みどりがめとぜにがめを飼っているのですが、人間に影響する菌はないのでしょうか?また、どういった点に気をつければよいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

サルモネラ菌ですが。


亀を触ったあとには必ず薬用石鹸で、ていねいに手を洗う。

接し方を人間側が気をつければ大丈夫です。

亀は金魚。熱帯魚など、水質に対してデリケートではないので
カルキは抜かないほうが、雑菌の繁殖を抑えられるとも聞きましたが。このへんは好みで

毎日水をとりかえるなど。水質をきれいに保つことも重要だと思います。
(不潔な水のままだと、亀が病気になるのはもちろん、その水滴や水蒸気にのって菌が拡散する可能性があります)
    • good
    • 1

私はみどりがめを飼っていますが、絶対に人を噛むようなことはありません。


オスとメスのつがいで飼っていますが、オスの求愛行動の時にオスがメスに噛み付くことがあるので、その時には気をつけて下さい。(甲羅の大きさが、10センチをこえてからの求愛行動には特に気をつけて下さい)
例えば、水槽があれば別々にして飼育してあげることが必要です。
人間に影響する菌は、サルモネラ菌です。
カメが子どもの時に菌を持っていますが、成長して大人になると菌を持たなくなるらしいです。
うちでは、カメを触った後は必ずまめに手を洗うようにしていました。
そうすると、人間に感染する心配なしに育てられます。
小さなかめを育てる注意点としては、
1 清潔な水(カルキ抜きした水)
2 日光浴をこまめにさせること
3 ビタミン不足(ビタミン剤を与える)
これに気をつけると、上手に育てることができます。
ちなみに、我が家のかめは、今年で8年目になります。
    • good
    • 1

カメはkajuさんが答えておられるように、人畜共通病原体のサルモネラ菌を高率に保有しています。

急性サルモネラ中毒になることがありますので、ミドリガメなどを世話した後には手洗いを丁寧に行ってください。(手をきちんと洗えば心配ありません。サルモネラ菌を持っている恐れがあるのはカメだけに限ったことではなく、イヌやネコなどのペット、野生動物などの腸管には広く保菌されています。心配なら触ったあとに、各種ペット用品メーカーから発売されている除菌ティッシュやジェルなどを使用してください。)
大きくなったカメに噛まれることも稀にありますので噛まれたら流水でよく傷口を洗ってから手当をしてください。

また、乳幼児はサルモネラ菌に感受性が高いため少量の菌によって発症しますので、ペットから手指を介して感染が起こりやすいと言われています。小さな子供がいる場合は特に注意してください。
    • good
    • 1

サルモネラ菌です。


触った後は必ず手を石鹸などで洗いましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腸菌の英訳

専門用語ではなくて普通に「大腸菌」は英語で何といったらいいですか?

大腸菌を例えば英辞郎で見ると13の英訳が出ていて、どれが普通に使われているのか分かりません。

Aベストアンサー

E.coli が最も普通に使われています。読み方はカタカナでかけば「イー・コーライ」です。
これは Escherichia coli を省略したものです。

Qみどりがめの甲羅のコケのとり方

20センチくらいのみどりがめの甲羅についたコケはどのようにとればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

みどりがめを12年飼っているものです。

コケは たわしで 軽くこすっています。
みどりがめは 年を重ねるごとに黒ずんできます。
甲羅の皮も取れます。

以前は水を手洗いしていたのですが、自動で水を綺麗にする道具を導入してから、甲羅は綺麗なままです。
水を毎日綺麗にしておくのもコケが付かない予防になるかと思います。

Qイヌイットのキビヤックは何の菌が入っている?

キビヤックって発酵食品ですよね?いろんなサイトを巡っても、キビヤックに入っている菌については書いてません。ヤフー知恵袋の質問を見たのですが、サイト内のURLは開いても中身は見つかりませんでした。
菌の名前も検索しましたが、英語の記事ばかりで難しく、日本語のみに切り替えても
キビヤックについては特にありませんでした。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1364041653
こちらです。


・・・どなたか詳細を教えてください。

Aベストアンサー

発酵食品・臭い食物といえばこの人。
小泉武夫 http://koizumipress.com/

著書 『発酵食品礼賛』(文春新書) キビヤック pp.124-128
著書 『発酵』(中公新書) キビヤック pp.186-187

どちらも「乳酸菌、酪酸菌、酵母などの発酵菌によって」と書かれています。
「発酵微生物群」とあるだけで、具体的な菌種や学名までは触れていません…。

Q「みどりがめ」は本当にばい菌があるの?

先日、体調5~6cmのみどりがめを捕まえました。
家で飼おうと思うのですが、周りの人が「みどりがめ」は、
ばい菌があるので止めた方がいいと言われました。
私も小さいころ、ばい菌があると聞いた事があるのですが、
本当に飼えないくらい、ばい菌があるのでしょうか?
また、本当にばい菌があるのなら、どのようなばい菌なんでしょうか?
ご存知の方、教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ペットとして飼われる通称"ミドリガメ"は、正式には"キバラガメ"と呼ばれ、人畜共通病原体であるサルモネラ菌(食中毒を引き起こす)を高率に保有しています。急性サルモネラ中毒になることがありますので、ミドリガメを世話した後には必ず手洗いを丁寧にすることです。
乳幼児はサルモネラ菌に感受性が高く、少量の菌によって発症しますので、ペットから手指を介して感染が起こりやすいようです。サルモネラ菌を摂取して8~48時間経ってから急に発症し、悪心、腹痛、下痢、発熱などの症状がでます。疑わしいと判断されたら、医療機関に受診してペットのことも含めてお話下さい。その時、チフスと診断されると、登園・登校が治癒するまで禁止となります。また、症状によっては入院も必要となります。サルモネラ菌感染の広がるのを防ぐため、日常使っているものの消毒をします。なお、一才未満の乳幼児がいる場合には、室内で"ミドリガメ"を初め、は虫類や両生類などのペットを飼うことは止めた方がよいでしょう。また、五歳未満のこどもや抵抗力の弱い子は、これらのペットに触れないことです。これらを飼っているかごに触れたら良く手を洗うことです。また、室内にこれらのペットを放し飼いにしないことです。

参考URL:http://www.senmonten.net/kanagawa/totsuka/1f/banbi/etc11.htm

ペットとして飼われる通称"ミドリガメ"は、正式には"キバラガメ"と呼ばれ、人畜共通病原体であるサルモネラ菌(食中毒を引き起こす)を高率に保有しています。急性サルモネラ中毒になることがありますので、ミドリガメを世話した後には必ず手洗いを丁寧にすることです。
乳幼児はサルモネラ菌に感受性が高く、少量の菌によって発症しますので、ペットから手指を介して感染が起こりやすいようです。サルモネラ菌を摂取して8~48時間経ってから急に発症し、悪心、腹痛、下痢、発熱などの症状がでます。疑わしいと...続きを読む

Q虫歯の感染に関する英語サイト

歯科医院や乳児検診でよく聞くことに、
・生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌はいない
・虫歯菌は外から感染する
という話があります。ところが、この話をオーストラリア人の看護婦である友人に話しても、信じてもらえません。自身が看護婦であるためか、私が間違っているように思われているのが、悔しいです。
そこで、このことを英語で説明したサイトがあれば教えていただけないでしょうか。私自身も探してみましたが、英語でしかも専門用語を知らないためか、見つかりません。相手は看護師なので、歯科医かそれなりの説得力のあるサイトが望ましいです。できれば、ページのどのあたりに該当の記述があるのかも教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

歯科医師です。お望みの文献などはPubmedなどで任意のキーワードなどを検索すれば該当するものが出てくるのだと思いますが。

いわゆる虫歯はいわゆる虫歯菌(一般にはS.mutansのことを指しているのかと思いますが)が存在するしないだけでは成立しないと考えられています。

食事習慣であったりだとか、歯磨きを始めとする予防の頻度だとか、ありとあらゆる要素が関連していて、ひとつが駄目だから虫歯になってしまうということの断言もできません。ただし、それぞれの因子に対して予防方法を予め採る事によってリスクを減らすことはできます。

さて、小児の口腔内の細菌叢についてですが、もちろん母体の中にいるときは無菌です。ですが成長するに伴い、口腔内の細菌叢は常に変化していきます。

腸内細菌が変化していくのと同じです。しかし口腔内では歯牙が萌出するといった環境ががらっと変わることにより、それまで存在しなかった歯牙周囲に定着することのできる細菌が出現し、その後定着したりします。

質問の趣旨とは少しずれているのかもしれませんが、もしかすると外から虫歯菌に感染することによって虫歯はうつる、母親が注意しないと虫歯だらけの子になってしまうという考え方がご友人のナースにはわからなかったのではないかと推察されます。

もちろん、お子さんに対してあらゆるリスクを排除しようとするお母さんの愛情と努力はすばらしいとは思いますが、前述したように、口腔内の細菌叢の成熟はお子さんの成長に伴って獲得する免疫機能の成熟とも関連しているとも考えられますのでどうか過度にはご心配をしないように。

歯科医師です。お望みの文献などはPubmedなどで任意のキーワードなどを検索すれば該当するものが出てくるのだと思いますが。

いわゆる虫歯はいわゆる虫歯菌(一般にはS.mutansのことを指しているのかと思いますが)が存在するしないだけでは成立しないと考えられています。

食事習慣であったりだとか、歯磨きを始めとする予防の頻度だとか、ありとあらゆる要素が関連していて、ひとつが駄目だから虫歯になってしまうということの断言もできません。ただし、それぞれの因子に対して予防方法を予め採る事によ...続きを読む

Qみどりがめについて

今年の夏に子供が縁日で緑ガメを買ってきました
水槽の中に入れて一匹で飼っていたのですがこの寒さでまったく餌は食べないし
動きもほとんど動かなくなったので熱帯魚の水槽に移したら活発に泳いだり食欲も
驚くほど出てきてびっくりするほどだったのですが、最近からだに薄い皮がはげたようなふわふわしたものがついています最初は首の周りに少しだったのがこの数日は足や手のほうにも広がってきています。何か病気なのでしょうか?
教えてください

Aベストアンサー

私も、子どもの頃ミドリガメを飼っていました。
#1さんのおっしゃるようにカビの可能性も否定できませんが、
カメは、脱皮をします。その皮かもしれません。
ちなみに甲羅も大きくなるにつれて、一番外側からポロポロとはげていきます。
私は、そのはげた甲羅を集めて紙に貼り、カメの成長記録として
自由研究の宿題にしました。。。(笑)

Q化粧品の成分表を英語に翻訳したいんですけど~

精製水、BG,濃グリセリン、アボガド油、植物性スクワラン、カルボマー、水酸化K,バラベン、グリチルリチン酸2K、天然ビタミンE、食塩、加水分解シルク、ビフィズス菌発酵エキス、カワラヨモギエキス、アロエべラエキスー1、ヒアルロン酸Na、シソエキス、カッコンエキス、ダイズエキス、ビタミンB2、オウゴンエキス、クロレラエキス

→これを英語で直してくれますか?
お願いします。

Aベストアンサー

日本化粧品工業連合会という団体のHPがあります。
そこの「化粧品表示名称リスト」には、日本で登録されているすべての化粧品成分がリストアップされており、正式な英語名、簡単な説明もついています。

リストはパート1とパート2に分かれており、簡単に言うとよく使われている成分はパート1に、やや新しい成分はパート2に載っています。

実際に見ていただくと分かると思いますが、パート1リストの場合は、
リストを開く→「表示名称」ボタンをクリック→調べたい成分名を入れる。
すると成分の説明に混じって英語名称が出てきます!

なかなかヒットしない場合は名称の一部分だけを入れて再度検索してみてください。

以上、調べて差し上げられなくて申し訳ありませんが是非参考にしてください。

参考URL:http://www.jcia.org/

Qぜにがめにカビが・・・対応は?

我が家のぜにがめの左後足に白くカビのようなものが生えていました。
過去にはみどりがめの場合「薬浴」させて日光浴を、とありました。
同様の処置で宜しいでしょうか?あと、必要な薬剤の入手方法と
薬浴の具体的な方法について詳しく教えて欲しいのです。

Aベストアンサー

 peonieさん、こんばんは。
 
 基本的には、ミドリガメの例と同じ方法で構いません。カメは日光浴が不足すると特に甲羅などにカビが生えやすくなりますので,日光浴はカメ飼育の際の絶対不可欠な条件です。カメのカビ症に関するサイトを参考URLに挙げておきました。一般的にはビタミン薬浴による治療が多いと思いますが,お近くのカメを扱っているペットショップで御相談されるのがまず間違いありません。

では、失礼いたします。

参考URL:http://www1.u-netsurf.ne.jp/~isao-a/pet/sk_main.html

Q放線菌と糸状菌

こんな文章が載っていました。↓

『有害な微生物の増殖を抑制』
 キトサンを土壌に散布すると、キトサンを餌とする菌類(放線菌や糸状菌)が増殖する可能性があります。しかし、放線菌はキトサンに出会うとキトサン分解酵素を出す為、キトサンを細胞壁に持つ糸状菌は増殖できなくなります。その結果として有用菌である放線菌は増殖し、有害菌である糸状菌の増殖はおさえられる事になります。

放線菌と糸状菌の違いなんて、胞子をつくるとか
節があるとか、菌糸の太さが違うくらいしか思いつきません。

ならば何故、糸状菌が悪者で、放線菌は増殖してもいいことになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

もちろん、放線菌の全てがイイモノで糸状菌の全てがワルモノだと言っているわけでは無いと思います。

糸状菌の中には、植物に感染する、植物病原菌としての性質を持ったものがいます。(イネいもち病菌などが代表的な例です)

このようなものが増えるのを防ぎたいということでしょう。もちろん、ワルモノの糸状菌だけを選択的に退治することは、この技術では不可能でしょうから、ワルモノもそうでないのも、一緒に退治してしまうという考え方だと思います。

Q野良の子猫を飼うにあたって必要な検査と、猫ちゃんについて気になる点

現在2ヶ月くらいの子猫(おそらく野良の子)を保護して、このまま飼うことにしました。
保護したのは2週間くらい前で、蚤取りとお腹の虫下し、3種混合ワクチンの1回目が済んだところです。
1ヶ月後に2回目のワクチンをするので来てください、それ以外(それ以降)は特に問題なければもう来なくても大丈夫ですよ…
と言われたのですが、猫を飼うのが初めてで、このサイト等でいろいろ自分なりに情報を色々探してみたら
子猫を保護したらまず病院で健康診断を…と必ずといっていいほど書かれていますが、うちの子は健康診断らしきものはしてもらっていません。
蚤がいることは最初に見ただけで自分もわかったし、お腹の虫もウンチ後にお尻から虫が出ていたことを伝えたら
虫がいることは明らかなので検便はしなくてもいいです。とのことでした。
保護した日に病院へ連れて行きましたが、全体的にざっと見ただけで、蚤取りシャンプーと虫下しの薬を処方してみらっただけです。

健康診断といっても、結局それらしいことは何にもしてもらってないような感じがして、これで十分なのかしら?とちょっと疑問です。
病気などないか、血液検査などもしてもらったほうが良いのでしょうか?
他にもしてもらった方が良い検査などはありますか?

また、だいぶ私にも慣れてきてくれて、抱っこなども全然嫌がったりしないのですが
抱っこしてみると、心拍数がものすごく早くてビックリしています。
いつもメチャクチャ早いんですが、猫ちゃんはそんなものですか?

起きている時は、部屋の中を元気いっぱい走り回ることが多いですが、今日の午後は少しグッタリした感じでずっと寝ていました。
いつもは起きてくる時間でも起きてこなくて、心配しながらもエサを与えたら少し残しましたが、大体食べました。
その後も少しだるそうに寝ていて、心臓なのかどうかはっきりしませんが、喉をゴロゴロ鳴らす音に近いような音がしていて
いつもより拍がさらに早くなっているようでした(息苦しそうな感じはなかったです)。
しばらくナデナデしてあげたりして様子を見ていたらおさまってきて、その後はまた元気になったのですが
あれは一体なんだったのでしょうか?もしかしてどこか悪いのかなあ?と不安です。

猫を飼うのが初めてで、いろいろ質問が多くてすみません。
保護した子猫に必要な検査と、猫ちゃんの心拍数、上記の謎の症状(?)について、アドバイスよろしくお願いいたします。

現在2ヶ月くらいの子猫(おそらく野良の子)を保護して、このまま飼うことにしました。
保護したのは2週間くらい前で、蚤取りとお腹の虫下し、3種混合ワクチンの1回目が済んだところです。
1ヶ月後に2回目のワクチンをするので来てください、それ以外(それ以降)は特に問題なければもう来なくても大丈夫ですよ…
と言われたのですが、猫を飼うのが初めてで、このサイト等でいろいろ自分なりに情報を色々探してみたら
子猫を保護したらまず病院で健康診断を…と必ずといっていいほど書かれていますが、うち...続きを読む

Aベストアンサー

質問者様こんにちは。

私は現在2匹の猫と暮しております。
結婚前にも実家でずっと猫を飼っておりました。
いずれもノラ猫さん達ばかりなので、その経験を交えて回答いたします。


・健康診断の件
蚤取りや虫下しのお薬の処方、ワクチンもうったとの事。それは恐らくそれ以上のことをしなくても大丈夫だという病院の先生の判断だと思いますので、今のところは様子を見るだけで特別問題はないかと思います。

ワクチン等の注射は、体調の悪い子には打つことが出来ないといわれるんですよ。だから、1回目のワクチンの際には体調が良かったという事だと思います。2回目までの期間に、猫ちゃんの状態を見ておかしいな・・・と思ったら病院に連れて行ってあげてください。

おかしいな・・・という兆候は、酷い下痢をしていたり、鼻水をたらしたり、目やにが異常に沢山出たり・・・という感じです。毛玉でもない吐瀉物を沢山吐いたりするのも良くないので、気をつけて見てあげてください。

うちの猫達は特別に健康診断をさせていませんが、上記のような兆候が数日間に渡って出ている時はすぐに病院に連れて行きます。

猫はそこらじゅうにあるもので遊んでいるうちにそれを食べたりして(輪ゴムとかちり紙とか・・・)具合が悪くなることがあるので、健康診断をまめにやるよりは日頃の観察の方が重要だと私は思ってます。(動物病院はお金もかかりますしね^^;)


・心拍数等について

私は医師ではないのであくまでも経験上の話ですが、猫の心拍数は人間に比べたら結構早いですよ。走り回っていたりしたら尚の事ですが、普通にしていても心拍数は割と早めです。

あと、ゴロゴロ・・・の音はノドだけじゃなくて身体から感じますよ。おなかの辺りとか背中とか、そこらじゅうでゴロゴロいってたのではないですか?多分、ノドで鳴らしている音だとは思いますが、身体に振も動が伝わっているんだと思います。


・ぐったりして寝ている

猫は体温調節が下手で、気温差が激しい場所にいると身体が疲れてしまう・・・と本で読みました。確かに奴らは常に涼しいところや温かい所をよく知っています^^;

今まで暑い外にいた猫ちゃんが急にクーラーの中で暮すようになったりする・・・こういう急激な温度差で多少疲れているのかもしれませんね。極端に寒い場所や暑い場所に閉じ込めていなければ、猫は勝手に居心地の良い場所を見つけますので大丈夫だと思いますよ。

食欲が落ちたり、寝てばかりいたり、息苦しそうだったら病院へ連れて行ったほうが良いかもしれませんね。(子猫の場合、寝てばかりいるのはちょっと貧血気味かもしれません。鼻が白っぽいのは貧血の証拠だそうです)


長々書きましたが、いずれも私の経験上のことなので、全ての猫ちゃんがこうだという事ではありません。少しでもおかしいな・・・と思ったら、病院の先生に相談してくださいね!

では、子猫ちゃんに宜しくね^^

質問者様こんにちは。

私は現在2匹の猫と暮しております。
結婚前にも実家でずっと猫を飼っておりました。
いずれもノラ猫さん達ばかりなので、その経験を交えて回答いたします。


・健康診断の件
蚤取りや虫下しのお薬の処方、ワクチンもうったとの事。それは恐らくそれ以上のことをしなくても大丈夫だという病院の先生の判断だと思いますので、今のところは様子を見るだけで特別問題はないかと思います。

ワクチン等の注射は、体調の悪い子には打つことが出来ないといわれるんですよ。だから、1回...続きを読む


人気Q&Aランキング