鉄素地に亜鉛めっき有色クロメート処理をしたものの耐食性に付いて。

(1)塩水噴霧試験と耐湿試験(特に70℃95%RH程度の高湿度条件)の相関に付いて知りたい。
(2)有色クロメート処理の耐熱性が知りたい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

処理 性」に関するQ&A: 妻が妊娠中の性処理

A 回答 (1件)

(1)の件ですが


 ・表面処理関連の研究所、めっき組合に聞く
 ・出入りの薬品業者に聞く 
 
上記の方法がよいと思いますが、腐食の促進条件により、腐食の進行状態が違ってくるので比較データは難しいのでは?

(2)の件ですが
亜鉛めっきのクロメート皮膜は、熱に弱く、加熱により耐食性が低下することは良く知られています。
車載部品において、エンジンルーム部品などへの耐食性が問題になったとき、亜鉛合金メッキ(亜鉛-ニッケル、亜鉛-錫)への移行が進んだのもご存じだと思います。(亜鉛-鉄合金は、耐熱性が亜鉛メッキとほとんど同じだったと思います。)
亜鉛メッキ上のクロメート皮膜は、皮膜中の水分(結晶水?みたいなもの)がなくなると皮膜にクラックが発生します。また、6価クロムの自己修復作用も働かなくなるので、耐食性が低下したと思います。
亜鉛-錫合金メッキは、クロメート皮膜がなくても耐食性が良好であるため、この様な部分への適応も広がる可能性もありましたが、外観があまり綺麗ではなく、コストも高くなるので限られているのではないでしょうか?

亜鉛メッキのクロメート皮膜は、乾燥時を含めて80℃ぐらいが限界ではないでしょうか?
乾燥は、60℃ぐらいの温風式乾燥機を使用し、乾燥ムラがないようにすることが重要と思います。

実際の耐食性については、メッキ業者の技術力(前処理から、乾燥まで)、輸送、保管時の状態(湿度、温度など)が影響するので、非常に判断が難しいと思います。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコーキングの耐熱温度

築10年の自宅外壁を塗り替えしました。
外壁は濃い色にしたため、天気のいい日は相当壁表面温度が上がり60~70度℃になります。
外壁自体は窯業系サイディングなのでそれほど影響はないと思いますが、心配なのはサイディングの継ぎ目や窓枠のシリコンコーキングです。
耐久性も含めた変性シリコンコーキングの耐熱温度はどのくらいのものなのでしょうか?もっと吸熱の小さい色に塗り替えた方がいいでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

建築用シーリング材のJISを見てみると、引張り応力の規格の中に-20℃での応力の規格が記載されています。
また、耐久性の区分についての項では、圧縮加熱温度の区分が材料の区分によって70~100℃(70、80、90、100)と記載されています。

それなので、一般のJIS品であれば-20~70℃(100℃)までは、少なくとも性能が期待できる範囲と考えることができます。
実際には、それを超えたら即ダメというものでもないでしょう。
目的によっては300℃くらいまでの、高耐熱製品もあります。

試しに、サンスターの2成分変性シリコンを調べてみたら、耐久性9030なので、90℃まではOKと考えられます。多分、他社の製品もほぼ同様と推測できますが、念のためカタログ等で確認されることをお勧めします。

Q有色クロメートの色

有色クロメートが虹色というか、干渉色というかというような色になるのはどうしてなのか教えてください。
また、色の違いによって、耐食性は変わってくるのでしょうか?
逆に、ユニクロ、グリーン、黒が均一な色なのはなぜですか?

Aベストアンサー

干渉色になるのはクロメート自体の膜の厚みが薄く干渉が出やすいからです。
後は干渉色ではなくて反応のばらつきによっても色の変化はでると思います。
耐食性に関しては色の違いによって変わります。
干渉色がでているかでていないかに関しては当然クロメート皮膜の厚みが違うので耐食性は変わりますし、反応むらの場合には6価クロムと3価クロムの比率によって変わります。ただし、耐食性に関しては環境によって変わるためいちがいにどちらが良いかは言えません。
6価クロムは水分に溶出しやすいため、6価クロムが多いと水分が多い環境では耐食性が悪くなる傾向にあります。逆に水分が比較的少ない環境で6価クロムによる自己修復作用が働くため良好な耐食性が得られます。
ユニクロ、グリーンに関しては均一な色とは限らないと思います。ユニクロは結構色味がばらつくと思います。
黒というのが黒色クロメートのことでしたら、黒色クロメートは膜の厚みが有色クロメートやユニクロと比べて桁違いに多いので比較的安定しています。ただ、黒色クロメートも付着量が少ない場合には茶色になると思いますが。

Q外壁の貼り方の違いとコーキングについて

 築3年経ちました。外壁はサイディングですが、コーキングが2年も経たない内から剥がれ始めてました。(今までコーキングが汚れているだけだと思っていたので、父が最近来たときに発覚しました・・) 
 隣の家と近所の同じメーカーが建てた家は、外壁どおしのつなぎにはコーキングはされてなく、コーキングしてある所は端の所だけです。
 家は横長に2枚貼って、つなぎ目事にコーキングしてあります。隣の家と家の横幅は同じなのに、家はコーキングだらけ??という疑問と、「コーキングの寿命はメーカーは1~2年で駄目になると最初に言いました。」と言われてしまいましたが。私達夫婦も、近所の家の人もコーキングの寿命なんて最初に聞かされてません。メーカーは仕事をちゃんとしているとの一点ばりです。コーキングは自費でやらないと駄目なんでしょうか。
 下見に来て、3箇所でしたので2万円ちょっとです。何日かしたら業者の人が補修に行きますと言われました。亀裂と剥れは10ヶ所はあります。いい加減な見方で不安で、他のコーキング屋さんにも見積もりをお願いしようかと悩んでます。アドバイスお願いします。

 築3年経ちました。外壁はサイディングですが、コーキングが2年も経たない内から剥がれ始めてました。(今までコーキングが汚れているだけだと思っていたので、父が最近来たときに発覚しました・・) 
 隣の家と近所の同じメーカーが建てた家は、外壁どおしのつなぎにはコーキングはされてなく、コーキングしてある所は端の所だけです。
 家は横長に2枚貼って、つなぎ目事にコーキングしてあります。隣の家と家の横幅は同じなのに、家はコーキングだらけ??という疑問と、「コーキングの寿命はメーカーは1~...続きを読む

Aベストアンサー

まず、コーキングの開く原因ですが、

・コーキング前の清掃及びプライマーの塗布が不充分でコーキング材がしっかり付いていない。
・作業中小さい雨が降ってしまった
・コーキング材の充填後良くヘラ押さえをしていない。(ジョイナーが入っていない?)
・サイディング自体が暴けて(ズレて)ジョイント部の隙間が大きくなってきている。
・目地巾が狭い・広い
・粗悪品。(伸びがないもの最近はありえませんが)

実際一生持つコーキング材が無いのは本当に残念です。
通常、切れても良いようにタイベック等の防風・透湿・防水シートを貼りますので、すぐには問題が起こらないかとは思いますが、通気層に木の下地を入れていますと腐る心配は有りますので、やはり早めの処置が必要です。(最悪落下します。)

 値段ですが、3ヶ所2万円はメーター数でなく、コーキング屋さんの1人工計算ですのでしょうがないと思います。

 自分で施工も出来ます、材料費だけでかなり安くすみますが、それなりの苦労はあると思います。プロですから簡単そうに施工してくれますけれども・・

 箇所数をもっとしっかりチェックさせてから施工するべきだと思います。
 コーキングは必ず取り除いてから施工してください
既存のその上にコーキング・・×(プロはやりませんが・)長梯子(もしくは足場組)を使わないとチェックは出来ないと思いますが・・

 すみません・文章不得意なので、理解しずらいとは思いますが、参考になりましたでしょうか

まず、コーキングの開く原因ですが、

・コーキング前の清掃及びプライマーの塗布が不充分でコーキング材がしっかり付いていない。
・作業中小さい雨が降ってしまった
・コーキング材の充填後良くヘラ押さえをしていない。(ジョイナーが入っていない?)
・サイディング自体が暴けて(ズレて)ジョイント部の隙間が大きくなってきている。
・目地巾が狭い・広い
・粗悪品。(伸びがないもの最近はありえませんが)

実際一生持つコーキング材が無いのは本当に残念です。
通常、切れても良いようにタイ...続きを読む

Qメッキ(亜鉛クロメート)

最近環境問題で六価クロムの含有が問題視されています。
その内容について質問があります。亜鉛クロメートメッキには六価クロムの含有があるとされています。このメッキ中に何%の六価クロムの含有があるのでしょうか?
詳しい方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

私はメッキに関しては何の経験もない素人ですので,詳しいことはよく分かりませんが,ご所望の数値は参考 URL の表5内にありました。

表の数値を見る限り,恐らくクロメート薄膜部分には多くの化学種が存在しており,膜の化学組成から濃度を計算することは困難みたいですね。

参考URL:http://www.neji.org/chishiki.files/matsuki1.html

Qお風呂のコーキングについての質問

意外にこういう質問は無いと思うので教えてください。

お風呂の目地のコーキングですが、
床と壁を塞いでいるコーキングがカビて、そしてポロポロ剥がれるので自分でコーキングをし直そうと思っている初心者なのですが、壁と壁を繋いでいるコーキングは特に問題無さそうです。
 
シリコンコーキングは、上に塗装も乗らない、何もくっつかないという素材らしく、前のコーキングが残っているときちんとくっ付かないと、いろいろ調べたサイトで読みましたが、
例えば床面の方だけコーキングをやりかえて、縦の部分(壁と壁のつなぎ目)はそのまま残して再利用というのはできますか?

要は、昔のコーキングと新しいコーキングの接続面は、水が漏りませんか?という事です。

業者さんに依頼すると、壁と壁のコーキングも全部剥がして打ち替えとなりますか?
見た目よりも、漏れるか漏れないかという事を重視してお聞きしたいです。

どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

コーキングの仕組みや性質を理解すれば良いです。
コーキング材は、浴槽の場合、防黴剤配合のシリコーンのRTVゴムです。
タイルやガラスの酸化ケイ素素材には極めてよく接着します。他の金属などにもよく接着しますが、表面に凹凸が多い場合はプライマー処理が必要です。
>床と壁を塞いでいるコーキングがカビて、そしてポロポロ剥がれる
 これは、黴によって組織が破壊され、しかも基材との接着が悪いことを意味しています。
 よって、この場合は、可能な限り古いコーキングは落とす必要があります。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 上塗りしようとする元の材料がボロボロでは、砂壁に塗るような物で意味がありません。
★コーキング剤自体は両方の基材にしっかり接着しているとともにコーキング剤自体が破断しないことが性能を発揮するための必要条件となります。
 ちょっと考えると分かるように、隙間が±1mm伸縮する場合、1mmのコーキングでは、0~2mmまで追随する事はできませんが、10mm幅のコーキングでしたら9mm~11mmの変化なら追随できます。また、厚みが少ないとより追随しやすくなりますね。
⇔■⇔
⇔■⇔  より ⇔■⇔のほうが・・
⇔■⇔

※可能な限りすべて取る必要がありますが、底にあたる部分が残るときはバックアップ材等で浮かします。
※必ずプライマーを塗ること
  必要ならバックアップ材を使用するか、テープで古いものと離す事
※防黴剤配合の物を使用すること

コーキングの仕組みや性質を理解すれば良いです。
コーキング材は、浴槽の場合、防黴剤配合のシリコーンのRTVゴムです。
タイルやガラスの酸化ケイ素素材には極めてよく接着します。他の金属などにもよく接着しますが、表面に凹凸が多い場合はプライマー処理が必要です。
>床と壁を塞いでいるコーキングがカビて、そしてポロポロ剥がれる
 これは、黴によって組織が破壊され、しかも基材との接着が悪いことを意味しています。
 よって、この場合は、可能な限り古いコーキングは落とす必要があります。
  ̄ ̄ ̄...続きを読む

Qクロメート処理の原理について

先日、こちらでクロメート処理というのは亜鉛などのめっき後に参加を防止したりするために行う後処理だということを学びました。そこでクロメート処理の原理やめっきとの相違点、後処理ということですのでめっき技術の後に出てきた技術だと思うのですが、どのような事が原因で誕生したのか?(誕生した時の背景)などを教えてください。質問たくさんですいませんです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

クロメート処理の原理は以下のURLを参照ください。反応式を書くには複雑だし、よくわかってないので。

めっきとの相違点。
大雑把に言えば、金属皮膜か非金属皮膜かというところ。大雑把過ぎるけど(^^;

誕生した背景は、たしか米軍が軍事機器に亜鉛めっきをしていたんだけど、白錆が発生しやすかった。そこで何とかしようということで、亜鉛めっき後にクロム酸の溶液につけると薄い皮膜ができて、さびにくくなることがわかった。というしだい。うろ覚えなので自信はありません。

参考URL:http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/map/kagaku05/1/1-3-4.htm

Q台所のドアのコーキングの重ね塗りは可能か

いつもお世話になっております。本サイトをいつも参考にさせていただいております。
本日教えていただきたいのは、コーキングの一部にさらにコーキングを重ね塗りしても良いのかということです。
具体的には、先日台所のドアの交換工事を行いました。業者さんは交換した台所のドアの枠とドアの間の内側と外側の隙間にコーキングを打って、雨の侵入を防ぐようにしていたのですが、外側のごく一部の部分ですが、コーキングの厚さが薄い箇所があることが、工事業者さんが帰った後に判りました。
一応、コーキングとしては問題ないと思うものの、いかにもコーキングの厚さが薄いと思うため、自分でコーキングをその箇所(長さ1センチくらい)のみ打ち増ししようかと考えていますが、コーキングをした箇所に別途コーキングを重ね塗りをすると却ってもともとのコーキングも取れやすくなる恐れはありませんでしょうか?
却って害がある恐れがあれば、敢えて素人がやらない方が良いかなとも思っていますが、実際はコーキングの素材として、重ね塗りは問題ないものでしょうか?
ちなみにコーキングは黒い色で臭いがきついものです。工事したのは1週間程度前です。
専門業者の方のアドバイスがあれば非常に助かります。
宜しくお願い致します。

いつもお世話になっております。本サイトをいつも参考にさせていただいております。
本日教えていただきたいのは、コーキングの一部にさらにコーキングを重ね塗りしても良いのかということです。
具体的には、先日台所のドアの交換工事を行いました。業者さんは交換した台所のドアの枠とドアの間の内側と外側の隙間にコーキングを打って、雨の侵入を防ぐようにしていたのですが、外側のごく一部の部分ですが、コーキングの厚さが薄い箇所があることが、工事業者さんが帰った後に判りました。
一応、コーキングとし...続きを読む

Aベストアンサー

コーキングといっても色々な材質があります。
シリコンなど使ってあれば他種のものでは着きません。
業者に手直しをさせたほうがいいでしょう。

Qクロメート処理について

電気亜鉛めっき後に6価と3価でクロメート処理をしています。そこで処理中の化学反応式を知りたく、文献やWebサイトで調べた結果、6価クロメート処理における以下のような反応式を見つけました。

(1)亜鉛の溶解反応式:Zn+2H+→Zn2++H2
(2)クロム酸の還元反応式:2HCrO4+3Zn+14H+→2Cr3++3Zn2++8H2O
(3)亜鉛溶解によるpH上昇での反応:Cr3++3OH‐→Cr(OH)3

これらの反応式を詳しく教えてください。実際に析出?する皮膜は水酸化物状態での皮膜になるのでしょうか?また6価クロムは途中で3価になっていますが、反応式を見る限りだと水素によって還元されているのでしょうか?最後に最初から3価(塩化物or硫化物)で亜鉛にクロメート処理を用いた場合の化学反応式を教えてください。

反応式が見づらくて申し訳ありませんが、どうかよろしくお願いします。不明な点は補足をもらえれば分る範囲で付け足しますのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ryifaさんが見られたのは、下記のpdfファイルでしょうか?
もし違うようでしたら、こちらを参照なさってみて下さい。
式だけでなく、皮膜についても説明されています:

http://tri-osaka.jp/group/kikaikinzoku/hyoumen/surface/morikawa/R17/Chromate.pdf

なお、写し間違いかと思いますが、クロム酸は二価の酸なので、(2)として書かれている式の「2HCrO4」は、正しくは上記URLにある通り「2HCrO4-」となります。
また、(2)においてクロムの価数が6価から3価になっているのは、金属亜鉛Znによって還元されています。
(亜鉛に酸を作用させて生じる発生期水素(→還元性の高い水素)で他の金属イオンを還元する場合もありますが、この式の場合は、クロム酸イオン(上式ではクロム酸水素イオンHCrO4で表記)との直接反応と考えてよいと思います)


すみません、3価クロメートについては、今ひとつ試薬などを把握していませんので回答できません。
(基本的には6価クロムクロメートと同様、3価の水酸化クロムを中心とする被膜を生成させているようですが:根本的な違いは、被膜中に6価クロムが存在しないことによる自己修復能力の欠如)

参考になるかわかりませんが、3価クロメート処理関係のURLも貼り付けておきます:

http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/hyoujun_gijutsu/chromium_free/m6_gaiyou.pdf

ryifaさんが見られたのは、下記のpdfファイルでしょうか?
もし違うようでしたら、こちらを参照なさってみて下さい。
式だけでなく、皮膜についても説明されています:

http://tri-osaka.jp/group/kikaikinzoku/hyoumen/surface/morikawa/R17/Chromate.pdf

なお、写し間違いかと思いますが、クロム酸は二価の酸なので、(2)として書かれている式の「2HCrO4」は、正しくは上記URLにある通り「2HCrO4-」となります。
また、(2)においてクロムの価数が6価から3価になっているのは、金属亜鉛Znによって還元され...続きを読む

Q台所周りのコーキングを綺麗に補修するには?

台所のコーキングが最近やせ細ってきました。

それで市販のコーキングで補修しようと思っています。
昔住んでいた家で何度かコーキングをやり直したことがあるのですが、毎回、ある一点がうまくいきません。

その一点とは・・・マスキングテープを剥がすのがうまくできない

のです。
コーキングを剥がす工具で一旦古いコーキングを剥がします。
その後、マスキングテープを左右に貼って、コーキングを補填。
その後、濡れ布で軽く整形します。
最後の仕上げのテープを剥がす段階で、なぜか、テープにコーキングが糸を引く形で残ったり、剥いだ後が段になって盛り上がったり・・・
1mくらい補修すると、必ず1~2箇所はそういった綺麗でない部分が出来てしまいます。

こういったテープを取る段階でうまく綺麗に行うコツのようなものはないでしょうか?

Aベストアンサー

濡れ布を使って成形しているからです。

無理してでもコーキングの仕上げヘラを使うようにしましょう。

その場合は、養生テープをそのヘラを当てながらコーキングが、養生テープに残らないように貼るのが秘訣です。

拙いですがお絵かきを添付しました。

Qクロメート処理について

実験してて思ったのですが、皮膜の色は6価クロムの含有量によって決まっているみたいなんですが、3価クロムで6価ほど色が出ないのはなぜでしょうか?3価のほうが浸漬時間も6価の3倍以上なんですが・・・
6価には色をつける特別な効果があるのでしょうか?

Aベストアンサー

> 6価クロム溶液を使用した場合は酸化皮膜とは別にもう1つ皮膜ができるんでしょうか?

金属上の皮膜は1種類です。
6価クロム化合物が、酸化皮膜に取り込まれている形になっています。
(イメージとしては、酸化皮膜が多孔質になっていて、その孔に6価クロム化合物が取り込まれている状態(→スポンジに含ませた水と同様)です)

表面の酸化皮膜に傷がついた場合、残った皮膜から6価クロム化合物がしみ出し、露出した金属表面を酸化することで、そこに皮膜が再構築されます。
(参考URL(pdf)の6頁目~の、「自己修復作用」の辺りが参考になります(7頁目に説明図))

従って、この酸化皮膜にどれだけ有色成分(→6価クロム化合物)が含まれるかが、
処理後の色の差の原因になっているのだと思います。

参考URL:http://tri-osaka.jp/group/kikaikinzoku/hyoumen/surface/morikawa/R17/Chromate.pdf


人気Q&Aランキング