ただ何気なく使っている生理食塩水。私も鼻を洗ったり、水分補給なんかで使っています。保健室なんかに行くと生理食塩水がおいてあります。あれは何のためなんですか??また、私はこんなのに生理食塩水を使っているっていうのがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

kawakawaさんへ。


そうなんです。私も全く同じ肝臓の灌流目的で1.15% KClを使っています。
なぜなのでしょう?やっぱり生食の方がいいのですか?

生食の用途について、思い出したので追記します。
眼科で、フルオレッセイン染色とかした後に、眼を洗っているのも生食でした。
私がウサギの眼を洗った時は、ちょっと温めた生食で洗っていたのに、自分が眼科で洗われた時は、冷たい生食で洗われて、ショックでした。

浸透圧が調整してあるのだから、温度も調整してあげると更に「体にやさしく」なりますね。
    • good
    • 0

少々舌足らずな書き方をしてしまいましたので、再登場です。


肝臓の中の血液を還流して全て取り除くために生理食塩水を使っていたのです。門脈に生理食塩水を流しながら優しく肝臓をマッサージすることで毛細血管内の血液まできれいに洗い流していました。
失礼いたしました。

学生の頃、今のようなスポーツ飲料がなかった時代ですが、生理食塩水にクエン酸などを加えて味付けしたものを夏のドリンクとして飲んでいたことがあります。
今思えば製法特許でも取っておくべきでした‥。
以上kawakawaでした
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。参考にさせていただきます!!本当に助かりました。

お礼日時:2001/10/24 21:52

 0.9%濃度の食塩水です。

「生理食塩液」と書いてあると思います。
他の方が回答されているように、体液の浸透圧とほぼ等張になっており、体に比較的やさしいです。

 身近なところでの使用としては、私はコンタクトレンズの保存液として使っています。
 仕事では、投与液の調製とかですね。特に、静注等では、等張の方がうれしいので、生食で溶けるものは生食で調製します。
 あと、kawakawaさんは肝ホモジネートで使用していたようですが、私は、同様の目的(P450抽出)で、1.15% KClを使用していました。少し高張の方がいいって聞いたのですが…?

 お話を戻して。「体液とほぼ等張」というのは結構重要なことで、食塩以外にも作られています。5%ブドウ糖液とかもそうです。5%ブドウ糖液で鼻を洗うとどうなるんでしょうね?それはわかりません。
    • good
    • 0

鼻を洗うのであれば、真水で洗うと鼻が痛くないですか?逆に海の水が鼻に入っても痛くないですか?


生理食塩水は、そうしたことが起きない、体と同じ濃度の液体です。

高校の生物学では「等張液」(濃いと高張液、薄いと低張液)といいます。
本質的には「浸透圧」(PV=nRTのやつ)と、半透膜の水の移動、などが関係しています。

体に優しい液、ということで、お腹を開ける手術をしたときに、洗浄用に使いますし、
よく吸収される、と銘打ったスポーツドリンクのようなものもあったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。参考にさせていただきます!!本当に助かりました。

お礼日時:2001/10/24 21:51

約0.9%濃度の食塩水を生理食塩水と呼びますネ。


これは体液の濃度に近いものなので、血球や組織に対して影響を及ぼさないのですネ。
濃度が異なる液体を身体に対して使うと浸透圧の差によって血球が破裂したり、逆に縮んでしまったりします。或いは細胞が刺激されて痛みを感じたり、ショックを受けたりもします。これを防ぐのが生理食塩水です。
注射、点眼、洗浄‥多くの用途に用いられますネ。
大昔、学生だったころは肝臓をホモジネート(機械ですりつぶすこと)してP450(薬物分解酵素)を取り出したり、脳をホモジネートしてカテコラミン(脳内伝達物質)を取り出したりするときに生理食塩水を沢山使いました。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生理食塩水はオートクレーブしない方が良いんですか?

生理食塩水に溶かして撒く菌液があり、生理食塩水のコンタミも考え、生理食塩水のみを培地上に塗布したところ、少量のコロニーが確認できました(-_-; ちなみにその生理食塩水はオートクレーブせずに、滅菌水で溶かしただけでした。

以上のことで担当教員からは『オートクレーブなしで』を言われましたが、コンタミの原因が生理食塩水と考えられる以上、それをオートクレーブすべきと考えました。

しかし、生理食塩水をオートクレーブすると、やはり少なからず濃度が変わってしまうのでしょうか?

初歩的な質問でスミマセンが、宜しくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

微生物の培養試験に用いる生理食塩水は、オートクレーブなどで滅菌をしたものを使う必要があります。おそらく容器は滅菌されたものを使用されたと思いますので、食塩が無菌状態でなかったのでしょう。生理食塩水のコンタミを考慮されて、あらかじめ培養されたのは賢明な判断だったと思います。

担当の先生がどのような意図でそのような指示をされたかわかりませんが、滅菌生理食塩水は通常オートクレーブするものだと思います。熱に弱い成分の培地を滅菌する場合は、濾過滅菌を行いますが、生理食塩水は液量に対して十分大きな容器を使えば、オートクレーブで問題になることはないと思います。私も、過去に仕事で細菌検査に携わっていたことがありますが、オートクレーブした生理食塩水を使って問題になったことはありません。

後は、市販の滅菌済み生理食塩水を購入して使用するという方法もあると思いますが、いずれにしても、先生とよく相談されて実験をされるのが良いと思います。

Q生理食塩水

「生理食塩水」を和英辞書で調べてみたところ、非常にたくさんの表現がありました。例えば、physiological saline solution、saline、isotonic sodium chloride solution、physiologic saline、physiological salt solution、physiological salineなどです。日本語では1つしか表現がありません。英語で最も一般的にはどう表現するのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

physiological saline solution= 生理食塩水(溶液)
saline =食塩水 
isotonic sodium chloride solution = 等張塩化ナトリウム水溶液
physiologic saline = 生理的食塩水
physiological salt solution = 生理食塩濃度溶液(水)
physiological saline = 生理食塩水

大雑把に違いを分けるとするとこんな感じのニュアンスですが、ほとんど同じでしょう。どれが一般的かは文脈によるかもしれませんが、大体 physiolological saline solution または physiological saline でいいんじゃないですか?実験プロトコールとか文脈によってはsalineだけで意味は通じます。文章中で統一させればいいんじゃないですか?

ちなみに、細胞実験等でよく使うリン酸緩衝生理食塩水はPBSですがこれは Phosphate buffered salineなので似てますがちょっと違いますね。まあ、緩衝液+生理食塩水ですが。 要するに生理食塩水というのは特定の濃度の食塩(塩化ナトリウム)水溶液の事ですから。

physiological saline solution= 生理食塩水(溶液)
saline =食塩水 
isotonic sodium chloride solution = 等張塩化ナトリウム水溶液
physiologic saline = 生理的食塩水
physiological salt solution = 生理食塩濃度溶液(水)
physiological saline = 生理食塩水

大雑把に違いを分けるとするとこんな感じのニュアンスですが、ほとんど同じでしょう。どれが一般的かは文脈によるかもしれませんが、大体 physiolological saline solution または physiological saline でいいんじゃないですか?実験...続きを読む

Q生理食塩水の用途

生理食塩水が医療で使われる用途について質問なんですが、

血液が溶血を起こさないために、血液保存として生理食塩水を用いる。

の他になにかありませんでしょうか?

分かるからよろしくお願いします。。。。

Aベストアンサー

内科医です.血液と等張液である生理食塩水と5%ブドウ糖液は輸液の基本です.脱水や出血の方に輸液するときこのふたつを中心に使用します.たとえば事故で大出血している人には循環血漿量をあげるためにはまず生理食塩水です.高度の下痢で脱水症状のある人にもです.実際臨床では生理食塩水を基本に他の電解質が多少は含まれた液(リンゲル液など)を使うことが多いのですが基本であることは変わりません.ただ、生理食塩水は500mlで4.5gのNaClを含みますので心不全の方に大量に生理食塩水を輸液すると心不全を悪化させてしまいます.そういう方の脱水はブドウ糖主体です.
あと、抗生剤などを点滴するときに溶解する液などに生理食塩水は普通に使われます.

Q水分補給後に血液に行き渡る水分の割合について

水分補給後、水分は、排泄(汗や尿)で出て行き、別の器官(小腸、胃)などに吸収されますよね。血液中にも最終的に行き渡るわけですが、例えば250mlの水を飲んだあと最終的に血液中に取り込まれる量はどれくらいになるのでしょうか?人によって個人差があると思われるし、排泄(汗)に関しても気温の問題、その人が安静な状態であるか、運動をしている状態かなどからんでくると思いますが、およそどのくらい吸収されるでしょうか?わかる人いましたら、教えてください。お願いします。

このようなことに関して詳しく解説している教科書的な本などありましたらそちらも教えてください。こういうことは医学、栄養学などどの分野に属するのだろうか・・・・

Aベストアンサー

こんにちは。
 飲んだ水は、胃を通過した後、腸でほぼ100%が吸収され、血液に入ります。ですから250ml飲めば、そのほとんど全てが腸から吸収され、まず血液に入ります。
 尿や汗で排泄されるのは、血液に入った後の話です。血液に水が入ってくると、当然血液が水によって薄まるわけですが、この濃度の変化を脳が感知して、排尿や発汗を促進する反応が起こります。たとえば、コーヒーを一缶飲むと、しばらくすると尿意が起こりますよね?これは、上記の一連の反応の結果としておしっこが作られ、尿意として現れるわけです。そういうふうにして血液の「濃さ」というのは、厳密に調節されています。
 医学で言えば、生理学のカテゴリーのお話になりますので、本を探す際のご参考になればと思います。ちょっと具体的な書名は存じないのですが・・・。

Q生理食塩水が売っていません。

生理食塩水が薬局に売っていません。
精製水などは普通に売っています。
コンタクトレンズ洗浄液としては
ほぼ?生理食塩水が売っています。
ネットで調べたら、
生理食塩水はある時から処方薬となり
一般には販売されていないということが
かいてありました。
生理食塩水を処方薬として
購入に処方箋が必要とすることに
何の意味があるのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

基本的には、注射の溶液として使われるからと言うのが第一のようです。
麻薬乱用や、覚せい剤、脱法ドラッグなどでの使用が想定されるからでしょうね。

Q魚の生理食塩水

魚の生理食塩水は何%ですか?

Aベストアンサー

少なくとも一方には「普通」とは異なる作用を要求するわけですから, なるべく差を小さくした方が安全じゃないかなぁと思っただけです. それに, ヒトの生食が間に入るのでこれを使えば楽だという点もあります.
あ, 「塩分濃度」と書きましたが実際には NaCl の濃度です. 他の塩分も, 一応確かめる必要があるかもしれません. なにぶん, 実験したことはないので....

Q希釈系列を生理食塩水で作製するのはなぜ?

先日実習で、尿蛋白定量のための検量線を作製するために、
アルブミンと生理食塩水で希釈系列を作りました。
ふと思ったのですが、今までの実習では何か希釈系列を作るときは純水で希釈していました。
なのに、どうして尿蛋白定量では生理食塩水で希釈しなければならなかったのでしょう?

Aベストアンサー

こんにちは。
アルブミンは電解質を含まない真水で稀釈すると溶解度が低下し、量によっては析出してしまいます。
尿タンパクならスルホサリチル酸による反応だと思いますけど、反応して出来た析出分による白濁を比較したいのに、溶解度の低下による析出が出てしまっては誤差要因になってしまいます。

同じ理屈で生理食塩水で稀釈する物に、ビリルビンの指標であるモイレングラート値(MG)があります。
精製水で稀釈すると血清タンパクが析出して白濁し、観察数値が低下します。

Q滅菌生理食塩水(試験管分注)について

仕事で乳酸菌の菌数を測定することになりました。
先週の水曜日に実施する予定だったので、
火曜日に、0.85%食塩水を試験管に分注し、オートクレーブで滅菌したものを作成しました。シリコン栓で密封してあります。
しかし、水曜日に都合がつかずに実施できず、明日改めて行う予定です。

そこでご質問なのですが、上記の1週間経過した食塩水は、まだ使用し
て問題ありませんでしょうか?

もう一度作成したらよいのですが、無駄になってしまうのもどうかなと思いまして・・・
指導してくださる方がいないため、こちらで質問させて頂きました。
宜しくお願い申し上げます。


追記:
ついでのようで恐縮ですが、培地は何日くらい使用してよいかもわかればお教えいただきたいです
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

生食についてですが、汚染される心配のない保存であれば、問題ありません。
医療用の輸液の生理食塩水も、使用期限はかなり有りますからね。

培地については、通常1週間ぐらいは問題ありませんが、
寒天培地の場合は、乾燥してきますので、乾燥しないように保存してください。
液体培地はさほど心配する必要がありませんが、
実際にいつまで使うことが可能であるかは、
培地の性能試験を実施し、自ら検証しておく必要があります。
それにより保存可能期間を自主的に設定する必要があります。

Q生理食塩水とオプティフリー

先日薬局へ行ったら「コンタクト用生理食塩水」が売っていて「コンタクト洗浄・保存に」と書いてました。
今、ソフトレンズでオプティフリーを使ってるんですが
生理食塩水に変えても問題ないのでしょうか?
「同じ様なもの」あるいは「同じ」ですか??
あまりの安さに(600ミリ200円程度?)びっくりしちゃったんで・・。

Aベストアンサー

生理食塩水だと、洗浄時のすすぎと保存にはつかえますが、オプティフリーのようにそれ自体が汚れを落とすとか消毒するとかの効果はありません。なので、他に洗剤が必要ですし、消毒も別にやらないといけません。
すっごく前は1本で洗浄から消毒、保存なんてことはできなかったので、洗浄液・保存液・消毒液と別々のものを使っていたわけですが、生理食塩水はそのなかの「保存液」にあたります。なので、安くても他のものを買う必要がありますし、メンドクサイですよ…

Q生理食塩水の0.85%と0.9%の表示の違いの意味について

生理食塩水の0.85%と0.9%の表示の違いの意味についてなんですが、なぜこのように表示の違いがあるんでしょうか?以前に何か意味があると聞いたんですが、忘れてしまいました・・・。もし知識をお持ちの方がいらっしゃれば教えていただきたいです!

Aベストアンサー

生理食塩水とは細胞と浸透圧が等調となるようなイオン強度をもった食塩水のことで、これをNaClを水に溶かして表現したとき、濃度は0.153mol/Lとなります。これをパーセントにすると0.89%で、一般には約0.9%と言われているようですね。これが0.88%になると浸透圧のバランスが保てないかというとそうでもなく、許容範囲が0.85~0.9%ってことじゃないですかね?ちなみにこの濃度を生理食塩水とするのは人間だけで、生物によってさまざまな濃度が「生理食塩水」となります。カエルなんかは0.65%だったと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報