何年か前から一桁国道を中心に情報BOXと呼ばれる光ケーブルの敷設が行われています。これは、今ちまたで話題の光ファイバと関係あるのでしょうか?

A 回答 (1件)

こんにちは。

私自身この方面の専門家ではないので詳しい所までは回答できませんが、友人がゼネコン関係にいるので聞いてみたところ、インターネットのブロードバンドの一種の光ファイバと同等とみていいらしいです。ただ、基本は交通網の監視や工事の監視が主目的との事です。
説明不足だと思いますが、他の方の回答を待ってみてください。

参考URL:http://www.ktr.mlit.go.jp/kangi/tenjikan/ten_07_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考のHPを見ました。ちょっと難しかったです。

他の方の回答もないようなのであとは、自分で調べてみます。

お礼日時:2001/11/01 17:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中心市街地の活性化に資するために、中心市街地における商店街改善事業を公

中心市街地の活性化に資するために、中心市街地における商店街改善事業を公的に補助するとします。

その補助金の適切さを学術的に検討する場合には、どのような分析をすればよいのでしょうか?

私は費用便益分析を考えましたが、他にも分析手法はありますでしょうか?


ご存じの方おりましたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>学術的に検討する
学術的に検討する課題ではないです。
大きいコンサルタント会社か建設会社に見積もらせた方が良いです。
彼らの方がよほどたくさんの「既存」の例を知っています。
「成功例」、「失敗例」ともです。
でも、まずはじめに大規模な都市計画が必要であることだけは疑う余地がありません。
中心市街の個人商店と閉店して土地・店舗だけ持っている方の全面的な協力をまず取り付けなくては何ともなりません。

Q西暦何年、を昭和や平成何年、におきかえる計算方法を教えてください!

西暦の年を昭和、平成何年に置き換える計算方法、逆に平成や昭和を西暦に置き換える計算方法を教えてください!

Aベストアンサー

西暦→昭和 西暦の下2桁-25(1989年まで)
西暦→平成 西暦の下2桁-88(1999年まで有効)
西暦→平成 西暦の下2桁+12(2000年から有効)

昭和→西暦 下2桁が昭和+25
平成→西暦 下2桁が平成+88(平成11年まで有効)
平成→西暦 下2桁が平成-12(平成12年から有効)

Q赤外光と近赤外光について

赤外光と近赤外光の分析する上でのそれぞれの特徴を詳しく教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

赤外線の定義はいろいろあるようです。
超遠赤外から近赤外まで、遠赤外のヒータ関係と天文学関係を参考まで。
http://www.nippon-heater.co.jp/design/infrared/infrared.html
http://www.ir.isas.ac.jp/ASTRO-F/intro/ir-intro.html

参考程度まで

Q赤外光を可視光に変換するLEDについて

赤外光を可視光に変換するLEDの動作原理や材料、構造などを教えてください。
調べても、普通の赤外LEDや、可視光LEDとかしか出てきません・・・
もし、いいwebサイトがあったら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元LED開発エンジニアです。
LEDは電流を光(赤外~可視~紫外)に変換するもので、光を別の波長の光に変換するものではありません。蛍光体を使った白色LEDの中身は青色LEDで、LEDで発生させた青色光を周囲の蛍光体に照射して、長い波長(赤~緑)の光を発生させ、これと元の青色と混ぜて白色光を作るものです。

結晶の非線形性を利用して波長を半分(例えば赤外を可視)にするものをSHG(second harmonic generation:第二次高調波発生)[1] と言います。これは半導体素子でなく単なる光学結晶です。波長532nmの緑色のレーザは赤外のレーザ光(YAGレーザ)の波長をSHG素子で半分にしたものです。半導体レーザの波長860nmを半分にした青色レーザにもSHGが使われています [2]。「第二次高調波 SHG」で検索すればいろいろ出てきます。

[1] http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E9%AB%98%E8%AA%BF%E6%B3%A2%E7%99%BA%E7%94%9F
[2] SHGレーザ http://www.ilt.or.jp/sample/laserkagaku/wave/1-76.htm

元LED開発エンジニアです。
LEDは電流を光(赤外~可視~紫外)に変換するもので、光を別の波長の光に変換するものではありません。蛍光体を使った白色LEDの中身は青色LEDで、LEDで発生させた青色光を周囲の蛍光体に照射して、長い波長(赤~緑)の光を発生させ、これと元の青色と混ぜて白色光を作るものです。

結晶の非線形性を利用して波長を半分(例えば赤外を可視)にするものをSHG(second harmonic generation:第二次高調波発生)[1] と言います。これは半導体素子でなく単なる光学結晶です。波長532nm...続きを読む

Q携帯電話の光るアンテナはなぜ光るのですか?

携帯電話のアンテナで、電話を掛けているとき、光るアンテナってありますよね。あれは、どういう原理で光るのですか?特に電源も繋がってないと思うのですが。分かる方いましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヤマハのシンボルマークは音さという楽器が3つ重なったものですが、この音さを使った実験を中学か小学でしませんでしたか?同じユ周波数の音さだと 片方を振動させる(音を出す)ともう一方も振動を始めます。これを共振というのですが、これと同じ現象が電波という電磁波の振動でも起こるのです。これを起こす回路を共振回路と言います。この回路に発光ダイオードを組み込むことで光をだすことが出来るのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報