あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

つい最近、MT車に乗って運転中のことです。
3速で走っていたら、その先が90度の曲がり角だったので、ギアを2速に落として曲がろうとして、ギアを入れたら、かなり大きな音(「ガリガリ」と音が・・・。)がして、アクセルを踏んでいるのに、減速しました。
その3秒後、車が後退し始めて、気づいたのですがギアが2速で無く、「R」に入っていました。

その先に、曲がり角があったので、速度はかなり落ちていて(時速20キロ前後)よかったですが、もし、直線道路などで時速50キロくらいで走行中に「R」に入れていたらどうなりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

何度考えても、ミッションギヤの構造上 前進中に(時速20キロでも)バックギヤに入る事は、考えられません。


何故なら、前進中 バックギヤだけはカウンターギヤを介して『逆回転』しているからです。

ただし、高速走行中でも駆動輪をロックさせ カウンターギヤの回転を止めれば、バックギヤには入ります。
また、微速(停止する直前位の速度)でしたら『バキンッ!』と言う凄い音がして、バックギヤに入ります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やはり、偶然入ったのですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/09 18:58

この手の質問をする時書いて欲しい事が有ります。


車の年式です。

通常構造上入りませんが、更に数十年?前から、前進中にバックに入れ様としても通常絶対に入りません。

理由は、5速から手前に引くバックに入るHパターンの国産5速車(国産車に多い)では、一度5速からニュートラルの位置に戻してから、R(Backギヤーに入る構造)になっていたと思う。

ここから考えると、走行中Rギヤーに入る可能性は極めて低いのですが。

>ギアを入れたら、かなり大きな音(「ガリガリ」と音が・・・。)がして、アクセルを踏んでいるのに、減速しました。
その3秒後、車が後退し始めて、気づいたのですがギアが2速で無く、「R」に入っていました。

以上引用

仮に前進中に入ったら、「減速」と言う表現より、タイヤがlockした!と言う方が正しいと思う。クラッチをゆっくり離したら別。

それでも「アクセルを踏んでいるのに、減速しました」との事ですが、アクセル踏みながらクラッチを少しずつ離していると言う事になりますよ。

>直線道路などで時速50キロくらいで走行中に「R」に入れていたらどうなりますか?

この部分の事が知りたいのかな?
仮に入って、クラッチが繋がったら、駆動輪全てがロックし、MTが壊れたり様々のはず。強度があればロックだけ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

質問がややこしく書いてしまい誠にすみませんでした。
とりあえず、自分のわからなかった部分は解決しましたので・・・・。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/09 19:00

申し訳ありません、シフトパターンの質問があるようですので、気になりました。



私が乗っていた車は
1    3    5
|   |   |
+--N--+
|   |   |
2    4    R
でした。

昔(20年以上前)、友人の乗っていた車が、
R    2    4
|   |   |
+--N--+
|   |   |
1    3    6
だったような記憶があります。

最近、こういった変則パターンの車が多いのでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

1    3    5
|   |   |
+--N--+
|   |   |
2    4    R
自分の車は、このパターンです。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/06 22:18

「Rに入ってました」2速とバックは逆方向でしょ!そういう車種!

    • good
    • 0
この回答へのお礼

スズキの「Kei」と言う車です。
簡単に言うと自分の操作ミス(?)
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/06 22:14

驚かれたことでしょう。

私も、4→5をうっかり、4→3にシフトしてびっくりしました。さすがに、Rはなかったですが。

ギアは、エンジン側の歯車の回転数と、タイヤ側の歯車の回転数が同期したときに噛み合います。ふつう、シンクロ機構があって、それほど力を入れなくても噛み合うはずなので、前進中にRに入るほどの力が必要とは思いません。普段から力が必要になっているのであれば、ミッションの具合が悪いのではないかと思います。

万一、シフトを2の位置へ動かしてRに入ったのであれば問題外ですが、いずれにしても、一度チェックしてもらった方がいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確か、「R」に入れようとしても、途中で引っかかって(?)、完全に「R」に入らないことが、たびたびありました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/06 22:13

皆さん回答されているとおりですが、変速時の操作で力が入りすぎていませんか?バックにギヤを入れるのに強いスプリングがあって無理な力が入らないとバックには入らないと思いますが。



操作上のミスなら良いのですが、トランスミッションの故障であることも考えられるのであれば、整備した方がよいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

『80%』、自分の操作上ミスだと思います。
今度の点検のとき、重点的に調べてもらいます。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/08/06 22:09

私は昔、JA○○○○という会社で働いていましたが…


クラッチ踏んでいても、走行中にバックギヤに入れては絶対に!!!いけません。
まず間違い無く何らかの損傷を与えます。
保証します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(出来れば)保証しないでほしいです。(T_T)
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/06 22:07

クラッチを踏んでいれば、問題ないのですが、そうでなければ、エンジンとタイヤが接続された状態ですから、双方がまったく反対の方向に回ろうとしているわけなので、エンジンが壊れる恐れがあると思います。


とにかく、ギアは間違えないように入れたほうがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今日も、その車(走行中にギアを「R」に入れた車)に乗りましたが、特に問題なかったので、エンジンは大丈夫みたいです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/06 22:05

まず「ギヤが入らない」とは思いますが、万が一入れば「急ブレーキを踏んだ」のと同じことになります。


運がよければ「そのまま減速していき停止」、
悪ければ「スピン」
です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

神社で引く「くじ」の運だけは自信がありますが・・・・。
「スピン」しなくて良かったです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/06 22:03

その話し、本当でしょうか。


マニュアルトランスミッションで前進走行中に後退ギアにギアを入れるなんて、相当な力が必要ですが。

それに、3速→2速のシフトレバーの動きと3速→Rのその動きって全く逆ですが?

この回答への補足

ちなみに、後ろには車1台、前方からは「パトカー」1台という、事故が発生したら、とんでもなくピンチの状態でした。

補足日時:2005/08/06 22:15
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今年の「8月2日の夜7時半頃」に発生した本当の話です。
道路は平坦な道なので、坂のせいでバックしたわけではありません。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/06 22:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q走行中にギヤをバックにいれると、、、?

ふと思いついたのですが、怖くて試してみる気になれません!どなたかどうなるか知ってるかたいましたら教えてください!

Aベストアンサー

はは、いますね、こういう馬鹿な事を考えるやつって。

で、友人で本当に首都高でやった奴がいました。最初は恐る恐るやったので、ギアが入らなかったのですが、思い切ってがしっと入れたところ、車両は急停止、エンジンが見事大破しました。

車は、廃車になりました。友人は、二度とあほな事はしないという人生の重大教訓を得ました。

質問者様は、経験せずして、校訓を得られる事を期待します。違うと思うなら、やってみてください。

QMTでギアをガリガリやるのはどれぐらい車に悪いの?

MTを運転されている方の多くは、
シフトレバーの操作が完全に終わっていない状態でクラッチを離してしまい、
ガリガリ!というすさまじい音を聞いてはっと驚いた、
なんて経験をされていると思います。
実は私、けっこうそれをやる頻度が高くて、
1~2ヵ月に1回ぐらいのペースでガリガリやってたりします。
(現在の車も新車で購入後8ヵ月で既に5~6回ガリガリやっています)
音から察するに車のどこかに少なからずダメージがありそうだというのはわかりますが、
その程度がどれほどのものか、興味として知りたいと思いました。
ということで、ガリガリやってしまったときに、
・具体的にどの部位にダメージがあるか
・どれぐらい車を傷めるか(またはどれぐらいやると壊れるか)
についてお教え下さい。

Aベストアンサー

#4の方が言われるスリーブとはシャフト上を移動できるようになっているもので、このスリーブにあるスプライン(周囲がギザギザになってる部分)とギアのスプラインが噛合う事によって、ギアとシャフトがロックされるようになっています。シフトレバーはシフトフォークと呼ばれる先が二股に分かれたレバーを介して、このスリーブを移動させ、必要なギアのみをシャフトとつなげるようになっています。このスリーブのギアと噛合う部分は先端が斜めにカットされていて、容易にギア側のスプラインと噛合うようにできていますが、この部分が当たった状態の時にクラッチを離してしまうと、噛合いそうになっていたスプラインがはじかれたガリガリと音を立てるのです。

Qシフトミスでギギーッ!ダメージはどのぐらいですか?

今日運転していて3速から4速へシフトアップする際にミスしてギギーッ!といわせてしまいました。

どういう操作をしたのか詳しく覚えていないのですが、ちょっと焦って操作していました(4速に入りきらないところでクラッチを繋げ始めた?)。

その後15分ほど運転して特に問題は無いようでしたが、ギギーッ!といわせてしまったらギアにどういったダメージがあるのでしょう?

また、今までバックギアに入れる際に2回、2速に入れる際に1回やっちゃっているのですが、こういうミスってギアにかなりのダメージを与えてしまっているのでしょうか?

アバウトな質問ですみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここ30年くらいの日本車であれば多少のことでは大丈夫ですよ。

クラッチ踏まないで変速できないかーとか無理なことを頻繁にすればさすがにシンクロが壊れます。

多少ギヤをならしてしまい...金属片がごくわずかに発生したとしても
ギヤボックスの中にはマグネットが入っていて吸着できるようになっているはずです。

また変速がしにくいような(ギヤが入りにくい)となってしまったらギヤボックスは基本的に分解.....
ですか最近は分解できない整備士さんも多いので交換です。
メーカーによってはギヤボックス(トランスミッション)は永久保証もあります。
何度でも無償交換という場合もあります。(クラッチは含みません)
このあたりはメーカーや車種から調べていみましょう。

Q6速MT車のバックギア位置

6速のMT車のRギアは、なぜ一番左端上にあるのでしょうか?
発進時に、誤ってRに入れてしまい事故がおこったり、
危ないのではないかと思うのですが
それとも6速MT車はトラック等と同様に2速発進が普通なのでしょうか

Aベストアンサー

私の愛車、フィアット・パンダ100HPは6MTですが、リバースギアのシフト位置は6速の右隣、つまり一番右端下にあります。ご質問のシフトパターンと全く逆についています。

 しかもリバースギアに入れるときは、シフトノブ真下の安全機構としてのリングを引きながらシフトしなければなりません。つまり前進ギアと間違える可能性は絶無に等しいのです。したがってギア間違いによる事故の心配はほとんどないといえます。

 トラックは積み荷を満載することを念頭に置いてギア比を設定していますから、乗用車よりギア比が低いので2速発進しても大きな問題はありません。乗用車の6MT車は5MT車とギア比は大差ない場合が多いので、通常は1速発進となります。2速発進を繰り返すとクラッチの早期摩耗を招きます。

 このように目的やメーカーの考え方によってもトランスミッションの作りは異なります。すべてがご質問にあるシフトパターンばかりではありません。その車種の特性に合った操作が必要となります。

Qバックギアになかなか入らない! (MT車)

三菱GTO初期型に乗っています。

最近中古で購入したのですが、バックギアになかなか入らなくて非常に困っています。
1~5速はスコスコ、スムーズに入るのですが、バックギアに入らないときは気合でも入りません。。

気まぐれなのか、入るときはスコッとはいるのですが、入らないときは

ゆっくり入れる×
素早く入れる×
何回か連続で入れようとしてみる×
ニュートラルでクラッチを繋いで再度挑戦×
少し前進して再挑戦×

この前立体駐車場で本当に困りました。。
周りの方はMTのギアが入らなくてピンチ状況をわかってくれないみたいで、クラクションが飛んできます…

ミッションオイルはザーレンの物に最近交換しています(デフオイル等も)

なかなかバックギアに入らないときは、なにかコツ等あるのでしょうか…?

Aベストアンサー

ミッション車は初めてですか?
GTOに限らず良くあることです。

1、一旦ローに入れる。
2、バックに入れる。
3、スコーンと入る(笑)
です。

これでもだめなら…オーバーホールしてください。
って言うか、クラッチ踏んでおられますよね??(爆)

QMT車で、上り坂でジリジリと前進するコツ

RX-7(FD)に乗り始めて4ヶ月ほどの者です。マニュアル車の運転は初めてです。
最初の頃に比べるとシフトチェンジやクラッチ操作も徐々に慣れてきましたが、緩やかな上り坂で、ジリジリと少しずつ前進しないといけないような所での操作が苦手です。例えば、見通しの悪い十字路で、左右から車が来ないか少しずつ前進しながら確認しないといけないときなどです。ミラーがあっても、交差している道がカーブしてるので非常に確認しづらいのです。平地でもジリジリと前進するのは苦手ですが、これが上り坂となるとさらに・・・。何かコツはありますか?やっぱり半クラにしておくのですよね?
もう一つ質問があって、特に半クラを多用したときに、焦げる臭いがします。ロータリーは仕方ないことだと言われましたが、問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

半クラッチです。

半クラッチ使用が必ず正しいのですが、

1つだけ注意点は、「クラッチが熱くなり過ぎるほどにやってはダメ!」です。


イメージとしては、フロントブレーキと全く同じです。走行直後は、触れないほどに熱くなっていますよね。
もし、あの熱さを超えるようでは、フロントブレーキも効かなくなりますし(フェード)、そこまでの長時間のフットブレーキ使用は、間違っています。

クラッチも全く同じなのですが、

逆の言い方をすると、「あの程度(普段のフットブレーキのフロントブレーキ)の時間の連続使用なら、問題が無い。」とも言えます。
(厳密には、クラッチのほうは、密閉された中で起きることですし、クラッチ版自体がブレーキパッドより薄いので、フットブレーキ比でもう少し繊細に考えてやる必要はありますが。)

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3151568.html)の ANo.6



☆【 緩やかな上り坂を、静々と進んでみる方法。】

・アクセルペダルを踏む右足は、必ずかかとを床に付けっぱなしにして下さい。

・クラッチペダルを踏む左足は、必ずかかとは上げたままにして下さい。


クラッチ切って1速に入れて、ハンドブレーキで車を止めたまま右手はハンドブレーキを引いたままの状態(リリースボタンは押したまま)。から始めますね。

1. アクセルペダルを踏んで、アイドリング回転数の 1.5倍程度の回転数にして、右足は固定します。

2. 右足は固定したまま、クラッチペダルを半クラッチに付けたと同時に、ハンドブレーキは解除して、

3. クラッチペダルのみで車速をコントロールします。


この時、エンジン回転数は、アイドリング回転数の1.2~1.4倍程度でキープできていると良いですね。

目安は、平地では1.2倍。 緩い(わずかな)上り坂は、1.3倍~。 急な上り坂になれば、1.4倍は超えて、それこそもっと高い回転数が必要な場合もよく出てきます。


半クラッチは、軽く繋がっている程度で良いと思います。車が下がってしまわないギリギリのところで繋いで、ペダルを0.5ミリ手前に戻せば(繋げば)前進してくれる程度。(坂が急なら、アクセルはもっと踏み込んで、クラッチはもっと繋ぐ必要が出てきます。)


半クラッチは、実は、熱くならないように、5~7秒ごとに、完全に切ってクラッチペダルを床までいっぱいに踏んでやって、冷ましてやる必要があります。

切るのは素早くやります。

この時、もし車が速度ゼロになったら、ハンドブレーキかフットブレーキか、どちらかやり易いほうで止めて下がることを防ぐことは忘れないようにして下さい。

止まる必要が無い場合は、普通は、車速が落ちる前に再び半クラッチで繋いで(弱く薄く繋ぐ)、上記の3.を繰り返しながら進みます。


つまり、冷ますためにクラッチを切る場合も、可能な限り素早く一気に切り、1秒冷まして、再び繋ぐ時も、半クラッチの始まるところの手前までは、一気にクラッチペダルを戻す必要があります。

クラッチペダルの、半クラッチが始まるところの手前の位置は、左足に覚えこませておく必要はあります。

7秒-1秒-7秒-1秒-7秒 では、完全に、冷ます時間が足りな過ぎますので、断続クラッチをする場合は、3~4秒-1秒-3~4秒-1秒-3~4秒-1秒-3~4秒 といった配分にしてやる必要があります。

上記の5~7秒というのは、「その後、クラッチは完全に繋いで発進できるような場合。」や、「坂自体が相当緩やか、しかも、断続は2回程度で済みそう。」な場合のみ。です。



まずは何よりも先に、平地での練習ですね。

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3691782.html)の ANo.9


平地でこれができるようになっていれば、あとは、上り坂での操作は、この延長上の操作でしかありません。発進のときにハンドブレーキを使い、必要な時(止まってしまい 下がってしまいそうな時)にはハンドブレーキで止める。これだけです。


「焦ったら必ずクラッチは完全に切る」 これだけを自分に言い聞かせておけば、急発進で失敗することも無いでしょう。


クラッチは、焼いてしまうほど長々繋いではいけませんが、だからといって、「早く完全に繋いで半クラッチ状態を脱しないと」と不要に焦ってしまう必要は無いです。



ロータリーエンジンゆえに、エンジン回転数の低い時にはエンストしてしまいそうな場合は、
上記より、気持ちエンジン回転数は高めに設定し、クラッチを気持ち弱く薄く繋げば (この場合の繋いでおく時間は、気持ち短めに。)、
スムースにできるかと思います。


 

半クラッチです。

半クラッチ使用が必ず正しいのですが、

1つだけ注意点は、「クラッチが熱くなり過ぎるほどにやってはダメ!」です。


イメージとしては、フロントブレーキと全く同じです。走行直後は、触れないほどに熱くなっていますよね。
もし、あの熱さを超えるようでは、フロントブレーキも効かなくなりますし(フェード)、そこまでの長時間のフットブレーキ使用は、間違っています。

クラッチも全く同じなのですが、

逆の言い方をすると、「あの程度(普段のフットブレーキのフロント...続きを読む

Qオートマ車で走行中に、RやPに入れようとするとどうなるのでしょう

 オートマ車で走行中に、RやPに入れようとするとどうなるのでしょう。
 こんな怖い実験をした事は有りませんが、分かる方いらっしゃいますか。

 自分のマニュアル車だと、クラッチを切りRに入れようとしてもカラカラ音がして入りません。

Aベストアンサー

オートメカニック誌だったか忘れましたが、以前読んだ雑誌でそのような実験をした記事が載っていました。

Rは確か実際にギヤが入らなかったと思います。安全機構が入っていて、走行中にRにしてもRギヤには入らない、止まる寸前に入るみたいな感じだったと。車種によってはNo.1さんの経験談のようにエンストするでしょう。
また走行中Pにすると、ギヤをロックする機構が弾かれ(わざとそのような機構になっている)、速度が落ちた段階でロック機構がギヤに食い込み車が停止する、だったと思います。

最近はさらにシフトが電気スイッチになっている車も増えてきて、こういった車種では安全機構が働き何も起きないでしょう。

Qマニュアル車、エンストしないコツは何ですか?

AT限定で8年を過ごしてきました。
このたび、就職先の都合により、MTに乗らなければならなくなり、自動車学校に練習に通います。
MTの免許も持っているのですが、いわゆるペーパードライバーです。
先日、母の車で練習したのですが、止まろうとする時にエンストしてしまいます。
何が原因でしょうか。
自動車学校に通う前に、少しでも練習しておきたいです。
また、エンジンをかけるときからギアを変換するときのイメージトレーニングとして(?)、文面で教えていただけると助かります。
例)ブレーキとクラッチを踏みながらエンジンをかける・・・など。
ご教授のほど、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「止まろうとする時にエンスト」
これのおかげで衝突時にMT車はエンジンが止まり安全だったりします。(最近のATでは衝突を検知してエンジンが止まる仕組みを入れているものもあります。)

それはさておき、原因はギアを落とすのが遅いのとクラッチを踏みこむのが遅いか忘れるかでしょうね。
10年間MTに乗っていますが、レンタカーなどでATに長時間のってからMTに戻ると、ついクラッチを踏むのをわすれてエンストなんてことをしてしまうことがありました。
MT乗りでもこんな状態ですから気になさらないで下さいね。
乗りなれるまでは、早めにクラッチを切ってしまうと良いと思います。
信号だったら、センターラインの色が変わるあたりでクラッチを切ってしまったらよいと思いますよ。
慣れてくれば、アイドリング回転数間際で切れるようにチャレンジしていきましょう。

MT車を上手にのるコツは半クラの体得でしょうね。
練習としては、アイドリング状態の車でアクセルを踏まずにクラッチだけで発進できるようにがんばってみましょう。
半クラの位置も正確につかめますし、エンジン音の変化にも気付くと思います。(エンジンが苦しいという感じがわかれば完璧)
※季節的に冷房をつけることは無いと思いますが、この練習では冷房はつけてはいけません。アイドリング回転数が急激に上がる可能性があるので怖い思いをします。

イメージトレーニングとしては
エンジンをかけるとき
サイドブレーキをかけたまま、フットブレーキを踏み
ギアをニュートラルに入れ、クラッチを入れてから、キーをまわします。

最近のMT車はクラッチを踏んでいないとエンジンがかからない仕組みになっているものもあります。

発進の際は
ブレーキをはなし、アクセルに軽く足をのせ、クラッチを離していきます。
繋がりかければ、軽くアクセルを踏み込みクラッチをさらに繋げます。

ギアチェンジの際は
クラッチとアクセルは反対の操作になるので交互に足を動かすイメージをつけられると良いと思います。
クラッチを戻すときは、ゆっくりと半クラをつかいながら戻すとギクシャクしないと思います。他の方の回答にもありますが、3速以上ならドンとつないでもまあ大丈夫です。

再加速時
結構難しいのがシフトダウンしてからの加速
ATでいうキックダウンに当たる操作ですね。
高速などの合流とか追い越し時には必要な動作です。
アクセルをはなして、クラッチを切り、ギアを1つ下げます。落とすときはギアは入りにくいので、無理やりにいれずギアを入れたいギアに軽く押し当てる感じで構いません。少し経てばてば、すっとギアが吸い込まれていくはずです。
アクセルを軽く開けながらクラッチをゆっくりと繋ぎます。
繋がったら一気にアクセルを全開し、合流しましょう。

ブレーキ操作
ブレーキを踏みながら徐々にギアを落としていきましょう。
クラッチを切りギアを落とします。
落とすときはギアは入りにくいので、無理やりにいれずギアを入れたいギアに軽く押し当てる感じで構いません。少し経てばてば、すっとギアが吸い込まれていくはずです。
クラッチを戻すときは半クラを使いながらゆっくり戻します。(エンジン回転数が一瞬上がります)
1速まで落とす必要はありません。2速までで十分です。止まる寸前までまず入りませんから。

AT車にのっていてMT車はかなり大変だと思いますのでがんばってくださいね。

「止まろうとする時にエンスト」
これのおかげで衝突時にMT車はエンジンが止まり安全だったりします。(最近のATでは衝突を検知してエンジンが止まる仕組みを入れているものもあります。)

それはさておき、原因はギアを落とすのが遅いのとクラッチを踏みこむのが遅いか忘れるかでしょうね。
10年間MTに乗っていますが、レンタカーなどでATに長時間のってからMTに戻ると、ついクラッチを踏むのをわすれてエンストなんてことをしてしまうことがありました。
MT乗りでもこんな状態ですから気になさらないで下...続きを読む

Q1→2速へのシフトショックが無くせない。

はじめまして。

去年の5月に免許を取り、
ミラの4ナンバー車(10ヶ月運転)→デミオスポルト(1ヶ月弱運転)
と乗り継いできました。共にMT車です。

2→3・3→4・4→5のシフトチェンジの時は大分ショックが和らぐようになりましたが、
1→2速にシフトチェンジの時はどうしてもガクッとなってしまいます。

回転数はだいたい2800~3200ぐらいで1→2にシフトアップしています。
ショックを無くすには、どのような工夫をしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

ゆっくりクラッチを繋ぐことですね。

たしかに、「半クラッチを長くするのはよくない」ということはご存知かと思いますが、

だからといって、ショックが強く出るほどすばやくクラッチを繋ぐということは 間違っています。

よって、早過ぎないように、丁寧にクラッチを繋ぎます。


ところで、軽自動車でしたら、ある意味 上達も早いはずなのですが、10ヶ月プラス、それと、デミオで1ヶ月ですね?

ショックは、どのようなものなのでしょうか?

前にのめるような、ブレーキがかかったようなショックですか?

それとも、急加速するような、背中がドンとなる雰囲気なショックでしょうか?


前にのめるような、ブレーキがかかったようなショックでしたら、アクセルの踏む量が足りないのですね。(繋ぐ時のエンジン回転数が低い)

逆に、急加速するような、背中がドンとなる雰囲気なショックでしたら、アクセルを踏んでいる量が多いのです。(繋ぐ時のエンジン回転数が高過ぎる)


まずは、クラッチの繋ぎかたを多少ゆっくり目に丁寧に行い、

と同時に、アクセルの量も調整するとよいでしょう。

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2047554.html)の ANo.6
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1988100.html)の ANo.9

などが参考になるでしょうか。

2コ目のURLは、力強い加速のしかたの説明でもありますので、逆に、普通に発進~加速したいような場合は、1速で1000~1500回転頃にはすでにクラッチを切って2速にしてしまうような運転方法もありますし、慣れてくればむしろ普通はこんな感じですね。1速の場合のみの話ですね。
(3~5速で1000~1500回転域での運転はしません。するとしても、平地での惰性走行から減速に入るような頃だけ。アクセルは踏まない。)


他にも、いくつかURLがありますので、(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849121.html)の ANo.19 の中から、気になるのをご覧下さい。かなり参考になるかと思います。


例えば、人が車を後ろから押してくれれば、2速発進が可能ですよね?

または、(同じ話ですが)、若干の下り坂道でしたら、2速発進可ですよね?

つまり、わざわざ1速に入れなくとも、発進しますね?


つまり、2速発進が可能な速度って、だいたい、自転車が普通にリラックスして走っているような速度ではないでしょうか?時速にして、4km/h~8km/h位。

この位の速度が出ていれば、街乗りに必要な普通の加速程度なら、2速発進が良いのです。


つまり、停止状態からの1速発進時も、 4km/h~8km/h位出れば、クラッチを切って2速にして良い訳ですね。


この場合、1速半クラッチ発進のイメージで、2速に繋ぐ時にも若干半クラッチ気味で繋いで良いでしょう。(練習初めの頃)

そしてだんだんと、半クラッチ気味の時間を短めにしていけばよいでしょう。


デミオも、練習にはもってこいの、とても良いお車だと思いますよね。(1500DOHCですと。ちょっと良過ぎる位に良いかな?)
練習にも良し~上手になっても申し分ない良い車。 といったところでしょうか。
練習車として見ても良いお車をお持ちですので、道具は揃っているようですね。

ゆっくりクラッチを繋ぐことですね。

たしかに、「半クラッチを長くするのはよくない」ということはご存知かと思いますが、

だからといって、ショックが強く出るほどすばやくクラッチを繋ぐということは 間違っています。

よって、早過ぎないように、丁寧にクラッチを繋ぎます。


ところで、軽自動車でしたら、ある意味 上達も早いはずなのですが、10ヶ月プラス、それと、デミオで1ヶ月ですね?

ショックは、どのようなものなのでしょうか?

前にのめるような、ブレーキがかかったようなシ...続きを読む

Q公道でのMT車の速い発進、それからのシフトアップについての相談です

公道でのMT車の速い発進それからのシフトアップの方法はありますか?
なるべく週に3~4回は車に乗っているのですが(おもに夜です)、信号発進などに後ろのミニバンとかに煽られることがよくあります・・・・

発進の時なんですが、僕は2~3秒ほど滑らせて1600~1700回転位でやっているのですが、これ以上早く、そして低回転で発進するとガクガクしたりエンジンがカラカラ鳴ってしまいます・・・
半クラッチは何秒くらい、回転数はどのくらいがベストでスムーズかつ速いのでしょうか???

また発進してからの1から2のシフトアップなんですが、1速はどれくらい回したほうがベストでしょうか??
そしてシフトアップの際の回転合わせやアクセルやクラッチ操作はどのようにするのがベストで速くてスムーズでしょうか??
あと1→2のシフトアップの時、アクセルは全部戻さずに、クラッチを滑らせながらつなぐというやり方があるのを聞いたのですが、そのような方法は良いのでしょうか??

以上です、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

昔、国内A級ライセンスを持ってたものです。
半クラッチはクラッチの寿命を減らします。
レーシングカーのクラッチは強化クラッチで半クラは絶対にしてはいけないものです。
公道でも半クラッチの多用は何においてもよくありません。
2~3秒はあきらかに長いと思います。1~1.5秒でしょう。
もしかするとその2~3秒の間に駆動力がスムーズに伝わらないのであおられるのかも知れません。

あおられて気にしていても危険なだけです。

スタートは2000回転ぐらいまであげてみてもいいでしょう。これはメーターを見ながらやるというより、感覚で身に着けるものです。視線は基本的には前方です。
シフトアップは一速で4000回転ぐらいで十分でしょう。公道ではタクシーの運転手さんの走りが参考になります。回転メータに視線をあまり置き過ぎないよいうにしましょいう。危険ですので。

トランスミッションとクラッチに負担をかけないために、
シフトアップ時はアクセル全て戻し、半クラ厳禁と覚えてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング