現在のJリーグの移籍についての良い所、悪い所(悪い例として、現在の制度は個人の移籍の意思より、所属クラブの意思が優先している傾向があるなど)をどんなこと(クラブ・選手・その他のこと)でもいいので、できたら理由を付けて教えてください。
また海外についての移籍についてご存知の方はその良い所、悪い所を教えてください。
少し質問が漠然としていると思いますが、客観的な移籍についての意見を求めているので本当に何でもいいのでお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 海外への移籍についてですが、日本のようなサッカー後進国から、若い選手がイタリアやイングランドなどのレベルの高いクラブチームへ移籍する事は、本人や今後の日本サッカーの将来のためにも非常によいことだと思います。

サッカーのさまざまな事をいっぱい吸収して、大きく成長することでしょう。
 しかし、選手を受け入れる海外のチームとには問題があります。
 他国から有力な選手を受け入れることにより、自国の若い選手の活躍の場がなくなることにより、若手の成長が止まってしまい、結果的に自国代表の世代交代がうまく進まない可能性があるからです。
 確かに、たいていのクラブにはユースチームや2軍のチームはありますが、当然、トップチームとはレベルが違います。
 移籍の理由としてはさまざまなものがあります。
 ・チームの方向性や首脳陣と合わない。
 ・そのチームからの熱烈なラブコールがあった。
 ・チームとの契約が切れた。
 ・自分の妻や家族の事情による。
 ・以前からそのチームに興味があった。(行きたかった)
 そして、最近多いのは、
 ・クラブの財政状況が悪化したため、チームの有力選手を売却し移籍金を得る。
 チームのためにはしかたないとは思いますが、できればこれは避けてもらいたいと思っています。
    • good
    • 0

 ヨーロッパの海外のクラブの中には(特に地方のクラブに多いらしい)、


将来性のある若手をビッククラブに売却することにより、
クラブチームの運営資金としているところもあるそうです。
(本を読んでの受け売りですが)
 地元のサポータは、将来性のある若者が出世した結果と
受け止めているらしく、悪いイメージはないようです。
 少し違いますが、中田ひでとし選手がペルージャからローマに移籍した時も
そんな感じでペルージャサポータは受け止めていた気がします。
    • good
    • 0

「レンタル移籍」って意味ないからやめたほうがいいと思います。


移籍するなら完全移籍のほうがいいと思います。
レンタル移籍した先で、
もし活躍したら、そのチームに残しておきたいし、元のチームもほしがる。
ダメだったら、そのチームではいらないし、元のチームでもいらない。
どっちにしても、「戻れる」ということに、なんの利点もないです。
選手も、お互いのチームも。
だからやめたほうが良いです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q息子は小学6年のサッカー少年です。現在クラブチームに所属してますが来年から別のチームでサッカーがした

息子は小学6年のサッカー少年です。現在クラブチームに所属してますが来年から別のチームでサッカーがしたいという事でセレクションを受けているのですが、先日受けたチームから内定をいただき2日後に入会の意思を連絡しました。その後別のチームからも内定をいただいたのですが息子はこのチームに行きたいと意思が強く親として納得したのですが、最初のチームに内定辞退の連絡方法としてメールでの辞退連絡でもいいのでしょうか?辞退理由も別のチームに内定しているからだと失礼かと思ってます?皆様アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

えーと、そのチームからの連絡はメールですか?
違うんじゃないですか?

入会の意思を伝えたのはメールでですか?

相手と普段からメールで連絡してくるならメールで返しても良いのかも知れませんけどね

理由も見え透いたウソだとすぐにばれてしまいますけど、いいのでしょうか?
同じ競技を同じような地域でやっていれば、そのチームの関係者と今後も顔を合わせるのではないですか?
なら、礼儀を省略してあとで気まずい思いするよりも、今、礼を尽くした方が良いんじゃないですか?

Q欧州クラブなどの移籍について

ちょっときになってのでサッカーに詳しい方に質問です
移籍ってクラブの契約年数が終了したときしか移籍できないんですか?それとも5年契約で3年めとかでも移籍できるんでしょうか?

Aベストアンサー

基本的に契約期間中でも移籍先のクラブが、その選手の所属しているクラブに(クラブが納得できる)移籍金さえ払えば移籍はできます。
今の時代契約年数はあってないようなものです。
実際、メジャーな選手の場合契約年数が終了しての移籍は少ないと思います。
よく「○○選手が移籍金○○億円で移籍しました。」なんていうニュースを聞くと思うのですが、移籍金とは契約破棄による違約金のようなものだと考えてください。
クラブ側とすれば、契約期間中に選手を放出すれば移籍金が入るので、契約が満了して無料で放出するよりいいと考えるのです。今ではその移籍金が選手の値段と化しています。例えばベッカム選手は60億円だとか、中村選手は20億円に上がっただとか。

~移籍金にまつわるクラブの思惑について~
中田選手を例に取ると、ペルージャと確か3年~5年契約だったと思うのですが、1年半で移籍金約20億円でローマに移籍しました。ローマでも3年~5年の契約をしたと思うのですが、2年で移籍金約30億円でパルマに移籍しました。
今、中田選手放出かと騒がれていますよね。パルマ側とすれば30億円で獲ったのだから、放出するなら移籍金を30億円払ってくれるクラブじゃないとだめだとなるわけです。損することになりますからね。なので、中田選手を獲りたいと思うクラブがあったとしても移籍金がネックになって断念するクラブが多いと思います。ちなみに、中田選手がパルマに移籍したときは、バブル期でかなり移籍金が高騰していました。しかし、今ではバブルがはじけて、中田選手は20億円ぐらいなようです。

多少の語弊があるかもしれませんがこんな感じだと思います。

基本的に契約期間中でも移籍先のクラブが、その選手の所属しているクラブに(クラブが納得できる)移籍金さえ払えば移籍はできます。
今の時代契約年数はあってないようなものです。
実際、メジャーな選手の場合契約年数が終了しての移籍は少ないと思います。
よく「○○選手が移籍金○○億円で移籍しました。」なんていうニュースを聞くと思うのですが、移籍金とは契約破棄による違約金のようなものだと考えてください。
クラブ側とすれば、契約期間中に選手を放出すれば移籍金が入るので、契約が満了して無料で放...続きを読む

Q【J1】補強・移籍の成功のクラブチーム

いつも大変お世話になっております。

今年のJリーグ、補強・移籍もほぼ終わり、開幕へ向けてキャンプに入りました。(入ってないところも?)
さて、今年の補強成功したと思われるクラブ・ベスト3はどこだと思いますか?
また理由などありましたら、そちらもお願いします。

読んで頂きありがとうございます。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

サッカー好きです


1位:柏

何と言ってもFWのクレオ。
レアンドロ、ワグネルを見て分かるようにこのクラブは外国人の獲得で外れが少ないのですが、恐らく実績ではJリーグ所属の外国人の中でも屈指のFWです。
CL、ヨーロッパLでバリバリやってた選手で、中国のクラブにいたのでアジアも理解している。

額面通りに活躍すれば実に驚異ですね。他のクラブにとっては。

また、それ以外でも狩野、谷口の両アタッカーの獲得もさることながら、先のロンドン五輪で急成長したCBの鈴木を獲得する事が出来たのは上出来。

監督の手腕に疑いの余地がなく、補強もバランス良く、元々所属している選手のクォリティも高い。
個人的には優勝候補筆頭かと。

2位:浦和

興梠、関口、森脇と代表クラスをライバルクラブから獲得したのは大成功。
特に来シーズンはACLも戦わねばなりませんので、選手層は厚ければ厚いほどよい。

あとは特殊な「ミシャ戦術」に馴染むかどうかですが、森脇は広島の選手ですしたから全く問題なし。
関口にしてもプレースタイル的には違和感なくこなせるでしょう。

また、地味ですが守備のマルチプレーヤーである那須の獲得も大きいですね。

それと「大学NO.1FW」の呼び声高い明大の阪野の入団も心強い。
ルーキーにいきなり重荷を背負わせるわけにはいきませんが、「強さ」「上手さ」「高さ」を備え、元々浦和ユース出身で原口、山田直らと高円宮杯を圧倒的な強さで制した「黄金世代」の選手。

今まで浦和に欠けてた「1トップ」を任せられる素材で、ハマればいきなりのブレイクもあるかと。

3位:鹿島

昨シーズンJ2を圧倒的な成績で優勝した甲府の得点源であり、J1での実績もあるダヴィを獲得したのは「得点力不足」に悩む鹿島にとって一番の補強成功。

また、「家庭の事情」で神戸に移籍した野沢を再獲得できたことで「フリーキック」「パスのちらし」を任せられるのは大きい。
そして京都で「次世代の代表」の呼び声高かった中村を獲得し、柴崎、大迫、山村ら「若手」へ長い間クラブの屋台骨を支えてきた「79年組」からの世代交代がスムーズにいけば、そこは「Jリーグ随一の勝負強さ」を誇るクラブですから、いきなり優勝しても不思議ではありません。

こんな感じですかね。

サッカー好きです


1位:柏

何と言ってもFWのクレオ。
レアンドロ、ワグネルを見て分かるようにこのクラブは外国人の獲得で外れが少ないのですが、恐らく実績ではJリーグ所属の外国人の中でも屈指のFWです。
CL、ヨーロッパLでバリバリやってた選手で、中国のクラブにいたのでアジアも理解している。

額面通りに活躍すれば実に驚異ですね。他のクラブにとっては。

また、それ以外でも狩野、谷口の両アタッカーの獲得もさることながら、先のロンドン五輪で急成長したCBの鈴木を獲得する事が出来たのは上出来。
...続きを読む

QJりーグのクラブはなんで海外に選手をたやすく移籍させるの?

 Jリーグのクラブはなんで海外に選手をたやすく移籍させるの?。

 レンタル移籍はしょっちゅうですよね?。
 

Aベストアンサー

Jリーグが掲げる「百年構想」をご存知ですか。

今でこそ、サッカーは野球を凌ごうかと言うくらい人気のあるプロスポーツになりましたが、
ほんの10数年前まで、日本にプロサッカー選手は存在しませんでした。
「日本人初のプロ選手」となったのは、奥寺康彦氏で、
1977年、プロになるべく単身ドイツに渡り、9年間ブンデスリーガでプレーをしました。
彼は帰国後、古河電工とプロ契約し「国内初のプロ選手」にもなっています。
日本にプロリーグが誕生するには、さらにこれより数年の年月が要され、1993年にようやくJリーグが発足しました。

このJリーグ発足に際して「Jリーグ百年構想」という理念が立てられています。
百年という長い物差しでサッカーをとらえ、目先の利益よりもサッカー文化の定着を優先する理念です。
Jリーグの歩みを見ると、常にこの物差しが有効に運営されていることが分かります。
サッカーを愛する人たちがプロリーグ発足に向けて、実に長い年月と努力を要したことが、
この志の高さを生んでいるのだろうと、個人的に考えています。

この理念の上に各クラブチームは成り立ちますから、
今、実力ある選手たちを海外移籍させることが、たとえクラブのマイナスになっても、
日本のサッカーの発展においては避けて通れない通過点だという共通認識が
どのクラブチームにもあると言えるでしょう。
ですから、ご質問のように「たやすく海外移籍させる」土壌があるように見えるのだと思われます。

また、レンタル移籍は日本人選手や日本のクラブチームにとっては、本来、不本意なものですが、
海外のクラブチームが高い移籍料を出し惜しんで「レンタル」という形にしているのが現実だと思われます。

Jリーグ百年構想については下記のサイトに詳細が記載されています。
よろしければ、ご覧ください。

参考URL:http://www.j-league.or.jp/aboutj/rinen/kousou.html

Jリーグが掲げる「百年構想」をご存知ですか。

今でこそ、サッカーは野球を凌ごうかと言うくらい人気のあるプロスポーツになりましたが、
ほんの10数年前まで、日本にプロサッカー選手は存在しませんでした。
「日本人初のプロ選手」となったのは、奥寺康彦氏で、
1977年、プロになるべく単身ドイツに渡り、9年間ブンデスリーガでプレーをしました。
彼は帰国後、古河電工とプロ契約し「国内初のプロ選手」にもなっています。
日本にプロリーグが誕生するには、さらにこれより数年の年月が要され、1993...続きを読む

Qレンタル移籍と期限付き移籍の違い

今度戸田選手がトットナムに移籍しますね。

そのニュースを見たり聞いたりしていたんですけど、番組によってレンタル移籍って報じられたり、期限付き移籍って報じられたりしているんですけど、どちらも同じ意味なんでしょうか?

誰か詳しい方教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。「レンタル」も期限付きも同じ意味です。
「レンタル」の方が慣用的ですが。
どちらも、所有権(パス)の移動を伴わない移籍で、期限を決めて移籍するものです。
期間終了後は、所有権保有チーム(=元の所属チーム)に戻ることになります。
もちろん中途での完全移籍への移行などがない場合ですが。
参考URLの用語解説をご覧下さい。

参考URL:http://www.city.kashiwa.chiba.jp/reisoru/yougo/rei_yougo.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報