みなさん、こんばんは。
さっそくですが、質問があります。

現在サーバーを構築しているのですが、その中にpostgreSQLを入れて動かしたいのです。

使用OSはRedhat Linux 7.1JのFTP版で、始めからインストールされているpostgreSQLのRPM版をアンインストールして、最新版をインストールし直したいと
思っています。
(最新版はRPMのではなく、postgresql-7.1.3.tar.gzをインストールするつもりです。)

そこで、rpm -eコマンドでpostgreSQLをアンインストールしたいのですが、
postgresql-7.0.3-8とpostgresql-devel-7.0.3-8を削除しようとしても下記の様なエラーが出て、アンインストールできません。

rpm -e postgresql-devel-7.0.3-8 とすると・・・・

 エラー:これらのパッケージを削除すると依存性を破壊します。
 postgresql-devel >= 7.0は perl-DBD-Pg-0.95-1に必要とされています。

rpm -e postgresql-7.0.3-8 とすると・・・

 エラー:これらのパッケージを削除すると依存性を破壊します。
 postgresql = 7.0.3はpostgresql-devel-7.0.3-8に必要とされています。
 postgresqlはphp-pgsql-4.0.4pl1-9に必要とされています。
 libpq.so はperl-DBD-Pg-0.95-1に必要とされています。
 libpq.so はphp-pgsql-4.0.4pl1-9に必要とされています。


いったいどうやったら、削除できるのでしょうか?
どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

初めまして、tefuronさん。



”改訂第3版”PCUNIXユーザーのための
PostgeSQL完全攻略ガイド
技術評論社

上記の本19頁にRPMの削除順序が載っています。
もしよかったら参考にしてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング

おすすめ情報