台湾の言葉を学ぶにあたり、私の調査・勉強不足かと思いますが、ご存じの方
がいらっしゃいましたら、ご回答・アドバイスをよろしくお願いします。

台湾への留学や就職を踏まえた際に、現実的に習得しておいて有利な言葉は、
台湾国語(繁体字の北京語でしょうか?)と台湾語のどちらなのでしょうか?

また、繁体字で書かれた中国語のテキストが見つけられませんでしたが、一般
的にないのでしょうか? または、簡体字で教えられる中国語を、自らが繁体
字で学習していくものなのでしょうか?

台湾の言葉について、まだ知らないことが多く、現状で、私自身の認識に間違
いもあると思います。その点ご指摘を含めて、ささいな情報でも、お待ちして
います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.2で回答したsarasbatyです。

回答に対する補足に対する回答を。

前回の回答でも書いたとおり、台湾でコミュニケーションを取りたいというだけであれば、台湾語を理解していなくても全く不都合はありません。よほど台湾に思い入れでもあり(例えば恋人が台湾人だとか、一番好きな歌手なり俳優が台湾人の場合等)、何が何でも台湾語で直接話をしたいとか、映画や歌をそのままで楽しみたいとかいうことであれば別ですが…。
北京語(くどいですが便宜上こう呼んでるだけで普通話のこと)ができればたいてい誰とでも会話は楽しめます。(TVや歌は台湾語でというのもありますが。)
北京語を学習する最大のメリットは、中国文化圏(大陸や台湾や在外華僑等)の人と広く交流できる可能性が高まるということだと思います。
まして仕事で(少しでも)使いたいと考えているならば、北京語は必須ではないでしょうか?
台湾を独立国家として見なすか中国の一部だと見なすかは別として、両者には当然の事ながらかなりの共通点が見られます。台湾に興味を持って勉強しているうちに、中国(大陸)の事を知りたくなることもあろうかと思います。(例、故宮博物館に興味を持てば、当然北京にある故宮(紫禁城)の事も知りたくなるでしょう。)そういったことの資料が簡体字で書かれた物であることも多いでしょう。そういう意味からいえば、簡体字を覚えておくことは(特に日本国内において学習する場合は)非常に有益だと言えます。
日常でも簡体字を覚えておけばかなり楽です。(これはどうでもいい理由でしょうが…。)
ちなみに私が台湾人に話しかけるときはいつも北京語です。当然彼らの返事も北京語です。どちらが好きなのかは聞いたことがないですが、“台湾人”であることに誇りを持っている彼らにとっては、台湾語の方が好きなのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました! 的確なお答えに感謝いたします。
台湾国語を学ぶべく、参考とさせて頂きます。
たびたびご丁寧にお答えいただき、ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/23 21:42

注音字母とピンインは完全な対応関係がありますので、どちらを先に学習しても問題はありません。

本土の小学生低学年の教科書にピンインで漢字に振り仮名みたいに振られているのに対して、台湾では注音字母がピンインの代わりになっている違いだけです。台湾では、注音字母は誰でも理解できるため、国語(中国語)辞典の目次に使われているわけです(ピンインは共産党政権が勝手に定めたもので、公認されていません)。ピンイン(表音字母)との対照表は下記HPにあります。

参考URL:http://bird.zero.ad.jp/~zan95652/tyuuon.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確なお答えありがとうございます。確かに注音字母からはじめるには、困難な気がします(ピンインがなければ、そうは思わないのでしょうが…)。

お礼日時:2001/10/24 09:44

 ただ、台湾の中国語辞典は本土で民国時に使われた注音字母順に並べられています。

初学者が注音字母から、学習するには困難です。大陸で使われているピンイン方式のほうがずっと楽ですが、台湾では使われていないことを留意してください。下記URLに中国語について詳しく書かれています。

参考URL:http://www.ailogic.co.jp/x260-1.html

この回答への補足

情報ありがとうございます。ご紹介のサイトは、大変、有意義なサイトでした。
学習課程において、ピンイン方式から初めて、次第に注音字母へと変えるのは難しいものなのでしょうか?

補足日時:2001/10/23 14:46
    • good
    • 0

台湾で話されている言語ですが、ちょっと事情が複雑です。


台湾には台湾語(大きく分類すると福建省南部で使われているびん南語)があります。
しかし現実に話されている言葉は北京語(厳密には普通話だが国語ともいう)に台湾語が混じったものも多いです。
TV等では台湾語で話されているものには北京語の字幕がつきますし、町中で話しかけてもたいていは北京語で問題はありません。
日常の会話については、北京語だけ勉強していれば問題はないでしょう。
字体については絶対に繁体字をマスターしておく必要があります。簡体字表記の本や字幕は皆無に等しいですし、台湾人は繁体字にかなりのプライドを持っています。最低(自分では書けなくても)読める程度にはしておいた方がいいでしょう。同じ意味で注音字母(簡単に言えばピンインに相当するもので、早い話が読み仮名)もマスターした方がいいでしょう。
確かに日本では繁体字表記のテキストは少ないですが、中国語専門書店等に行けば結構見つかると思いますよ。近くにないようでしたら、中国語書店、東方書店、内山書店等のキーワードで探せばいいですよ。これらのサイトの紹介でわかりにくいようなら、直接電話をかけて相談すれば、きっと自分にあった本を紹介してくれますよ。
以上の話は一般論。留学、特に就職を念頭に勉強しようと思うなら、台湾語だけでなく北京語もマスターできるようにした方がいいと思いますよ。
国家間の問題はともかく、民間レベルではかなり交流が進んできていますし、台湾の(特に若い人は)たいてい両方出来ますからね。
字体も簡体字と繁体字は同時進行で覚えた方がいいですね。
個人的な意見ですが、北京語だけしかできなくても困ることはそうないだろうけど、台湾語だけしかできないと困る事が出てくるかもしれません。
modさんの現在のレベルがわからないから何とも言えませんが、もし全くの初学者だというのであれば、あまり台湾語というのにこだわらず、まず北京語を学習してみるというのも一つの手かもしれません。

この回答への補足

情報ありがとうございます。
もしご存じならば…、台湾の方(特に若者)は、台湾語と北京語の両方を話せるそうですが、どちらを好んで使っているのでしょうか? また、台湾ではほとんど繁体字が使われているそうですが、簡体字も同時進行で覚えるメリットは、具体的にどのようなものでしょうか?
当方、まったく学習経験がなく、特別台湾語に執着しているわけではありません。台湾人とのコミュニケーションの道具として、さしあたり北京語を学習していくのが妥当なようですね。早速、中国語書店に足を運びたいと思います。

補足日時:2001/10/23 14:26
    • good
    • 0

以下を参照にしてはいかがでしょうか。



参考URL:http://www.ngu.ac.jp/~consami/link/tw/tt2/txt/t1 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考確認をしていたので、お礼が遅くなりました。
情報ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/23 14:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q台湾のドラマの北京語(普通話)?と大陸のドラマの普通話の違い

台湾のドラマの北京語(普通話)?と大陸のドラマの普通話の違い

台湾のドラマには面白いDVDなどが沢山発売されてますが、北京語という表示になっているので
私は大陸の普通話と変わらないと思っていたのですが、上海人の友人に確認してみたところ大陸の人間からすると台湾の方の北京語は微妙に大陸の普通話と違い真面目に中国語を勉強するなら大陸のドラマなりニュースで学ぶのが得策だと言われました、このカテで以前の中国の方がおっしゃてたように生粋のものじゃないのでしょうか?なにをもって生粋というのは別問題として。イギリス英語とアメリカ英語の違いぐらい大陸の人にとっては違うように思うのでしょうか?

Aベストアンサー

台湾の北京語(台湾では「国語」と呼ぶのでここでも以下そう呼びます)は大陸の普通話と比べると発音が若干違います。
大きな違いは台湾の人は巻き舌音(zh,ch,sh,r)をちゃんと発音できないことです。舌を巻かずに発音してしまいます。
また、er化もしなかったと思います。

あと、私は国語をちゃんと勉強したことがないので詳しくはないのですが、国語と普通話で違う語彙がけっこうあるみたいです。
私の知っているのは駅の「ホーム」、国語では「月台」で普通話では「站台」です。

Qドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか? ドイツ語

ドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか?

ドイツ語の筆記体は、戦後になって何回か変わったらしいですが、やはり一番新しい筆記体がスタンダードですか?

Aベストアンサー

>ドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか?

現代のドイツ語の筆記体は、基本的には英語と大体同じです。違うところはありますが、日本でわざわざ本にするほどのものではないので、そのような書物はないでしょう。英語の筆記体と同じに書いても読んでもらえるので、その点では心配はありません。ただ、ドイツ人の手書きの文書を読む場合は、違いを知っていないと読みにくいことがあります。達筆な人の文字は判読がかなり困難な場合もあります。個人によっても書き方に違いがあるので、書物ではなく、実際に書かれたものを見て学ぶしかありません。たとえば、ä、ü、öなどのウムラウトも、楔のような二本の縦線を書く人もいれば、ā/ă/ō/ŏ/ū/ŭのような書き方をする人もいます。下のサイトに動画があり、現在のドイツの学校でどのように文字の書き方を教えているかを見ることができます。いくつかの文字で、英語の筆記体との違いがわかると思います。
http://www.swr.de/landesschau-rp/gut-zu-wissen/kulturgut-oder-ueberkommener-lernstoff-ist-schreibschrift-noch-zeitgemaess/-/id=233210/did=15905510/nid=233210/8ggx63/

現代の筆記体の基本的な字体はNormalschriftといいます。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/06/Deutsche_normalschrift_ab_01091941.jpg/471px-Deutsche_normalschrift_ab_01091941.jpg

英語の筆記体と比較してみてください。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/00/Cursive.svg

>ドイツ語の筆記体は、戦後になって何回か変わったらしいですが、やはり一番新しい筆記体がスタンダードですか?

昔のドイツ語の筆記体は、今のものとは全然違います。Kurrentschriftといって、特にオーストリアの役所などで使われたものです。時代によって大きく違いますが、日本の独和辞典などにドイツ語特有の筆記体として掲載されているものは、ルートヴィッヒ・ズュッターリンという人が1911年にドイツ文化省から依頼されて、それまでの筆記体をもとに学校教育用に考案したもので、Sütterlinschriftと呼ばれているものです。しかし、1941年にナチス・ドイツが、このSütterlinschriftや活字のフラクトゥールの使用を禁じ、先述のNormalschriftに切り替えました。Sütterlinschriftは、戦後も1980年代までは部分的に教えていた学校もありましたが、基本的には1941年以降はNormalschriftです。
あくまでも現代ドイツ語の実用範囲でのことなら、Normalschriftだけ知っていれば十分です。過去の偉人の手書きの原稿や書簡などを読みたい場合は別です。今のドイツ人の多くは、KurrentschriftやSütterlinschriftが読めないので、祖父母の残した手紙などが読めないというのはごく普通にあることです。
ただ、日本に書道があるように、ヨーロッパにもカリグラフィーという芸術的な文字の書き方があり、そこではSütterlinschriftはまだ応用されています。
http://www.stehsatz.com/portfolio/page/33/#2770

この古い筆記体は、17~19世紀に下のように変化しています。
http://www.suetterlinschrift.de/Lese/Kanzlei1.htm

これらをもとに1911年に考案されたSütterlinschriftの一覧が下のものです。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/59/Deutsche_Kurrentschrift.svg/524px-Deutsche_Kurrentschrift.svg.png

もしこういった筆記体の書き方に興味があるのなら、下のサイトのPDFをダウンロードして参考にしてください。
http://www.kurrent.de/_html/uebungen.htm

実際に書かれたものの読み方の例は下のサイトで見ることができます。
http://www.suetterlinschrift.de/Englisch/Sutterlin.htm

http://www.suetterlinschrift.de/Englisch/Tips_and_tricks.htm

>ドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか?

現代のドイツ語の筆記体は、基本的には英語と大体同じです。違うところはありますが、日本でわざわざ本にするほどのものではないので、そのような書物はないでしょう。英語の筆記体と同じに書いても読んでもらえるので、その点では心配はありません。ただ、ドイツ人の手書きの文書を読む場合は、違いを知っていないと読みにくいことがあります。達筆な人の文字は判読がかなり困難な場合もあります。個人によっても...続きを読む

Q中国語の北京語や広東語、上海語などの違い具合

中国語には北京語とか広東語や上海語などがありますが、
それぞれの違いは日本語の標準語を基準とした以下の例で言うとどの程度なのでしょうか?

1、日本語の標準語と大阪弁(同じ言語だが少し違う)
2、日本語の標準語と青森弁(同じ言語だがかなり違う)
3、日本語と韓国語(違う言語だが文法が似ている)
4、日本語と英語(まったくの別物)

また中国の標準語は北京語でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

深センからです。
ここは広東省の南で香港にも近いですが、経済特別区のため北方から働きに来ている人の割合のほうが多く、街中では普通話(フォートンファ)で文字も基本的に簡体字です。

わたしの感覚では、質問者様の3と4のあいだという感じがします。

日本の場合、何百年も昔から中央政府(たとえば京とか鎌倉幕府、江戸など)の意向を伺いながら政治を行ってきており、中央と地方間の情報収集や意思伝達のために、飛脚や早馬など普及してきた国柄でした。これは今でもその傾向性はあり、TVの時代になって標準語を皆がみにつけるようになったり、何十年も前に海外(ブラジルやハワイその他かなり遠隔地)に移住した日本人と会っても、東京と同じ発音に出会えます。

これに対して中国では、普通話の教育がはじまったのがたかだか3~40年前で、しかもTVやラジオの普及などもこの10年くらいでようやくひろまった感があり、中国人の同僚に聞くと出身地によって、普通話の捉え方は違います。
たとえば北方や中央部出身の人は、文章は同じでも発音がまったく違うといいますし、広東や香港の人は、言葉がまったく違うし同じ広東の中でもまた3つくらい言語の違いがあるといいます。

便宜上英語をここで使いますが、中国国内の言語の違いをlanguage=言語というくくりで考える以外に、dialect=方言、という言い方がありますが、この方言の意味は、同じ国内でも同じものを指して表現するときの呼び名が異なったり、文字や文の書き方が異なる場合に、dialectに当てはまります。また認識としては、別の(地域性も含めた)言語とされているようです(ネイティブのアメリカ人による説明)。
イントネーション、発音の違いはアクセントの違い程度になり質問者様の1よりもさらに同じ言語扱いになります。

中国語の、普通語、広東語、上海語は、違う言語という認識を中国人の人自身がもっており、一部文法が似ている部分はあったり(3である理由)、書き方や名詞や発音(普通語の声音は4声+1ですが、広東語は6声)の違いも大きく(4である理由)、を考えると3と4のあいだという感じになります。

…とここまでは質問者様の選択肢に沿って回答させていただきましたが、個人的には4のまったく別の言語という感じがこちらに住んでいて感じます。

ちなみに北京語は標準語である普通語とイコールではありません。北京語というと北京の言葉になり、たとえば東京の地元の言葉(下町で独特に育った言い回しや発音、名詞など)とテレビで使われる標準語が異なる、それと似た感じです。

深センからです。
ここは広東省の南で香港にも近いですが、経済特別区のため北方から働きに来ている人の割合のほうが多く、街中では普通話(フォートンファ)で文字も基本的に簡体字です。

わたしの感覚では、質問者様の3と4のあいだという感じがします。

日本の場合、何百年も昔から中央政府(たとえば京とか鎌倉幕府、江戸など)の意向を伺いながら政治を行ってきており、中央と地方間の情報収集や意思伝達のために、飛脚や早馬など普及してきた国柄でした。これは今でもその傾向性はあり、TVの時代...続きを読む

Q台湾語(ビン語)辞典

仕事で台湾語を少し使うようになりました。
会話などはなく、おもに台湾語文章に台湾語発音を日本語ふりがなでつける作業です。
自分で調べていくうちに、台湾語では一つの漢字で何種類も読み方がある漢字が多いなあ、と感じています。
例えば、「不」という字は、put(ブッ)、boe(ボェ)、m(ム)の3つがありますが、
どういう場合にどの発音になるのかが知りたいのです。

今使っている辞書は下の2冊です。(発音記号は台湾式教会ローマ字)
(1)「台語字典」徐金松 編、南天書局
(2)「国音対照 台語字彙」廖修広 編 台北立昌
(2)の辞書で単語が少し掲載されているものの、この2冊はほとんど漢字の発音しか載っていません。
あとは、日本にある台湾語教材の語彙を少しずつ調べていますが、非常に効率悪いです。

意味が掲載されている、または発音の使い分けがわかるような台湾語の辞書が、
もしありましたら教えていただきたいと思います。
私の手元にあるのは台湾書籍ばかりですが、大陸の書籍でも構いません。
(発音表記は問いません)

よろしくお願いします。

仕事で台湾語を少し使うようになりました。
会話などはなく、おもに台湾語文章に台湾語発音を日本語ふりがなでつける作業です。
自分で調べていくうちに、台湾語では一つの漢字で何種類も読み方がある漢字が多いなあ、と感じています。
例えば、「不」という字は、put(ブッ)、boe(ボェ)、m(ム)の3つがありますが、
どういう場合にどの発音になるのかが知りたいのです。

今使っている辞書は下の2冊です。(発音記号は台湾式教会ローマ字)
(1)「台語字典」徐金松 編、南天書局
(2)「国音対照 台語...続きを読む

Aベストアンサー

遅くなりました。

> あと、taiwan38さんがおっしゃっている“没機会”“不機会”ですが、恐らく“無機会”と言う書き方もあると思います。(似たような例を見たことがあります。)

あーあります、あります、見たことあります。笑

> このように一文字で何種類も読み方がある漢字が、國語(普通話)や広東語より、台湾語は多いですね。

にゃーるほどー、ちと了解しました。
ではどう言おうかなぁ・・・私の理解とはちと違うのですよ。表記の方法は大きく分けて以下の3種があると思います(多分もっとある)。

1.台湾語の発音を元に作った(?)、当てはめた(?)漢字(実は台湾人でも読めない事が多い)ここに書いたのは簡単だから大体みんな知ってるだろうけど。
(口甲)飯
(口舎)(口米)
(口無)講
飲茶
2.標準語を元に書いた物(ほとんど標準語として読める。ただ外国人の感想としては、台湾語との対照としておかしい事が多々ある)
吃飯
(口十)ma
没講
喝茶
3.詳しくは知らんけどローマ字表記の物

> 後づけの漢字は基本的に北京語にあわせて作られている事が多い

って先に書いたとおりだと思うんです。一つの文字で読み方が多いのではなく、読み方に合わせて当てはめた字が多いって言う考えなんですが、どう思います?広東語と上海語をやっていたと言う事なので、私より十分にご存知と思いますが、言語毎に発音や文字の定義は違いますよね?広東語と上海語も標準語では表せない物もいっぱいあると思いますよ。(私のような外行人から見ると、上の2つは台湾語よりも統一がされているような気がする。気のせいかなぁ?)

> zetianさんの仕事で使用されている文章は、一貫性のある表記に基づいて作られている文章ですか?

それでこの補足を書いたのですが、どうやら違うようですね。まずは元の文章が一貫性のない表記で書かれているからだと思いますよ。(ま、これはしょうがないねー、仕事で来てりゃあ文句言えないもんねー)もともと書いた人もそこまで考えていたかどうか不明だしねー。
ま、それで終わっては出てきた意味がないので、一応台湾で使用される頻度の高いモノをはっときます。Win以前のbbsを知らないと使いづらいかもっす。

専門のbbs(台湾語?文学?専門外なので見た事ない)をゆっくり探して、セミプロにピンポイントで質問してみてください。台湾人にこの説明をするのは少し難しいかもしれないので、ガンバッチ♪台語老歌について語ってるスレもあったよ。

bbs://bbs.kkcity.com.tw
140.138.251.50

他はどうかなぁ、yahooとかのサイトでも討論区はあるけど、必要な答えが見つかるかどうか怪しい気がする。ピンキリだけど2ちゃんで聞いてみるのも手ですな。(変なのが出てきても相手にしないように。笑)

遅くなりました。

> あと、taiwan38さんがおっしゃっている“没機会”“不機会”ですが、恐らく“無機会”と言う書き方もあると思います。(似たような例を見たことがあります。)

あーあります、あります、見たことあります。笑

> このように一文字で何種類も読み方がある漢字が、國語(普通話)や広東語より、台湾語は多いですね。

にゃーるほどー、ちと了解しました。
ではどう言おうかなぁ・・・私の理解とはちと違うのですよ。表記の方法は大きく分けて以下の3種があると思います(多分もっとある)。
...続きを読む

Q北京語と広東語と台湾語 単語の表記上の違い

北京語と広東語と台湾語というのは、発音が違うのはわかるのですが、字としての表記も異なるのでしょうか?例えばPCのソフトのような物も中国では北京語バージョンと広東語バージョンが別物として存在するのでしょうか?
どなたか教えて下さい。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

laxlaxさんの仰っているのは、中国語の方言を書く時は、また標準語とは違った書き方があるのかということですよね?
結論から申し上げると、あるにはあるが、気にする必要なし、標準語の書き方ですべてO.K.ということです。

日本語の場合もそうなのですが、方言というものは口語で、会話の中で用いられるものであり、通常は特別な意図でもない限り方言をそのまま文にはしませんよね?例え地方の人が日常会話で方言で話していても、文書にしたためる時はいわゆる標準語を書きますよね?それと同じで、中国語の世界でも方言で話をしていても文を書く時は標準語の体裁で書きます。よって、中国語の文書を書く時はいちいち方言を気にする必要はありません。そのまま学校で教わる標準語をそのまま文書にしたためれば、どこの地方の人でも理解できます。

そもそも、方言ごとに書き方が違っていたら会話と一緒で互いに相手とコミュニケーションができなくなってしまいます。そういうことをなくすために標準語というものがどこの国にもあるのです。
ちなみに、よく北京語という呼び方を日本でよく耳にしますが、厳密に言うとこの呼び方は正しくありません。広東語が広州方言を指すように、北京語というのは北京方言という意味です。標準語と北京語方言とは厳密に言うと異なります(ほとんど同じですけどね)。
この標準語のことを中国大陸の政権では「普通話」、台湾では「国語」、また、東南アジアなどの華僑の間では「華語」と言います。

ちなみに、先ほど「特別な意図がない時には…」と言いましたが、では特別な意図がある時はどうするのでしょうか?その際はやむをえず漢字を使用しますが、もともと発音は元より文法も標準語とは異なるため、その方言独特の方言文字や方言言葉、広東語の場合は英語のDなどが文中に入ったりして、その方言を知っている人以外は見てもさっぱり理解できません。

また、繁体字と簡体字は、方言に関係ありません。政治的な流れの中で漢字が2種類になってしまったものです。伝統的な中国語文字は繁体字です。簡体字は共産党及びその支持母体が使用しますが、中華人民共和国が現在、中国の正当政府ということで、中国語教育も簡体字、普通話で進められています。
繁体字の文字コードはBig5、簡体字の文字コードはGBコードです。

laxlaxさんの仰っているのは、中国語の方言を書く時は、また標準語とは違った書き方があるのかということですよね?
結論から申し上げると、あるにはあるが、気にする必要なし、標準語の書き方ですべてO.K.ということです。

日本語の場合もそうなのですが、方言というものは口語で、会話の中で用いられるものであり、通常は特別な意図でもない限り方言をそのまま文にはしませんよね?例え地方の人が日常会話で方言で話していても、文書にしたためる時はいわゆる標準語を書きますよね?それと同じで、中国語の...続きを読む

Qクメール語の装飾体と手書体の一覧表

 クメール語には、
装飾体と手書体
(それぞれ、
 http://salika.co.jp/khmer/jkh_font.html
 のkhm-4とkhm1)
があり、文字によっては互いが同じものとは認識するのが難しいものがあります。
装飾体と手書体について、
理想では子音字・母音字・独立母音字が一覧になったようなものを探しています。
ご存じの方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一つ一つの文字ということですよね。
フォントをダウンロードするのではだめですか。
http://www.cambodia.org/fonts/
はウインドウズ専用のようですが。

別のサイトからマックで読み込んだときには、なぜか一部がうまく機能しませんでした。

Q上海語と北京語の違い

上海語は方言で北京語が標準語と人から
聞いたのですが、もう少し詳細を知りたいと
思います。
上海人?というか上海語と北京語では会話には
ならないのでしょうか?
大阪弁と標準語では会話できると思うのですが
すごく地方の方言だと、通じないこともままある
と思いますが・・。上海語は第二の標準語?といえる
ほど中国で通じるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

上海に7年ほど住んでいたことがある者です。
日本から出張者が来て、ご質問のような話題になったときは、
「英語とドイツ語くらい違います、外国語ですよ」
と説明してました。

たとえば、「彼は不在です」と北京語でいうのを、
無理やりカナ表記すれば「ター プゥ ツァイ」ですが、
これを上海語でいうと「イッ バラヘェッ」となります。

発音や語感がまったく違うのがお分かりいただけるのではないでしょうか。

一般に中国語と呼ばれる範疇には、大きく分けても7つぐらいの
言語があるようです。専門的なことは忘れましたが、北京語、上海語、福建語、広東語、客家語、湖南語、江西語と、特に揚子江より南側で、いろいろ細かく分かれているようです。

国境を気にしなければ、タイ・ベトナム語も類似の言語です。今もそうなのかは知りませんが、昔、タイ・ベトナム語を専攻する外国語大学生は、副専攻語として中国語(普通話)が必修でした。

乱暴なたとえになりますが、ヨーロッパ大陸で、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語と言語が分かれているようなものです。
上海人は「北京の人間は上海語が聞き取れない、でも、我々は北京語もちゃんとわかる」とよく得意気にいいます。

北京語は、普通話(共通語)として全国で教育がなされていますから、北京語以外の言葉をネイティブとする人たちは、ちゃんと教育を受けていれば、基本的に北京語とのバイリンガルなのです。

もちろん、訛りが出ますので、その人間のしゃべる普通話の訛りから、中国のどの辺の出身か、おおよその推測がつきます。広東語ネイティブは外国人の私などでもはっきり分かるほどの訛りがあることが多いです。
方言というレベルでは、大連に行ったときに、全然聞き取れないフレーズがあって、確かめたら、大連の「方言」だと説明されました。同じ北京語のなかでも、方言があるようです。

同じ言語のなかの方言なのか、それとも外国語なのかを区別するための定義は知りませんが、仮に「ネイティブ同志が、それぞれの自らの言葉で話をしたときに、相互に通じるのが方言で、通じないのが外国語だ」と定義したら、北京語と上海語は相互に外国語です。

それから、上海語は、上海とその周辺の華東地域の一部で通じる言葉に過ぎません。

向こうの人間に言わせると、上海から南京までの鉄路(300Kmくらいでしょうか)沿いの主な駅(蘇州、無錫、常州、丹陽など)のある土地ごとに、それぞれ言葉が違うのだとか。

また、上海から揚子江を渡っただけのすぐ北側(「江北(ガンポ)」と呼んで、上海人は蔑視していますが、江蘇省南通市方面のこと)でも、もう上海語は使いません。私の事務所に江北出身の女の子が働いていましたが、上海に来てから、上海語をしゃべれるように努力したと言ってました。

上海人は上海語がしゃべれない中国人を「外地人」(田舎者)と呼んで馬鹿にします。上海の市場で、北京語で買い物すると高く売りつけられたりします。まぁ、我々のような外国人は、必死で上海語を覚えたところで、カモにされるがままではありますが。

それだけ、上海語が通じるエリアは狭いものだと、ご理解いただければと思います。だから、学んでもツブシの利かない言葉ということで、私は7年上海に居ながら、全然上海語は勉強しませんでした。

上海に7年ほど住んでいたことがある者です。
日本から出張者が来て、ご質問のような話題になったときは、
「英語とドイツ語くらい違います、外国語ですよ」
と説明してました。

たとえば、「彼は不在です」と北京語でいうのを、
無理やりカナ表記すれば「ター プゥ ツァイ」ですが、
これを上海語でいうと「イッ バラヘェッ」となります。

発音や語感がまったく違うのがお分かりいただけるのではないでしょうか。

一般に中国語と呼ばれる範疇には、大きく分けても7つぐらいの
言語があるようです...続きを読む

Qロシア語完了体、不完了体の違い

「誕生日にママに花を贈ろうよ!」のロシヤ語訳が完了体動詞を使用して下のA)のように、なっていますが、B)のように不完了体の不定形をしたら間違いでしょうか。違いを教えてください。
A)Давай подарим маме цветы на день рождения.

Давай дарить маме цветы на день рождения.

Aベストアンサー

ロシア語では「ものごとを具体的に捕らえるか、漠然と捕らえるか」という視点の対立があり、どちらの視点で考えるかによって単語を使い分けると言われています。そして、この考え方でいくと、完了体は動作を「具体的に捕らえる場合」に使い、不完了体は「漠然と捕らえる場合」に使う、というおおよその基準が見えてきます。

「誕生日にママに花を贈ろうよ!」
という文を、近々やってくる「ママの誕生日」という特定の日に「花」という特定のものを「贈る」のだと考えれば、それはとても「具体的な動作」でしょう。だから完了体を使うわけです。

しかし、もしこれを
「(毎年の)誕生日にママに花を贈ろう」
という意味だと考えれば、動作を繰り返すことが意味の中心になって、「花を贈る」という動作は漠然とした概念に近づいてきます(入門書などでは「繰り返される動作は不完了体で表す」と大雑把に説明されますが、その本質は「繰り返される動作全体を考えると、一回ごとの動作の具体性は薄れる」というところにあるわけです)。
あるいは、花屋が広告で「(みなさん)誕生日に花を贈りましょう」と提案するような場合は、特定の日に・特定の人物が・特定の人に対して行う動作ではないので、ますます漠然としてきます。
こういうケースでは不完了体を使うことが多くなるようです。

正直なところ、完了体・不完了体の使い分けは多分に感覚的なもので、文法的・論理的に説明できないケースが多いです。迷ったら、だいたい上のような考え方で「具体的」か「概念的」かを判断してみてください。

ロシア語では「ものごとを具体的に捕らえるか、漠然と捕らえるか」という視点の対立があり、どちらの視点で考えるかによって単語を使い分けると言われています。そして、この考え方でいくと、完了体は動作を「具体的に捕らえる場合」に使い、不完了体は「漠然と捕らえる場合」に使う、というおおよその基準が見えてきます。

「誕生日にママに花を贈ろうよ!」
という文を、近々やってくる「ママの誕生日」という特定の日に「花」という特定のものを「贈る」のだと考えれば、それはとても「具体的な動作」でしょう...続きを読む

Qシンガポールは北京語ですか?

シンガポールで主に話される言語が北京語とHPなどに掲載されていますが、北京語なんでしょうか?あまり詳しくはありませんが、広東語は、ほとんどの現地の人は話さないのでしょうか?ちなみに、北京語と広東語の違いは、日本の方言で言う、関東弁と関西弁OR標準語と沖縄や東北地方の方言位の差なのでしょうか?これもひっくるめて勉強されている方や習得されている方どうぞ教えてください?ちなみに、どのように勉強されているのかも参考にしたいのでお願いします。参考書などもいいのがあればお願いします。

Aベストアンサー

シンガポールに友人がいてしょっちゅうしゃべっていますので、同じ質問をしたことがあります。
また、個人的にも仕事で中国・香港・台湾などによくいきました。

シンガポールは英語ももちろん多いですが、放送は普通話(北京語)の放送が複数局あります。
ラジオで普通話がながれているのに、家族は英語で会話したりしています。もちろん中国系の多くは、普通話を話せます。
おもしろいのは、現世代が普通話ですが、親の世代が福建語ではなしていることでした。

実は、シンガポールが40年前にマレーから独立しましたが、それ以前からマレー半島には中国系移民が多く、その移民も中国からまんべんなく来たのではなく、南の福建省やその周辺から多く移り住んだ歴史があります。ですので、彼らの末裔である現市民の多くは福建語を話し、家の中では親同士は福建語、親と子は普通話、子どもは外では英語、という状況がけっこうあると思います。
あと客家系の移民もおおいので、他の方が書いているように、家では客家語ではなしているところも多いと想像できます。
その他広東から移民のほかにも、戦後香港とシンガポールの経済が上向きになったころ、両国を行き来するビジネスマンが多かったので広東語がビジネスにもちこまれた時期もあったと思います。

ということで、シンガポールの表向きは普通話ですが、家の中ではそのルーツの言葉、というケースはいまだに多いようです。

ちなみに広東語は、言語としては普通話と分けられていますが、普通話のように国をあげて言語設定がされてこなかったのか、あるいは大陸側の影響なのか、現在香港での出版物の文章のつくり(書き文字)は、基本的に普通話の大陸と同じです。ただ文字が繁体字なだけです(香港人に教えてもらいました)。
それを広東人独特の発音やいいまわしで読み・会話しているのです。
ちなみに広東人どくときの書き言葉というのも、過去の香港人の方の書き込みをみるとあるようです。

余談ですが、そのシンガの友達と台湾の友達にいわせると、大陸の普通話の発音(巻いたりそらしたりが強いくせのある音)は、標準とは認めないと、同じことを言いました。
彼らには大陸の発音は、とてもくせがある、と言う風に捉えていました。

シンガポールに友人がいてしょっちゅうしゃべっていますので、同じ質問をしたことがあります。
また、個人的にも仕事で中国・香港・台湾などによくいきました。

シンガポールは英語ももちろん多いですが、放送は普通話(北京語)の放送が複数局あります。
ラジオで普通話がながれているのに、家族は英語で会話したりしています。もちろん中国系の多くは、普通話を話せます。
おもしろいのは、現世代が普通話ですが、親の世代が福建語ではなしていることでした。

実は、シンガポールが40年前にマレーから...続きを読む

Qロシア語の完了体・不完了体の明確な使い分けについて

ロシア語の不完了体・完了体の使い分けについて、色々な辞書や参考書を読みましたが、イマイチはっきりしないところがあります。
ある程度自分の中で明確にしてゆきたいので、お力をお貸しください。

----
<不完了体>
・動作の継続、反復、自然現象、一般的な事象
↑これは分かりました

・行為などを過程としてとらえる。過程全体(一日中)、過程中の一点(~の時、~していた)。

<完了体>
・行為などを終了、開始、瞬間で捉える。
終了の瞬間だけでなく、終了した動作をひとつのものとして扱う、ほか、終了した動作の結果の状態の存続を示す。
(彼女は風邪だ …過去に風邪にかかり、今もひいている)
開始を示す完了体も、過去形となれば、その動作の結果を示す。
(ママはミルクを買いにでかけた…まだ帰っていない)
----

参考書にあった文章です。

1.Я "сказал", что она любит цветы.
私は、ナターシャは花が好きだと”言った”。(完了体)

2.Я "слышал", что он болен.(不完了体)
私は、彼が病気だと”聞いた”。

この二つの文章ですが、1の「言った」という、動作終了後に継続要素のない文章で、完了体が使われています。
また、2の、「聞いた」という、動作終了後に継続されると思われる動詞に、不完了体が使われています。
(聞く、は、聞いたのちにも聞いた行為は影響すると考えられますが…)



3.Вы решили, куда "поступать"?
”進学先”は決めましたか?(不完了体)

4.Я решился "сменить работу"?
私は”転職”することを決心した。(完了体)

この二つの文章は、時系列や内容がほぼ変わらないのに、補語が不完了体・完了体と分かれてしまいます。


こういったところがスッキリ判明しないのですが、どの本もまとまりきれているものが見当たらないため、体の使い分けで、一目瞭然なサイト・書籍などありましたらお教えくださると助かります。
なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。

ロシア語の不完了体・完了体の使い分けについて、色々な辞書や参考書を読みましたが、イマイチはっきりしないところがあります。
ある程度自分の中で明確にしてゆきたいので、お力をお貸しください。

----
<不完了体>
・動作の継続、反復、自然現象、一般的な事象
↑これは分かりました

・行為などを過程としてとらえる。過程全体(一日中)、過程中の一点(~の時、~していた)。

<完了体>
・行為などを終了、開始、瞬間で捉える。
終了の瞬間だけでなく、終了した動作をひとつのものとして扱...続きを読む

Aベストアンサー

1.Я "сказал", что она любит цветы.
私は、ナターシャは花が好きだと”言った”。(完了体)

говорил も可能でしょうが「言っていた」のように捉え方が違います。実際に発言した時間の長さではなく、その時に発言という行為を行っていたのだ、と進行中であることを伝えるのが不完了体です。習慣的にあることを言っていたという意味にもなりますが、この文では不適でしょう。
сказал は「私がこう言ったんだからその結果~」ということを考えられなくもないですが、幅を持った出来事ととらえないでいわば歴史上のある一点として、開始・途中・終了をまとめて一つの点として(実際は時間がかかったとしても)とらえています。

2.Я "слышал", что он болен.(不完了体)
私は、彼が病気だと”聞いた”。

слышать は「聞こえる・感覚器官に感じる」ということで、訳は「聞いた」となっていますが、「そういう話(噂)が聞かれた」ということです。ある一点として「聞いた」ではなくそのとき、どのくらいの期間か頻度かは明言されていませんが、彼が病気であるという話が耳に入って来ていたということでしょう。

3.Вы решили, куда "поступать"?
”進学先”は決めましたか?(不完了体)
4.Я решился "сменить работу"?
私は”転職”することを決心した。(完了体)

куда "поступать" は「どこに入るか」ということですが、постапить では“入ろうとしてから入ってしまう”までの過程を含んでしまうので、それは自分では決定できません。決定してそれに向けて努力することだけが決めることができます。つまりある学校に”入ろうとすること”です。

4の方では具体的な転職先や、具体的でなくとも“どこに”転職するというようには述べられていません。とりあえず職を変えて”しまう”ことだけを決心しています。具体的に会社を決めれば(またはどこに再就職するかという言い方にすれば)3と同じようになります。採用されるように準備や努力はするでしょうが決めてしまうのは会社の方です。3もとりあえず学校に進学することだけを決めたのなら(たとえば就職と進学から選ぶときなど)4のように完了体で表現することになります。

1.Я "сказал", что она любит цветы.
私は、ナターシャは花が好きだと”言った”。(完了体)

говорил も可能でしょうが「言っていた」のように捉え方が違います。実際に発言した時間の長さではなく、その時に発言という行為を行っていたのだ、と進行中であることを伝えるのが不完了体です。習慣的にあることを言っていたという意味にもなりますが、この文では不適でしょう。
сказал は「私がこう言ったんだからその結果~」ということを考えられなくもないですが、幅を持った出来事ととらえないでいわば歴史上...続きを読む


人気Q&Aランキング