『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

お尋ねします。
5年以上前に、プロレス界のJr.のベルト8本を一同に集め、統一チャンピオンが作られた時期がありましたよね(スーパーJカップの優勝者?)。

しかし、今では別れて、IWGPなどは単独で防衛戦をしています。

Jr.八冠統一は、誰の提唱で実現し、どのような経緯で実現し、誰がチャンピオンとなり、なぜ分散してしまったのか、教えてください。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

プロレスカフェ:総合掲示板バックナンバー


http://www.ibjcafe.com/talk/wrestl/index.htm
新日本プロレス黙認ホームページ:新日情報バックナンバー
http://www.tomozo.com/NJPW/index.html
こちらの投稿/記事を参考にし、わかる範囲で箇条書きにしてみますと、

・第1回SUPER J CUP('94/04/16)から2年後、ジュニア8大タイトルマッチTHE SKYDIVING-J('96/06/17:内訳シングル*7/タッグ*1)が開催される。
・上記大会の全試合終了後、獣神サンダー・ライガーが中心となって統一選を行おうという話になり、全参加選手が承諾する。
・同年08/02-05にかけて、ジュニア8冠統一トーナメントJ-CROWNが開催され、優勝したザ・グレート・サスケが初代8冠統一チャンピオンとなる。
・その後ウルティモ・ドラゴン→ライガーへと8冠ベルトが移動する。
・ライガーが安良岡裕二の要求を受け、8冠の内WARインタージュニア“のみ”をかけて対戦し破れる('97/06/06:WAR後楽園大会)。以降8冠から7冠へ。
・7冠ベルトはエル・サムライ→大谷晋二郎へと移動
・TAKAみちのく(当時みちのくプロレス)がWWF(現WWE)に移籍する際に、WWF側がWWFジュニアヘビー及びライトヘビーの返還を要請し、みちプロ側が応じる。その後、みちプロと新日が交渉へ。
・'97/11/05:IWGPジュニアを除く6冠を管理する団体に返還する。この時点でジュニア統一王座は解体へ。

と言ったのが大まかな流れになると思います。まぁ、WARインターやWWFは表に出てきましたが、水面下ではそれ以上の諸問題が起きていたかもしれません。
    • good
    • 1

初代チャンピオンは確か、ザ・グレート・サスケだったかなあ?いやっ、ウルティモ・ドラゴンだったかなあ?はっきり覚えていません。



まだその頃、今のように他団体との交流戦が活発に行われておらず、獣心サンダー・ライガーが中心になってジュニアレスラーの他団体との交流戦ということで、スーパージュニアカップが始まったと記憶しています。

その延長戦上で、IWGP等のジュニアのベルトを持つ8選手がトーナメントで真のチャンピオンを決めるとのことで、8本のベルトが賭けられました。

何回か8本のベルトをかけた、防衛戦が行われましたが、ベルトの中にNWAとWWF関係のベルトがあり、同時にタイトルマッチを行うことを許可しないという、裁定があり、その後ばらばらになったように記憶しています。

今から、考えるとチャンピオンが一人ということは、ベルトをかけたタイトルマッチが組めないので、興行的に成り立たなかったので、自然に解消されたのではないかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング