中央三井、住友、三菱、安田、東洋などの信託銀と、
みずほ信託や、さくら信託などについて
前者では店舗を見かけますし、口座も作れるので結構知っているのですが、
後者についてはどういうものなのか全然知りません。

共に、同じ「信託銀行」という名称がついていますが、
どうしてこんなに違うものなのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

後者の方は、「銀行」が設立した「信託銀行」ですから


銀行業は行ってませんよね?>
 野村信託は銀行業をやっています。
http://www.nomura-trust.co.jp/
本社以外にどこかに店舗は構えているのですか?>
「朝日」は本社(さいたま市)以外に東京営業部があります。同じような後発信託でも独立店舗は置かなくても、駐在員を母体会社の大規模店に置いたり、紹介料を払うことにより、母体会社の社員を使っていると思われます。
それ以前はどの地銀でも信託は扱っていたのですか? >
 これについては、よく判りませんが、1954年に地方銀行の信託勘定が閉鎖になっています。沖縄の2銀行が信託部を持っていることを考えますと、ほとんど持っていたのではないでしょうか。
http://www.lib.u-ryukyu.ac.jp/~yihokeun/finance/ …
http://www.lib.u-ryukyu.ac.jp/~yihokeun/finance/ …
そして、分離・統合された都銀の信託部門はどうなったのでしょうか?>
 系列信託に譲渡したり、信託を新たに作りました(中央(東海)、東洋(三和)など)。 

この回答への補足

中央と東洋の両信託銀の設立の経緯はそういうわけだったんですね。
おかげさまで、ほとんどの疑問が解決致しました。

最後に、分離・統合についての補足ですが、東洋・中央は銀行から分離されてできたにもかかわらず、
独自に銀行業も営んでいるのはどういうわけでしょうか?
それとも分離当時は本体とは系列などの関係はなかったのでしょうか。

その他、三菱、三井、住友、富士の各都銀は系列の信託銀へ業務を引き継いだわけですか。
残りの旧日本信託銀は、三菱銀行(東京三菱銀)に子会社化されましたが、
もともとのルーツ(系列)はどういうものだったのでしょうか?

補足日時:2001/11/07 22:03
    • good
    • 0

 わが国では、戦後、専門金融機関を育成強化し、資金の効率的かつ円滑な供給をはかることを目指して信託銀行を専門化して、他種金融機関から参入を受けたり、参入できない様に垣根を高く設けていました。

また、他種金融機関や同業他社からの客の獲得のため、目抜きどおりに多数の店舗を設置して、競争していました。しかし、昭和55年以降、金融の自由化、国際化などという環境変化で、平成4年以降、金融業務の相互開放して、子会社を設立することにより、他種に参入できるようになりました。しかし、他種参入できても、本業を補完するのが主目的ですので、経費のかかる豪華な店舗の設置は見送られました。前者は以前の制度以前に設立された信託銀行で後者は新しい制度で設立された金融子会社です。なお、さくら信託は中央三井信託に統合されました。

参考URL:http://www.shintaku-kyokai.or.jp/7bm.html

この回答への補足

お返事どうもありがとうございました。
早速教えていただいたページを見、
信託協会のその他のページにも行って来ました。

要するに、現在銀行業も行っている5つの信託銀行は
戦後に銀行業の兼営を認められて始めた信託銀行だったというわけですね。
それで、子会社設立によって他業務に参入できるようになってから
あさひ信託銀や、野村信託銀ができたのですね。
 ちなみに後者の方は、「銀行」が設立した「信託銀行」ですから
銀行業は行ってませんよね?
あと、「経費のかかる豪華な店舗の設置は見送られました。」とありますが、
本社以外にどこかに店舗は構えているのですか?

ところで、教えていただいた「信託の歴史」のページに
『昭和30年代にかけて、地銀の信託業務の廃止、都銀の信託部門の分離・統合がなされ…』
とありましたが、それ以前はどの地銀でも信託は扱っていたのですか?
そして、分離・統合された都銀の信託部門はどうなったのでしょうか?

補足にこんな事を書いていいのか良くわからなかったのですが、
また疑問が出来てしまったので、よろしくお願いします。

補足日時:2001/11/04 11:12
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合併と買収

合併会社は被合併会社の資産と負債を引き継ぐとともに、合併会社の株式や金銭(合併交付金)を被合併会社の株主に交付する。というのがよくわかりません。合併前の被合併会社の株はどうなるんですか?

合併と買収の大きな違いはなんですか?

詳しくわかりやすい回答お願いします!!!!!

Aベストアンサー

M&Aをビジネスにしています。
残念ながら#1さんの回答は誤りがあります。
一般的なケースについて以下に記載します。例外もあるのですがあまり細々書いて誤解があるといけませんので。

合併と株式買収はM&Aの一形態ですが、根本的に形態が違います。
買収(吸収)する側をA社、される側をB社として以下説明します。

株式買収
 B社の株主が所有している株式を、A社が現金で買い取ることによりB社の株主総会を支配する方法。
 支配する株式の割合によって影響度が異なり、過半数を取得した時点でほぼ経営権を取得したとみなされる。
 B社は、株主の変更(+経営陣の変更)に留まり、A社の子会社としてそのまま企業体が存続する。

吸収合併
 A社がB社を組織上吸収し一つの企業にする方法。B社の債権債務、権利や義務は包括的にA社に引き継がれ
 B社は組織としては消滅する。
 B社の株主は、その保有するB社株を一定の交換比率でA社の株式に交換してもらう(つまりA社の株主に加わる)。
 A社は自社の株式を新規に発行しB社株主に割り当てればよいため、原則、買収のための現金は不要。
 但し、A社の株主の中にB社の株主が加わるため、自社の株主支配地図が変わる可能性がある。

これら以外にも色々なM&A手法(営業譲渡、株式交換など)があります。いずれも一長一短がありますので
ケースによって使い分けが必要です。

M&Aをビジネスにしています。
残念ながら#1さんの回答は誤りがあります。
一般的なケースについて以下に記載します。例外もあるのですがあまり細々書いて誤解があるといけませんので。

合併と株式買収はM&Aの一形態ですが、根本的に形態が違います。
買収(吸収)する側をA社、される側をB社として以下説明します。

株式買収
 B社の株主が所有している株式を、A社が現金で買い取ることによりB社の株主総会を支配する方法。
 支配する株式の割合によって影響度が異なり、過半数を取得し...続きを読む

Q三菱東京UFJ、みずほ、三井住友、りそな銀行の違いは何でしょうか?

現在就職活動中で、金融業界の総合職を志望しています。
特に志望動機に困っているのですが、メガバンク+りそなの違いが見えてきません。サービス面で手数料無料や生体認証などが騒がれていますが、実際の商品自体は似たり寄ったりといいます。チョコのお菓子がいくらでもあるように…。どこも社員の方も大変立派な方が多く、それにも関わらず自分の中で明確な違いや決定打が見えて来ないのです。

そうなると一番気になるのがイメージで、個人的には

三菱東京UFJ=『プロ意識(お堅い所もあると思りますが、仕事をされている方の意識が常に上を向いていて格好良いです)』『グローバル(海外支店の展開)』

みずほ=『柔軟性(財閥系でない分)』『ユビキタス(マイレージカードなど)』『大企業に強い(?…三菱東京UFJや三井住友に比べてどうなのか曖昧ですが)』

三井住友=『収益性』『営業力』(バリバリこなす。元気な雰囲気)

りそな=『研修制度(かなり面倒見が良い)』『地域活性』

……以上のように考えています。

1)都市銀行4行に持つイメージ
2)幾つか分けて利用している方がいらっしゃれば、比較した良さや悪さ(利用していての効率面やサービスなど。利用しているみずほの支店は窓口対応が早い気がします)

2点のどちらかでも良いので、教えてください。また、行員の方で「此処は絶対に負けない!」という所があれば、是非、コメントお願い致します。

現在就職活動中で、金融業界の総合職を志望しています。
特に志望動機に困っているのですが、メガバンク+りそなの違いが見えてきません。サービス面で手数料無料や生体認証などが騒がれていますが、実際の商品自体は似たり寄ったりといいます。チョコのお菓子がいくらでもあるように…。どこも社員の方も大変立派な方が多く、それにも関わらず自分の中で明確な違いや決定打が見えて来ないのです。

そうなると一番気になるのがイメージで、個人的には

三菱東京UFJ=『プロ意識(お堅い所もあると思りますが、...続きを読む

Aベストアンサー

あなた様に会って話をしてないので、何とも言えない部分はありますが、私感として、
>金融業界の総合職を志望しています。
>特に志望動機に困っているのですが
だったら、確固たる志望動機はないようなので、ズバリ、銀行には行くべきではないと思うのですが・・・まわりに銀行志望の人がいたら、私はかならず、止めろと言ってます。確固たる志望動機なしに、銀行の総合職を志望なさってるのでしたら、おそらく、
・経済的収入の大きさ
・社会的信用の大きさ
・表面上のイメージの良さ
などで、漠然と志望なさってるのでしょうが、銀行、特に総合職は、そんなに甘いところじゃないですよ。
ちなみに、私は以前そっち方面で働いてた者です。

まあ、本題から行きましょうか。

三菱・東京・東海+三和銀行(あえてこう書く) 
・旧三菱東京は、バブル期にも堅実かつ手堅い経営していたが、旧三和は、関西系のノリよろしく、バブル期の行け行けドンドン・法令遵守無視の経営をしてたので、そのツケが巨額の不良債権となってます。
大阪の飛鳥会の不正融資の事件くらい分かってるでしょうね??
旧東海は、トヨタ自動車および関連企業の繋がりが大きいから、経営は安定してたはずです。
・行風は、三菱+東京は、東京系・財閥系らしく、穏やか、機械的・石橋をたたいても渡らない、プロ的かな?東海もそれに近い。UFJは、関西系の体育会的ノリ。行風が相容れるはずもない。(三井住友にも言えるが)
・最近でしたら、手数料軽減措置(ATMとか)に積極的な印象はあり。住宅ローンなど貸出金利も、比較的低めだったと思う(が、審査は厳しめという、もっぱらの中小企業経営者の声 今までUFJ審査だったら貸してくれたところ、三菱審査だったら貸してくれなくなった所も多いようです。裏を返したら、企業の財務状況が多少悪くても、付き合いで貸していた所があるのですが。)

住友+三井+太陽・神戸・わかしお(w銀行
・実は、ここは、わかしお銀行 逆合併による有価証券含み損を消すため、第二地銀を存続して三井住友銀行を吸収するという大技をした銀行ですね。
・なんだかんだ言って、住友を背景とした関西での信用度は非常に強力でしょう。
・未だに太陽派 神戸派 三井派 住友派とあって、なかなか人事面とか考え方の違いなので、しっくり行ってないらしい
・住友クレジットサービス→三井住友VISAがあるだけに、昔からクレジット商品系には力を入れてきた印象・・・・ここに入ったら、もれなく、それなりのVISA勧誘ノルマが待っているでしょう。(他の銀行にもつきものだが)

第一勧業+富士(安田財閥系)
・宝くじの販売ノルマがある??(未確認)
・マイレージクラブに代表される、ポイント制度の充実は強いと思う。
・安田系って、住友に対抗意識をとっても燃やしているらしい・・・が、ことごとく勝てないようである。

大和・協和+埼玉
・顧客満足度を挙げる事に腐心していて、花王から何人か招聘したんだったっけ?今までの銀行にはない斬新な取り組み
・店舗は、待ち時間軽減を大目標にしている。
・立っての窓口業務もしている・・・が、行員はギックリ腰になってるらしい・・・・
・旧大和銀行が、ニューヨークでメチャクチャしたので、海外業務においては、その影響を引きずっている
・実は、ポイントに関しては、みずほ銀行よりりそな銀行の方がが遙かに充実している(りそなクラブの事を調べてください。提携先は段違いに多いです。)
・リテール 小口に特に注力(一見響きが良いが、ニューヨーク事件でアメリカから退場させられたのを契機に、メガバンクとの違いを打ち出した戦略なので、何ともねえ・・・・)

などなど、とりとめなく書きましたが・・・・まだあるが、面倒なのでこのくらいで。メガバンク・りそな間のスタンスの違いって、一番如実に分かることだと思うのですが・・・

あと、銀行と言えば、預金して、お金を貸して・・・の印象があると思いますが、今の銀行は、信託は売るわ、保険はもうすぐ窓販解禁だわ、クレジットは売るわ、総合金融業みたいになってるので注意してください。
特に、保険販売に関しては注意を。私は今、保険屋さんなのですが、銀行が、年金保険販売で、どれだけ消費者センターに苦情が舞い込んでいることやら・・・・(詳細は略。知りたければ書きますが。)もうすぐ、医療保険窓販開始ですが・・・これ以上はやめておきます。

(一部、横から失礼)
>行員の知識が追いついていないのか、銀行の方針としてオブラートに包んでいたいのか。
法人営業してたら、オブラートに包まないとダメな場面多いですよ。
たとえば、企業の財務内容悪化に伴う応分リスク対応の為、貸し出し金利上げ交渉するときとか、あなたの会社の財務内容が悪くなったから金利上げますなんて言えませんから。こういう時は、オブラートに包んで言うのですが、そこで、担当者は、いかにしたら相手取引先を立腹させずに丸め込めるか考え込んでストレスが猛烈に貯まるので(良く言えば交渉)、胃潰瘍になったり、頭に円形ハゲができたりするのです。
まあ、どういう質問であったか分からないので、何とも言えませんが。

>銀行全体として、ノルマは厳しいのでしょうか?
ズバリ言います。ノルマが厳しいでしょうかとか聞いている人には、銀行は不向きです。 
”いかなるノルマが来ても、絶対やり遂げて見せます!!”と、声高らかに言える人が、銀行の親方たちは大好きなのです。だから、記録、勝利に向かって邁進してきた体育会が好まれるのです。本当にいかなるノルマかあ?と、思わず突っ込みたくなりますが・・・・
ノルマとしては、部署・銀行によって違うのですが、
・ボーナス時期の定期預金獲得活動(最近の低金利下では下火)
・新規顧客先の増強
・クレジットカード契約集め(私は、ファイナンシャル・プランナーかつポイント、クレジット方面の知識は銀行の連中より遙かにあるので、これは得意ですが、まず、普通の銀行員なら、これは嫌になるでしょうね。)
・おそらく、医療保険窓販始まったら、医療保険口数集め
・信託の増強もあるかな?
・支店の融資先数、融資額増強(銀行の基本的収益源なので、これ重要 )
その他、資格面での勉強とか、とにかく、やるべき数字は、わんさかあります。高収入、安定の引き替えと思って諦めてください。

あなた様に会って話をしてないので、何とも言えない部分はありますが、私感として、
>金融業界の総合職を志望しています。
>特に志望動機に困っているのですが
だったら、確固たる志望動機はないようなので、ズバリ、銀行には行くべきではないと思うのですが・・・まわりに銀行志望の人がいたら、私はかならず、止めろと言ってます。確固たる志望動機なしに、銀行の総合職を志望なさってるのでしたら、おそらく、
・経済的収入の大きさ
・社会的信用の大きさ
・表面上のイメージの良さ
などで、漠然と志...続きを読む

Q合併会計について…

合併会計についてお願いします。

被合併会社が合併会社の株式を所有していた場合
に合併貸借対称表で何故、自己株式と処理して
自己資本から減算する形にするのでしょうか??

もう1つお願いします。

逆に合併会社が被合併会社の株式を所有していた場合で…
本来なら合併会社の株主に株券を交付しないのですが…
交付した場合に何故自己株式で処理するのでしょうか??

Aベストアンサー

とりあえず最初の質問だけ。

もとの質問を
1.被合併法人が所有していた株式が自己株式になる。
2.自己株式は資本の控除項目である。
の2つに分けて説明します。

最初に1から
合併法人=A社 被合併法人=B社 とすると
・B社がA社に投資していた。
    +
・B社はA社になった。(合併によって)
    ↓
・A社がA社に投資している。
ということで自己株式ですね。よろしいでしょうか?

次に2
普通株式を所有する場合、資産勘定に計上します。
しかし昨年の商法改正に伴い自己株式の場合に限り資本の控除項目とするようになりました。

例えば
資本金10億円の会社が設立後すぐ5億円分の自己株式を取得した場合
BSは

資産の部       資本の部
現金   5億    資本金   10億
自己株式 5億



資産の部       資本の部
現金   5億    資本金   10億
           自己株式  -5億

どちらが実態を表していると思いますか?

参考URL:http://www.moj.go.jp/MINJI/minji34.html

とりあえず最初の質問だけ。

もとの質問を
1.被合併法人が所有していた株式が自己株式になる。
2.自己株式は資本の控除項目である。
の2つに分けて説明します。

最初に1から
合併法人=A社 被合併法人=B社 とすると
・B社がA社に投資していた。
    +
・B社はA社になった。(合併によって)
    ↓
・A社がA社に投資している。
ということで自己株式ですね。よろしいでしょうか?

次に2
普通株式を所有する場合、資産勘定に計上します。
しかし昨...続きを読む

Qみずほ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行

家の近くに
みずほ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行
があるのですが、
どの銀行が便利でしょうか?

給与の振込口座にしたいのですが、
毎月家賃を振り込んだりするので
他の銀行への振込手数料が安い銀行が良いのですが。

給与は20万ですが、今ある貯金も移すので
残高は50万くらいになると思います。

Aベストアンサー

三井住友銀行ではないでしょうか
SMBCポイントパックなら30万円以上なら、通帳ありでも時間外手数料がかかりません
コンビニも回数制限はありますが、無料で利用出来ます
ゆうちょ銀行の平日の時間内なら無料です
VIEW ALTTEも平日の時間内なら無料です
VIEW ALTTEの設置場所は、JRにお問い合わせ下さい
三井住友銀行の本支店宛※なら、10万円以上の預金残高があるなら、無料です

あなたが、関西にお住まいなら、三井住友でしょう
さくら銀行(旧太陽神戸銀行)と住友銀行って関西に支店が多い銀行同士の合併ですので、支店はいまだに多いですよ
また、みなと銀行と関西アーバン銀行って子会社の銀行も平日なら無料で引き落とし出来ます。その支店は、三井住友銀行宛の振込手数料となります

ゆうちょ銀行なら、ゆうちょ銀行なら終日ATM利用手数料が無料です
ゆうちょ銀行への振込も無料だったりします

Q企業合併の考え方

合併関連の本を読んでいると、合併比率を算定するための企業評価と、会計上の受入資産・負債の評価方法は別なものであるように理解しました。例えば、合併比率算定にはDCF法を使い、会計は簿価受入(持分プーリング法)で行うというのは有りなんでしょうか。思想として矛盾するような気がしますが。合併・被合併の両社を同一の方法で評価する合併比率算定と、あくまでも被合併会社の受入価値のみを算定する合併会計は違うということでしょうか。また、被合併会社の株主に交付する合併会社株を新株発行で行う場合、発行価格総額(資本の部の増加額)は上記合併比率算定時の被合併会社の純資産の時価評価額になると思うので、簿価受入と不一致になってしまうと思うのですが。どこかで認識が間違っているのでしょうか。

Aベストアンサー

合併比率を算定するための企業評価と、会計上の受入資産・負債の評価方法は別なものです。合併比率を算定するためには、いろいろな企業評価の手法を使います。DCFもそのひとつです。

会計の話は別です。一方が他方を買ったと考えるパーチェス法と、二社が一体化したと考える持分プーリング法の処理がありますが、これまで日本ではほとんと持分プーリングで処理されてきました。しかし、昨年できた企業結合会計が適用されると、ほとんど2社の規模が同じでないと持分プーリング法は使えないことになります。

また、増加資本の計算ですが、発行株式数と増加資本とは直接関係しません。持分プーリング法の場合には、増加する純資産の分だけ資本を増加させます。パーチェス法の場合には、純資産と増加資本が異なることがありますが、そのときに発生する差額は「のれん」として処理されます。

ちょっと難しかったですか

Qみずほ銀行と三井住友銀行

三井住友銀行を主に利用しているのですが、近くにみずほ銀行ができたので最近乗り換えようか検討中です。

条件は、コンビニでATMを利用した際どの時間帯でも手数料が無料になることです。
今現在、三井住友はキャッシュカード兼クレジットカードで、条件付き(私の場合預金残高が常に30万円以上)で手数料が無料になっている状態です。


少しみずほのHPを見てみたのですが、みずほはキャッシュカード兼クレジットカードを作れば他の条件ナシで手数料が無料になるのでしょうか?あと、マイレージの意味もイマイチ分かりません。


それぞれの良いところなど教えていただけると嬉しいです。
詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

コンビニ「am/pm」のATMを利用するかが選択の分かれ目になると思います。

みずほ銀行のコンビニATMの無料では、am/pmが含まれてません。
http://www.mizuhobank.co.jp/mmc/tokuten/conveni_atm.html

am/pmのATMは三井住友が運営している関係上、それ以外の銀行カードは基本的に手数料が発生する仕様になってます。
am/pmのATMで、みずほ銀行のカードを利用した場合、以下のページに掲載されている手数料と同じ金額が発生します。
http://www.smbc.co.jp/kojin/tenpo/atm/honshiten/other.html

私の場合ですが、自宅から一番近いATMと、出掛ける際に利用するコンビニATMにおいて、am/pmの利用比率が高いので三井住友をメインにしてます。

特に、東京都心ではam/pmの出店比率が高いので、そのような地位で利用される確立が高いようでしたら、三井住友を継続された方が有利かと思います。

なお、Web通帳にするだけで直接提携しているコンビニATMが全て無料になるのと、原則ゆうちょ銀行ATMの平日昼間の利用が無条件で無料になるのも、三井住友の大きな魅力かと思います。

コンビニ「am/pm」のATMを利用するかが選択の分かれ目になると思います。

みずほ銀行のコンビニATMの無料では、am/pmが含まれてません。
http://www.mizuhobank.co.jp/mmc/tokuten/conveni_atm.html

am/pmのATMは三井住友が運営している関係上、それ以外の銀行カードは基本的に手数料が発生する仕様になってます。
am/pmのATMで、みずほ銀行のカードを利用した場合、以下のページに掲載されている手数料と同じ金額が発生します。
http://www.smbc.co.jp/kojin/tenpo/atm/honshiten/other.html

私の場...続きを読む

Q合併特例法と合併支援策

市町村合併について質問です。
合併特例法というものと、合併支援策というものがあるようなのですが、どう違うのでしょうか?
また、財政的支援として、「合併直後の臨時的経費に対する財政措置」「特別交付税措置」「補助金」は、合併特例法ではなく、合併支援策で定められているのですよね?

Aベストアンサー

国会の作った合併特例法に基づいて、行政が実施するのが支援策なのでは?

Q三井住友銀行

オークションで落札をしたら、振込先が三井住友銀行だったのですが、郵便局から振り込めますか(ホームサービスも含め)。他銀行からの振込み手数料はおおよそいくらくらい掛かるでしょうか。ちなみに振込み金額は3,000円です。

Aベストアンサー

 郵便局の口座から送金できる銀行はいくつかありますが
三井住友銀行は対象外なので郵便局からは入金できません。
他の銀行から振り込んだら?ですが
最近は銀行も手数料に独自色を出してきましたから
ご利用になる銀行によって違いますね。
以前は210円というところがほとんどだったんですが
りそな銀行なんか420円もかかるんですよーー。

参考URL:http://www.yu-cho.japanpost.jp/s0000000/ssk11000.htm

Q企業合併について教えてください

企業の合併について教えてください。

うちの会社の顧客である会社Aより、会社Bと合併したと連絡がありました。
A-Bについては、合併の通知をもらい社内処理をしたのですが、
会社Aは店舗Cを持っており、店舗Cは会社D(会社Bの関連会社)
に合併したとのことでした。
C-Dの合併通知か合併の記載がある登記簿謄本をもらいたいと、
先方担当者に伝えたのですが、通知は発行しておらず、登記簿謄本も
「店舗統合」という形をとっているので記載はない、とのことでした。

店舗統合とは何なのでしょうか?合併の一種なのでしょうか?
合併であれば、合併の事実がわかるものを先方からいただこう
と思いますし、合併でなければ、権利の譲渡の処理をしなければ、
と思っています。

曖昧でわかりにくくて申し訳ありませんが
アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

相手の担当者の言っていることが意味不明なので、質問があいまいになるのは止むを得ないと思います。
まず、店舗というのは企業の営業拠点のひとつであり、会社そのものではありません。仮に店舗がひとつだけの会社であっても、会社というのは人と出資によって成り立つ法律上の存在ですから、店舗=会社ということにはなりません。合併というのは会社と会社とを結びつける法律行為であって、法的存在ではない店舗と法律上の概念である会社とが合併するということはできません。人である異性とは結婚できますが仕事とは結婚できないのと同じようなものです。
店舗CがA社の拠点であったのなら、A社はB社と合併したのですから、店舗Cは自動的にABの合併法人の拠点になります。それをD社の拠点とするためには営業譲渡を行わなければなりません。合併と異なり、営業譲渡については登記等は必要ないので外部からはわかりません。「店舗統合」という言葉は法律上のものではなく、その企業グループの中で便宜的に使われる言葉に過ぎないので、結局、法的にどういう意味になるのかはその企業に問い合わせなければわからないでしょう。

営業担当者などは会社の法務については疎いものです。相手の会社の総務部や法務部など、そういったことに詳しいところに問い合わせるべきだと思います。ただ、営業担当者では話がわからないから、ということになるとその担当者にとってマイナス評価になる危険もあるので、事前に断っておくほうがよいでしょう。もちろん、答えられない当人が悪いのですから問い合わせることについては何の問題もないでしょうし、本人が危機感を覚えれば、きちんと調べてくれるかもしれません。

相手の担当者の言っていることが意味不明なので、質問があいまいになるのは止むを得ないと思います。
まず、店舗というのは企業の営業拠点のひとつであり、会社そのものではありません。仮に店舗がひとつだけの会社であっても、会社というのは人と出資によって成り立つ法律上の存在ですから、店舗=会社ということにはなりません。合併というのは会社と会社とを結びつける法律行為であって、法的存在ではない店舗と法律上の概念である会社とが合併するということはできません。人である異性とは結婚できますが仕...続きを読む

Q三井住友ゴールドカード

36歳会社員(非上場)年収500万
現在、三井住友のANAカード一般とクラシックの2枚を持ってます。
クラシックが3年、ANAカードが2年弱の使用歴でともに事故はありません。
クラシックをゴールドに切替したいのですが、毎月15万のカード利用の内ANAカードで14万そして1万をクラシックで使用しております。
クラシックの1万はPiTaPaの代金のみです(PiTaPa分はWPにならないので)
ANAカードをゴールドになら通ると思うのですが、クラシックカードをゴールドにするのはやはり難しいですか?
因みにANAカードをゴールドにするつもりはありません

Aベストアンサー

ご参考にして頂ければと思います。

私もANAカ-ドとクラシックの2枚を所有していました。
つい最近、クラシックをゴ-ルドに切り替えましたよ。
クラシックの会員暦は長かったのですが、最近の年間利用金額は5万円程で、もっぱらANAカ-ドの方を使っていました。
でも、デスクに電話をするとすぐに申し込み書を郵送してくれましたね。

ANAカ-ドの利用暦も考慮されると感じましたが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報