母は腎臓結石で4.5年に1回レーダーで石を砕く手術を受けています。でもけっこうつらいらしいのです。 それである時テレビで結石を溶かす薬ができたとやっていたと母が言ってました。でも名前とか全く覚えてないんです。 知っていらっしゃる方がおられたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

胆石を溶かす薬は、ウルソサン錠と云います。



ただ、医師の種類によっては効果がありません。
私は、もう5年以上飲んでいますが、少ししか小さくなりませんが、医師が云うには、飲んでいるから大きくならないそうです。

参考URLをご覧ください。
腎臓結石の場合の日常生活について、書かれています。

参考URL:http://www.takedahp.or.jp/com/health/58.html
    • good
    • 0

尿酸結石でしたらウラリットという薬でアルカリ性に変えれば小さくすることができますが、シュウ酸結石では効き目がありません。

水をよく飲んで、食べ物に注意してください。ほうれん草や、タケノコですね。食べるときは水によくさらしてください。カルシュウムの取りすぎにもご注意を。

お母様を大切に。
    • good
    • 1

私も、芸能人の健康診断TVをみて、


つい最近友人の薬剤師さんと、医師さんに聞きました。
石を溶かす薬は、酸性尿に出来やすい結石と、
アルカリ尿に出来やすい、結石があり、
その酸性とアルカリ性をコントロールするような、
薬があるそうです。

ですので、尿と一緒に出てきたら、
それをもって、病院に行くと、ようやく、適切な
薬剤治療ができるそうです。

お医者さんでも、胆石でばたばたしている
事を見ると、石が出てくるまで薬は難しいんですかね?

クスリは反対に飲むとリスク。

実は、私も腎臓結石でビビッテいる一人です^^
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腎臓結石の破砕費用について

私は両方の腎臓にそれぞれ2個づつ合計4個の結石を持っています。
大きさは7mm~9mm位です。そこで質問ですが破砕装置で手術というか破砕をしてもらうと、手術費用はどれ位かかりますか?今は日帰りで帰れるそうですが料金がすごい高いそうなので迷ってます。経験者の方いろいろ教えて下さい。

Aベストアンサー

体外衝撃波結石破砕術と言いますが、それ単独での1個の結石に対する1回の費用は19300点(+3000点)×10円の22万円程度で、保険が3割負担ならば約7万円です
もし、他の費用も合わせて72,300円以上となった場合は保険へ申請により払い戻しの対象となりえます

参考URL:http://www.kgh.or.jp/jisseki/hiyou.htm,http://www.kokuho.or.jp/kokuho/high-expenses/index.htm#top

Q腎臓結石 薬の服用後…

3月に突然右脇腹が痛み、病院で腎臓結石と診断されました。
1ヶ月分の飲み薬を処方され、薬で溶かして小さくしたあと尿と一緒にでるというようなことを言われ
尿と出る際には痛みがあると言われました。
薬を飲み終わって2週間近く経ちますが、まだ痛みを伴う尿はありません。
これはまだ腎臓に残っているということでしょうか?
または痛みがないまま出て行く、薬で溶けてしまったということもあるのでしょうか。

実は現在フィリピンに住んでおり、英語が堪能ではないため
先生に詳しく質問をすることができません。
保険会社を通しているので、そちらに質問してみましたが回答がないままです。
再検査をして残っているかどうか確認したほうがいいのでしょうか。
今後再発した際など保険の適用になるかどうかも気になります。
最初に行った病院のある地から2時間ほど離れたところに引っ越してしまったので
先にこちらで質問させていただきました。
すみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2度目です。ご参考まで。
Cipnofloxacin(7日)は抗生物質ですが熱や痛みなどの急性症状が出ているときに念のため感染対策として処方だと思われます。Rowarinex(1ヶ月)は植物由来成分の配合剤ですが即効性はなく徐々に石を溶かし排泄を促します。NaCHO3(3週間)は体液をアルカリ化し、酸性になるとできやすくなる石を溶かしやすく出しやすくさせます。
シュウ酸カルシウムなどの石は薬でゆっくり溶かされ小さくなり、出てきやすくなります。ですので薬はすべて続けてお飲みいただいた方がいいと思います。注意点として牛乳などカルシウムを大量にとると悪化したり体内にカルシウムがたまり過ぎて副作用につながるので今は水や麦茶などで水分補給をお勧めします。

Q腎臓に結石が出来たことのある方アドバイスください。

 父が腎臓に結石が出来て、近日手術をします。
結石が腎臓から尿管に行くところをせき止めていて、左の腎臓が機能していない状態です。
今回の手術はその結石を内視鏡で砕いて吸い取るのだそうです。結石がすべて取り去れるかはわからないので、少々術後が不安です。

蓄積されたものなので旨く結石が取り除かれることを願っているのですが、これってどのようなことが原因で溜まるのでしょうか。

医者は色々要素があるのでこれと言って原因はないといわれました。

手術後にちゃんと予防をしたいので、経験のある方など、どうすれば発症しないのか、結石が取り去れない時はこうした方がいいなど、アドバイスをいただければ幸いです宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>医者は色々要素があるのでこれと言って原因はないといわれました。

こんなこと言われては結石の予防なんて出来ませんね。

おそらくお父様は体温が低いと思いますがどうでしょうか。尿路結石の原因の殆どはストレスによる排泄抑制と血流障害、それにともなう低体温だと思います。痛風も同じでしょう。

例えば長時間働き過ぎなどによる過労あるいは人間関係の心労が続いて、それらが適応力を超えるストレスになっていくと分泌、排泄のための副交感神経が抑制され血管は収縮して血流障害がおきてきます。そうすると分泌物や排泄物がうまく排泄できなくなって濃縮されてきます。当然血流が悪くなって体温が低下してきますが、腎臓は低体温に弱い器官でしっかりと尿が作れなくなってきます。液体の温度が下がるとその中に溶けてる物質の溶解率は低下、濃縮されたものが次第に結晶(シュウ酸カルシウム)化することになります。

仕事人間でまじめな方は時としてまじめにやればやるほどそれがいつしかストレスとなってしまってることがあります。ストレスは交感神経を緊張させ知覚など鈍っていきます。

分かりやすく極端なことを言いますが、例えば何かに一生懸命になりすぎるといつしか喉の渇きさえ忘れて気が付いたら喉がカラカラになってることがありますが、そういうことが少なからず慢性的におきてるわけです。運動など一過性のことであれば心配することはないのですが、慢性的に水分補給が足りない状態です。しかも低体温です。

ことは水分補給だけでは解決しません。体を温め、必要な体温を確保しておくことが必要となります。リラックスする時間を増やすことがポイントになりますがおっしゃるように軽い運動やゆっくり入浴することは欠かせないでしょう。原因はなんらかのストレスです。ストレスが体温を下げて結石の原因にさえなってしまうということを知っておくことは大変大事なことだと思います。慢性疾患は生活習慣が原因だからです。

食べ物を制限するよりはなんでもバランスよく食べて栄養不足にならないようにして下さい。

>医者は色々要素があるのでこれと言って原因はないといわれました。

こんなこと言われては結石の予防なんて出来ませんね。

おそらくお父様は体温が低いと思いますがどうでしょうか。尿路結石の原因の殆どはストレスによる排泄抑制と血流障害、それにともなう低体温だと思います。痛風も同じでしょう。

例えば長時間働き過ぎなどによる過労あるいは人間関係の心労が続いて、それらが適応力を超えるストレスになっていくと分泌、排泄のための副交感神経が抑制され血管は収縮して血流障害がおきてきます。そ...続きを読む

Q健康診断で潜血2+、その3ヶ月後血尿あり泌尿器科で受診、エコー腎臓に影、レントゲン腎臓に影、細胞診ク

健康診断で潜血2+、その3ヶ月後血尿あり泌尿器科で受診、エコー腎臓に影、レントゲン腎臓に影、細胞診クラスIII、3ヶ月の経過観察、、、。ガンの可能性はありますか?

Aベストアンサー

大腸ガン患者です。

ガン特有の検査にPETCT検査があります。
しかし自由診療になるので保険適用されません。
心配であれば申し出ることで可能です。
費用は10万円程度かかり被曝量も大きいです。
質問者さんも若い女性なので医師は進めなかったのかも

PETCTについて
30以下の女性では、がん早期発見による寿命延長よりも発癌による短縮のリスクの方が大きい。
などという人もいます。

Q結節性筋膜炎について(どんな情報でもけっこうです)

結節性筋膜炎について、どんなささいな情報でも結構ですので教えてください。宜しくお願いします。
出来れば、自然に消えることはあるのか教えていただければと思います。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

赤ちゃんの頭部に出来るタイプというのもあるのですね。自分は経験がないので、本を調べてみましたが、頭に出来るのは1歳くらいまでの子供に多く、出産時の頭部外傷と関係がある可能性があるけど、必ずしもそうとは言えないものだそうです。経過は成人型と同じで、反応性の病気です。

石灰化上皮腫は病変の境界が明瞭なので、腫瘍をギリギリで切除することが多く、病変の境界が不明瞭な結節性筋膜炎を取りきれなかった可能性はあります。
再発ではなく、手術後の傷の治る過程で腫れているのかもしれません。
赤ちゃんに再度手術というのもかわいそうですが、再発なのかどうか確認してもらった上で(取り残したとすればどのくらい取り残した状況かなども)、経過観察するか再手術するか、主治医とよく相談されるのが良いと思います。

「誤診されていた」とありますが、あまり小さい子に多くの検査をするのは大変(局所麻酔なんてできませんから)ですしリスクも大きいですし、やむを得ない面の方が大きいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報