『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

先日 観てきました。なんだか、お腹いっぱいになる
内容でした。
帰宅して振り返ってみると気になる事があったので、
スターウォーズビギナーの自分ですが
分かる方、教えてください。
 グリーバス将軍をオビーワンがやっつけ、いよいよ
勝利という時に、パルパティーン議長が”作戦66”
(だったと思う)とトゥルーパーたちに交信すると
彼らは急に寝返って、ジェダイたちを攻撃し始め
ました。いつ、その密約が議長とトゥルーパーの
間に出来たのか、わかりません。
複線になる場面はどこでしょうか。

A 回答 (5件)

こんにちは



結局クローン発注の秘密やサイフォ・ディアス問題は映画では見送られましたね。これらの詳細はスピンオフ小説「悪の迷宮」で語られています。

議長はエピソード2で非常時大権を獲得しました。つまり議長は独断で(戦争に関しては)どんな事も命じられるということです。で、議長はオーダー66発動に際して「オーダー66を遂行せよ」としか言わなかったので、クローン兵には非常時に供えて幾つかの秘密のコードが仕込まれていた可能性が高いです。「ジェダイ征討」も非常時の任務として含まれていたのではないでしょうか。
またコレは生産過程で既に刷り込まれていたと思うので具体的な「密約」も存在しないでしょう。クローンは共和国議長の命令に従ったまでです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。奥の深い映画だと、
改めて感じました。参考文献がたくさんあるのですね。
勉強不足です。

お礼日時:2005/08/02 17:18

「作戦66」というよりも、「指令66」という方がしっくりくるかもしれないですね。


クローンは、完全なる兵士として育て上げるために、誕生してからすぐに記憶として、戦闘理論の刷り込みを行うのですが、その中に「ジェダイ殺害」という指令66を極秘のうちに埋め込まれたのです(小説版より)。

伏線といえば、「エピソード2」のカミーノ星でのクローン工場の様子でしょうか。。。あんまり「ああ、なるほど」という伏線はないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。色々な方面から
ひも解いていかなくてはならないのですね・・・

お礼日時:2005/08/02 17:23

伏線はエピソード2にあります。



カミーノの王様が、クローン兵(トルーパー)を発注したのは元ジェダイ評議員のサイフォ・ディアスと言っていました。
しかし、この時にオビワン・ケノービは「サイフォ・ディアスは殺された」とも言っています。
また、サイフォ・ディアスにクローン兵の代金を支払う能力があったかも謎です。

ということで、エピソード3でこれらの謎が解けるわけです。
(その詳細についてはネタバレになりすぎるので、書きません。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/02 17:24

エピソード2で、クローンを注文、製作させていた影の黒幕が議長 なんですよね?


で、クローンのモデルになった、犯罪者(2で殺されましたが)とも手を結んでいたわけだし。
いくらでも仕込んでおけますね。

はっきり分かるようには出てないけれど、後でよく考えると「あそこで、もしかして?」と思うことが多いスターウォーズは疲れますね。

また、2と3の間のつなぎ話をアニメで出しています(先日、TVで深夜やっていました) エピソード2とこれを観ておいたおかげでなんとか3につながっていった、という感じ。
サイドストーリーが書ききれないんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ん~、そんな番組があったとは。回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/02 17:26

> 複線になる場面はどこでしょうか。



劇中では特に気が付きませんでした。
あえて言うと、エピソード2のラストでクローン兵が配備されていくシーンでの議長の顔(虎視眈々な表情?)のアップとか?


> いつ、その密約が議長とトゥルーパーの
> 間に出来たのか、わかりません。

それくらい、ひそやかに、着々と影で計画が進められていた…って解釈は?
クローン製造の戦闘技術なんかを刷り込む過程で秘密のコードとして刷り込まれたとか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/02 17:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング