船戦ってどういう戦いだったのでしょうか?
鉄砲など火薬を使用した兵器の登場する以前の話です。
ヨーロッパのほうの海、東南アジアの海、中国の川、日本の海、
どこの話でもいいです。
参考資料として適当なもの、知っている話を教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

水軍関係


http://www.shimanami.or.jp/council/ja/town/innno …
http://tzes01.pref.ehime.jp/event/shimanami/even …
http://member.nifty.ne.jp/jhforum/lekishizen.htm
http://member.nifty.ne.jp/kunik/kuru8.html
など、多少のHPもありますが、村上水軍や熊野水軍(武蔵房弁慶で有名)などは資料館があるようです。

源平海戦資料等
平家物語の解説書で檀ノ浦でしょう。


中国の水上戦闘
・・・三国志、水滸伝などに描写が出て来ます。解説書も結構あります。

西洋海戦関係・バイキング関連
http://homepage1.nifty.com/brilliance/shiplist/m …
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose …
http://homepage1.nifty.com/brilliance/fanpage/ad …
http://www6.ocn.ne.jp/~asha/history_boat_castle. …
http://www.nelsonian.com/honkan/nelson/nelson.html

有名なサラミス、アクティウムなどの海戦は、そのまま検索すれば出て来ます。
歴史資料なども図書館などですぐ見つかるでしょう。

参考書籍紹介ページ
http://iwao.pekori.to/shiono/senki/shin3.html
http://home9.highway.ne.jp/timeway/kougi~10.html

と、結構HPでも出て来ますので、「古代 海戦」、「水軍」などでひいてみられるといいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます、助かります。

しかしやはり東南アジアの島のほうはマイナーなんですかね
一番知りたいところなのですが、資料の残りづらい環境なのでしょうか

お礼日時:2001/10/24 19:41

こんにちは。

私の数少ない記憶より。

衝角戦法
船の舳先を尖らせて衝角という構造を作り、相手の船に衝角を向けて体当たりします。
うまく行くと相手の船を真っ二つにしちゃいます。
古代ギリシャ連合艦隊がペルシャ大艦隊をほぼ全滅させたサラミス海戦、クレオパトラで有名なアクティウムの海戦など古代ギリシャの海戦はほとんどこれで、船を漕ぐ櫂を3段に配置した三段櫂船というのが運動性、速力等で勝り、最も強力な軍艦だったそうです。
日清戦争頃までは、軍艦にはこの衝角という構造をつけていたそうです。

焼き討ち船
船が沢山ある場合、つまり艦隊を組んでいる時は、一隻を空船にして火薬や燃料、可燃物を積み込んで火をつけ、他の船で曳航します。
相手の船がかわしきれない距離になったら曳航索を切り相手の船に衝突させます。
自走してないので破壊力は劣りますが、相手の船は必ず火災を起こすので戦闘不能になります。
中世ヨーロッパで結構使われてますが、中国の三国志、赤壁の闘いが有名です。天候を利用して、この戦法で孔明率いる劉備軍が曹操軍に大勝しています。
第二次の大戦でも、一部の戦いで弾薬を使いきった船が体当たりしてみたり、火災を起こした船が相手の船や港に突っ込んだという話は聞きますね。
Uボートという映画だったかな。魚雷を被弾した駆逐艦が浮上したUボートに体当たりをします。

白兵戦
まずは弓矢の応酬から始まって、接近し、船を横付け、舳付けして、相手の船に板を渡して乗り込み、刀、槍などで戦います。源平の船いくさは主にこれでした。
バイキングが使っていたので有名な方法ですが、明治初期、榎本武揚が新政府軍との戦いで軍艦を奪取する為に商船に兵隊を載せてやっています。確かアボルタージ?とか言ったような・・・
あと、映画で(タイトルは忘れましたが)イギリス海軍がドイツ軍魚雷艇を捕獲するために用いた話がありました。でも確かゴムボートだったような・・・?
現在でもマラッカ海峡などで出没する海賊がこういうことをやってるようですね。板を渡すのではなく縄ばしごなどで登ってくるらしいですが。

火矢、焙烙(ハンマー投げみたいにして投げる爆弾みたいな物)などを用いた焼き討ち
主に相手の大きい船を小舟で襲撃する時に用いられました。村上水軍が得意とする戦法でした。
戦国末期、第一次石山沖海戦?(木津川沖海戦)で九鬼嘉隆率いる織田水軍が全滅しています。
第二次海戦では大船の表面に鉄板を貼り、フランキ砲という巨砲を装備した世界最初の装甲軍艦を6(7だったかな?)隻作り村上水軍を破ったお話が有名です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

体当たりに放火、白兵戦が主な戦法ということですか、
お答えいただきありがとうございます。

それと時代と場所がわかる資料などあれば
出版社名、本の名前を教えて欲しいのですが

お礼日時:2001/10/24 05:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦時中の鉄砲店・火薬店について

第二次世界大戦や、日露戦争などの戦時中に、日本国内の小規模の鉄砲・火薬店は、軍に製品を納入していたのでしょうか?軍の土地以外の火薬庫などでも、軍に納入される火薬などは、保存されていたのでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「日本国内の小規模の鉄砲・火薬店は」

販売店であって製造所じゃないでしょ

携帯電話のショップが携帯電話を製造しているのですか?違うよね

軍が使用する物を雑多な店で細々と調達したら非効率で仕方ない
軍が自らの管理下で製造するか、軍需産業でしょ担当は

Q火薬兵器

戦国時代に火縄銃が伝来するまでは、日本人は銃のみならず火薬の存在自体知らなかったのでしょうか?
また銃よりも原始的な火薬兵器、炸裂弾とかロケット弾とかハンドカノン等は、それ以前の時代に伝来していなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

火薬の存在自体を知らなかったとは思えません。
断続的とはいえ、中国とも朝鮮とも交流があったわけだし。

火薬兵器の普及が遅かった原因として考えられるのは、

●火薬が貴重品
(原料の硝石は国内では殆ど産しないので、当初は輸入しないと無かった)

●火薬兵器を使って、うんと得することがない
(中国や欧州のような石の城壁が少ない、火薬無しで十分スピーディーな戦闘が可能、など)

というとこでしょうか。

なお、三山並立時代の沖縄では三眼銃という原始的な銃が坊城用に使われています。
朝鮮経由で伝わったようです。

Q南太平洋海戦後のガ島を巡る戦い(IF)

南太平洋海戦 昭和17年10月26日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E6%B5%B7%E6%88%A6
の終了時点で、太平洋で健在な大型空母は日本が瑞鶴、隼鷹の2隻、アメリカはゼロとなったようです。

そのしばらく後で、ガダルカナル島への重要輸送船団が着くか着かないかを巡って戦われた

第三次ソロモン海戦 11月12日~15日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%89%E6%AC%A1%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%B3%E6%B5%B7%E6%88%A6
で、日本は「機動部隊の援護なく」輸送船団をガ島に向かわせると共に、比叡・霧島を基幹とした水上艦隊のみでガ島の米軍飛行場潰しを策し、夜戦で戦艦2隻を失い、輸送は失敗に終わりました。日本側の大敗と言えるでしょう。

出典ははっきり記憶しませんが、南太平洋海戦の前か後かに角田少将が、連合艦隊に
「戦艦による飛行場砲撃は昼間になってからも継続して行うべきだ。昼間になれば目標が見えるのでより的確な陸上砲撃が可能。上空は隼鷹が戦闘機で守る」
という意見具申を行い、採用されなかったという話があります。

また、角田少将が
「大和・武蔵はともかく、長門や陸奥はなぜガ島海域に出動しないのか」
と連合艦隊の参謀に問い
「燃料が足りず、戦艦群を動かすに動かせない」
と返答されたという話も、同じ本に書いてあったように思います。(奥宮正武「ミッドウェー」の記述だったようにも思います)

南太平洋海戦でアメリカの機動部隊の勢力が後退した後であれば、思いっきり後知恵ではありますが、下記のような作戦が取れたように思います。

1. 連合艦隊の総力を挙げてガ島海域に進出。(燃料の問題はとりあえず無視します)

2. 大和・武蔵・長門・陸奥を基幹とする部隊は、敵の新型戦艦の出現に備えて徹甲弾を装備してガ島近海で待機。この時点でアメリカの新型戦艦は「数隻」が南太平洋にいたようですが、大和・武蔵・長門・陸奥の4隻(18インチ砲18門、16インチ砲16門)があれば余裕を持って迎撃できるはずです。

3. 瑞鶴と隼鷹の2隻の空母は、戦闘機のみを積んで防空に当たる。戦闘機は固有の零戦に加えて、修理中の空母の零戦、ラバウルにいる零戦のうち空母着艦可能な機を加えて定数を満たす。

4. この時点では4隻全て使える高速戦艦基幹の部隊でまず夜間飛行場砲撃を行い、敵飛行場をあらかた破壊する。これに成功した段階で高速戦艦はラバウルに下げて良い。

5. 夜明けまでに、より砲撃力の強い扶桑・山城・伊勢・日向(14インチ砲48門)基幹の部隊をガ島沖合いに進出させ、目視による照準で飛行場を徹底して破壊する。重巡の20センチ砲も陸上砲撃に加わる。

6. ガ島沖の日本艦隊の上空は瑞鶴と隼鷹に目一杯積んだ戦闘機でカバーし、飛行場から発進する生き残りの米軍航空機は叩き落す。戦艦や巡洋艦の水上偵察機で索敵を行い、アメリカ艦隊の所在を探る。アメリカ水上艦隊が進撃してくれば、大和・武蔵・長門・陸奥を基幹とする部隊で迎え撃つ。

7.ラバウルからガ島上空まで飛んでくる零戦のうち空母に着艦可能な機体は、ラバウルに戻さずにガ島沖の瑞鶴・隼鷹に着艦させ、燃料や弾薬を補給し、休養させるなり再度出撃させるなりする。日本艦隊上空の防御がより厚くなる。

8. ガ島上空の制空権を完全に米軍から奪ったことになるので、輸送船の安全はもとより、沖合いの扶桑・山城・伊勢・日向並びに重巡が米軍陣地を砲撃して甚大な効果を挙げられる。

となり「ガ島の米軍を一日で壊滅させる」ことも可能だったかもしれません。大東亜戦争後期に日本軍が守備する島が次々に米軍に占領されていった状況を考えても「日本に完全に制空権を奪われ、沖合いに居座った日本艦隊から絶え間なく艦砲射撃を受ける。自軍の救援は期待できない」となれば「ガ島の米軍が降伏する」こともあり得たでしょう。

現実にはそのような作戦は取られず、第三次ソロモン海戦での敗北後はガ島への輸送もままならなくなり「飢島」となってしまったわけですが、上記のような作戦は物理的に実行可能だったのでしょうか?

「トラックに貯蔵された重油は***に過ぎず、『連合艦隊の総力を挙げてのガ島進撃』は夢物語」
「南太平洋海戦の終了時点で、空母着艦可能な零戦は***機に過ぎず、瑞鶴と隼鷹を一杯にするのは無理」
「第三次ソロモン海戦に出撃した比叡・霧島以外の戦艦はあらかた内地におり、直ちに動けない状況」
「陸上砲撃に適した36センチ三式弾、36センチ榴弾の在庫は***に過ぎず、ガ島沖でタマ切れを起こしてしまう」
「米海軍が南太平洋に進出させていた戦艦は旧型戦艦も含め10隻以上で、大和・武蔵・長門・陸奥の4隻であしらえたかどうか怪しい」

といったこともありそうですが、識者のご教示をお待ちします。

南太平洋海戦 昭和17年10月26日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E6%B5%B7%E6%88%A6
の終了時点で、太平洋で健在な大型空母は日本が瑞鶴、隼鷹の2隻、アメリカはゼロとなったようです。

そのしばらく後で、ガダルカナル島への重要輸送船団が着くか着かないかを巡って戦われた

第三次ソロモン海戦 11月12日~15日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%89%E6%AC%A1%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%B3%E6%B5%B7%E6%88%A6
で、日本は「機動部隊の援護なく...続きを読む

Aベストアンサー

角田少将が戦艦部隊による夜間砲撃を昼間も継続させ、自分の空母部隊がその援護に出ると意見具申したのは、第三次ソロモン海戦前です。
ただ、この時、少将は「敵空母がいない今・・・」とも言っています。
きっと、連合艦隊司令部ではそういう敵戦力の評価・判断が成されていたのでしょうが、第三次ソロモン海戦では、エンタープライズが出撃してきています。ですから、その判断は甘かったと言えるでしょうし、実際に角田少将の作戦が実行されていれば、アメリカの空母の分だけ計画に狂いが生じてきたでしょう。

いずれにせよ、まずは高速戦艦部隊による夜間のガ島砲撃で敵航空戦力を減殺できるかどうかが問題だと思います。
質問者様の質問の4.のところでも、「まず夜間飛行場砲撃を行い敵飛行場をあらかた破壊する」と書いておられますが、これが問題でしょう。
実際、第三次ソロモン海戦で比叡と霧島はアメリカ水上艦艦隊と戦闘となり、砲撃に失敗しています。12日に失敗し比叡を失い、14日も失敗し霧島を失いました。
ただ13日に行われた巡洋艦、鈴谷と摩耶が行った砲撃作戦は成功し、この攻撃と日本軍輸送艦隊の南下中との報告が、ルーズベルト大統領に届けられた時は、大統領もガ島からの撤退を覚悟したそうですが。
ですから、高速戦艦4隻を投入してそれが成功するか、どうかでしょう。成功すればいいですが、下手をしたら敵水上艦隊と砲撃戦になり飛行場への砲撃は失敗し大損害を受けるかもしれません。
勝負は時の運です。必ず日本の戦艦部隊が砲撃戦で優位に立てるという保障はありません。比叡は敵戦艦に沈められた訳ではありません。交戦した中に戦艦はおらず敵は巡洋艦と駆逐艦でしたが、その砲撃で致命打を受けました。

「瑞鶴と準鷹を攻撃できるのはどこの飛行機?」という事についでですが、エスピリッツサント島のB17の部隊があげられます。
実際、第三次ソロモン海戦でガ島に向かった日本の輸送艦隊をこの部隊が攻撃しています。
また、エファテ島とニューカレドニアのヌーメア基地からもB17は充分に戦闘行動半径内です。
B17の強力な防御武装と防弾性は零戦を悩ませていますし、高度8000から進入してくる場合には殆どお手上げ状態です。
命中率は落ちますが、高高度からの水平爆撃による艦隊攻撃を波状的に行えば、日本軍は相当悩まされた事になったでしょう。昼間の戦艦部隊によるガ島砲撃も充分に行えるかどうかわかりません。
たとえガ島を日本軍が占領したとしても、B17の部隊に飛行場を爆撃され続ければ再建はなかなかできず使えない事になるかもしれません。
しかも、エスピリッツサント島もエファテ島もニューカレドニアも、ラバウルの攻撃部隊の行動範囲の大幅な外側にあります。
攻撃するなら空母部隊を出すか、ガ島の飛行場を使えるようにしなければなりません。
また、この第三次ソロモン海戦が行われた11月から、アメリカはP38戦闘機の部隊配備を南太平洋で始めています。この航続距離の長い戦闘機ならエスピリッツサント島からでもガ島は充分に戦闘行動範囲内です。
つまりB17の援護ができるし、B17は高高度からの爆撃だけでなく、攻撃方法に幅が出来ます。
それに、空からの支援があれば、ガ島のアメリカ軍守備隊もそうは簡単に降伏しないのではないかとも思いますし、ガ島の保持を諦めるにしても、まずは撤退の方向に動くでしょう。

いずれにせよ、ガ島を完全に占領できたとしても、エスピリッツサント島、エファテ島などのアメリカ航空部隊との消耗戦は避けられないでしょうし、艦隊がガ島付近にいれば、空襲の危険に晒されるでしょう。

日本軍は第三次ソロモン海戦のあった11月に300機以上の飛行機と200人以上の搭乗員を失っています。海戦では準鷹が出撃していますが、この時、主力となったのは基地航空隊でしたし全力出撃しています。
結果的には失敗しますが輸送船団や戦艦部隊の援護も行っています。
これに瑞鶴を出撃させ、その飛行隊、戦闘機部隊を増強したとしても果たして成功したかどうか・・・質問者様のプランを行ったとしても成功するかどうかは微妙だと思います。

角田少将が戦艦部隊による夜間砲撃を昼間も継続させ、自分の空母部隊がその援護に出ると意見具申したのは、第三次ソロモン海戦前です。
ただ、この時、少将は「敵空母がいない今・・・」とも言っています。
きっと、連合艦隊司令部ではそういう敵戦力の評価・判断が成されていたのでしょうが、第三次ソロモン海戦では、エンタープライズが出撃してきています。ですから、その判断は甘かったと言えるでしょうし、実際に角田少将の作戦が実行されていれば、アメリカの空母の分だけ計画に狂いが生じてきたでしょう...続きを読む

Q江戸時代船が川を遡るときはどうしてましたか?

江戸時代の物資運搬の主な手段は船でしたが、
船が川を遡って上流に行く場合は、どうしていましたか?
隅田川のように海に近くて、水面穏やかな川でしたら、手漕ぎで大丈夫と思いますが、
荒川、利根川などの中流、上流などは、そのようにはいきません。
人や馬が引いて登ったとすると川に沿ってそれ用の道があったと思いますが、そのような話は聞いたことがありません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

川舟といえば、全国的に使われた高瀬舟ですね
基本的には人力で引上げていきます
高瀬川では一艘に3、4人の「曵き子」がついたようですが、
(綱道がありました)
たいていは船に乗っている人員で引上げました
最低編成では船頭(船)、中乗り(櫂でこぐ)、艫(とも=船尾)乗りは最後尾で櫓を操りるのですが、
瀬が早い場所になると船頭が船に残り、その他の人が岸に上がって船を引くのです
川によって、事情は少し異なり
風を利用したところもあります

◆高瀬川(運河)
9箇所の舟入り(船着場)があった
http://park23.wakwak.com/~hotaru2/ayu.html
◆富士川(帆掛け=風の利用)
4人一組の図や写真があります
(新しいものは帆かけ舟実演行事の写真)
◆岡山県の勝山
川沿いに石畳の船着場があります
こういうところはまだ引きやすいかと思います
http://4travel.jp/traveler/sansai_meijin/album/10268324/

Q日本の祝日の海の日って山川海の海じゃなくて旧日本軍

日本の祝日の海の日って山川海の海じゃなくて旧日本軍の海軍の日を意味するって本当ですか?

旧日本軍の軍神の広瀬中佐って海軍ですか?

Aベストアンサー

ウソですよー

海軍の日は5月27日

広瀬中佐は海軍です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報