矢野 健太郎著
 「数学ふしぎふしぎ」新潮社 1983出版
 「数学への招待」   〃  1977 〃
 「数学のたのしさ」  〃   不明
ですが、探し出す方法はないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

古書検索サイトのご利用がお手軽ですよ。



ちなみに、スーパー源氏(下記参照)で検索しましたところ、
お探しの3冊ともありました。
各複数冊ありますので、状態や価格、送料など、
比較してお選びになるとよいかと(^^)

古書検索サイトでは、ほかに、
日本の古本屋(http://www.kosho.or.jp/)もけっこう力あります。

参考URL:http://www.murasakishikibu.co.jp/oldbook/sgenji. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありましたありました!!!!!
Thank you very much.

お礼日時:2001/10/23 20:25

古本屋さんでHPを持っておられるところを探してみてください。


在庫を検索できる機能があるところがあるはずです。

電話では聞きにくくてもHPならいつでも検索できます。

以前、この方法で5年ぐらい探してたブルーバックスを見つけました。
気持ちとしては原価の倍払っても良いくらいのつもりでしたが
格安で入手できました。

見つかると良いですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q矢野健太郎さんについて

矢野健太郎さんについて教えてください。またこの人の本を読むことは役に立ちますか?どのように役立つか教えてください

Aベストアンサー

783467393さん、こんにちは。
矢野健太郎先生の、大ファンです!!

矢野健太郎
1912年、東京に生まれる。
東大理学部数学科卒業。
大学院を終了と同時に、フランスに渡り、パリ大学のエリー・カルタン教授に師事。
専攻は微分幾何学。大域微分幾何学の分野で、世界的に認められた。

・・・という、とっても偉い先生なのです。
私の数(3)の参考書(解法の手引き)も矢野健太郎先生の著書ですが、
とても分かりやすく大変力強い味方でした。

私が、先生をすごいなあと思ったのは、
とてもユニークな先生だということが分かったからです。
それは、
「数学質問箱」BLUE BACKS
を読んでから、その柔軟な発想と面白い人柄に、ますます
惹かれていきました。
先生は、このほかにも
「ゆかいな数学者たち」などの数学者にまつわる、
面白いエピソードを紹介したエッセイなども書いておられます。
それを読めば、数学者たちの面白い発想や、先生がいかに世界的に有名な
大先生であるかということが分かり、とても尊敬したし、また
先生のファンになりました。
そして、知らず知らずのうちに、私も数学が大好きになっていたのです!!!

是非、先生の著書をお読みになることをお勧めいたします!!

783467393さん、こんにちは。
矢野健太郎先生の、大ファンです!!

矢野健太郎
1912年、東京に生まれる。
東大理学部数学科卒業。
大学院を終了と同時に、フランスに渡り、パリ大学のエリー・カルタン教授に師事。
専攻は微分幾何学。大域微分幾何学の分野で、世界的に認められた。

・・・という、とっても偉い先生なのです。
私の数(3)の参考書(解法の手引き)も矢野健太郎先生の著書ですが、
とても分かりやすく大変力強い味方でした。

私が、先生をすごいなあと思ったのは、
とてもユニ...続きを読む

Q新潮社の文庫本を製本している会社

新潮社の文庫本を印刷・製本している会社をご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

手元にある本を調べてみたところ

印刷・二光印刷株式会社
製本・株式会社植木製本所

印刷・凸版印刷株式会社
製本・株式会社大進堂

印刷・大日本印刷株式会社
製本・憲専堂製本株式会社

印刷・株式会社精興社
製本・株式会社植木製本所

印刷・株式会社光邦
製本・憲専堂製本株式会社

印刷・株式会社光邦
製本・株式会社植木製本所

とありました。

Q矢野 健太郎著の絶版本(文庫)を探しています。

矢野 健太郎著
 「数学ふしぎふしぎ」新潮社 1983出版
 「数学への招待」   〃  1977 〃
 「数学のたのしさ」  〃   不明
ですが、探し出す方法はないでしょうか。

Aベストアンサー

古書検索サイトのご利用がお手軽ですよ。

ちなみに、スーパー源氏(下記参照)で検索しましたところ、
お探しの3冊ともありました。
各複数冊ありますので、状態や価格、送料など、
比較してお選びになるとよいかと(^^)

古書検索サイトでは、ほかに、
日本の古本屋(http://www.kosho.or.jp/)もけっこう力あります。

参考URL:http://www.murasakishikibu.co.jp/oldbook/sgenji.html

Q井上剛,著 『やったモン勝ち!』

この本読まれたから居ませんか?
(ひそかにベストセラーだったそうです・・・)

で、横浜市青葉区でカフェを営業しているそうですが
場所をご存知の方居ましたら、教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

*セカンドカップ
Tel:045-903-6622 
Add:神奈川県横浜市青葉区すすき野2丁目6-8

多分、ここだと思います。

Q矢野健太郎著「数学の考え方」の感想文

現在中学3年生です。
冬休みの課題として読書感想文がでて、
一冊は夏目漱石の「こころ」で、もう一冊は矢野健太郎の「数学の考え方」でした。

夏目漱石のこころは感想文は書けたのですが、
もう一冊の数学の考え方はどうしても感想文が書けません。(全部読みました)

小説ではないので、同感したとか、主人公の気持ちになって考えるとかができないので、いったいどのように書けばいいのでしょうか。

ヒントでも何でも良いので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 学校で、数学を習って、「公式」を使っていますね。いままで(この本を読むまで)、だれがどうやってそんな「公式」を作ったか考えたことがありますか。
 あったら、その自分の考えと、この本に載っている、「昔の人はこうやって公式にたどりついた」というのと同じでしたか、違っているなら、どう違っていたか、を書けばよいでしょう。
 でも、そんなこと、考えたことがなかったかも知れませんね。そうしたら、そういうお話を読んでどう思いましたか?それを書けばよいでしょう。
 ことによって、数学は「偉い人が考えて、わたしたち(生徒)を苦しめるものだ」と思っていませんでしたか?そんな数学が、実は、こういうことに役に立つんだ、となっとくできましたか?なっとくできたら、なるほどそうなのだ、ということを書けばよいでしょう。
 でも、まだなっとくできないかもしれません。そうしたら、それを書けばよいでしょう。実は、もっと社会経験のある大人の人を対象に書いているところもあります。全部をなっとくできなくても、恥ではありません。

Qカレン・キングズベリー著の書籍について

カレンさんの「赤い手袋の奇跡」シリーズを3作を読み終え、
この方の書かれた本を読みたいと、近くの図書館に出向いたのですが
これら3作のみの蔵書だけでした。
読み終えた本でかまいません、お借りできませんか?

Aベストアンサー

 日本語翻訳版で読めるカレン・キングズベリーの作品は、いまのところ質問者さまがお読みになった『赤い手袋の奇跡 ギデオンの贈りもの』『マギーの約束 赤い手袋の奇跡』『赤い手袋の奇跡 サラの歌』(すべて集英社)の3作品のみです。

 原書でも問題なければ、洋書の取り扱いがある書店(amazonや紀伊國屋など)で購入するか、洋書も所蔵している図書館で借りるかすれば読むことができますよ。

 参考になればと思います。

Qバイオインフォマティクスを行っている企業は?

私は現在、就職活動の学生です。就職活動も自分の中では終わりに近づいていますが少し、気になっていることがあります。
それは、「バイオインフォマティクス(生物情報学)を行っている企業があるか??」ということです。
就職サイトなどで調べましたが、なかなか見つかりません。
富士●などが行っているとネットで調べましたが、他にどのような企業がバイオインフォマティクス(生物情報学)を行っているか知りたいです。
なんでも良いので、どのような企業が行っているかご存知の方はおしえてください??よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.jsbi.org/modules/SIGs_WGs/index.php/content0007.html

ここに企業から出ている人の所属する企業ではないでしょうか

Q司馬遼太郎著「新選組血風録」

司馬遼太郎著「新選組血風録」の購入を考えております。
しかしながら、この作品は中公文庫版と角川文庫版があります。
この2つにはどういった違いがあるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

違いなど有りません、出版社が違うだけです

司馬遼太郎の「新選組血風録」も所詮は子母沢寛の新選組を参考にして作った作品でしか有りません。

Qバイオインフォマティクスを研究に活かすには?

現在生物の大学院に在籍している者です。
今後就職してバイオインフォマティクスの職種に就こうと思っています。そして、しばらく何年か働いた後、大学なり研究機関なりで、またバイオの研究に戻りたいと考えています。
ここで質問なのですが、多くのバイオインフォマティクスをやっている企業では、SNPのソフト開発やデータベース構築業務をやっているところが多いのですが、このような仕事が、将来新しい遺伝子の探索や創薬のシーズ探し、そして大学などで行われている研究に活かしていくことができるのかがすごく知りたいです。
誰かご存じの方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

平成14年度に新しく開設されたユニットに、東京大学医学部クリにカルバイオインフォマティクスがあります。
その教授が、循環器のデータベース構築などを行っているようです。
常勤・非常勤を最近募集していました。
しかし、常勤になれる保証はないらしく、非常勤から働き出来る人だけが常勤になれるようです。

Q養老猛司著 「バカの壁」について

ベストセラーになっていますが、バカの壁って、どんな壁なのか?

お勉強していくと、どうしても大きな壁につきあたることがあります。
その壁のことですか?
やさしい言葉でお教えいただければうれしいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> ベストセラーになっていますが、バカの壁って、どんな壁なのか?
>
> お勉強していくと、どうしても大きな壁につきあたることがあります。
> その壁のことですか?
> やさしい言葉でお教えいただければうれしいです。

誤解を恐れずに云えば、「バカの壁」とは「その人の能力の特性から来る限界」と「現代人が無意識のうちに(或いは思考停止の結果として)自己の周囲に作ってしまっている壁」のことだと思います。

ただ、後者についてはこれだけの説明では分からないと思いますし、私も一言で説明できるほど本を読み込んでいません。

興味をお持ちになられたのであれば、実際に本を読んでみることをお勧めします。
内容が特に難解ということは有りませんので(色々と考えさせられはしますが)
もし、SurferGirlさんがお若い方でしたらなおさらお勧めします。


人気Q&Aランキング