マイホーム取得のため、過去3年分の主人の源泉徴収票が必要となりました。
主人の会社は4つの事業部があったのが、それぞれ別会社となりました。
主人は2000年10月末で旧会社をいったん退職し、11月1日から新会社に入社という形になりました。
過去3年分の源泉徴収票の再発行が可能かを、新会社の総務に問い合わせたところ、旧会社の残務整理会社というのがあるので、そちらで発行できるとのことでした。しかし、依頼をして既に1ヶ月が経ちましたが、未だに発行されません。
何度催促しても、「残務整理会社から、返事がない」の一点張りだそうです。
このような場合、おとなしく発行されるのを待っているしかないのでしょうか?

1998年末から2000年2月まで、海外に赴任していたため、市役所で所得証明を発行してもらうことも出来ず、途方に暮れています。

ぜひ、アドバイスをお願いします。

A 回答 (1件)

下記のような方法はいかがでしょうか。



1.新会社の総務にもう一度電話をして、旧会社の残務整理会社の電話番号を聞いて、直接依頼しましょう。

2.提出先に事情を説明して、他の方法がないか聞いてみる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございました。
直接依頼するというのは、思いつきませんでした。早速、トライしてみたいと思います。
これでもダメだったら、他の方法を聞いてみます。
また何かありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2001/10/23 00:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源泉徴収票の再発行に手数料?

くだらない質問ですが、退職者からの源泉徴収票の
再発行を依頼された時、手数料を徴収している会社
を聞いたことが有りますか?
うちの社長が「手間がかかるのだから徴収しろ」と
いうのですが、そのやり取りをしているほうが手間が
かかるのでやりたくないのですが・・・。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>納得させるよい方法は無いでしょうか?
う~ん、世間一般の常識が通じなければ、なかなか難しいですよね~。

一応、源泉徴収票について定めている所得税法を掲げてみます。

(源泉徴収票)
第二百二十六条  居住者に対し国内において第二十八条第一項(給与所得)に規定する給与等(第百八十四条(源泉徴収を要しない給与等の支払者)の規定によりその所得税を徴収して納付することを要しないものとされる給与等を除く。以下この章において「給与等」という。)の支払をする者は、財務省令で定めるところにより、その年において支払の確定した給与等について、その給与等の支払を受ける者の各人別に源泉徴収票二通を作成し、その年の翌年一月三十一日まで(年の中途において退職した居住者については、その退職の日以後一月以内)に、一通を税務署長に提出し、他の一通を給与等の支払を受ける者に交付しなければならない。ただし、財務省令で定めるところにより当該税務署長の承認を受けた場合は、この限りでない。
2  居住者に対し国内において第三十条第一項(退職所得)に規定する退職手当等(第二百条(源泉徴収を要しない退職手当等の支払者)の規定によりその所得税を徴収して納付することを要しないものとされる退職手当等を除く。以下この章において「退職手当等」という。)の支払をする者は、財務省令で定めるところにより、その年において支払の確定した退職手当等について、その退職手当等の支払を受ける者の各人別に源泉徴収票二通を作成し、その退職の日以後一月以内に、一通を税務署長に提出し、他の一通を退職手当等の支払を受ける者に交付しなければならない。この場合においては、前項ただし書の規定を準用する。
3  居住者に対し国内において第三十五条第三項(公的年金等の定義)に規定する公的年金等(以下この章において「公的年金等」という。)の支払をする者は、財務省令で定めるところにより、その年において支払の確定した公的年金等について、その公的年金等の支払を受ける者の各人別に源泉徴収票二通を作成し、その年の翌年一月三十一日までに、一通を税務署長に提出し、他の一通を公的年金等の支払を受ける者に交付しなければならない。この場合においては、第一項ただし書の規定を準用する。

上記の第1項の通り、「一通を税務署長に提出し、他の一通を給与等の支払を受ける者に交付しなければならない」とありますので、少なくとも一通については所得税法で発行を義務付けられており、これに関して罰則規定もある訳ですが、再発行となると二通目以降ですので、条文上では何もありませんよね~、会社としては一通を従業員に発行していれば所得税法には基づいている事とはなりますので。

ただ、第3項において、公的年金等の源泉徴収票も同様に定めていますが、この再発行の場合、社会保険庁等に頼めば、手数料無しで再発行してくれますので、給与所得も同じはず、とはなりますが、相手が違うだろ、と言われればそれまでで、あまり説得力はないですよね(^^;
何か、他の方に名案があると良いんですけどね~。

ただ、源泉徴収票の原本の提出を求められる場面はいろいろとある訳で、手間はかかったとしても福利厚生の一環とでも考えてくれたら良いんでしょうけどね~。

>納得させるよい方法は無いでしょうか?
う~ん、世間一般の常識が通じなければ、なかなか難しいですよね~。

一応、源泉徴収票について定めている所得税法を掲げてみます。

(源泉徴収票)
第二百二十六条  居住者に対し国内において第二十八条第一項(給与所得)に規定する給与等(第百八十四条(源泉徴収を要しない給与等の支払者)の規定によりその所得税を徴収して納付することを要しないものとされる給与等を除く。以下この章において「給与等」という。)の支払をする者は、財務省令で定めるとこ...続きを読む

Q退職者の源泉徴収票と特別徴収

年末の経理事務(特別徴収)について教えてください。
1.各市町村へ提出する源泉徴収票ですが
平成20年中に退職した人の源泉徴収票も退職時に居住していた
市区町村へ送付すると思うのですが、
退職時に異動届けを提出しているためか、今回特別徴収の報告書が
届いておりません。該当市区町村へ送付を依頼するのでしょうか。

2.正社員で5月に定年退職した方がいます。
退職手続きの際に異動届も提出し普通徴収に切り替えられていますが、
その後パートとして週2,3日(年内で終了)勤務してもらい
ました。(5月以降の社保などは国民年金に加入)
今回、年末調整をし還付金もあります。提出する源泉徴収票の
退職日はどのように記載すればよいのでしょうか?
もちろん源泉徴収票の集計は、正社員だった5月分までプラス
パートの分が合算されています。
その方の居住市役所からも今回は届出書が届いておりません。
どのような手続きになるのか教えていただけるとうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.依頼してください。
2.パートとしての退職日を記入したうえで説明文をつけます。

Q給料未払で退職した会社の源泉徴収票について。

実際には支払われていないのに
源泉徴収票の以下の項目に
金額が入っています。

●支払金額
●給与所得控除後の金額
●所得控除の額の合計額
●源泉徴収税額
●社会保険料等の金額

経営者に尋ねたところ
社会保険料や地方税、所得税も
滞納しているそうなのですが

このまま役所に提出しても大丈夫でしょうか?

社会保険料や地方税や所得税は会社が徴収して
公的機関へ納税するものだと思うので
従業員へ税金の催促がくるとは考えにくいですが・・・。

でも、源泉徴収票の支払金額というのは
実際に支払われた金額なのではないだろうか・・・?
とも思いますし。

詳しい方、教えてください!!!

Aベストアンサー

>社会保険料や地方税や所得税は会社が徴収して
公的機関へ納税するものだと思うので
従業員へ税金の催促がくるとは考えにくいですが・・・。

その通りです。従業員が直接、税金・保険料の催促を受けるようなことはありません。


>実際には支払われていないのに
源泉徴収票の以下の項目に
金額が入っています。
●支払金額
●給与所得控除後の金額
●所得控除の額の合計額
●源泉徴収税額
●社会保険料等の金額

給与総支給額のうち、未払金額がある場合は、「支払金額」の欄に内書きすることになっているので、内書きしてもらって下さい。
また、源泉徴収された総所得税額のうち、未徴収金額がある場合は、「源泉徴収税額」の欄に内書きすることになっているので、内書きしてもらって下さい。

〔参考〕国税庁サイト>>
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/hotei/tebiki2013/index.htm


例えば、給与の総支給額が5,000,000円で、そのうち300,000円が未だに支給されてない。
また、源泉徴収される所得税の総額が189,900円で、そのうち、未支給の給与300,000円から源泉徴収されるはずの所得税12,000円は未だ徴収されてない、と言う場合、

「支払金額」の欄には、先ず「 5,000,000」と書き、その下に「 ( 内、300,000 )」と内書きしてもらって下さい。
また「源泉徴収税額」の欄には、先ず「 189,900」と書き、その下に「 ( 内、12,000 )」と内書きしてもらって下さい。

他の項目、
●給与所得控除後の金額
●所得控除の額の合計額
●社会保険料等の金額
は、そのままでOKです。


もし、あなたが確定申告をするときは源泉徴収票を提出することになりますが、確定申告をする時点で、やはり300,000円が未支給なのであれば、確定申告書には給与支給額4,700,000円と記入すればいいです。
また、源泉徴収税額177,900円と記入して下さい。

>社会保険料や地方税や所得税は会社が徴収して
公的機関へ納税するものだと思うので
従業員へ税金の催促がくるとは考えにくいですが・・・。

その通りです。従業員が直接、税金・保険料の催促を受けるようなことはありません。


>実際には支払われていないのに
源泉徴収票の以下の項目に
金額が入っています。
●支払金額
●給与所得控除後の金額
●所得控除の額の合計額
●源泉徴収税額
●社会保険料等の金額

給与総支給額のうち、未払金額がある場合は、「支払金額」の欄に内書きすることになっているので、内書...続きを読む

Q会社で発行された源泉徴収票の記載内容と、今年度発行の課税証明書の記載内

会社で発行された源泉徴収票の記載内容と、今年度発行の課税証明書の記載内容は全く同じになりますか?

旦那の会社の社員が、金融機関へ提出するための源泉徴収票の再発行を希望しているのですが、私は会計事務を手伝って日が浅く、会計ソフトは不慣れなため、源泉票を手書きする事になったのですが、書き方がいま一つ不明なのです。

社員さんからは今年6月以降に役所で発行してもらった課税証明書を預かっているので、この課税証明書の記載内容を元に源泉徴収票を作成してもいいのかどうか、要は課税証明証に記載されている数字を丸映しでいいのかどうか教えて下さい。

会計士さんが長期留守なので困っています。

既に一度発行した源泉票には年末調整額なども記載があったそうですが、今回の発行に対しても、計算して記入する必要性はありますか?
だとしたら、今年の税率一覧表サイトなどあれば教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

会社発行の源泉徴収票の記載内容と、役所発行の課税証明書は違います。
役所発行の課税証明書は複数の会社分や他の収入が含まれている可能性があります。(公務員以外原則兼業可能で他の収入があるかも)
会社の源泉徴収票は社員全員の台帳があるはず(複写などを税務署へ送付している)計算して記入する必要性なし(会社の年末調整と、その後の本人の確定申告は違う)

Q源泉徴収表の発行の仕方

3月に採用した人が、この11月15日で退職しました。
源泉徴収票を発行しなければならないのですが、3月の入社時に本人から受け取った前の職場での源泉徴収票に記載されている金額を合計して記入し渡せば良いのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前職分を合算するのは、年末調整の時のみですので、ご質問者様の会社の分のみで源泉徴収票を発行して、前職の分はご本人に一緒に返して下さい。

ご本人が2枚の源泉徴収票を元に、就職されれば年末調整、されなければ確定申告する事となります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報