私はミミズと土壌の関係について調べたいと思っています。土の中にミミズを何ヶ月か飼って、前後の土の成分変化を調べる実験をしたいのですが、実験に使うミミズはどういう種類のものがいいのでしょうか。

A 回答 (1件)

実験・研究に関することなので、関係者ということで


日本に分布するミミズ類はフトミミズ・シマミミズ・ヒメミミズ・ジュズイミミズ・ナガミミズなどですが、最も一般的なのはフトミミズでしょうネ。
採集しやすいのはフトミミズ、或いは、釣り餌として売られているシマミミズ(ツリミミズ)でしょうか。

コンポストようにはシマミミズなどがよく用いられていますが、ミミズの種類によって、土壌への効果が異なることが予想されます。
私ならば、各種ミミズで比較検討しますが‥
大学機関、理学部生物学科、或いは農学部あたりで、入手されれば、学名や系統の明らかなミミズを使っての研究ができる筈です。
頑張ってくださいネ。
以上Kawakawaでした
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタミフルのラットを用いた実験について調べているのですが、実験で投与され

タミフルのラットを用いた実験について調べているのですが、実験で投与されるタミフルの濃度(量?)が何を示すものなのか解りません・・・。

例えば投与したタミフルが25mg/kgであれば、これは体重1kgに対して25g投与する、ということなのでしょうか?それとも投与する薬1kgに対して25mgのオセルタミビルが含まれているということなのでしょうか?

Aベストアンサー

「体重1kgに対して25mg投与する」で正解です.

Qカブトムシの土に、小さな白いミミズのようなモノが

カブトムシの土に、小さな白いミミズのようなモノが入っていたようです。
前からあった土の上に、足したのですが
どうやら、購入したばかりのカブトムシの土に混入していたようです。
カブトムシにとって、害になるものなのか、無害なのか気になります。
他にも、小さな(本に付くような虫)みたいなものも入っていたみたいで、土の上でゴソゴソしてます。
早急に取り替えるべきでしょうか??
そのままでも大丈夫でしょうか??
困ってます。

Aベストアンサー

コバエの幼虫ですネ。多分良く見れば分かると思いますが既に土全体に居ると思います。3~5日位で成虫になるので今後はコバエが大発生すると思います。購入したばかりの土って何が居るか分からないのでブリーダーが使う時でも500gつづの小袋に詰め替えて電子レンジで10~20分位熱消毒をするのです。購入してそのまま土を入れ替えて発生したのだとすると他にも色々な虫が居る可能性があります。成虫にはそれほど問題は無いのですが卵を産んだりした場合はコバエの幼虫のエサになります。後、熱消毒をしていないのでダニの発生も気になりますネ。ダニは成虫に寄生して弱らせるので要注意です。成虫をつまみあげて腹側や足を確認して下さい。ダニが着いているようであればその土は使わない方が良いでしょう。成虫に着いたダニは流水で洗いながらブラシやピンセットで取ってあげて下さい。

Q【NO!動物実験】「NO!動物実験」をどう思いますか? LUSHのNO!動物実験運動のことだと思いま

【NO!動物実験】「NO!動物実験」をどう思いますか?

LUSHのNO!動物実験運動のことだと思いますが、

医療の発達は動物実験なくしては無理ですよね?

皮膚の炎症を抑える治療法や治療薬は猿の遺伝子操作して意図的に皮膚炎になった猿を人口的に作り出しその猿で治療法、治療薬を作ってきた。

もし動物実験がダメなことと言うなら自分が皮膚炎に掛かったときに、これ動物実験できなくなったから試してないけど塗っていい?と言われたら人間が実験台になる人間実験の時代になるわけですよね?

動物実験と人間実験。

動物愛護の人は人間より動物を優先するのでしょうか?

人間実験始めますって言ったらどうするおつもりですか?

よかった。動物実験がなくなって動物愛護法ができて良かった。

でも人間の実験を人間で行う人体実験は人権侵害、人間保護の精神は動物愛護の人にはないのでしょうか?

人間と動物どちらかで実験しないといけないと言われたら動物を差し出しますよ。私は。

動物愛護の人はあなた、動物、他人がいたら他人を実験台に差し出すってことですよね。

怖すぎます。

NO!動物実験にNO!です。

【NO!動物実験】「NO!動物実験」をどう思いますか?

LUSHのNO!動物実験運動のことだと思いますが、

医療の発達は動物実験なくしては無理ですよね?

皮膚の炎症を抑える治療法や治療薬は猿の遺伝子操作して意図的に皮膚炎になった猿を人口的に作り出しその猿で治療法、治療薬を作ってきた。

もし動物実験がダメなことと言うなら自分が皮膚炎に掛かったときに、これ動物実験できなくなったから試してないけど塗っていい?と言われたら人間が実験台になる人間実験の時代になるわけですよね?

動物実験と人間実験...続きを読む

Aベストアンサー

詳しいことを読んでないですよね?
今まで化粧品をうさぎの目に垂らすという実験が行われていたのですが、それは人間の肌に有害かどうかを裏付ける物ではないとの科学的結果が出たのです。
だから、無駄に動物をいためつける実験はやめようと言っています。
例えば新薬のマウス実験をやめようとは言っていないです。

Q食品の成分(ガスクロマトグラフィーの実験について)

学校で実験のレポートを書かないといけないのですが、ちょっと壁にぶつかってます。。
ガスクロでサンプル中の飽和脂肪酸の種類と分量を調べる実験をしました。
肝臓中の飽和脂肪酸の種類と分量まで乗ってるサイトがあるって聞いたんですが、どこのことかわかりますか?検索しても、脂肪酸の細かい種類まで乗ってるサイトが見つかりません。。
あるいは、化合物中の炭素数などから脂肪酸の種類を特定できるようなページはありませんか?

Aベストアンサー

C16, C18 飽和の和名で検索すれは楽にヒットしますが

Q問題 植物の光合成と呼吸について調べるために次のような実験を行いました。これについて下の各問に答えなさい。

ある高校の入試問題です。
問題 植物の光合成と呼吸について調べるために次のような実験を行いました。これについて下の各問に答えなさい。(計算が割り切れない場合は、小数第一位を四捨五入して、整数で答えなさい。)
<実験>ビーカーに水とBTB溶液を入れて、ストローで息を吹き込んでBTB溶液の色を緑色にした。オオカナダモを試験管に入れ、その試験管内に緑色にしたBTB溶液を入れて試験管内に空気が残らないように口に栓をして密閉した。さらにそれと同様に試験管を多数用意した。(試験管に入れるオオカナダモは、大きさや質量が同じものを使った。)
 強い光と弱い光をさまざまな長さの時間照射したところ、BTB溶液の色が変化した。その後、暗黒下においてBTB溶液の色が緑色に戻るまでの時間を測定した。その結果を下の表にまとめた。
 ただし、暗黒下に置いた後にBTB溶液の色を確認するときは、ごく短時間でできるだけオオカナダモに光が当たらないように行ったので、その間の光合成については考える必要は無い。また、実験を通して温度は常に一定に保ちながら行い、1分間あたりの呼吸量は常に一定だったものとする。(この実験では、緑色に戻るまでの時間を厳密に測定するため、オオカナダモを入れずに緑色のBTB溶液のみを入れて密閉したものを別に一本用意し、その試験管の緑色を基準として行った。)
[表](画像として添付もしてみます.)
強い光を照射した時間(分)  5  10  15  20  30  40
暗黒下においてからBTB溶液 27  54  81  105 111  111
が緑色になるまでの時間(分)

弱い光を照射した時間(分)  5  10  15  20  30  40
暗黒下においてからBTB溶液  3  6  9  12  18  24
が緑色になるまでの時間(分)

問5 強い光のときに1分間で行っている光合成量の最大値は、弱い光のときに1分間で行っている光合成量の最大値の何倍ですか。ただし、オオカナダモ自身が呼吸で使ってしまった分も光合成を行ったものとみなし、光合成量に含めます。

という問題で、模範解答は、

1分間の光合成量の最大値を、強い光のときをs、弱い光のときをwとする。1分間の呼吸量をrとすると、5s-5r=27r 5w-5r=3r
よって、s=32/5×r w=8/5×rより 強い光のときは弱い光のときの4倍。となっています。

 一見計算式はまともなように見えます。ただしこれでは、なぜ設問(問5の文中)で、光合成量の『最大値』と言っているのかに答えていません。そもそも私は、なぜ 光合成量の『最大値』という言い方をするのか、納得できません。この表を見ただけでは、オオカナダモが、それぞれの条件の下で本当に最大限光合成を行ったかどうかなんて、わからないからです。なぜ、模範解答は、表の数値を、光合成を最大限行った結果であるということを前提に計算しているのでしょう。お解かりの方、どうぞよろしくお願いいたします。

ある高校の入試問題です。
問題 植物の光合成と呼吸について調べるために次のような実験を行いました。これについて下の各問に答えなさい。(計算が割り切れない場合は、小数第一位を四捨五入して、整数で答えなさい。)
<実験>ビーカーに水とBTB溶液を入れて、ストローで息を吹き込んでBTB溶液の色を緑色にした。オオカナダモを試験管に入れ、その試験管内に緑色にしたBTB溶液を入れて試験管内に空気が残らないように口に栓をして密閉した。さらにそれと同様に試験管を多数用意した。(試験管に入れるオオカナ...続きを読む

Aベストアンサー

このような設問の場合には、「生物としての能力」の最大値ととるよりも、「実験条件下」での最大値を意味すると思います。

同じ実験(強い光の実験)データの中で「1分間あたりの光合成量」が変化していることから、そのような意図であることが判ります。この変化は、光合成能力そのものの低下のためなのか、二酸化炭素といった材料の枯渇によるものなのかは判りません。いずれにしても、その光合成速度が低下している時は除いて(=ある条件下で最大の光合成を行っている時間帯に限って)考えて欲しいということではないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報