先日、賃貸不動産トラブルについてご質問させていただきました。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=145658
この件は結局消費者センターで調停を行った結果、大家(賃貸不動産屋を含む)側に「あきらかに、不実告知があった」と認められ、契約解消および支払った金額の全額返金となりました。
ただし、契約解消になるので私は今借りている家を出なくてはいけません。

家には猫がいるので、ペット飼育可能な物件を探さねばならず、かなり苦労したのですが、どうにか一件契約できました。
ただし、フルリフォームをするとの事で、入居が12月中旬になってしまします。

本日、消費者センターから連絡をもらったところ、大家が毎日のようにセンターの方へ電話をかけており(実際センターも閉口しているようです)、11月中旬には出ていって欲しいという事を言われたそうです。

今回の件は、私側の落ち度ではなく、完全に大家側の不実告知ということがセンターで法律と照らし合わせて認められています。
それなのに、大家側から私に対して退去を要請する事ができるのでしょうか?
ちなみに調停の時には「次の物件が決まり次第、なるべく早く退去する」と言うことで、いつまでに退去するという話はありませんでした。

あまりに反省の色のない態度にいい加減、頭に来ています。
相手に文句を言わせない法的な対処などはありませんでしょうか?
ご助言、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

申し訳ありません、お返事をいただいていましたのに気づきませんで。


遅まきながら、補足させていただきます。

調停内容に従い、HIROYOさんには何ら落ち度はないと思います。
仮にこの調停合意を破棄して別途法的措置を取ったとしても、大家側に勝ち目はないと考えます。それは、居住しつづけることで大家に特別な損失が発生しないからです。

私の勝手な想像ですが、弁護士などに相談して、どうにもならないと言われたのではないでしょうか。それで腹いせに消費者センターへ電話をかけているような気がいたします。何ら気にすることなく、居続ければ良いと思います。(所詮、身から出た錆ですので)

>カギなどは向こうサイドが持っているわけですから、留守中の家はとても不用心
現在はあなたの専有地ですので、もし立ち入れば犯罪です。警察に届けましょう。(不法侵入を発見すればあなたも現行犯逮捕ができます)

>センターの人に引かれてしまったら
これはないですね。もともとの原因を作ったのは大家と業者ですので、一旦合意しているものを捻じ曲げることはありえませんよ。(仕事とは言え可哀相なので、ご苦労おかけしますなどの言葉をかけてあげてください)

とここまで記載して気づいたのですが、もうリフォームが終わる頃で解決していますよね。遅くなってすみませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事、ありがとうございました。
とりあえず、まだ次の入居時期は決まっていないのですが、決まり次第連絡する旨伝えたところ、向こう側もおさまってきたようです。

ただ、今月頭にいきなり「家賃が振り込まれていない!」とセンターに文句を言ってきて、センターの方があわてて連絡を取ってきた事がありました。
連絡受けた10日程前にキチンと振り込んでいるんですけどね。
どこをどう確認してそんな文句が言えたんだか・・・。
こちらはやるべき事はキチンとしているので、そういう電話をもらっても「○月○日××銀行から、指定された△△銀行へ振り込みました」とすぐ証明できましたが、どうにかしていちゃもんつけたいようです。
ここまでくると、引き払う時に何言われるか・・・。
考えるだけで、今からげんなりしてしまいます。

まぁ、なるようになると思いますし、こちらはやるべき事をきちんとしておこうと思っていますが。(^^;;
お返事いただけて心強かったです。
本当にありがとうございました!

お礼日時:2001/11/15 14:53

調停内容に関する細かい部分が不明なのでちょっと回答しにくいので、以下の前提条件で回答いたします。


1.契約手数料および礼金、敷金などは全額返済
2.居住している間の家賃は支払う
3.引越代相当分などの慰謝料の支払いを求めていない

調停で合意しているわけですので、今回の部分が調停に反するかどうかが問題となります。「次の物件が決まり次第、なるべく早く退去する」という文面に対して人によって解釈がポイントです。大家としては早く出ていって別の借り手に貸したいというのは当然ですが、店子は住む所がないと引越がまま成りません。では店子がいつまでも居ていいということにはならないと思います。一般的にはどうかという判断になります。賃貸において、大家が退去を求める場合は6ヶ月の期間を置かなければいけないとされており、これが判断基準になると思います。
約2ヶ月で退去することになるわけですから6ヶ月よりも遥かに少なく、一般的には許容範囲内だと考えられます。
大家がそうでないと考えればなんらかの行動を起こす可能性も否定できません。しかし、一度、調停で合意しており、退去を求める法的手続きを行うことは大家にとって司法の合意を得られがたく時間の無駄になると考えられます。但し、何もしないで逆上されても困りますから、書面(手紙)で現状報告だけは行っておいた方が良いと思います。さらに正式に退去する日付が決定すれば連絡する旨も付与した方が良いでしょう。
相手が無礼だからといって、こちらも同様な態度を取るとかえって付け込む隙を与え得策ではないと思います。紳士的に対応することを心がけることをお勧めいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事、ありがとうございます。
調停が行われたのは、10月5日(金)です。
調停の結果は、大家側が
1.礼金、敷金(関西なので保証金になります)全額返済
2.退去日が月途中の場合、残りを日割精算で返金
(これに関してはこちらから請求したわけではなく、大家側から申し出てきた事です)

賃貸業者側が
1.仲介手数料、火災保険料を全額返済。
2.次回の引っ越し代を負担

となっています。
当然、居住している間の家賃は支払います。

また当初から、次の家が決まらなければ移れないが、最悪でも年内(つまり約2ヶ月強後)には明け渡すという事は、伝えてあります。

消費者センターの担当の方に「これからの処理は全てセンターが間にたちますので、直接の取引は行わないでください」と言われましたので、こちらから大家サイドに直接コンタクトを取ることはありません。(当たり前ですね・・・)
また、週に1~2回は必ず消費者センターの担当の方と連絡をとって、こちらの現状についてはお知らせしてあります。
その内容については、センターの方から大家側に伝わっています。
まったくこちらから音沙汰がないわけではありません。

また、こちらも仕事をしているので物件探しは週末しかできませんでしたが、それでも二日ほど無理矢理休みを取り、がんばって探してきました。
ペット可物件の極端に少ない兵庫県で、二週間で物件が見つかったのは奇跡だとしか言えません。

それにも関わらず毎日のようにセンターに電話してくるなんて、大家サイドが反省していない事と、嫌がらせ以外の何者でもないと思います。
それでセンターの人が音を上げれば、こちらの立場は余計に弱くなる訳ですし。
確信犯的で、腹が立ちます。

今度の物件は現在フルリフォームに入っており、まだ入居できる正式な日にちが決まっていません。
決まり次第連絡をいただけることになっていますが、判明するのは早くて11月上旬~中旬頃になると言われました。
もちろん、判明したらこちらからすぐにでも、直接連絡したいくらいです。(しませんが)

こちらはあくまでも紳士的に対応しています。
必要な情報はすぐにセンターの方に連絡していますし、やるべきことはやっていると思っています。
ただ、紳士的な対応をしてやられっぱなしでバカを見たくないのです。
カギなどは向こうサイドが持っているわけですから、留守中の家はとても不用心です。
また、センターの人に引かれてしまったら、私の立場はめちゃめちゃ弱くなります。
それを心配しています。

前提条件の中に、
「3.引越代相当分などの慰謝料の支払いを求めていない」
という件がありますが、今回は大家ではなく業者側に引っ越代支払いを請求しています。
これは、今後の動きに何か関わってくるものなのでしょうか?

お礼日時:2001/10/23 15:17

法律的な知識はないのですが、すごく不安がられていると思いますので、


わたしの「意見」だけでも。

日本の法律では、「借り手に有利」に作られているので、借り手によほどの違反行為がない限り、大家の方から強制撤去させることは出来ないと思います。
センターの方から再度、退去時期について調整頂く事は出来ないのですか?

ただ、11月に入ってから、大家が毎日のように貴方の家へ押しかけることになろうかと思いますが、インターホンの電源を抜いておくとか、家の電話機の線を抜いておくとか、大家が来てもドアを開けないとか、徹底抗戦するしかないと思います。

わたしも今の大家に悩まされております・・・。貴方ほどではありませんが。
しかしどうして大家はこうも威張るのか。貸してやっているという意識が強すぎですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事、ありがとうございます。
こちらも早く出たいのはやまやまなのですが、次がないと移転はできないわけだし、困っています。
センターの方に調整はお願いしているのですが、毎日電話がかかってきているというのが、なんか申し訳なくて。
自分らが詐欺まがいの事をした事にこちらが怒ったのに「なんでこんな事で消費者センターに?」って感じで、まったく反省の色がみえません。
まるで「自分の方が被害者だ」と言わんばかりです。
しかも毎日センターに電話するなんて、なんでこういう人間に限って暇もてあましてんでしょうね?
その神経が理解できません。

とりあえず、今のところセンターを通じてしか何も言ってこないので助かっているのですが、もしこちらに嫌がらせ等あった場合は、裁判も辞さない覚悟でいます。
そのために少しでも情報が欲しいのです。
よろしくおねがいします。

お礼日時:2001/10/23 13:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q固定資産税の滞納行き着く際は? 所有不動産(賃貸物件)に対する固定資産税 年税額=360万円 家賃収

固定資産税の滞納行き着く際は?
所有不動産(賃貸物件)に対する固定資産税
年税額=360万円
家賃収入全額銀行返済
固定資産税支払不能の状態になるのは必定。
滞納し始めるとどうなりますか?
銀行の返済分の一部を固定資産税へと思いますが
法的には優先順位あるのでしょうか?

Aベストアンサー

固定資産税は、市町村の財源で重要になるため、支払いが滞ると不動産の差押えられ、強制競売されます。
そして、競売代金から優先的に回収されます。
その時の分配方法は、「滞納処分と強制執行等との手続の調整に関する法律」に基づいて行われます。

固定資産税の支払いが無理なら、銀行と相談の上、任意売却に切り替えて
少しでも高く買い取ってもらうようにしてください。

なお、銀行と相談しないと、今度は、銀行が抵当権に基づく強制執行がまっていますので・・・。

Q業者からの説明が不実告知であり不動産の売買契約を取り消したい

平成10年10月に中古にて今の家を購入しました。土地はいわゆる南ひな段になっており北側は家の2階と同じくらいの高さの道路があります。   昨年 新築を検討したところハウスメーカーの方が「当該の土地は横浜市のがけ防止条例により建築には制限があります。立て直すために別途擁壁工事が必要となるケースがあります」とのことでした。
家を購入する時に仲介した不動産業者からはそういう説明は一切なく「重要事項説明書」にも全く記載されていません。
私はこういう建て替えに制限のある物件だということが購入の時にわかっていたら当然ながら売買契約はしていません。
こういう場合に、
1.そもそも売主に対して売買契約の取り消しはできますか
2.仲介の不動産業者に対して別途必要となる擁壁工事代金の損害を請  求する事が可能でしょうか
3.その他、どういう対応ができますか

Aベストアンサー

ANo1です。

>契約の目的については、「居住する」か「転売するか」「建て替えするか」は買主の自由であり売主に対する法律的効果とは因果関係がなさそうに思えるのですが

「契約の目的が果たせない」ので解除が認められる場合とは、「損害賠償できない(どうしようもない)瑕疵」の場合をいいます。
そうでないと「相手のミスで話が違う」とか「些細な瑕疵」であっても、すぐ解除だ返品だという事になってしまいます。

その土地が宅地として全く使えないのであれば解除が認められるかと思います。

よう壁を整備する事によって使い物になるなら、認められるのは損害賠償になるでしょう。という事です。

また業者の重説の義務違反が認められたとしても「100%業者に落ち度があった」にはならないと思います。
「がけ条例」は業者しか知りえない事柄ではなく、一般に公布されてますから「がけ」に面した土地を買う買主にも、それに対する不注意があったとされる可能性があるからです。
なので損害賠償額を減額される可能性があると考え回答いたしました。

Q不動産取得税、固定資産税について質問です。

不動産取得税、固定資産税について質問です。

今度2000万円くらいで一戸建て(木造2階40坪くらい)を
建てようと考えてます。
このとき、建てたら不動産取得税(都道府県税)、その翌年
から固定資産税がきますが、

1.不動産取得税は上記の例でどれくらいになるのか?
2.固定資産税のもととなる評価額は上記の例でどれくらいに
  なるのか?

ざっとでいいので誰か教えてください!

Aベストアンサー

ざっとでよければ、

1. 新築特例が適用されれば恐らく0円。
2. 1,000万円前後~弱。

ではないでしょうか。

Q大家の告知義務

2階立てアパートに住んでいます。   最近隣の空き地に数件の家が建ち始めました。
同じ2階立てらしいのですが、それらが立つと、このアパートの日当たり、日照時間等とても影響します。

建築会社は近隣対策等を行うはずですが、タオルがポストに入れてあるだけでした。

大家は賃借人に対して説明義務等は無いのでしょうか?

また、工事がとてもうるさくて困っています。 5時過ぎても続けているときでも、苦情を言うことはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

あなたの不満を一つずつ、法律などで解釈しなければなりません。

大家が建築主などでなければ、大家は説明義務は無いでしょう。あるとすれば、建築主や建築会社にあるでしょう。

日商の問題については、法令で基準が定められており、多くの場合建築確認申請などで確認することになります。したがって、建築が始まったということであれば、違法建築で無い限り、事前申請で問題が無かったのでしょう。

音については詳しくはありませんが、建築会社は法律により建設業の許可を受けているのではないですかね。許可業者であれば、基本的に法律を守っていることでしょう。守っていなければ業者などを訴え出ましょう。夜遅くなどまで行っているのであれば、業者に匿名で電話しても良いのではないですかね。

私は公共事業の工事のために、振動と音に悩まされたことがありました。その際には、工事業者へ何度も連絡しました。それでも改善されなかったため、インターネットで公共事業の発注役所を見つけ、依頼主である役所へ苦情を出しましたね。結果、機械を小規模なもので時間をかけ、工事期間を延長させたりなどで対応してもらいましたね。
この際の挨拶は何も無かったですし、匿名のため呼びもしませんでした。

工事業者にあなたの不満をぶつけ、法令違反などがあれば直すかもしれませんし、多少の説明が受けられると思います。納得いかなければ、工事のたて看板などで依頼主などがわかるでしょうから、そちらに苦情を言いましょう。依頼主や依頼主の関係者が住むのであれば、無視することで住みづらくなります。さらに商売をしようとすれば近隣の客が減るかもしれませんし、自治会などでの円満な行動が出来なくなりますからね。

あなたの不満を一つずつ、法律などで解釈しなければなりません。

大家が建築主などでなければ、大家は説明義務は無いでしょう。あるとすれば、建築主や建築会社にあるでしょう。

日商の問題については、法令で基準が定められており、多くの場合建築確認申請などで確認することになります。したがって、建築が始まったということであれば、違法建築で無い限り、事前申請で問題が無かったのでしょう。

音については詳しくはありませんが、建築会社は法律により建設業の許可を受けているのではないですかね。許可...続きを読む

Q不動産所得の租税公課の固定資産税の計算が複雑

青色申告ですが。

不動産収入申告で租税公課の「固定資産税」の計算ですが、固定資産税の年間の支払は4回で1回目は前年度の第4期分になりますよね。

1回目が前年度の第4期分、あと今年度の1期分、2期分、3期分で終わりです。

払った固定資産税が全部不動産所得用なら問題ないのですが、不動産所得用分を割り出さなければなりません。

このように、前年度分と今年度分の合計から、今年度申告する不動産所得分の固定資産税を割り出すには、大変細かい計算になってややこしいのですが、

きちんと計算しなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

>1回目が前年度の第4期分、あと今年度の1期分、2期分、3期分で…

それは、
「前年度 4期 + 当年度 1期~3期」
を今年の申告対象にしても、
「当年度 1期~4期」
としても、どちらでもかまいません。

特に、複式簿記で記帳しているなら、当年度 4期分が年末にはまだ払っていなくても、「未払金」として租税公課に計上してしまってかまいません。

ただし、毎年同じように繰り返すことが必要で、今年は都合 3期分、来年は計 5期分なんてのはだめです。

『手引き』の 3ページです。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2012/pdf/36.pdf

>払った固定資産税が全部不動産所得用なら問題ないのですが…

非事業用部分はきちんと抜き出さないといけません。

Q大家が借り主(退去)の荷物処分可能?

知り合いのおばあさんが困っています。知恵を貸して下さい。
状況は以下のとおりです。
  ・ 契約書を交わさず、部屋を貸していましたが、家賃滞納し、その上、がらくたと言えるような
   荷物を残して出て行った。
  ・ 現在の住居地に行ったが留守で面会できていない。
  ・ 上記の場所に住んでいるのは確実。
こんな場合、法律上、大家が荷物を処分する権限はあるのでしょうか?

例えばマンションに放置している自転車をしばらく張り紙などした後、管理者が処分したりしますよね。

Aベストアンサー

部屋の中の荷物と放置自転車では話がまったく違ってきます。

放置自転車であれば、自転車泥棒がどこかから盗んできて自転車置き場に置いていったものかもしれませんし、あるいは退去した住人が残していったものかもしれません。
張り紙をしてとりあえず一定期間の間に申し出がなければ処分してしまっても、そもそもそこに何があったのかの証明は難しいですし、万が一自転車を勝手に処分したのが大家の責任であると証明できたとしても、賠償金額はたかが知れてます。

ところが賃貸借契約のある部屋の中の荷物は確実に賃借人の所有物です。そしてそれに勝手に手をつけることのできるのは大家以外にありません。
ということは部屋の中の家財道具一式処分してしまえば、まず確実に大家の仕業であるということになります。
実際には存在したかどうかわからないような貴金属や有価証券を処分されてしまったと難癖をつけられることもあります。
もし裁判を起こされて負けるようなことがあれば何百万円の損失をさらに蒙ることになります。

なのでそういう場合は、なんとしてでも賃借人と連絡をとって、滞納賃料はチャラにする、荷物の処分費用もこちらでもつから、室内の荷物を処分することに同意してくれといって、念書を用意して署名捺印させます。
滞納している賃借人としてもそこまで言えば、まず署名捺印します。
そういう申し出を書いて現住所のポスト入れておいてください。

これでも大家としてはかなりの痛手になりますが、まともに裁判を起こして強制執行が終了するのを待っていたら解決までにさらに1年近くかかってしまいます。
そして裁判に勝っても、お金のない人からはお金は回収できません。
念書で話が済むのなら、新たな出費は荷物の処分費用だけですみます。滞納家賃はあきらめてください。

部屋の中の荷物と放置自転車では話がまったく違ってきます。

放置自転車であれば、自転車泥棒がどこかから盗んできて自転車置き場に置いていったものかもしれませんし、あるいは退去した住人が残していったものかもしれません。
張り紙をしてとりあえず一定期間の間に申し出がなければ処分してしまっても、そもそもそこに何があったのかの証明は難しいですし、万が一自転車を勝手に処分したのが大家の責任であると証明できたとしても、賠償金額はたかが知れてます。

ところが賃貸借契約のある部屋の中の荷物は確...続きを読む

Q不動産の相続と固定資産税

被相続人の不動産の相続人が決まるまでは、固定資産税は誰か代表者が支払うことになると思いますが、遺産分割協議後、固定資産税を支払っていた人と違う相続人がその不動産を相続することになった場合、これまで代表者が支払ってきた固定資産税は、新たな不動産の相続人に請求できるのでしょうか?
もしできるなら遺産分割協議書にその旨を記載したほうがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

市町村では、誰が相続人となったかわからない場合は、法定相続人の1人を代表と決めつけて全額納税通知します。
その者が全額支払っていて、後で、他の者に決まったとしても、遡って所有権がなかったとは云えないので、それまで支払った金額は法定相続として、その持分比率で分け合って支払うことになります。
仮に、遡って効力を持たせるならば、協議書で明らかにすべきで、立て替えて支払った分は、新しく決まった者から貰います。
以上で「これまで代表者が支払ってきた固定資産税は、新たな不動産の相続人に請求できるのでしょうか?」は、それは協議で決めます。
決まらないならば、決まるまでの間は法定相続とします。

Q大家の都合による契約期間中の退去の敷金は?

過去に重複した質問があったらすみません。
去年の暮れに前に住んでいた家の不動産屋が、大家がここ(借りていた家)の土地を売りたいので引越しの準備をして欲しいと連絡がありました。
大家は事業を営んでおり昨今の不景気により事業資金が苦しいので、更地にしてできるだけ早く売りたいとの話も不動産屋より聞きました。
契約期間は来年(H.16年)4月迄残っていました。
別件で司法書士に相談した際にこの事を話したら、契約期間中なので退去する必要はないと言われました。
幸い不動産屋もいざこざが起きないよういろんな方法で退去しなくてもいい方法を模索してはくれていましたが、万策尽き、先月退去→引越しをしました。
更地にするのなら家のリフォーム等は自分で出来る範囲で良い事を不動産屋に確認し、自分で出来るだけ綺麗にして明渡しました。
その際大家の立会いはありませんでした。
不動産屋に再三、敷金はどうなったかの電話をして、わかったことですが、賃貸契約していた不動産屋のほかに大家が別の不動産屋に土地を売る依頼をしていました。
しかし、敷金返還の連絡が未だに来ていません。
説明が長くなりましたが、ポイントを挙げると、
(1)契約期間中に関わらず大家の都合で土地を売りに出したいので退去せざるをえなかった。
(2)更地にして売るのでリフォームは自分で出来る範囲で、借りたときに近い状態で明渡した。
(3)まだ、住んでいるのにも関わらず賃貸契約していた不動産屋とは別の不動産屋に売りの依頼をしていた。
質問の内容は
一、大家の都合で退去したので敷金は満額返還されるのか?
二、そのような場合引越し費用等も請求できるのか?
です。
要点がうまく伝わらないかもしれませんが、お教え願います。

過去に重複した質問があったらすみません。
去年の暮れに前に住んでいた家の不動産屋が、大家がここ(借りていた家)の土地を売りたいので引越しの準備をして欲しいと連絡がありました。
大家は事業を営んでおり昨今の不景気により事業資金が苦しいので、更地にしてできるだけ早く売りたいとの話も不動産屋より聞きました。
契約期間は来年(H.16年)4月迄残っていました。
別件で司法書士に相談した際にこの事を話したら、契約期間中なので退去する必要はないと言われました。
幸い不動産屋もいざこざが起き...続きを読む

Aベストアンサー

確か、借地借家法には貸主からの解約は6ヶ月前の通知により申し出ることができたと思います。契約書になければこの法律が適用されるでしょう。
もちろん借主は拒否することもできますし、退去に関する条件交渉(敷金全額返還・引越し代・立退き料の請求)もできます。条件交渉は多くの場合認められますが、まったく条件を提示せず退去した場合は、その貸主と締結していた契約にのみ縛られると思います。
壊す建物でも原状回復や損害賠償(善良なる管理義務違反があった場合)はしなければならないたてまえです。退去してからいいだすのは、後出しジャンケンのようなもので、「大家の都合による退去」を理由には貸主には認められにくいでしょう。(細かい事情如何では損害賠償請求が認められる可能性はあると思いますが)
しかし、だからといって敷金清算をしなくていいわけではありませんので、契約上満額返還が妥当と思われるのであれば遠慮なく請求すべきです。

Q売り出し中の不動産に固定資産税はかかりますか

相続で不動産を譲り受けました。
余分な不動産は売却したいと思っていますが、直ぐには売れるとは思いません。
売り出し中の不動産も固定資産税は支払わなくてはならないのでしょうか。
また固定資産税を払わなくても済む方法はありますでしょうか

Aベストアンサー

余分な不動産を早く売り払って、買主と固定資産税を保有期間に応じた按分割りにすることですね。

Q賃貸マンションの大家です。3ヶ月の家賃滞納で退去通知はできますか。

賃貸マンションの大家です。3ヶ月の家賃滞納で退去通知はできますか。
もし、裁判になったら、訴額は固定資産額が基本になるようですが、どういう計算になるのですか。
10部屋と1テナントがあるマンションです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>もう1つ、知りたいこととして、3ヶ月の未納家賃はお教え頂いた計算式の額に上乗せすればいいのでしょうか。

 建物の明渡請求と賃料の支払請求を併合して訴える場合は、賃料の支払請求は建物の明渡請求の附帯請求になるので、上乗せする必要はありません。

>また、訴状提出時から結審~強制退去までの家賃についてはどうなるのでしょうか。

 建物の明渡請求なのですから、その前提として建物賃貸借契約は解除によって終了していなければなりません。解除によって契約が終了している以上、解除後の「家賃」を請求することはできません。しかしながら、賃借人は建物の明渡義務がありますから、解除の効力が生じる日の翌日から建物の明渡済まで、建物明渡義務の債務不履行による損害賠償請求として、賃料相当額(契約で明渡義務の不履行の場合の損害金を定めていた場合はその額)を請求することができます。これも附帯請求なので訴額に合算する必要はありません。

民事訴訟法
(併合請求の場合の価額の算定)
第九条  一の訴えで数個の請求をする場合には、その価額を合算したものを訴訟の目的の価額とする。ただし、その訴えで主張する利益が各請求について共通である場合におけるその各請求については、この限りでない。
2  果実、損害賠償、違約金又は費用の請求が訴訟の附帯の目的であるときは、その価額は、訴訟の目的の価額に算入しない。

>もう1つ、知りたいこととして、3ヶ月の未納家賃はお教え頂いた計算式の額に上乗せすればいいのでしょうか。

 建物の明渡請求と賃料の支払請求を併合して訴える場合は、賃料の支払請求は建物の明渡請求の附帯請求になるので、上乗せする必要はありません。

>また、訴状提出時から結審~強制退去までの家賃についてはどうなるのでしょうか。

 建物の明渡請求なのですから、その前提として建物賃貸借契約は解除によって終了していなければなりません。解除によって契約が終了している以上、解除後の「家賃」...続きを読む


人気Q&Aランキング