修了する気のない学生だと思います。(社会人になりたくないというだけの院生や逃亡する院生も少なくないので)

>結果が出ない

研究計画に無理があるのかもしれませんし、結果が出ないなら途中経過でまとめる方法もあると思います。逆に、研究があまり進展しないのであれば指導教員の技量にもかかわるので、綿密に先生と相談しておきましょう。他の大学からだからといって特別なことはありません。入学前にその研究室の先生とご相談なさるといいと思いますよ。

>2、あと、理学系の院の方が農学や工学と比べて厳しい

どうでしょうね。一概には言えないような気がします。理系の方が実験で拘束される時間が多くなるのでそういう意味では大変かもしれません。でも文系もかなり論文を読んだりしているようですから、質的にはどちらがどうとはいえないと思います。

>3、最後に、進学が決まった際にやっておくことはありますか?

先行研究の論文を読んでおくとよいと思います。もちろん海外文献も含めてです。

頑張ってください!

明確な意志をもっての進学なのですね。すばらしいです。頑張ってください。

>1、修士課程が卒業できない人ってどういう人が多いのですか?やはり外部生に多いのでしょうか?

内部外部は関係ないように思います。基本的には修了する気のない学生だと思います。(社会人になりたくないというだけの院生や逃亡する院生も少なくないので)

>結果が出ない

研究計画に無理があるのかもしれませんし、結果が出ないなら途中経過でまとめる方法もあると思います。逆に、研究があまり進展しないのであれば指...続きを読む

Q「よろしくおねがいします」と言う言葉

こんにちは。
小1の甥の通う小学校の話なのですが・・・小3になる、かなり激しい暴力を隠れて行う児童がいて問題となり、下校時間を狙って自分たちよりも弱い子を狙って暴力を振るう為(甥もかなりひどい目にあいました)校長と話し合って、子供を守る為に担任が校門まで送り、そこから母親が連れて帰るように決定しました。
ところが、我が子だけのつもりで行ったところ、他の同じ方向の児童までぞろぞろ連れてきて、「じゃあお母さん、よろしくおねがいします。」と・・・
義姉は「え?」と言う感じだったそうですが、仕方なくその日は連れて帰りました。その後、兄と話し合って「『よろしくおねがいします。』と言われると、そこにはやっぱり、自分たちへの責任が生じる。やはり、他の子供に対しての責任まで負えないので、先生にお話して責任の所在だけははっきりしてもらおう。」と言う事になり担任に話をしたところ、「よろしくおねがいしますって、普通に言う言葉でしょう?!何でそんな風にしかとらないんですか?普通、保護者の方が来たら、じゃあこの子達もお願いしますって言うのはおかしいのですか?」と言い返されたそうです。
やっぱり、よろしくおねがいしますと言う言葉を責任譲渡として考えるのはおかしいのですか?保護者は他の児童も一緒に連れ帰らねばならないのですか?先生の言い分を是として、では連れ帰ったときの事故等の責任はどうなるのですか?私自身はどうも、先生の言い分の方がおかしいと思うのですが・・・もし先生の言葉が違うとするなら、今後どう対処すればよいでしょうか?義姉も兄も心痛めているのを、私も何か力になれればと思っています。どうぞお知恵をお貸しください。

こんにちは。
小1の甥の通う小学校の話なのですが・・・小3になる、かなり激しい暴力を隠れて行う児童がいて問題となり、下校時間を狙って自分たちよりも弱い子を狙って暴力を振るう為(甥もかなりひどい目にあいました)校長と話し合って、子供を守る為に担任が校門まで送り、そこから母親が連れて帰るように決定しました。
ところが、我が子だけのつもりで行ったところ、他の同じ方向の児童までぞろぞろ連れてきて、「じゃあお母さん、よろしくおねがいします。」と・・・
義姉は「え?」と言う感じだった...続きを読む

Aベストアンサー

あら~、双方感情的になってるみたいですね~。

ここはひとつ、たんたんと事実を確認したほうがよくはないですか?

「私は連れて帰るのは自分の子だけにしたい、
なぜなら粗暴なお子さんの今までの行動を見ると
とてもよそのお子様までご一緒にお連れする自信はない。
大変申し訳ないが、この件に関してだけは
よそのお子さんも一緒にお願いします、
と言われるのは精神的にも現実的にもかなり負担であり
ほかのことではいくらでも協力するがこれについてだけはご容赦いただきたい」
と、
校長先生も交えて ←これ絶対にポイント!
お話しましょう。

ご質問の意図はともかく、内容は言葉の意味云々の問題ではありませんよ。
現実的に対処しましょうよ。

Q大学院の修士課程、博士課程について教えてください

大学院は修士課程2年と博士課程3年の計5年ですよね?一般的に修士課程のみで卒業する方がおおいのですか?もちろん修士を終了しないと博士課程にはすすめませんよね?修士課程を修了してさらに勉強したい人は博士課程へ進むという考え方でよいのでしょうか?博士課程にすすむのには試験はあるのですか?

Aベストアンサー

> 大学院は修士課程2年と博士課程3年の計5年

ですね。
学部を卒業した方(学士課程)を対象とした教育が行われるのが大学院の修士課程(博士前期課程)で、
その課程を修了し修士の学位を持つ方を対象とした教育が行われるのが大学院の博士課程(博士後期課程)です。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=916043

その課程をこなすことは、終了ではなくて修了という言葉を使います。
修士課程(博士前期課程)を修了した方のうち、博士後期課程への入学試験(または5年制博士課程への3年次編入学)を合格した場合には、博士後期課程に入学することができます。なお、修士課程よりも博士後期課程のほうが定員がかなり少なくなりますので、制度的に入学できないという場合もそれなりにあります。なお、博士課程の目的として、専門的な研究者を養成するという性質が強くなりますので、入学試験には面接や修士論文・入学後の研究計画(指導教員との打ち合わせや広い意味での実現可能性を含む)などが合否の基準における重心になってきます。

> 修士課程を修了してさらに勉強したい人は博士課程へ進むという考え方

たしかにそうなのですが、「勉強する」よりは「研究する」、あるいは企業人としての生き方よりも研究者としての生き方を選ぶ方が博士課程へ進む、というほうが正確かと思います。

仮に首尾よく博士課程を修了し、博士の学位を得ても、それを生かす職は限られています。博士としての知見をかならずしも必要としない職をそのときになって選ぼうとしても、採用する側からすればそれなりの年齢になっている博士号保持者よりもピチピチした若者を採用する傾向がありますので。最近、「余剰博士」という新聞の言葉がでましたのでそのあたりをgoogleると状況がみえるかと思います。

> もちろん修士を終了しないと博士課程にはすすめませんよね?

基本的・原則的にはそうですが、必ずしも修士課程を修了していなくても博士課程に進学することは可能です。就職して企業で研究に従事し、進学・研究したい分野での業績が認められれば、受験資格を与えてくれる場合があります。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=916043

> 大学院は修士課程2年と博士課程3年の計5年

ですね。
学部を卒業した方(学士課程)を対象とした教育が行われるのが大学院の修士課程(博士前期課程)で、
その課程を修了し修士の学位を持つ方を対象とした教育が行われるのが大学院の博士課程(博士後期課程)です。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=916043

その課程をこなすことは、終了ではなくて修了という言葉を使います。
修士課程(博士前期課程)を修了した方のうち、博士後期課程への入学試験(または5年制博士課程への3年次編入学)を...続きを読む

Qわびさびとは何ですか、調べてもよくわからないのでよろしくお願いします。長いと時間が

わびさびとは何ですか、調べてもよくわからないのでよろしくお願いします。長いと時間がないので殆ど見れません。

Aベストアンサー

わび:パッと見ると朽ちていたり、劣化していたりするものと判断しがちなものも、良く見るとそれなりの美しさや味わいがあるということに気がつくこと。
さび:汚れや劣化を受け入れて積極的にその良さを見出そうとすること。

物の美しさというもの表裏一体であり、それを理解するのが日本文化の真骨頂だという意味で使われます。

Q新制大学の修士課程と博士課程との接続関係

戦後長い間、修士課程は2年で博士課程は3年であり、博士課程は修士課程を修了後に修めるものとされてきました。しかし昭和24年の「大学院基準」では、両者は上下の関係ではなく、並立の関係であり直接博士課程への進学が想定されています。もちろん、修士課程を修了後であっても進学可能ですが、その場合は修士課程の履修単位は博士課程に算入できるとまで記述されています。なぜ修士課程と博士課程の並立制が実現しなかったのでしょうか?一説には、当時の文部官僚がGHQの並立示唆を上下関係と誤解した結果との解釈もあるようです。3年で済むところが、ミスで5年も必要となったとすれば、社会的責任は大きいと思います。真相をご存知の方、教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

度々失礼します。立命館大の件、私の勉強不足でした。4年生が進学する際、3年で学位が取れるコースと強調し、まさかと思いながらも、そんなこといいながら5年かかるのではないかと思っていましたら、3年目で退学しました。

さて、大学教員の立場から言えば、学士、修士ともすでに学位破壊(それにふさわしいものだけが学位を得てるか)が起きています。4年間授業料を払ったのだからもう1年払わせるのはかわいそうとか、留年させたら退学するとか言う学生の意見を真に受けて卒業させる教員もいます。

大学の学位で基本的に学位破壊が起きていないのは博士だけ(と思っていますがもちろん例外はあるでしょうが)、これを3年にするとどうでしょうか?それで、多くの人が学位を取れるのかということです。多くの人が5年かかる(あるいはそれ以上)のであれば、やはり5年を標準にすべきと思います。

質問文ではGHQが並立制を示唆としたと書かかれているのですが、No.5に対するお礼では、まるで日本が3年制を主張していたかのように取れます。いずれにしても、3年制は、一つのやり方であって、正しいかどうかは別問題です。本国の米国でも5年が一般的であり、3年制が良いとは思えません。要は博士学位に対する認識の問題であり、本来は、GHQや政府が決めることではなく、大学側が決める問題です。博士は、これだけの実績を上げたものに与えられるべきだという基準です。

私が論博を取るとき、ファーストオーサーで10本を要求されました。課程博士だと3本でよいということでした。このような二重基準も問題ですが、課程博士の年限を短くすることはより悪化する方向だと考えます。特別な実績をあげたものは学部卒後3年で博士の学位が取れるという基準で十分だと思います。

度々失礼します。立命館大の件、私の勉強不足でした。4年生が進学する際、3年で学位が取れるコースと強調し、まさかと思いながらも、そんなこといいながら5年かかるのではないかと思っていましたら、3年目で退学しました。

さて、大学教員の立場から言えば、学士、修士ともすでに学位破壊(それにふさわしいものだけが学位を得てるか)が起きています。4年間授業料を払ったのだからもう1年払わせるのはかわいそうとか、留年させたら退学するとか言う学生の意見を真に受けて卒業させる教員もいます。

大学の...続きを読む

Qかっこいい言葉を教えて下さい! 古文の言葉でも ラテン語でも英語でも とにかくかっこいい言葉を教えて

かっこいい言葉を教えて下さい!
古文の言葉でも
ラテン語でも英語でも
とにかくかっこいい言葉を教えて下さい!

Aベストアンサー

『人を許すのはその人の美しさ』聖書だったと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報