大学の微生物の実験で使用した乳酸菌のことを知りたいのですが。
L.plantarum
という乳酸菌なのですが、情報が全く(チーズの製造に使用、程度)と言っていいほどありません
なにか良いHP、助言頂ければ幸いです。

A 回答 (3件)

参考になればよいのですが・・・


有益なバクテリアはよい食糧をよりよくします 。

教養がある乳製品   有益なバクテリア

ヨーグルト      連鎖球菌thermophilus
           乳酸桿菌属bulgaricus
           乳酸桿菌属acidophilus

バターミルク      乳酸桿菌属Lactis
           連鎖球菌cremoris

サワー・クリーム   連鎖球菌cremoris

ケフィール      乳酸桿菌属acidophilus
           乳酸桿菌属caucasicus

チーズ         乳酸桿菌属acidophilus
           乳酸桿菌属brevis
           乳酸桿菌属casei
           乳酸桿菌属caucasicus
           乳酸桿菌属helveticus
           乳酸桿菌属lactis
           乳酸桿菌属plantarum
           連鎖球菌cremoris
           連鎖球菌faecium

コテージチーズ     乳酸桿菌属lactis
             連鎖球菌cremoris

乳酸菌ミルク     乳酸桿菌属acidophilus

Bulgaricusミルク   乳酸桿菌属bulgaricus

Yakult        乳酸桿菌属casei

Bifidusミルク     Bifidobacterium bifidum
           Bifidobacterium longum


http://www2.odn.ne.jp/~aaq82910/Dr.Klaus.htm

http://www.nyusankin.or.jp/inf/inf2.html

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/~aaq82910/Dr.Klaus.htm
    • good
    • 0

kawakawa教授の回答のように、以下の参考URLサイトの例のように?ネット検索すると沢山Hitしますが・・・・???



さらに図書館では関連の成書を調べられたのでしょうか・・・?????
=================================
乳酸菌の科学と技術/乳酸菌研究集談会/学会出版センター/1996.2 
=================================

ご参考まで。

補足お願いします。

参考URL:http://www.primaham.co.jp/meatclub/oishisa_kenko …

この回答への補足

名前だけでしたらたくさんのHPがあたりましたが
その乳酸菌についてはあまり説明がされていませんでした。
チーズや人の体にある(?)ということですが
その菌はどのような特質があるのか、等が知りたいです。
かん菌である等は調べる事ができました。

大学の図書館でも調べたのですが、いろんな図書を調べても
同じ内容が二、三行しかのっていませんでした。
参考資料大学にて調べてみます。
参考意見ありがとうございます(多謝)

補足日時:2001/10/23 18:18
    • good
    • 0

Lactobacillus plantarum ですよネ。


ごく一般的な乳酸菌だったと記憶していますが‥
天然ではラテン名のとおり、草や果実などの植物性のものに生息しているもので、ヒトの腸内乳酸菌の一種でもあったのではないでしょうか。
キムチのほどよい醗酵の原因菌であったり、果物果汁が醗酵する原因菌でもあったと記憶しています。
URL等は調べたことがないのでご紹介できませんが、記憶にあるのはこの程度のところです。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ヨーグルトの乳酸菌は加熱するとどうなりますか?」「人間の胃酸で乳酸菌

「ヨーグルトの乳酸菌は加熱するとどうなりますか?」「人間の胃酸で乳酸菌が死ぬことってありえますか?」この2点についてご意見をお伺いしたいです。

Aベストアンサー

過去にも似たような質問があったようです

http://okwave.jp/qa/q3923579.html

QEM菌を利用した食品微生物の実験について

私はバイオテクノロジーを専攻していて、EMを利用した研究をしてみようと思っています。
そこで、今私が考えているのがキノコや微生物にEMを投入し、EMの量(濃度?)を変えて、生育比較や増加量比較を行う…と考えているのですが、問題が生じてしまうのです…例えば、寒天培地にEMを投入して、そこに微生物を床置する。一見簡単なのですが、寒天培地をまずオートクレーブで滅菌しなくてはなりません。EMが入っていたら、もちろん滅菌したら死んでしまいます。それでは意味が無いのは、暗黙の了解ですよね。キノコも同じです。オガクズ培地等も一緒にEMを入れても、滅菌したらおしまいです…。
まず、寒天培地やオガクズ培地だけを(EMを入れないで)滅菌し、そして無菌操作室で(クリーンベンチ内で)その培地の上からEMを投入する…といった考えもしたのですが…かなり無理があるのでしょうか?
何か良いアドバイスがございましたら、お願い致します!!m(__)m
※私は高校生ですので、何かと誤りがあると思いますが、ご了承ください。できれば、ご指摘していただくと幸いです★

Aベストアンサー

実験にクリーンベンチを使うのはやめましょう。中から
空気が吹き出してきますので、実験者が微生物により
汚染します。安全キャビネットを使ってください。

共存する菌の相互作用は、液体培地でやるのが普通の
ように思います。新しい培地を少しずつ加えて、菌液を
オーバーフローさせて数週間から数ヶ月にわたって、
それぞれの菌の濃度を観察します。専用の装置は高校生
には高価なので、500mlの培地から毎日50mlを
取り除き、50ml加えるというようなやり方で代用
できるのではないでしょうか。

例えば、大腸菌とEMを滅菌した培地に加えて培養を
始める訳ですが、培地の種類、菌濃度、培養温度は試行
錯誤になると思います。生物学というよりは、工学部の
人がやっていそうな実験です。

Q乳酸菌とビフィズス菌

最近ヨーグルト類にはまっています。
お腹の調子をよくするのに乳酸菌は有名です。
 
今日買ってきたヨーグルトをみるとビフィズス菌と書いてありました。
そういえば乳酸菌もビフィズス菌もよく聞きます。
同じ仲間なんだろうと思ってますけど、違うものなのですか?
 
後、オリゴ糖というのも時々みかけます。
これも胃腸に良い菌なのでしょうか?

Aベストアンサー

乳酸菌は、発酵食品の食品製造(味噌、しょうゆ、漬物、チーズ、ヨーグルト)に利用される他、人を含め動物の腸内で食物の消化や悪玉菌の撃退・駆除したり、整腸作用や腸壁に住み着いて発癌物質や有害食品から腸壁を保護しています。女性の膣内を細菌感染から守る乳酸菌「デーデルライン桿菌」や赤ちゃんの腸内の90%を占め腸内の細菌感染や消化を助けている乳酸菌「ビフィズス菌」(加齢と共に減少し成人で50%、老人では15%以下に減少して腸内細菌による病気が増加して行きます)が良く知られています。ビフィズス菌は善玉菌の一種で赤ちゃんの腸内に住み着いていて安全性や病気から守ってくれていることから注目され、ヨーグルトの生産(牛乳中の脂肪分を食べて乳酸やアミノ酸などを生成してくれる)に利用されています。大抵の乳酸菌は胃液の強酸性(塩酸)に絶えられず腸内まで生きて到達できませんが、医の強酸に耐えて腸内まで生きて届く乳酸菌を使ったヨーグルトが一躍人々の注目を浴びています。腸内まで生きて届く乳酸菌を含んだヨーグルトを「プロバイオティクスヨーグルト」といいます。スーパーなどでヨーグルトの容器に「プロバイオティクス・ヨーグルト」と印刷がされ、ビフェズスヨーグルト、ブルガリアヨーグルト、カスピ海ヨーグルトなどで知られています。胃がんの原因とされているピロリ菌駆除に効果がある胃の強酸にも耐える乳酸菌LG-21を使ったヨーグルトも注目されています。

乳酸菌は広く存在し、発酵食品製造や胃腸の健康の為の善玉菌や女性の健康を守っていることで、利用や研究されているのは本の一部に過ぎません。ビフィズス菌(乳酸菌)も人体(主に口から肛門にいたる消化器系や女性生殖器)に棲み付く約100兆匹の細菌の中の善玉菌の主要な微生物(細菌やウイルス)に属します。

参考URL
http://www.probiotics.to/
http://allabout.co.jp/r_health/gc/322012/
http://my.kotokiri.com/lg21.html

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/乳酸菌

乳酸菌は、発酵食品の食品製造(味噌、しょうゆ、漬物、チーズ、ヨーグルト)に利用される他、人を含め動物の腸内で食物の消化や悪玉菌の撃退・駆除したり、整腸作用や腸壁に住み着いて発癌物質や有害食品から腸壁を保護しています。女性の膣内を細菌感染から守る乳酸菌「デーデルライン桿菌」や赤ちゃんの腸内の90%を占め腸内の細菌感染や消化を助けている乳酸菌「ビフィズス菌」(加齢と共に減少し成人で50%、老人では15%以下に減少して腸内細菌による病気が増加して行きます)が良く知られています。ビフィズス...続きを読む

Qヨーグルト種菌は有胞子性乳酸菌ですか?

ヨーグルト種菌は有胞子性乳酸菌ですか?

Aベストアンサー

ご質問者さんの真のご質問の意図は一連のご質問から考えて乳酸菌が死なずに腸まで達するかどうかなのかなと思います。この答えは死なずに腸まで届きます。決して死滅はいたしません。

そもそも人の腸内細菌叢(腸内で生活している細菌群)は、生後には細菌叢はありませんが食事や母親から感染したものです。ですから多くの細菌が生きたまま腸に到達しています。さらに現在使用されています乳酸菌は、胃の強酸性状態に高い耐性を示すものが選別されて使用されています。例えばヤクルト菌の様に腸内細菌叢の乳酸菌の中から酸に対して高い耐性を示すものを選別したものですし、さらにLG21菌のように胃で増殖するものもあります。

しかしながら腸までこれら乳酸菌が到達したとしても腸で自らが細菌叢を形成するか否かは別な問題です。腸内といった嫌気性環境で増殖するには嫌気性菌でなければなりませんし、腸内にすでに存在します細菌との競争もあります。おそらくほとんどが細菌叢に加わることはないのではないかと思います。しかし、腸内細菌叢は個人により年齢により次々に日々変化しているものですから何ともいえません。

ヨーグルトに有胞子性乳酸菌を使用しているかどうかはメーカーでないと正確には分からないと思いますが、私の推測ではほとんど使用されていないのではないかと思います。しかし、抗生物質を服用する際に下痢止めとして有胞子乳酸菌が処方される場合があります。ですからどなたでも有胞子乳酸菌は摂取しています。

ご質問者さんの真のご質問の意図は一連のご質問から考えて乳酸菌が死なずに腸まで達するかどうかなのかなと思います。この答えは死なずに腸まで届きます。決して死滅はいたしません。

そもそも人の腸内細菌叢(腸内で生活している細菌群)は、生後には細菌叢はありませんが食事や母親から感染したものです。ですから多くの細菌が生きたまま腸に到達しています。さらに現在使用されています乳酸菌は、胃の強酸性状態に高い耐性を示すものが選別されて使用されています。例えばヤクルト菌の様に腸内細菌叢の乳酸菌の...続きを読む

Q乳酸菌について

乳酸菌の乳酸発酵試験(NaOHで滴定)で温度をあげていくと乳酸量があがっていくのがグラフから分かったが、33℃と37℃では若干33℃の方が乳酸量が多い。乳酸の増殖温度域は15~45℃なのに・・・。これは滴定ミスなんでしょうか??また乳酸についてのホームページがありましたら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

要は酸と塩基の中和滴定ですね。
『若干』の程度が分かりませんし、NaOHの濃度によって精度も変わりますのでこれだけではみなさん助言しにくいと思います。

なお、増殖温度と至適温度は違いますし、乳酸菌の種類は多くそれぞれの株によってもこれらの値は異なります。しかし、乳酸菌の至適温度はおおむね35℃前後なので実験的にはよい結果が出たといえるのではないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報