AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

こんにちは、ちょっと基本的なことを質問させてください。それなりに勉強しているつもりですが、わからなくなってしまいました。
現在、日米金利差が3%ありますよね。こういう状況では、ドルで貯金した方がよいから円安ドル高になりますよね。もちろん他の要因もありますが、ここでは金利の影響のみをとりあげます。
ところが私の上司は、「日米金利差が3%あるから先物は年率3%で円高ドル安になっている。先物は現物の将来価格であるから、将来円高ドル安になる。円高ドル安にならないと、先物を予約したら無条件に儲かるじゃないか?だから裁定が働いて円高ドル安になるんじゃないか」と言います。
 そこで私が、ドルの方が需要が高いのだからドル高になると説明したら、「金利差があると需給が均衡するまでドル高になって、それ以後ドル安になる」という意見に変わっていきました。
 調べてみると、需給の関係でドル高になる作用と、裁定の関係でドル安になる作用があるようでした。それで市場では短期的に為替はドル高になるとよく言われますが、結局どっちなの?と思いました。上司を説得するにはどう攻略すればこうかてきでしょうか。わたしはそもそも先物は現物将来予想という理解がおかしいと思うのですが。

 私が参考にしたWEBページを乗せます。

教えてgoo
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1091144

金融大学
http://www.findai.com/kouza/210fx.html

外為塾
http://www.fxlabo.co.jp/juku/koudou2/kinri.htm

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#1です、ちょっと読んでて気になったものでスイマセン。



>よって、金利差分円高ドル安のポイントをゼロと考え、先物レートがそれよりも円高(円安)であれば、市場参加者が円高(円安)を予想していると考えるべきです。

ここ、間違いです。為替の先物価格に市場参加者の将来の為替予想が織り込まれることはありません。単なる金利差と為替スワップの歪みです。
歪むことはまれですし、あってもごく些細なものですがもし歪むとすれば、それは需給によるもの、あるいはその期間までの(短期)金利変動予測の織り込み、いずれかしかないと思います。
しかしどちらのケースも裁定機会となりますので、すぐに解消されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびご返答ありがとうございます。
先物レートが金利差以外の現物レートのファンダメンタルズを織り込まないのは良くわかりました。

ところで、米国金利が高いと理論上円安になりますが、理論上どのくらい円安になるのでしょうか年3%の金利差があると、年3%づつレートが円安になるのでしょうか?
それとも、金利差に変化があったときだけ、レートが変化するのでしょうか?

一方で米国金利が高いと円高になる経済理論があるらしく、理解に苦しんでいます。(外為塾のページ)これはどういうことでしょうか?

お礼日時:2005/08/08 11:34

>日米金利差が3%あるから先物は年率3%で円高ドル安になっている。


>先物は現物の将来価格であるから、将来円高ドル安になる。
→ここが間違いです。金利差が3%あって先物が3%円高ドル安になっている状態、
これは円高も円安も予想されていない均衡ポイントにあることを意味します。
なぜなら、先物は一般的に為替ヘッジに利用されているからです。

円金利1%、ドル金利4%で金利差3%とします。円ドルのスポットが110円/ドルとして、
1年先物が同じく110円/ドルだとどうなるでしょう?答えは簡単。
日本国債を持っている人は皆それを売り払って、米国債を買った上で為替ヘッジをします。
日本国債だと1%ですが、米国債を買って為替ヘッジすれば、リスクなしで4%ですから。

先物価格が110円のままですと、
(1)日本国債の大量売却→円金利上昇
(2)売却代金の円売りドル買い→円安ドル高
(3)米国債の大量購入→米金利下落
となり、
(1)円金利が米金利(4%)並みに上昇
(2)スポットの円ドル相場が107円強になる
(3)米金利が円金利(1%)並みに下落
(4)1・2・3の組み合わせ
となるまで続きます。でも、実際はそうはなりません。円ドルの先物相場
が一番動きやすいですから、スポット=先物というプライスが瞬間ついても、
あっという間に金利差分の円高ドル安に戻ります。
日本国債を買っても、米国債を買って為替ヘッジをしても、利回りは同じ水準になるのが正常なのです。

よって、金利差分円高ドル安のポイントをゼロと考え、先物レートがそれよりも
円高(円安)であれば、市場参加者が円高(円安)を予想していると考えるべきです。

>現在、日米金利差が3%ありますよね。こういう状況では、ドルで貯金した方が
>よいから円安ドル高になりますよね。もちろん他の要因もありますが、
>ここでは金利の影響のみをとりあげます。
→金利の影響のみを考えるならばおっしゃる通りです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有難うございました。
先物レートが現物レートから金利差の影響を受けるということは十分理解しているつもりです。外国金利の方が高いと円安になるかというところです。

>よって、金利差分円高ドル安のポイントをゼロと考え、
>先物レートがそれよりも円高(円安)であれば、
>市場参加者が円高(円安)を予想していると考える
>べきです。

私もそのように考えていましたが、先物と現物の裁定が「将来の現物レートと先物レート」の間に働けばそうですが、「現在の現物レート+金利差と、先物レート」に働くので違うように思います。

お礼日時:2005/08/08 11:21

>先物は現物の将来価格であるから、将来円高ドル安になる。



先物は「将来価格」ではありません。また「将来の予想価格」でもありません。将来のある時点における(為替であれば通貨を交換する)価格を契約することです。実際の相場がどうなるかはわかりません。もし上司の言うことが正しければ、過去恒常的に米金利>円金利の状態が続いてきましたから、一方的に円高が続いているはずです。
金利差が働く裁定で先物価格は円高の価格となりますが、それは現在価値の等しいものを交換するからです。
おおざっぱに言えば、1ドル110円で1年の金利が円0%、ドル3%とすると各々の1年後の価値は110円と1.03ドルになります。従って先物価格は110円÷1.03ドル=約106.80円となります。あくまでも1年後に交換することを現在契約する、というだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもご返答ありがとうございました。たとえば1年の先物と現物の裁定が、「現在のレート+外国金利1年分と、先物レート」の間で行われることが理解できました。「1年後のレートと国内金利一年分と、先物レート」の間には裁定は働かないのですね。

お礼日時:2005/08/08 11:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q直物と先物為替レート?

二つの国に通貨間に金利差がある場合、なぜ直物と先物為替レートが違うのか教えてください。
直物為替レート?先物為替レート?というのもいまいちピンときませんのでどういうことなのかよろしくお願いします

Aベストアンサー

まず、定義ですが、
先物は、初心者のうちは、
将来の為替レートそのものと思ってよい。
もう少し正確に言えば、その将来の時点での為替レートを投資家が予測して、売買の権利をいま取引するのです。なんでそんなことをするのかといえば、例えば、トヨタが将来のドルの収入を円換算で安定化して、経営計画を立てたいからです。


で、本題ですが、
「二つの国に通貨間に金利差がある場合、なぜ直物と先物為替レートが違うのか」
という場合、
この言い方には、重要な仮定がいくつか必要。

1.「金利差がある」というのが味噌ですが、
この金利が、先物取引の時点まで同じようにずっと続くということが前提です。
2.為替レートが、投資家の資金運用のみで決まり、金利にすべてその思惑などが織り込み済み。

こうしたことを仮定すれば、
もし、先物と直物で差がなければ、
金利が高いほうでは、どんどんその国の通貨で金融資産を持っていれば、放っておけば増えるので、
みんな金利が高いほうの通貨を持つほうが有利でしょ?
だから、将来よりも現在その通貨を買って運用したいと思うので、金利差の分だけ、金利が高い国の直物為替レートのほうが、先物為替レートより高くなるのです。

まず、定義ですが、
先物は、初心者のうちは、
将来の為替レートそのものと思ってよい。
もう少し正確に言えば、その将来の時点での為替レートを投資家が予測して、売買の権利をいま取引するのです。なんでそんなことをするのかといえば、例えば、トヨタが将来のドルの収入を円換算で安定化して、経営計画を立てたいからです。


で、本題ですが、
「二つの国に通貨間に金利差がある場合、なぜ直物と先物為替レートが違うのか」
という場合、
この言い方には、重要な仮定がいくつか必要。

1.「金利...続きを読む

Q【インフレ率】と【物価上昇率】は違う?

インフレ率と物価上昇率は同じものですか?
英語を調べてみると同じ訳語もあれば、完全に一致しているわけでもなく・・・
サイトによっては同じように書いてあったりもします。

インフレ率と物価上昇率は違うんでしょうか?

Aベストアンサー

 基本的には同じ物と考えて差し支えないと思われます。
 ただし,「インフレ率」は消費者物価指数,企業物価指数,卸売物価指数など物価に関する様々な指標を平均して算出するものと理解されているのに対し,「物価上昇率」は専ら消費者物価指数を指すものとして使用されることがあります(特に年金関係)。
 どちらも法律などではっきりと決まった定義があるわけではないので,これらの用語は使用者がどのような意味で用いているか注意した上で読む必要があります。

Q金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか?

金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??

この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?教えて下さい。

後、下のようなケースが理解できません。よければこちらも教えて下さい。
下にある金利が何を指すのかも教えて下さい。

【Q】
2005年1月1日に、表面利率1%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
あなたは、それを100万円で購入します。
その後金利が上昇し、
2006年1月1日に、表面利率2%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
さて、あなたの持っている2005年債は一体いくらで売却できるでしょうか?
大切なのは、答えの絶対値ではなく、その算出の仕方にあります。
だから答えを先に書いてしまいましょう。およそ918,378円です。
金利が上昇した結果、債券価格は下落したとこになります。
その理屈と計算方法を答えてください。



よろしくお願いします^-^

Aベストアンサー

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5%に引き上げになるとします。すると明日以降に発行される債券は利率5%が並になる、と考えれば、今日までに発行されていた0.5%の債券を売却して明日以後発行になる5%の債券を求める動きが出るでしょう。
したがって、「金利が上昇すると、(今までの)債券は売られて価格が下落」します。金利下落時は逆です。

>【Q】
利率1%、残存9年の債券がある。今の長期金利は2%である。
これが50円ならあなた買いますか?普通買いますよね。なぜ? だって9年で値上がり分の50円と利息9年分9円の合計59円が入るから。50円の投資で9年かけて59円手に入るんだから。すごい効率ですよね。
じゃ60円なら買い?80円なら?95円なら?
これの損益分岐点を求めたものが回答です。利回り計算をすればいいんです。

〔{1+(100-x)/9}/x〕*100 =2
参考URL(最終利回り)をご覧ください。

この式の分子に来ているのは、結局「今後1年あたりどれだけの収入があるか」ってことです。
(毎年決まった利息)プラス(償還までの差益・差損の1年当たり分の合計)ですから。
(それをいくらの投資によって得られるか)が分母(購入価格)です。

参考URL:http://www.daiwa.co.jp/ja/study/knowledge/bond02.html

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5...続きを読む

Q前期がマイナスの前年同期比の計算方法について

お世話になります。
初歩的な問題ですが、

前年の数字が -20,793,230で
今期の数字が  81,073,962 と

大幅に違っていました。

普通ならば今年度÷前年度で比率は求めれられますが、
前年度の数字がマイナスの場合、
比率の計算はどのようにしたら良いのでしょうか??

また、前年がマイナスで今期も同様にマイナスだった場合の
前年同月対比についても計算方法を教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

前年度の絶対値(マイナスをとった値)と今期の数を足して前年度の絶対値で割ります。

どちらもマイナスの場合は
今年度÷前年度の答えにマイナスをつけます。

で、どうでしょう。

Q日経225先物とCME日経平均先物との関連性について教えて下さい

最近日経225先物取引を始めました
今苦戦していて勉強中です
そこで初歩的な事だと思うのですが教えて下さい
日経225先物とCME日経平均先物との関連性についてどなたか教えて頂けませんでしょうか?CMEの動きをどのように参考にしたら良いのか教えて下さい。
後、CMEにはドル建てと円建てがあるみたいですがどう違うのでしょうか?金額にして100円位違ってる時もあるのですがどちらをどう参考にしたら良いのでしょうか?
一般的にはドル建てが参考資料として載せられてますがどうしてでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、


> CMEの動きをどのように参考にしたら良いのか教えて下さい。

日経225先物は機関投資家などによって裁定取引が行なわれています。
したがって、大証の日経225先物の始値は、CMEの日経225先物の
終値に近いところにサヤ寄せされるケースが多くなります。

CMEの日経225先物が、前日の大証終値に比べて大幅に
下落して取引を終えたとすると、両者の価格差を調整するための
裁定取引により、翌日9時からスタートする大証の日経225先物は、
寄り付きから大きく値下がりする可能性が高まります。




>CMEにはドル建てと円建てがあるみたいですがどう違うのでしょうか?


日本円で日本の商品の、大証の日経225先物に投資する場合は、
為替リスクを考える必要がありませんが、CMEの日経225先物
に投資している海外投資家は、ドルなりユーロなりを円に換えてから
日本の商品に投資しますので、為替リスクが発生します。


海外の投資家が、単に日経225ではなく、
ドル建での日経225を考える必要がありますのは、
日経225の上昇下落の予想だけでは投資がしにくいので、
ドル建の日経225を上場して、為替リスクを考えなくて良いように
しているのだろうと思います。




> 一般的にはドル建てが参考資料として載せられてますがどうしてでしょうか?


また、ドル建てと円建ての価格差の原因は、
ドルと円の金利差を反映したものです。

ドル金利をベースに理論値を計算するので、
円建てより80円~100円くらい高くなります。


それと、建玉ですが、円建日経225よりもドル建日経225の方が多いので、
より活発に取引されていることがわかります。


ですから、
ニュース報道ではドル建ての値を使用することが多いようです


それと、ドル建ての値を使用するのは、
「あくまでも単に過去の習慣?」 という説のもあります・・・。

こんにちは、


> CMEの動きをどのように参考にしたら良いのか教えて下さい。

日経225先物は機関投資家などによって裁定取引が行なわれています。
したがって、大証の日経225先物の始値は、CMEの日経225先物の
終値に近いところにサヤ寄せされるケースが多くなります。

CMEの日経225先物が、前日の大証終値に比べて大幅に
下落して取引を終えたとすると、両者の価格差を調整するための
裁定取引により、翌日9時からスタートする大証の日経225先物は、
寄り付きから大きく値下...続きを読む

Q「国債価格の下落」ってなんですか?

新聞なんかで「国債価格の下落」って言うじゃないですか。

でも、財務省のサイトだと、国債を買って満期まで持っていれば「満額」返ってくると書かれています。ということは、国債の価格は変わらないことを前提にされているんじゃないでしょうか?では何が「下落」するんでしょうか?

実際 私が国債を買ったと仮定して、「国債価格の下落」が起きたらいったい私はどう損するんでしょうか?

具体的なイメージがわかないので、この矛盾(?)をすごくわかりやすく教えて下さい!

Aベストアンサー

#5 です。私への補足がありましたがそう理解されて結構です。あともう一つ補足で質問ががありました

>初歩的な質問ですみません。なぜ利率(長期金利のこと?)が上がれば 国債の価格が下がるのでしょうか?

 質問自体が間違っています。正しくは国債価格が下落すると長期金利が上昇する。です。

 これをものすごく簡略化して説明します。今額面価格100万、利率は5%、年に一回利息(5万円)が振り込まれる10年国債があったとしましょう。

 何らかの理由で市場価格が下がったとします。ここでは95万に下落したと仮定します。そうしますと値下がりした国債を購入された方は95万の投資で5万円の利息がもらえることになります。そうしますと額面利率は5%ですが、実際の利回りは5/95×100=5.26%ということになります。

 こうやって国債価格が下落すると国債の利回り(5%から5.26%へ)は上昇することになります。そうしますと、特に金融機関(銀行・生保など)は元本が保証されて(つまり安全で)金利が高くなった国債を購入しようとする傾向が強まります。

 こうなると貸し渋りが起きます。つまり銀行はこれまでの金利で企業や個人に貸し付けるより、国債を購入した方が利益が出ます。そうしますと借り手側はこれまでの金利より高めの金利を容認しなければ銀行からの融資を受けられないことになります。
 こうやって国債価格の下落によって生じた国債の利回りの上昇は回り回って各種の長期金利を引き上げることになります。

 アベノミクスのアキレス腱の一つはここにあります。株価を人為的に上昇させれば、結果的に巨大な投機資金が国債から株式に移動して、国債価格の下落・長期金利の上昇を引き起こします。
 株価の上昇が景気回復につながるどころか、長期金利の上昇は企業の設備投資の鈍化、個人の住宅購入の意欲の衰えとなって、景気を逆に悪化させる可能性もあります。

 なので今回の長期金利の上昇を受けて日銀は市中銀行に対してほとんど無利子・無制限の貸し付けを行うことで金利上昇を抑えようとしました。さらに先週から今週にかけて日銀総裁は「長期金利のコントロールは困難である」という発言をしました。

 これは実質的に安倍首相とタッグを組んできた日銀総裁が「株価を上げれば景気は回復する」というロジックを捨てたことを意味しています。

#5 です。私への補足がありましたがそう理解されて結構です。あともう一つ補足で質問ががありました

>初歩的な質問ですみません。なぜ利率(長期金利のこと?)が上がれば 国債の価格が下がるのでしょうか?

 質問自体が間違っています。正しくは国債価格が下落すると長期金利が上昇する。です。

 これをものすごく簡略化して説明します。今額面価格100万、利率は5%、年に一回利息(5万円)が振り込まれる10年国債があったとしましょう。

 何らかの理由で市場価格が下がったとします。ここでは95万に下落...続きを読む

Q日米金利差とは、何ですか?

タイトルの件、質問いたします。

よく、FXにて、米国の長期金利上昇によって、ドル高になるみたいな表現を見ます。

Q1.日米金利差とは、日本の何の金利と、アメリカの何の金利の差の事を行っているのですか?

Q2.また、上記、金利は、どこのサイトで、具体的な数値を確認する事が出来ますか?

以上、ご存知の方、いらっしゃいましたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よくに言う
公定歩合の事です。
日銀(日本銀行)が、長期プライムレートを決定します。
それは、景気の動向を調査して、インフレ、デフレのコントロールをする為です。

一方、日銀と同じく米国にはFRB(連邦制度理事会)が有ります。

なまえは、違えど同じ事をして、景気をコントロールしてるのです。

金利が、高くなれば、家、車を買いますか?
金利が下がれば、家、車買いますよね?

単純に、それで、金利差は発生します。

中国にも中国中央銀行が、あります。

しかし、一つ、世界でおかしな所が、あります。

ヨーロッパです。

つまり、ヨーロッパは、イギリスを除いて、全て
€を用いてます。

しかし、ギリシャ、スペイン、イタリア
危ない国です。

しかし、一方で、ドイツは世界の中で、物を言える立派な財政の良い国家です。

しかし、コントロールは、ユーロでコントロール出来ないのです。



先ほど、プライムレートの話をしました。

それだけが、中央銀行の仕事では、有りません。

中央銀行の仕事は、お札を発行する大事な仕事が有ります。

沢山、お札を刷ったら、希少価値は無くなることに成ります。
少なすぎたら、お金は、紙切れ同前

だから、
ユーロ圏は困ってるのです。

大体、簡単に書いてみました。

ご理解頂けましたか?

解らなければ、お礼で返事いただければ、もう少し噛み砕き
追加回答します。

よくに言う
公定歩合の事です。
日銀(日本銀行)が、長期プライムレートを決定します。
それは、景気の動向を調査して、インフレ、デフレのコントロールをする為です。

一方、日銀と同じく米国にはFRB(連邦制度理事会)が有ります。

なまえは、違えど同じ事をして、景気をコントロールしてるのです。

金利が、高くなれば、家、車を買いますか?
金利が下がれば、家、車買いますよね?

単純に、それで、金利差は発生します。

中国にも中国中央銀行が、あります。

しかし、一つ、世界でおかしな所が、あ...続きを読む

Q日本の輸出と輸入どちらが多いのですか?

日本の輸出額と輸入額ではどちらが多いですか?

Aベストアンサー

今は、発電用燃料を大量に買ってい留から、輸入額の方が多くなっている。つまり、貿易赤字状態。
ただし、国際収支は海外投資があるので、かろうじて黒字をたもっているよう。


人気Q&Aランキング