体長4センチぐらいから飼いはじめ、16年飼育しています。
16センチぐらいの草亀です。
人が近付くと首をのばし、手で餌をあげるとよく食べる人なつっこい亀です。
東京で飼育していますが、10月に入ってから餌をあげても殆ど食べなくなりました。
飼育環境は庭に60センチぐらいの衣装箱を置き、れんが3枚入れて丘を作り、水を入れて飼育しています。
昨年、初めて冬眠させずに家の中で飼育しましたが、あまり食べずに心配しましたので、今年は上手に冬眠させたいと思っています。
一昨年までは11月になると小さな水槽に枯れ葉をたくさん入れて枯れ葉で包み込むようにして、発泡スチロールの箱に入れて冬眠させていました。
「亀の冬眠の方法」で検索して、いろいろ調べましたが、冬眠させる時期、期間、させる前の注意、などきちんとわかりませんでした。
長い質問になりましたが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちわ☆私もnoname♯921さんと同じ、草ガメを飼っている者ですm(__)m


16歳ですか。まだ若いようですね!草亀は、だいたい20年~30年以上生きるんですよ!
え~っと、冬眠についての事ですが。
冬眠を始める時の目安は、気温が10度~15度になる10月下旬~11月の始め頃。その頃になると亀自信も冬眠する状態に入るため、餌を食べなくなってきます。
冬眠を始める1ヶ月ぐらい前からは、餌をあげないようにして下さい。
冬眠中、腸の中にまだ未消化の食べ物が残っていると冬眠に失敗する確立が高いからです。
「冬場、亀が餌を食べなくなった」と言って心配する買主さんは多いです。
ですが、それは亀が冬眠の準備に入った証拠。心配はいりません。
そのため、亀は夏場に多くの餌を必要とします。冬眠中、何も食べないで眠っているかめは、夏場にためておいたエネルギーで冬を越すのです。

冬眠上の注意

(1)水温を5度~10度に保つ
 10度~20度の温度が続くと、食欲はないが亀が動き回るので体力を消耗して死ぬ 事がある。0度以下になると死んでしまう。

(2)水槽の起き場所
 家の北側や日が当たらないベランダ、暖房をしていない部屋などの温度が安定し た場所に置く。
 (ちなみに私はベランダの倉庫の中に入れています。)

(3)冬眠中の水換え
 基本的には変えなくても良い。しかし汚れている時は換える。水は無くなってい ないか、こまめにチェックして下さい。

(4)冬眠中の餌
 あげなくて良い。

あと、noname#921さんの亀はもう10年以上冬眠していたのですよね?
去年初めて冬眠させなかったと言う事ですが、きっと亀も冬眠に慣れてしまっているのでしょう。
だからこれからは冬眠させるほうがいいと思いますよ!まだ若いですし。
でも、年をとってしまった老ガメや、まだ子供の子ガメなどの場合は冬眠させないほうが良いそうです。

私が知っているのはこのぐらいです・・。役にたったらうれしいです!
参考までにどうぞ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお祭りでよく見る亀について。冬眠・水槽・餌

昨年末、家の玄関の前に亀が捨てられていました。
(犬猫を飼っているので、世話してくれるだろう
と思ったのかも知れません。)
30cm水槽の中に3匹もいました。
いろいろ本を読んで、既に冬眠の時期だと思い
台所の寒い場所に置いておきました。

最近、目が開くことが多くなったので
水槽を茶の間に戻し、金魚の水槽と
並べ、眺めているのですが
まだ、餌をきちんと食べません。
食べようとするのですが、やめたり
ぼーっとしています。
時には、水の上にふわ~と浮いていたりします。

亀は初めてなので、本もあるのですが
細かい事が書いてないので心配です。
このような行動は、正常ですか?

また、冬眠開けの餌のタイミングはどのような感じですか?
現在、5cmくらいの亀が3匹ですが
30cm水槽というのはどうですか?
何センチの水槽が適当ですか?

他に何かアドバイスがございましたら
お願いします

Aベストアンサー

カメってそんな感じですよ。うちのカメもボーっとしていたり泳いでたりです。基本的に部屋で飼うなら冬眠させる必要はありません。えさも食べれるだけを(3~5分くらいで)与えればいいです。といっても うちのカメはほとんど食べずに生きていますが・・水槽も30cmで充分でしょう。自由に泳げるスペースがあれば特に石や砂は必要ないです。でもひとつくらいいれてあげても・・・・
 あと、直射日光での日光浴は毎日必要です。水替えもまめにしたほうがいいです。それにはやはり小さめの水槽がよいかと思います。餌付けしたければ、えさをピンセットであげます。口に白い突起みたいなものがあればまだ子供のカメですので挑戦してみられては?でも、3匹って多いですね。かなり大きくなるらしいので、先では大変かも。
それにしても、人の家に捨てるなんてひどい話です。命をなんだと思ってるんでしょうね。どこかの池にでもはなしてあげるほうがまだ許せますよ。

Qアカミミ亀(ミドリ亀)の冬飼育について

子供が縁日で買ってきたミドリ亀(亀吉)がもう15cm~20cmくらいになってるんですが今度その亀吉を職場の倉庫に引っ越しと考えてます。そこは山沿いで平地より気温が3度ほど低い所にあり寒いです。そこで、水中用のヒーターとバスキングライトをセットしてあげようと考えてますが水中用は24時間つけっぱなしにしますが、バスキングライトは半日くらいの点灯でいいのでしょうか。<職場なので夜間は無人です>

Aベストアンサー

一概にどうするのが良い、悪いの判断はつきません。

実際に新たな場所に設置し、実際の水槽内の水温、気温を温度計で観察してあげてください。
水中のヒーターがサーモスタット付きであっても、あまり寒いところですとヒーターが作動しっぱなしであっても水温が適温とならないこともあり得ます。倉庫とのことですので、冷たいコンクリートの上に直置きですと、地面が冷たすぎ、かつ加温ヒーターでも暖まりにくいということはあり得ます。

その場合、直置きではなく発泡スチロールや断熱マットの上に水槽を設置するなど断熱の工夫をし、あるいは外気温の影響を受けにくいように水槽そのものの側面も断熱マットなどで囲ってあげるなどの工夫も必要かも知れません。

我が家は屋内、人間のいる部屋の一歩外の廊下で飼育している中、ヒーターはサーモ付きですが、節電効果も考え例示のように発泡スチロールの板の上に水槽を設置し、かつ真冬は水槽を断熱マットで包むように囲うことで保温効果を高め、ヒーターの作動時間の節約を意識しています。

バスキングライトも同様に加温・保温目的の機材ですので、カメが甲羅干しをするライト直下の地面近くの温度を実際に温度計で測ることで、ライトの出力や設置する高さなどを加減して位置決めしています。

要するにどんな機材を揃えようとも、肝心の温度が適温に保たれなければ意味がありません。

一般にバスキングライトは発熱・発光の光源として太陽での日光浴の代用に使いますが、もう一つ肝心の紫外線の照射は得られないものが多いのですが大丈夫でしょうか?

温度と共に、適切な紫外線が重要となりますよ?

一概にどうするのが良い、悪いの判断はつきません。

実際に新たな場所に設置し、実際の水槽内の水温、気温を温度計で観察してあげてください。
水中のヒーターがサーモスタット付きであっても、あまり寒いところですとヒーターが作動しっぱなしであっても水温が適温とならないこともあり得ます。倉庫とのことですので、冷たいコンクリートの上に直置きですと、地面が冷たすぎ、かつ加温ヒーターでも暖まりにくいということはあり得ます。

その場合、直置きではなく発泡スチロールや断熱マットの上に水槽を...続きを読む

Q亀の冬眠

いろいろ検索しましたが、質問させてください。今年3年めのミドリ亀を初めて冬眠させようと思います。体長15cm位で部屋の中に置けなくなった為です。現在衣装ケースに入れてベランダで飼ってます。
(1)冬眠の場合、夏場たくさん餌を与える と 元気でいれば気にしなくて良い と2つ回答があるようです。家の亀は元気ですが、夏場は食べ残さない程度にしか与えていませんでした。
(2)水の量は?水は亀が乾かない程度に入れて上から土か枯葉を入れる と 枯葉と一緒に完全に沈むくらい(30cm)入れる。どちらでしょう。間違えると呼吸ができなくて死んでしまいそうな気がします。
(3)水は替える? 一冬そのまま と たまに替える とあります。
後、何か注意点はありますか?長くてすみません。

Aベストアンサー

(1)元気でいれば気にすることはない。
(2)氷が張ったとき亀まで凍らない深さに水だけを入れる。
(3)水は替えない。
外で飼っているならあまり心配することはありません。
自然の力は偉大です。だんだんえさを食べなくなり自然に冬眠に入ります。
落ち葉や土に埋める方法より、水だけのほうが失敗が少ないようです。氷が張って亀まで凍らない深さに水を張ります。朝起きたら念のため氷は取り除きました。
途中で冬眠から覚めないように、水を換えたり場所を変えたししないほうが良いでしょう。

Q亀の冬眠

亀の冬眠についての質問です。
他の質問を検索して調べてみたんですが、あまりにも予備知識がないもんで、ご回答よろしくお願いします。
まず・・・ゼニガメで2匹いるんですが、2匹共、去年の9月ごろにウチにきて、去年の冬は冬眠せずヒーターで過ごしました。現在大きさが、両方とも10センチを超えるくらいです。最近は寒くなってきたので元気なくなってきましたが、11月に入るまでは元気で、餌ももりもり食べていました。基本外で飼っています。冬眠も外の太陽が当たらない場所でする予定です。大阪市内に住んでいますんで、どんなに寒くても、氷点下まで下がる事はまずないと思います。
水槽の環境作りであったり、冬眠中の注意点等教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

はじめまして。
一年目であれば冬眠はまだちょっと早いかなとも思いますが、
あくまでウチのやり方なので参考までに(埼玉で二十数年冬眠やってます)。亀はクサガメとミドリガメです。
毎年十二月初旬~中旬には半ば強制的に以下の方法で冬眠に入らせてます。

・ケージ置き場所:日の当たらない温度変化がなるべく少ない場所。日が当たる場所ですと明るいというのもありますが、一時的に温度が上がる日があったりして亀が目を覚ましてしまいます。

・水を深く(できれば30cm以上)張る。亀は冬眠中皮膚呼吸のみですので息は吸いません。ですので水の汚れ等も関係ありません。
水を深く張る理由は凍結を防ぐためです。

・落ち葉をごっそり入れる。ウチでは落ち葉が水深の半分位まで入ってます。

・冬眠させる亀の胃腸は空っぽになっていること。冬眠に入るひと月前位からエサは与えません。ってか食べません。

こんな感じで、あまり気を使っていません。ちなみに通年外飼育で衣装ケースで飼っていまして、去年から網で囲ったトロ舟にしました。

この方法が正しいという訳では無くて、あくまで参考にして下さい。
それでは。

はじめまして。
一年目であれば冬眠はまだちょっと早いかなとも思いますが、
あくまでウチのやり方なので参考までに(埼玉で二十数年冬眠やってます)。亀はクサガメとミドリガメです。
毎年十二月初旬~中旬には半ば強制的に以下の方法で冬眠に入らせてます。

・ケージ置き場所:日の当たらない温度変化がなるべく少ない場所。日が当たる場所ですと明るいというのもありますが、一時的に温度が上がる日があったりして亀が目を覚ましてしまいます。

・水を深く(できれば30cm以上)張る。亀は冬眠中...続きを読む

Qゼニ亀さんの冬眠方法

甲羅8~10センチになるゼニ亀さんなのですが 去年は ヒーターで冬をこしましたが 入れ物を大きくしてベランダに移動したのでこの冬は中でヒーターでが難しく 冬眠のさせ方も調べても色々な方法がありどの方法がいいのか良くわかりません 初心者で知識もないので いい冬眠の方法わかりましたら 教えてほしいです よろしくお願いします

Aベストアンサー

#2です。
水はしっかりと亀が沈むくらい必要です。甲羅が出るのでは少なすぎます。理由は水温を0度以上に保つためです。水深が浅いと表面近くの温度が0度になり、最悪凍ります。凍ってしまっては亀も死んでしまうので、20cmくらいはあった方がいいです。こうすれば底の方は水温は0度になりません。底の方が水温が高いのです。
寝ている間は呼吸出来なくても大丈夫です。陸地を作っておいてあげれば、自分でちゃんと起きてのぼって呼吸します。
深い水深と、陸地と、亀が脱走しないくらいの高さを確保しようとすると、衣装ケースがぴったりなのですが…。
小さな水槽でもいいとは思いますが、水深を深くして水槽の高さいっぱい近くになってしまうと”脱走”しやすくなるので、その場合は簡単なふたをするといいでしょうね。
落ち葉は、水深を深くして、亀が底の方でじっとしていることが多くなってからでいいです。
ご参考に。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報