質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

赤橙色と橙赤色は同じ色なんでしょうか?

それとも違う色なんでしょうか??
違う色ならば、それぞれどういう色なのか教えてください!

よろしくお願いします(-人-;)

A 回答 (1件)

色の表現というのは、なかなかの難題で人によって異なったイメージを持ってしまうこともあります。


一応、日本語としての慣例のようなものから判断しますと、「赤橙色」というのは、赤っぽい橙色ということになります。すなわち、あくまで橙色が基本になります。それに対して「橙赤色」というのは橙色がかった赤色ということになります。
すなわち、「赤橙色」の方が橙色っぽくて、「橙赤色」の方が赤っぽいということになるでしょう。
ただし、同じ色を見たとしても、全員が同じような感じ方をするわけではないでしょうから、目安にしかならないかもしれません。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤橙色の読み方しりませんか?

これはあかだいだい色と読むのでしょうか?
どなたかお知恵をお貸しください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「せきとうしょく」ではないでしょうか。

Q有機化合物の融点・沸点についての考え方や覚えること

センター試験では、融点・沸点について出ることがありますが、何か覚えないといけない融点・沸点の数字はありますか?
数字以外にも、○○と△△ではどちらの沸点が低いかなどの問題に対応できるような考え方があれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

絶対に覚える必要があるのは水の融点0℃、沸点100℃だけです。
そのほかの沸点、融点の大小は以下のようなことから判断します。

(センター試験向けには1、3だけでOKの気がします。)
1.水素結合(※)がある方が沸点、融点が高い。
2.分子に極性(※※)がある方が沸点、融点が高い。
3.分子量が大きい方が沸点、融点が高い。
4.表面積が大きい方が沸点、融点が高い。
(形が球に近づくと表面積が減るので、沸点、融点が低い。)

※-OH、-NH、HFがある場合。
※※分子の対称性が低い場合。

ただし、融点の場合は、固体になったときに上手く分子が詰まるかどうかも問題になってきますので、沸点に比べると規則的では無くなることが多くなります。
(上手く分子が詰まる方が融点が高い。)
また、カルボン酸などでは2分子が会合して、あたかも分子量が2倍の分子のように振舞う(その代わり、水素結合の影響が小さくなる)というような現象も出てきます。

Q色の読み方。

化学で出てくる、

深青色、深赤色、
橙赤色、
淡緑色、淡赤色、
暗赤色、暗褐色、
青白色、緑白色、
血赤色
濃青色

………


これらの色の読み方をひらがなかカタカナで教えてください。

また、これ以外にも、読みにくそうな色があれば、教えてくれるとありがたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

深青色 しんせいしょく
深赤色 しんせきしょく
橙赤色 とうせきしょく
淡緑色 たんりょくしょく
淡赤色 たんせきしょく
暗赤色 あんせきしょく
暗褐色 あんかっしょく
青白色 せいはくしょく
緑白色 りょくはくしょく
血赤色 (おそらく)けっせきしょく
濃青色 のうせいしょく

>また、これ以外にも、読みにくそうな色があれば、教えてくれるとありがたいです。

青緑色 せいりょくしょく あるいは あおみどりいろ
赤紫色 せきししょく あるいは あかむらさきいろ
紫金色 しきんしょく
赤銅色 しゃくどういろ


人気Q&Aランキング