ライブレポ!コーネリアス独自の世界観をお届け!

少子高齢化だと騒がれていますが裏を返せばそれだけ
日本が先進国として発展したということではないでしょうか? 
高齢化というのは日本の医療技術が発達し万人がその恩恵を受けられるように国が発展したという事。
少子化は福祉などの社会保障の忠実により子供を産み育てなくても老後に困る(子供がいなくても現在は国が福祉ですべて面倒をみてくれる)ということが無くなったからではないでしょうか? 
昔のような状態に戻せば少子高齢化も解消されるのではないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 確かに、医療の発展によって高齢者の健康状態が以前より良くなり、平均寿命が世界一の水準まで延びるほどになってきました。


 ただ、少子化が進んだときに、年金など高齢者の生活を支えるシステムが将来的に揺らぎかねないというのが問題なのです。
 つまり、今は年金を払う側と受け取る側のバランスがまだ取れているので何とかなる状態なのですが、若者が減って高齢者が増えるという状況が続くと、年金を払う側である年代の負担がすごく重くなってしまうという事です。国の福祉といっても財源は国民ですからね。

 
 
    • good
    • 0

>うことではないでしょうか?


日本に限って考えるとそうとは言いきれません。
というのは.戦争前後.独身者に高額なにんとう税をかけていました(特攻たいようの兵隊の不足が予想されたので重税をかすことで増やした)。そのために「ペピーブーム」という人口のゆがみが現れたのです。
このベビブーム世代が高齢になれば.当然高齢者問題が発生することになります。
天皇の名の元に行われた行為のゆがみが今ごろになって現れているのであって.けして発達したのではありませんし.かってのように重税を貸して出生率を増やしても.増えた子供たちの職がありません(失業者が多い)。結果的に.ホームレスのような餓死者を増やすだけでしょう。

 
    • good
    • 0

質問に対するお答えとしては、半分Yesであり、半分はNoではないかと思います。

誤解があるといけないのですが、少子高齢化は日本だけの問題ではなく、多くの先進国の中で抱えている大きな問題であり、日本がその中でも特筆するほど急速に進んでいるということで、注目を集めているということです。

少子高齢化の問題は複合的要因により発生していると判断するのがよいかと思います。例えば、教育費の問題、年金等の将来不安もそうでしょうし、日本の労働環境が変わってきているのに、諸制度がそれについていけていない(例えば、働く女性が増えているにも関わらず、子供を持つ女性の働く環境の整備がまだ不十分で、働く女性が子供を産みにくい環境である)というのもあるでしょう。又、豊かになったことによって、どのような生活を送るかという選択肢が増えたことも一員でしょう。さらには、団塊の世代と呼ばれる方々が、再来年あたりからリタイアすることによる人口構造にも要因があるでしょうし、医療の発達にも要因があるでしょう。

よって一番最初にお答えしたように、少子高齢化が国が発展した証というのは嘘ではないと思いますが、その他にも要因があり、適切な政策によって、傾向を止めることができないにしても進展を緩やかにし、対応することは可能であると考えられます。例えば、年金制度の見直し、女性の労働環境の整備、教育改革、更には高齢者の労働環境の整備など等。
唯一つ注意すべきは、「昔のような状態に戻せば」といのは少し乱暴な議論だと思います。まずそのようなことは誰も望まないでしょうし、そもそもそのようなことは不可能であると考えるべきだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
現在、国は老人医療の自己負担を上げ医療にかかりにくくしています。
これは実質的に老人を減らそうとする人口コントロールではないでしょうか?
(昔は貧民は医療にかかれなかった)

お礼日時:2005/08/06 13:46

高齢化はともかく少子化は違います、先進国で日本だけが少子化に向かっています。


年金や社会保障の将来的な不安を払拭できないことが女性に「産む不安」を募らせています、社会保障が充実し教育と医療に関してお金が全くかからないデンマークなどは若い子沢山夫婦はけっこう居ます。
日本がそうなることは今さら不可能だと思いますが、少なくとも「産む不安」「産んだあとの不安」を払拭できない日本政府は根本的恒久的な対策を立てないといけません。
    • good
    • 0

意味がわからん。


確かに高齢化は医療技術が発達した結果かもしれないけど
少子化は「国が発展した」結果ではありませんよ?
構造的な問題です。
医療技術の発達が少子化に影響を及ぼしているとすればそれは避妊や中絶という方法が大昔に発明されたからとなるわけですが、遥か昔の話ですし、そこまで戻そうというのは極論で、ただ子供が増えれば経済が良くなるというわけではありあません。逆に貧困や病気、食糧問題などの問題が大きくなります。
少子化が進むのは、老後の心配が無いからではなく、男性が定職につかなかったり、所得が低かったりするからです(老後の心配は逆に一番最も関心事の一つでしょう)。雇用が活発になり、所得の底上げができ、働く女性が子供を育てやすい環境もできれば、子供は勝手に増えます。
    • good
    • 1

違います。



バブル期に日本の人件費が急激に上がり、バブルがはじけても一定の率しか下がりませんでした。
そこで、全員一律に下げるワークシェアリングという発想もあったのですが、労働組合のトップの中高年がいやがり、新規採用を極端に減らして、人件費総額を減らすということを行いました。
結果、終身雇用制はおろか、普通のサラリーマンになる手段も大幅に減り、結果、親元でのパラサイト、フリーター、ニートが増加することとなりました。

結婚して奥さんが専業主婦の人たちは、ほとんど子供は二人産んでいます。
生まないのは働く女性(働きながら子育てが難しいことが原因)と、不定期就労の人たちです。

これは、発展したからでは当然なく、不景気のしわ寄せを、若い人だけに与えるという労働組合の政治活動の結果ですね。
    • good
    • 0

発展した証です。


ただし発展の先には衰退・滅亡が待ってますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/08/06 13:41

>昔のような状態に戻せば少子高齢化も解消されるのではないでしょうか?



昔のようなというのがよくわかりませんが、現在の医療体制や経済的メリットを
手放せということでしょうか?
(政策的に行うことは無理ですが、少子化により将来人材不足が進めば
自然とそうなるかもしれません)

少なくとも他の先進国は、子供を生み育てるための社会制度の充実を図ることで
対応していますが、その方法では何かまずいのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
昔に戻すというのは‘子供を産まない‘ことによる
デメリットを作り出せばいいのではと思いました。
昔は子供を作らないと老後面倒を見てもらえる人間がいなく必然的に子供は必要でしたが現在は子供などの身内がいなくても国が福祉ですべて面倒を見てくれます。これも子供を作らなくてもいいや、と思える原因の一つではないかと考えました。(もちろん経済的な問題や子育ての社会支援不足など他の要因もありますが)

お礼日時:2005/08/06 13:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qふくらはぎの痛み

5日くらい前からふくらはぎの痛みで困っています。ふくらはぎといっても
前側だけが痛くて両足痛いですが右足が特に酷いです。座ってると痛くないですが歩くとすごい痛みます。触っても痛くないんですがあぐらをかいたりするときに足を持ったりすると痛いです。痛みと同じ時期くらいからむくみが酷いです。仕事は立ち仕事なんで毎日長時間立ってますがこんな事初めてです。
どんな事が考えられますか?忙しく病院に行けない為なんかシップなど処置の仕方があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

ふくらはぎの痛みは簡単に分けても、肉離れなど筋肉の問題、坐骨神経痛など神経の問題、静脈瘤など血管の問題など様々あります。

原因が違えば当然対処方法が違います。どんなに忙しくても、ご自分のお体のことですよ。午前中だけでも休みを取れば病院には行けるはずです。皆さん我慢してこじらせて、結果治療を、時間を、お金を、苦労を莫大に費やす結果になっています。早く対処すれば大事にならずにすむのです。私は早めの受診をお勧めいたいます。

ちなみにふくらはぎは運動器ですから、まずは整形外科でいいと思います。

Q少子高齢化は悪い事ですか?

少子高齢化は悪い事ですか?

Aベストアンサー

子供が少なくなって、年寄りが長生きすることは悪い事か?
子供が少なくなる事情もありますからね、年寄りを殺すのかって話ですよ。
医学の進歩で長生きになってますから、何処まで機械で見たいなことはあるよね。
少子化は、経済的な理由と中々結婚しない若者だが、彼らに罪はない。
年金制度というインチキに近い制度、払っている人も払わない人もいること自体おかしい。
税金のように取り立てなければ、払わない奴が生活保護を申請するというアホな展開になっている。
年金自体払ってない人には、生活保護も何もなしで良いんじゃないの。
それを、今の若者に負担させるような事するから、少子化になるんだと思いますよ。
生活保護の甘さが問題ですね。
それを税金で賄おうとするから歪みが出る。
働かぬもの喰うべからずを基本にして、病気とか怪我とかそのようなこと以外厳しくしないと誰も税金払いたくないんですから。

少子高齢化が悪いのではなく、様々なインチキ制度、過剰な医療、生活保護制度の甘さがいけません。

Q医療関係者の方々は、「現代医学が科学的に正しい」という確信をもって医療

医療関係者の方々は、「現代医学が科学的に正しい」という確信をもって医療に従事されていますか?

Aベストアンサー

この短い文章でどんな回答を求めていらっしゃるのかわかりませんが
オカルトの方はオカルト板にお戻りください(2ちゃんねるの言い方です)

Q日本人は少子高齢化で激減し、滅亡に向かいます・・・

なら、いっそのこと、日本の土地、建物、紙幣を社会主義を嫌う中国人若者革命団体に未来を託し、提供したらどうでしょうか?第二の台湾(第二中華民国)の建国をしたら面白そうです。

Aベストアンサー

>日本人は少子高齢化で激減し


これは改良の余地があるように思えます。

恋愛慣行で欧米ではさまざまな異性と食事などにでかけて、段階を踏んで彼女や夫婦になっていくようです。

日本では、「偏狭な父性性」的な慣行ってありますよね。食事に誘うことは気があってなど。

また子供を持つ家族への補助が少ない国のようです。



所得が低くなって結婚ができないなら同棲制度(フランスやスウェーデンなど)も欧州でありますし。

(ただし欧州では離婚の手続きが大変という理由から活用されている)

Q大阪都構想と二重行政

大阪都構想ですが、都構想にしないと二重行政は解消されないのでしょうか?

都構想にしないと…と言ってますがなんで大阪だけ二重行政があるのか謎なんです。 
教えてください。

Aベストアンサー

二重行政が問題なのなら全ての政令指定都市で問題になっているはずです。それぞれの市が県と市の棲み分けをしながら発展しております。大阪はそれが出ない理由を都構想という化け物にすり替えただけです。都構想になったら全てうまくいくなんて幻想を振りまいておりますが、体育館はどうするのか?東京の区には全て立派な体育館も温水プールもあります。図書館も公民館もです。
 A区に素晴らしい施設がたくさんあるのにb区にオンボロの施設しかないとなったら必ず不満が起こります。何よりも心配なのはゴミ処理の問題です。周辺の区に巨大なゴミ処理場があります。おそらくそこは大阪市でも地価が安く人口も少ないところです。そんな区が、金持ちの中央区と全く同じコストを払ってゴミ処理をすることに不満が出ないはずはありません。
 世界の何処でも都構想なんて実現した町はありません。東京は軍の命令でしたことです。しかも実行したのは国の役人です。そんなことは絶対に出来ないと訴えても大阪の人は誰も聞いてくれません。

Q少子高齢化っていうけど

少子高齢化って言っているけど、そうなった原因がどうしてかって、どうしてみんな考えないんだろう。

マスコミは少子高齢化なので、税金あげてもしょうがないような論調。日本は世界一の借金大国とのこと。

でも、わたし不思議なんです。特に日本の医療だけ優れていると思われません。どちらかと言えば、外国で承認されている薬でも、日本の場合なかなか承認が取れないとか、むしろ後進的なイメージもあります。

どうして日本だけが突出した少子高齢化になったのか?

マスコミもどうしてそうなったのかあまり論調がなく、少子高齢化になったので、借金大国になったとか、おぎなうための消費税アップは仕方がないとか。年金も年金料が増える可能性があるとか、保険金が減るとか、支給年齢を上げるとか。

わたしがもらうとき本当にもらえるのか心配です。

少子高齢化になったのなんて、日本の社会がそのようになってしまう状態で放置していたからだと思われてしょうがありません。政治のせいだって。

わたしの場合を考えると、私自身も派遣社員ですが、今派遣社員(非正規社員)の人が多すぎると思います。

男友達はいますが、結婚を考えられるような人はいません。

やはり、長い将来を考えると派遣社員(非正規社員)の人とは、いくら好きな人がいても結婚は考えにくいです。。

将来安定した人と結婚したいです。でもずっと一人で一生暮らすというのも、自信がありません。

わたしのように思っている人は多いと思います。女性が結婚に踏み切れないので、それが少子の原因。

また、新聞等を見ると、共働きをしようにも、預けるところがない(待機児童が多い)とのこと。

またマタハラに合っている人も多いとのこと。経済的なもの等で女性が子供を産みにくい環境にしている。それも少子の原因。

高齢化って、その年代の人って、団塊の世代で一時的に子供が増えた時代の人が高齢化になっていると思います。

わたしたち本当に将来不安に思っているのに、少子高齢化の現象ばかりとらえて、どうしてそうなったのか? 日本だけ突出しているなら、どうして日本だけが突出してしまったのか考える必要があると思うんですけど・・・・・。

日本だけこうなった責任って誰がとるんでしょうか?

わたしにはどうしても政治が悪かったとしか思えません。

少子高齢化って言っているけど、そうなった原因がどうしてかって、どうしてみんな考えないんだろう。

マスコミは少子高齢化なので、税金あげてもしょうがないような論調。日本は世界一の借金大国とのこと。

でも、わたし不思議なんです。特に日本の医療だけ優れていると思われません。どちらかと言えば、外国で承認されている薬でも、日本の場合なかなか承認が取れないとか、むしろ後進的なイメージもあります。

どうして日本だけが突出した少子高齢化になったのか?

マスコミもどうしてそうなったのかあまり...続きを読む

Aベストアンサー

 少子高齢化についてはさかんに取り上げられる割りに思いこみが横行し(特にネット界隈)ており、いささか食傷気味でしたが、質問者様はまじめで地に足の着いた関心をお持ちとお見受けしましたので、浅学ながら「回答」させていただきます。

 まず踏まえておきたいのは、先進国はどこも少子化という現象に遭遇しており、この点にかぎってはなにも日本だけが特別なわけではないということです。
 発展途上国などでは国家機構が未整備な分、いまだ前近代的な血縁による共同体が強固で子どもを持つことに対する期待も高くなります。また、老後の生活を考えれば子どもは未発達な社会保障を埋め合わせる存在であり、さらにいま現在においても貴重な労働力となります。
 しかし、近代化が進めばこの必要性はいずれも減少していきます。先進国において子どもを持つのはなにより親になる者にとってそれが「幸せ」だと感じられるからにほかなりません。ということは、子どもを持つことで「不幸」になると予想されるなら子どもを作りたがらなくなるのは当然です。
 少子化が先進国に共通の問題でありながらなぜ日本ではかくも問題が深刻化しているのかというと、まさにここに問題の核心があるのだと思います。

 少子化の最大の原因と言われているのは非婚率の上昇、つまり結婚しない世帯の増加です。統計で見ると、単身世帯は1970年の20.7%から2000年の33.7%へと増えています。世間の3分の1は結婚しないのですね。
 いっぽうで結婚していながら子どものいない世帯を見ると1970年の12.1%から2000年の16.5%へとこちらも増加していますが、非婚世帯のそれと比べると見劣りします。
 さらに結婚しても夫婦が作る子どもの数自体も減少しています。結婚している世帯全体でみるとさほどの変化は見いだせないのですが、これは70代の夫婦も20代の夫婦も同じようにカウントされてしまうためです。一例として子どもの中で第1子がしめる割合は1960年の44.5%から2004年の48.4%へと増加しており、第2子以降の子どもを作りたがらない状況が看取できます。ついでに第4子以降の割合は1960年の9.1%から2004年の1%未満という顕著な変化を見せています。

 次に、ではなぜ結婚しない世帯が増えているのかを見ます。
 まず確認しておきたいのは、結婚するつもりのない人は1割にも満たないという事実です。生涯結婚するつもりのない人は1982年には男性で2.3%、女性で4.2%だったものが、2004年には男性で6.1%と女性で5.7%という具合に増えてはいるものの、いまだ大した数ではありません。多くの人は結婚したいと願いながらできないでいるのです。
 ところで結婚相手に望む要件として男女ともに最も「重視している」のは「人柄」で、男性では74.9%、女性71.0%で、「考慮する」と回答している人はそれぞれ19.8%と8.0%です。まあこれは当然と言うべきですね。しかし、注目すべきは相手の「経済力」をあげる人が、女性では「重視する」と「考慮する」を合わせると92.1%に上っていることです。ちなみに、男性の側は結婚相手に「経済力」はさほど求めていません。
 とどのつまり、男性に甲斐性がないことが問題だというわけです。たしかに生活していくことを考えれば死活問題です。実際問題として質問者様も指摘しているように、たとえば30代で派遣社員の男性なんて場合、わが国の社会状況ではよほどの幸運に恵まれないかぎり生涯生活に苦しむことが容易に想像できます。

 いっぽうで、先に上げたように結婚している世帯でも子どもの数が減っているのはなぜでしょう。
 理想とする子どもの数は1977年で2.61人であり、予定する子どもの数は2.17人でした。これが2002年になるとそれぞれ2.56人と2.13人となります。なお、子どもを要らないと回答している世帯はわずか2.3%しかいません。大半の世帯では子どもを持ちたいと願いながら、なかなか思うに任せない状況にあるのだとわかります。
 その理由として、35歳以上の女性は「高齢」をあげる人が41.4%います。これは納得できます。しかし、もっとも理由として多いのは「お金がかかりすぎる」と経済的な理由をあげる人で、35歳未満では77.6%、35歳以上でも56.8%います。
 ついで多い理由は「子どもを伸び伸び育てる環境がない」というもので、35歳未満で27.1%、35歳以上で17.7%になります。

 本サイトで少子化の原因として好まれるのは女性の社会進出(専業主婦が減ったこと)ですが、「仕事に差し支えるから」を理由として上げているのは35歳未満29.2%、35歳以上15.8%です。けっして少ない数ではありませんが、唯一最大の原因のように言うのは無理があります。
 実際、地域ごとの統計で見ると、女性の就業率が高い地域ほど子どもの出生数は増える傾向が見いだせます。言いかえれば専業主婦が多い地域ほど子どもの数は減るのです。この点、思いこみとまったく真逆なのです。
 理由は現実を思い浮かべればすぐわかります。農村部などでは家庭の主婦が働いていても近くに子育てを助けてくれる自分の親世代(子どもからすれば祖父母)がいたり、隣近所で助け合う環境がいまだあるため、女性は働いて経済的不安に対処しながら安心して子どもを育てることができます。したがって、生まれる子どもの数も増えるというわけです。
 反対にこうした環境に恵まれない都市部などでは、出産した女性は家庭で子育てに専念するしかなく、経済的にそれは容認できないと思えば最初から子どもは作らない、という選択を選びがちになります。もしくは子どもは一人だけであきらめ、その子の子育てに手がかからなくなるのを待って家計を助けるために働きに出ることになりますが、結婚出産前に務めていた仕事場に復帰できる人は少数にすぎず、多くは不安定なパート労働に頼るしかありません。

 これらの調査から、なぜわが国で少子化が深刻化しているのか理由はあきらかです。経済的に苦しいと思う人が多いことが理由の第一なのです。昔はそれでもやっていたというのは一面の事実でしょうが、そこにとどまってしまうのは想い出が現実を解決すると唱えるのと同じで、愚の骨頂です。

 それにしても、他の先進国でも少子化が進みながらわが国ほど深刻化していないのはなぜでしょう。それは、他国では少子化を個人の心の持ちようではなく社会の問題としてとらえ、解決に取り組んできたからです。経済的な不安から子どもの数が減るというなら出産育児が経済的負担とならないように補助をする、女性が働きながら子育てできる環境を整える。それによって子育てに対する安心を増すのです。ただし、いずれもそのための負担は小さくありません。
 政府にとっては莫大な出費を強いられるのですから、当然のごとく増税するしかありません。税金を収める側には切実な負担となるため、収めた税金が適性に的確に行使されているかを注視する必要があります。企業にとっては結婚出産を契機に退職させていれば済んでいたことに、それだけの体制、環境を整備しなければならず、やはり重い負担となります。また、男性社員には将来の出世の椅子が減ることを意味するのですから反対したくなります。北欧の事例などを見ると学校でも学生の子育てを支援する体制が求められていますが、これも学校には大きな負担です。
 しかし、いずれの負担も少子化が解消すればメリットが上まわる、もしくは少子化を放置したときのデメリットのほうが大きい、と国民が判断したのです。
 ただし、どこの国でも自然にこのような認識にいたったわけではありません。最初はひと握りの人が重荷であっても少子化に対処しなければならないと訴え、その人たちの掲げる解決策はただの観念論ではないとみんなを説得していったのです。

 しかし、わが国では少子化が政策課題として指摘されながら、そこに真剣な関心も努力も傾けてきませんでした。政治家の怠慢であることは言うまでもありませんが、同時に選挙民であるわたしたちもその解決を政治に求めてこなかった結果でもあります。
 増税による負担増は嫌、行政の予算執行を監視するなど面倒、選択肢として解決策を並べられても判断するのは大変、合理的な解決策はどれも華々しさに欠けるのでつまらない、等々。それよりも、耳障りのいい言葉を信じるほうが楽だったのです。自己責任とか、女性が外に出て働くからイケナイとか、愚にもつかない言を信じることを選んできました。
 「騙された」のは事実でしょうが、あえて「騙される」ことを選んできたのだとも言えます。なぜなら、そのほうが楽ですから。その結果がいまの惨状なのだと思えば、これは自業自得と言うしかありません。

 しかし、いまだこの問題は幸か不幸か進行中です。まだ手遅れではないはずです。本当に手遅れになってしまうかどうかはわたしたちの選択にかかっているのだと思います。

 質問者様の真摯な問題意識に触発されて思いのほか長文になってしまいました。なお、高齢化については回答していませんが、これは社会を維持できるだけの子どもがいれば問題化しないのですから、わたしは大したこととは思いません。
 お目汚し、まことに失礼しました。

 少子高齢化についてはさかんに取り上げられる割りに思いこみが横行し(特にネット界隈)ており、いささか食傷気味でしたが、質問者様はまじめで地に足の着いた関心をお持ちとお見受けしましたので、浅学ながら「回答」させていただきます。

 まず踏まえておきたいのは、先進国はどこも少子化という現象に遭遇しており、この点にかぎってはなにも日本だけが特別なわけではないということです。
 発展途上国などでは国家機構が未整備な分、いまだ前近代的な血縁による共同体が強固で子どもを持つことに対する期...続きを読む

Q殺菌灯は色あせしますか?

最近、よく洗濯物を室内干しするのですが、その際に殺菌灯を用いたら、部屋干し特有の菌の繁殖などを抑えられるのではないか?と考えました。

その際に、殺菌灯も太陽同様に長時間あてていると、色あせ等が起きますか?
また、同じ室内にいる場合に、殺菌灯は危険でしょうか?

同様に、殺菌灯を室内で使うと問題があれば、知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

殺菌灯は繊維には不可です。
表面の殺菌しか出来ませんのでほとんど意味がありません。

紫外線を照射するわけですから色あせします。
室内で普通に使えば白内障や皮膚がんのリスクファクターになります。

洗濯物の除菌は基本的に洗剤で行います。
洗濯好きの間では逆性石けんのベンザルコニウム塩化物液を使用する方がいます。商品名はオスバンSが有名ですね。
私は部屋干し対策ならオスバンSをおすすめします。薬局で手に入ります。

Qなぜ、ここまで少子高齢化社会になってしまったのですか。

子供の頃通った学校が、建て直されたのにも関わらず、今では閉校することになっています。継続できている学校でも、これで全校生徒かと驚かされる少なさ。一方で町には老人ばかり。昔とは、各世代の数のバランスが全く違うことを、数値ではなく、はっきりと肌で感じられます。国が終焉を迎えてしまうのではないか、といった危機感さえ覚えます。なぜここまで、来てしまったのか。少しずつ、少しずつ、少子高齢化へと変わってきたのは感じていましたが、いつの間にかそれが当然のように感じていて、麻痺していたのか、気がつけばこの有様。景気が上がる、利用率が上がる、子供も増える、と何の根拠もない官僚の右肩上がりの予測を下に、政治が国の経営をして、危機感のある、より効果的な対策を打ってこられなかったことが原因の一つだと思います。政治なんて遠い存在であって、自民だの民主だのと言っても実感は沸きません。地方に住んでおられる方なら、この世の変化に共感を持って頂けると思いますが、なぜ、少子高齢化社会になってしまったのか、それと、少子高齢化を身近に感じておられる方、その様子についても教えていただけませんか。

子供の頃通った学校が、建て直されたのにも関わらず、今では閉校することになっています。継続できている学校でも、これで全校生徒かと驚かされる少なさ。一方で町には老人ばかり。昔とは、各世代の数のバランスが全く違うことを、数値ではなく、はっきりと肌で感じられます。国が終焉を迎えてしまうのではないか、といった危機感さえ覚えます。なぜここまで、来てしまったのか。少しずつ、少しずつ、少子高齢化へと変わってきたのは感じていましたが、いつの間にかそれが当然のように感じていて、麻痺していたの...続きを読む

Aベストアンサー

少子高齢化社会は、良い意味でも悪い意味でも一言では非常に難しいことです。
・男女平等により女性が働き易くなった、男性の様に仕事が生きがいになったり、女性でも管理職になる事のできる社会であり、一部では女性が一人で家を買い生活出来る様になりました。良い意味ですが、悪い意味では結婚、子育てに関して、関心は持つものの、今の仕事・地位の方が大事に思うようになった。

・男性自身が結婚出来るような収入を得られなくなった、雇用問題・社会格差とで言うのでしょう?女性もよく頑張る社会で女性の収入が上がった事も関係するのでしょう。

・世界トップの長寿国日本です、長生きは良い事です。その一方自殺者が年間3万人以上の社会問題も抱えています。

・イギリスでも、今の日本のように出生率が1%前後まで下がりました、ですが、現在は2%前後に回復してます、日本の子供手当ては先進国の中では最低レベルです、かつてイギリスもそうでしたが、子供手当て等の子供に対する政策を厚遇しました、理由はそれだけでは無いでしょうが出生率が回復したのです、そう言う意味では財源は別の話として民主党の子供に対する政策はイギリスでは実績があるので有効かと思います。
給付された子供手当てが子供に使われるとは限りませんが、その辺は家庭の問題かと思います。親の生活が立て直されない限りは、少子化は改善しないでしょう、もしくは結婚したら中国の逆で2人生まなければいけないと言う2人っ子政策を法律で作りますか?(冗談ですが。。)
極論を言えば、自分自身に余裕が無いのに、人を助ける事はできません、まして他人となるとね。余裕があると言うことは気持ちにも余裕があり、他人にですらやさしくなれるような気がします。

結局は社会が良い意味と悪い意味が旨く噛み合っていない事が一番の原因かもしれませんね、男女とも仕事は大事、でも育児に関しては企業はまだまだ非協力的であり、結婚はしたいが子供は・・・・っと言う女性も結構いるかと思います。
ファミレスとかで赤ちゃんが泣くと、独身の方は、白い目で見たり・うるさい・表にでろよと言う風な事を思うかと思います、現に自分の子供が生まれるまでは私もそのタイプでした、電車でも座席を譲らないタイプでした、私自身は満員電車・バスで優先に譲ってくれる人に出会い、その有難さ・大変さを経験したおかげで今は譲りますよ。会談ではベビーカーを持って上げたり、そう言う社会です。
経済的な問題・社会的な問題・核家族が進んでるので、育児も大変でしょうね。

私の家庭では、保育園4万ほど掛かります、二人目だと計6万掛かります、習い事等も今後含めると生活苦になり二人目は最初から考えられません、子供には兄弟作って上げたいのですが、気持ちだけです。
そして私の校区の小学校が8クラスだそうです。私が通った小学校は2クラスでしたがね。今では・・・合併してます。
多様な要因がいくらでもあるでしょうね。

今の30台・40台以上の子供の時代を振り返ると、経済発展はしたものの、外で遊ぶのが当たり前の時代、危ない事をして知らない人に注意されたり、公園では知らない子供と仲良く遊ぶようになったり、活発でしたね、今では安全面も含めその逆です。少子化に関係してるのかどうか分かりませんが、随分と変わってしまったな言う印象です。もちろん教育も大事ですけど、子供はがむしゃらに必至に遊ぶ事が仕事です、教育本より遊びから学ぶ事って沢山あると思います。時代の流れって奴でしょうがね。

少子高齢化社会は、良い意味でも悪い意味でも一言では非常に難しいことです。
・男女平等により女性が働き易くなった、男性の様に仕事が生きがいになったり、女性でも管理職になる事のできる社会であり、一部では女性が一人で家を買い生活出来る様になりました。良い意味ですが、悪い意味では結婚、子育てに関して、関心は持つものの、今の仕事・地位の方が大事に思うようになった。

・男性自身が結婚出来るような収入を得られなくなった、雇用問題・社会格差とで言うのでしょう?女性もよく頑張る社会で女性...続きを読む

Q医療事務の会計欄の記載方法

まだ医療事務を勉強中のものなんですが、「注射」の会計欄の記載方法がよくわからないので教えてほしいのですが。
本には注射点数と手技料+薬剤点数としか書いてないのでその通りにやってみたら、レセプトの合計点と会計欄の点数が合わないので何が間違っているのかわかりません。ぜひ教えていただきたいです。お願いします。

Aベストアンサー

#2さんの「回答に対する補足」の書かれた点数は、ただ例題のための、でたらめの数字でしょうか?
そうでないのなら新しい点数はちょっと解りませんが、オピスコ注射液1ml 369円、皮下・筋肉内注射 18点、麻薬加算 5点とし 60点となりますし、ロイサールSを静脈内注射して 176点はありえないと思いますが。

質問の内容が把握しにくい、正確な解答し難いのですが!

Q若者の仕事が無くなれば少子高齢化が進みますか?

60定年後の65再雇用義務化が問われておりますが、
若者の仕事が無い世の中、なぜ、政治家や厚労省は自分たちの老後の事しか考えていないのでしょうか?

厚労省は、若者の仕事がなくなる、つまり結婚できない男女がさらに増え、少子化が進むと思わないのでしょうか?

あほなのでしょうか。

Aベストアンサー

施策で確実に少子化は進みます。

労働人口が足りない! なんて生易しい、お気楽なことを言っているのがいますが、今までと同じ生産規模ならそうですが、急速に日本が衰退します(しています)ので、労働人口が余っても、不足するなんてことはありません。

そして少なくなった現役世代で、老人を支える、、、既に破綻の構造です。

年金など、65歳から支給、75歳で打ち切り(せめて80歳打ち切り)にしないと、現役世代が疲弊してしまいます。

ただ、80歳で打ち切りは 当然今の現役世代も同じなので、その分 必要なら蓄えておく必要があります。
当然生活保護も80歳までになる。

たくわえの無い80歳以上?  キリギリスの冬は当然言わずもがな、、、である。(自分の責任です)

 


人気Q&Aランキング