私はとても怒りっぽいです。
すぐにイライラしてカーッとなってしまいます。
自分が悪かった事に対しては反省できます。
見境が無いわけではないと自分では思っています。
普段から熱いタイプの人間でおっとりとした感じとは言いがたいです。
性格によるところが大きいと思いますが
怒りっぽい自分がとても嫌です。
自分も相手も周りの人も嫌な気分になってしまいますよね。
できればイライラしたくないです。
少しでも自分の嫌な部分が変えられたらと思ってます。
何か良い方法はないですか?最近ホントに悩んでます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中11~14件)

イライラすること。

カーッとなること。それに直面した時、「優しい自分」を演出してみるのです。たいてい相手のあることですら、その立場に「思い」を致すのです。そして、優しく声をかける。相手は予想外の言葉に、ホッと気を許して打ち解けてくる。そんな相手の姿勢に、自分の心も解けてくる。優しさの相互作用です。

逆に、怒鳴れば「言い訳」が戻ってきますが、それが又、気に食わなくてイライラと腹が立つ。相手が反論する。輪をかけたようにカーッとくる。怒りの相乗作用ですね。

性格はそう簡単には変わらない。しかし、優しさの相互作用の心地よさ、後味のよさを繰り返していけば、演出等と意識せずに、上手く心が反応しだすと思います。「怒りっぽい自分」を放置するのではなく、「優しい自分」を努力することです。

このように質問者に対する回答を装いながら、実は怒りっぽい自分に言い聞かせています。今日はホントーに大反省。今、最悪の自己嫌悪に陥っているのです(;;)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

こう言ってはなんですが御回答もさることながら最後の一文に勇気がでました。
私だけではないのか。と。
自分の周りにも私を上回る怒りっぽい人に出会う事はたまにあります。
例えば自分が怒られる側に立つ時、やはりイライラと怒鳴り散らされると
凹むし、なんとか自分を正当化しようと必死になってしまいます。
もちろん、自分がやはり間違っていたと納得できれば反省もします。
素直にこれからは気おつけなければと思わせてくれる人は
本当に上手に怒ってくれます。(←なんか変な文章ですが)
「相手の立場に立つ」という優しさを忘れなければいい話なんですよね。
簡単な事です本当に。
それが感情的になってしまう私にとってはとても難しい事なんですよね。

お礼日時:2001/10/24 22:40

怒りっぽい・・・。


1、食事はきちんと摂ってますか?空腹だと怒りっぽくなるというより人間お腹が一杯だとなかなか怒れません。私も経験済みです。2、ストレスになる物に囲まれてませんか?例えば、散らかった部屋、嫌いな人、金欠、 その他 ets 出来るだけ、ストレスから離れてみる事でイライラがかなり納まると思いますでもどんな時にイライラするのか教えてください。それと解決になるのか分かりませんが、怒りっぽい人でも可愛いと思える人間は沢山います。先ずは、周りの皆に意見を聞いてみてはいかがですか?直さなくても良いかもしれませんよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

以前、一人暮らしでとある金融機関で仕事をしていた時
私の怒りっぽさはピークに達していました。
その頃の怒りの原因は明らかにストレスによるものだと思います。
混んでいる駅のホームでぶつかって来たサラリーマンには
後ろからケリを入れ、ちんたら働く上司には舌打ちし叱り飛ばす
些細な事でその場に波風をたてる程、私はストレスと怒りに翻弄されていました。
もちろんその頃は自分でも「異常」と思える程ひどい時期ではありました。
現在は仕事もやめノン気に自宅で気ままなアルバイト生活なので
一時に比べると本当に心は穏やかです。
でもやっぱり人と比べると自分はすごくイライラしていないか?
知らず知らずに人を傷つけてはいないか?
という不安にかられます。その頃の後遺症のようなものでしょうか・・・

お礼日時:2001/10/24 22:30

短気はたぶん治りません。

でも、治ったかのように振舞うことは可能です。
というのが、僕の経験です。
僕ももともと親譲りの短気だったのですが、そういう自分に嫌気が差し、中学時代に短気を直す一大決心をしました。怒ってもいいことはないと悟ったのです。
とにかく怒らない、喧嘩をしない。我慢をする。それをひたすら心がけました。
その甲斐、あって、だいぶ丸い性格になりました。というか、あたかも丸い性格になったかのようになりました。
ただ、実は治っていないと最近、家族に指摘されています。というのも、普通の人に対しては非常に穏やかなのですが、子供に対しては……自分でも気がつかないうちにものすごく短気になっているらしいです。子供がいたずらすると、その瞬間に怒っている(まあ、子供が悪いんですけれど)のです。
だから、穏やかに振る舞うようになるのは努力次第で可能ですが、短気を完治するのはたぶん無理なのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

中学時代にすでに短気に良い事がないと悟るとは
たいしたものだと思います。
我慢する事でストレスが更にたまりそうですが
そう心掛けることで自分自身がそれをストレスととらえなくなる
という癖をつけることはできるかもしれません。

はかりしれない努力となりそうですが
やってみる価値はあると思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/24 22:19

怒りっぽい人は私の周りにも沢山いますが、性格まで悪いとは思ったことがありません。


怒りっぽいのと性格が悪いはイコールで結び付けられませんから・・・

739さんは謙虚にもご自身の短所についてご認識されております。
これは人間としてとても重要なことです。
結構自分自身を見つめられない方が殆んどなのですが・・・

ということなので、あまりあせらなくてもいいかと思います。
年齢とともに穏やかになっていくことですから。
そうそう、相手に対するフォローは決して忘れないでください。
それさえ守れば卑屈になる必要はないはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

怒りっぽい人が年令とともに穏やかになっていくというのは
わかります。確かにそうですよね。
怒ると言うのはとてもパワーがいることです。
私が自分で思うのは、自分がもっと若い頃は
今現在カチンと来る事でも
割と奔放に笑い飛ばせてたような気がするのです。
心が狭くなったのか・・・
気にし過ぎもよくないですよね。

ちなみに私は長所より短所の方を自ら強く認識しています。
全く欠点だらけでため息が出ますよ・・・

お礼日時:2001/10/24 18:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長文失礼します。 私は、自分の性格が嫌で嫌で仕方ありません。 自分が絶対に悪い時でも自分を叱った

長文失礼します。

私は、自分の性格が嫌で嫌で仕方ありません。

自分が絶対に悪い時でも自分を叱った人の事を一瞬で憎んでしまいます。殺してしまいたいほどです。

明らかに自分が悪いくせにお母さんに対して「うるさい!」と言ってしまいます。親が子供を叱る時に少し叩いてしまう事は当たり前なのに、(叩かれてる私、可哀想、叱られている私、可哀想)みたいに思ってます。悲劇のヒロイン気取りです。

自分が責められている時は、必ず泣きそうになります。自分の足や腕をつねったり引っ掻いたりしてなんとか涙を出させないようにしています。過呼吸になってしまう事もあります。お母さんは「過呼吸はもういいから」と言ってきます。なぜ、泣くことを我慢するのかというと、人前で泣く事は恥さらしみたいなものだと思っているというのと、一度泣くと、いつまでも泣き続けるからです。

何故か、いつも自分が酷い目に合っている妄想ばかりしてしまいます。今日なんかは、お母さんが私のことを叱っていて、痣や血がでるほど暴力をしてくるという妄想をしていました。けど、妄想は意識してしているわけではなくて、無意識でしてしまいます。そして、妄想しているうちに涙が出ますが、私は1人の時でも泣くのは絶対に嫌なので、我慢します。

小学生の時も、自分自身が嫌になった時に、自分の頭を思い切り殴ったり(授業中に)、足をひたすら引っ掻き続けたりしていました。

少し、注意されただけでも泣きそうになったり、怒りが込み上げてきたりします。自分が悪いのに。

リスカも考えたことがありました。休み時間にトイレにカッターを持って行って、切ろうと何度も挑戦しましたが、できませんでした。理由は、将来このリスカのせいでダメになったらどうしようとか、せっかくお母さんが産んでくれたのにその傷一つ無い手首を自分で傷つけることに抵抗があったからです。でも、死ぬ気は全くないです。むしろ、100歳まで頑張るつもりです。


自分ではもうどうしようもありません。何度も何度も直そうと努力しても、また、こんなことになります。
どうすれば、この性格が治りますか?

キツイ言葉や誹謗中傷はやめてください。


長文失礼しました。

長文失礼します。

私は、自分の性格が嫌で嫌で仕方ありません。

自分が絶対に悪い時でも自分を叱った人の事を一瞬で憎んでしまいます。殺してしまいたいほどです。

明らかに自分が悪いくせにお母さんに対して「うるさい!」と言ってしまいます。親が子供を叱る時に少し叩いてしまう事は当たり前なのに、(叩かれてる私、可哀想、叱られている私、可哀想)みたいに思ってます。悲劇のヒロイン気取りです。

自分が責められている時は、必ず泣きそうになります。自分の足や腕をつねったり引っ掻いたりしてなんとか...続きを読む

Aベストアンサー

そうですね。

性格を治すためには、体への負担を先に減らす事です。

怪我や病気をしますと、体調の回復のために考える力を奪われます。

考える力が奪われると言う事は、

誰かに対して思いやる力も奪われると言う事です。

この状態を、一般に性格が悪いと表現されています。

体調が回復すると、普通になりますよ。



最近暑かったですよね・

こういうときは、

通勤に使っている電車が、

あっという間に、目的地である降車駅に到着します。

電車が速くなっているわけではありません。

自分の感じ方として、主観として、早く感じているだけです。

ここから導き出されることは?

自分の頭の回転スピードが、いつもよりも何倍も遅いと言う事です。


ところが誰もが気がつきません。

そんな事を語る雰囲気じゃありませんし、

おそらくですが、他の皆も同じ状況(皆が暑いわけで)で、

皆の頭の回転スピードも落ちているからでしょう。


知能指数と言うのは、

一定時間で、どのくらいの問題が解けるかで計ります。

頭の回転スピードが何倍も遅くなると言う事は、

このときの知能指数が大変低いという事になりますよね。



気温に関しては、急に寒くなっても同様です。

つまり、体の回復が必要なシーンでは、頭は全く動かないんです。

それでも、周りが早く動いているように感じるだけで、

自分は今までと変わっていないと錯覚します。

理解力が遅い人は、どこかに怪我をしていたり、病気をしていたり、

(例えば虫歯がいたいとか、水虫が痒いとか。その程度でもアウトです)

何かしら定常的な病気を抱えているはずです。

本来の健康的な人がもつ知能指数100(ただし成人)と言われています。

年齢相応の能力には達していないのではないかと思います。

これらを治して体調を整えると、これまでの数倍の理解力になります。



体に傷を負ったり、病気をしていると、更に傾向が強くなります。


私はかなり前に、手術を受けたことがあるのですが、

ほとんどあっという間に時間が過ぎ去りました。

それくらい、頭の回転が遅くなっているんですね。

愚鈍だと思われている人は、この状態に長くいるということです。

本人は普通だと思っているので、原因になかなか気付かないものです。



頭の回転力は、大変デリケートです。

例えば、立っていたり、座っていたりするとき、

どこかに余計な体重がかかっていませんか?

無理な姿勢で集中している場合が多くあります。


こうしたとき、

姿勢を変えると楽に成る場合があります。

こまめにそうした調整をしないといけません。

これらの配慮をしていると、体の機嫌がよくなっていきます。

すると、頭の回転があがります。

体を制御している部分が脳にあります。

人の意識は複合していまして、

体を担当している別の自分がおり、言葉も理解していると思いましょう。

この担当の人が、脳への血液も制御しています。

頭の良し悪しは、この担当の人の一存で行われているんです。

ということは、

体に負担をかけて平気な顔をしていると、

頭を悪くされてしまい、復讐されると言う事です。


私は頭脳を使う仕事が多く、

発明をして特許を取ったことがあります。

つまり、ある特定の(狭いですが)分野では世界チャンピオンですね。

これをなすときは、

一生懸命、体のご機嫌を取ります。

しかし、そうでないとき。

「無理をしてもいいや!」

なんて、サボりますと、引き算も出来ません。

これくらい違うんですね。


これを知らない人は凡庸になります。

超えられない壁が出来ます。

如何にして体の疲れや痛みを知り、

「こうか?こうか? 楽か?」

と常に気を使って、色々と世話をして、一緒に喜ぶことです。

そうしますと、普通の人が思いもしないくらいの能力が(一瞬ですが)

解放されます。

これを知った後は、勉強そのものに意味が無いと分かりますよ。

スポーツで言うところのゾーンの様なものがあります。

ここを使えないと、脳を持っている意味があまりないでしょう。




次に良く誤解されるのが、

頭の良し悪しと、性格の良し悪しが違うものとされることです。

どちらも同じ脳のコンディションですから、

どちらか一方が良くなるわけがありません。



例えば、何かに対して怒りますと、脳へのダメージが大変大きいです。

難しい問題を解いたり、徹夜でゲームをするよりダメージが大きいでしょう。

怒りを生じさせるくらいなら、徹夜でゲームしたほうが損しません。


怒りと言うのは、さらに別の怒りを呼び起こし、際限がありません。

終わりが無く、休む暇がないのです。

大変疲れます。

ですので、怒っているときは、

頭が疲れており、頭の回転は、常人の何倍も遅いということです。

しかも長く続きますので、

さすがに一人だけ目立ちます。

二次的な災害として、

人に馬鹿にされやすくなります。

こうなりますと、更に怒るシーンが増えてしまいます。

きっかけは、遠い昔に最初に怒ったときでしょう。

ここから運命が狂ったという言う事です。


仏教では、怒りを猛毒としています。三毒の一つとして数えています。

本人が気がつかないだけで、

第三者からは、

脳を破壊する毒が満ちているのと同じだと言う事です。

何か薬を飲んで、自分の脳を破壊し、知能を下げたいと思うならば、

そんな手間をかけず、

何かや誰かに対して怒ればいいんですよ。

すると、ほぼ同じ効果がお手軽に得られます。


逆に、

何か薬を飲んで、自分の知能をあげたいと思うならば、

落ち着いて体を楽にすればいい。

目を開けても脳は疲れます。

楽な姿勢でぼんやりと睡眠に近い状態にします。

すると、起きている間であっても、体は睡眠時と同じように体調を整え始めます。

このときを狙って、思考をすると、常人より早いスピードで考えられます。

これが瞑想と呼ばれる行為です。


怒りが猛毒であると言うものを逆手に取るということですね。



さて考え方ですが、

全ての人の心よりも、全ての人の体のほうが上位にあり、偉いとします。

他人を気遣うときも、相手の心より体を気遣うほうが正しいのです。

他人の心を気遣いますと、

体より心を上にしているという考え方を、

自分の体(正確に言うと体を司る脳)が気付いてしまい、

信用されなくなります。


心が傷ついたと言って、体を蔑ろにいたしますと、

数年から数十年ほど、体から罰を受け続けます。

その間は、けっして頭が良くなりません。


また、他人の心ばかりに気を使っても同じに成ります。

名誉や意地のために、暴力を振るったり、

肉体が傷つくような戦いに出る漫画やアニメが多くあります。

過去に酷い目にあったとか、

誰かに裏切られて傷ついたとか、

そういう話で発奮するのはとても良くないです。

同情しても行けませんし、一緒に怒っても行けません。

これを見たら、体に対して申し訳ないと注意をしてあげる。



心と体は別の持ち主のものであり、

単に同居しているだけと考えます。

心は、体に居候をしているのであり、

体を自分の物と思い込んで、乱暴に扱うと、

どんどん頭が悪くなり、性格が悪くなります。

(実は私にも経験がありまして、リハビリ中です)



他の誰でもない、自分の体に許してもらうこと。

これがとても大事なんですよ。

私たち心には、

哀しんだり、怒ったり、怖がったりする自由すらありません。

考えてみてください。

この感情。

このメッセージは、

本来は、動物として、生命を賭けて戦うときに使う指令なんですよ。

体のほうは、目がありませんから、私たちの心を信じて、

命がけで無理をしてくれます。

勿論、回復するまでの間は頭が悪くなります。

しかし、この命懸けを示す、シグナルを乱発していませんか?

さすがに、体のほうが嘘だと気がついて、協力しなくなりますよ。


すると、私たちの心は都合が悪くなります。

嘘が通用しなくなるからです。

体を騙すために、衝動的に自分を傷つけて、反応を挙げようとします。

しかし、

私たちの体を司る脳も、私たちと同等かそれ以上の知能を持っています。

この悪意は完全にばれており、

最終的には、呆れられて、自滅を選ぶようにと制御されます。

戦っても勝てないんですよ。




性が悪いと悩む人は、必ず頭の回転が鈍いと悩んでいます。

これで悩んでいる人は、必ず自分の体を自分のものだと主張しています。

この例外に成る人はほぼいません。

そして、能力が高く性格も良い人は、

この逆(体を自分の主人だと思っている。他の人の体もその人の心よりも

偉いとしている)をしています。


たったこれだけなので、考えを変えて、試してみてください。

体は健康に成るし、心も健康に成るし、

自分を誇らしく感じ、それに見合う能力が次々に(漫画みたいに)開花し、

特に苦労をしないのに、色んなことが何でも上手に出来るようになります。


今は、体に恨まれており、許してもらってないんですよ。

共に自分の理解者ですから、土下座をするつもりで機嫌をとりましょう。

私はそうしましたよ。

以上、ご参考に成れば。

そうですね。

性格を治すためには、体への負担を先に減らす事です。

怪我や病気をしますと、体調の回復のために考える力を奪われます。

考える力が奪われると言う事は、

誰かに対して思いやる力も奪われると言う事です。

この状態を、一般に性格が悪いと表現されています。

体調が回復すると、普通になりますよ。



最近暑かったですよね・

こういうときは、

通勤に使っている電車が、

あっという間に、目的地である降車駅に到着します。

電車が速くなっているわけではありません。

自分の感じ方とし...続きを読む

Q他人の行動(言動)にイライラする自分が嫌になる事ががありますか?

私の考え方について皆さんどう思うかアドバイスお願いします。

例を上げると年賀状について会社内で数十枚送りましたが返事があったのは3割程度。
返事がなくても口頭をお礼を言ってくれればうれしいものですがそれさえない人もいる。

又その事に対して自分ならいくら遅れても絶対返事するとの考えからよけいイライラしている自分にも嫌になるんですよ。

他にはうちの会社の場合、旅行の土産とかは休憩室に置いてみんなに食べてもらうようにしてるんですがせっかく買って持っていっても誰からもお礼を言われないとそれでイライラする。

自分の場合、誰かが土産を持ってくると必ず御礼は言うのでなんで他の人はお礼も言えないの?
とイライラする。

こんな事にイライラするなんて変ですか?
皆さんどう思いますか?

Aベストアンサー

変じゃないと思います。
こういう場面で自己嫌悪になってしまうのは
誰にでもあると思いますよ。
私もついついなってしまう時あります。

見返りを求めている自分に対してイヤな気持ちになる。
見返りを求めるのはイケナイと分かっていても求める。

相手の事を考えられる人もいれば、出来ない人もいると考えて、あくまで人それぞれなので自分が出来てしたい!と思ったらして、周囲の人がどう動こうが「人は人」と取れるようになったらきっとイライラも減ってくると思います。頭でわかっていても実際その通りにはなかなかいかないんですけどねぇ…。

参考URL:http://www.counselingservice.jp/lecture/lecture.html

Q一度自分を嫌ってしまったら、自分を受け入れるのは無理?

うつや神経症を治すには、ありのままの自分を好きになることが最終的に大事ですよね。森田療法なんかでもそう言っています。でも一度自分を嫌ったり、軽蔑したり、ダメだと思ってしまうと二度とありのままを受け入れられないような気がします。
もう無理なんじゃないかなと思います。

自分を嫌った経験のある方どうですか?再び自分を受け入れられる日が来ると思いますか?

Aベストアンサー

鬱病で2年間休職中の者です。

鬱病や神経症はそれぞれに原因があります。
鬱病は、内因性のもの(いわゆるセロトニン不足仮説)と心因性のものがあり、
神経症は、心因性のものです。

内因性のものには、薬が一番有効だと思います。なぜかといえば脳生理学的な原因が、
はっきりしているのですから、それを改善すればよいからです。
ただ、鬱病自体は内因性と心因性のものがあり、心因性のものに薬の処方をしても効果が
でないことがあります。

そして、心因性のものは、心の中になんらかの不全な状態を抱えています。例えて言えば
心という釣り糸が絡まった、もしくはジグソーパズルがバラけてしまった状態と言えます。
その絡んだ糸を解いたり、パズルを組み直すには、心理療法やカウンセリングが必要です。

>心療内科には通ってます。
>ただ、薬もらって、医者から気休めにもならない言葉をもらってもしょうがないので。
>自分で自分と向き合って過ごしたほうが、よっぽど治療になります。

ところが、質問者の方は以上の薬や治療法は重要視せずに、根源的に自分を受け入れる事
を目指してるわけですよね。

その時、二つ言える事があります。
1)薬や心理療法は、自分の受け入れる事の環境を整える事にはなる。(特に心因性の場合)
2)自分を受け入れるというのは、自己肯定とは違う。

まず、2)の方ですが、自分の嫌な部分を自己肯定して「これでいいんだ」といって受け入
れる事は、無理がかかります。本来嫌な部分を無理矢理肯定するわけですから。
おそらく「これでいいんだ」という心の一方に「本当にこれでいいの?」という疑問の心
が生まれてしまいます。

実は、本当に自分を受け入れるというのは、この対立する要素をもった心を、そのままに
良いとか悪いとかの価値判断無しに認識してあげることなのです。
言い方を変えると、自分の良い部分も悪い部分もそのままにして、それらを、もうひとり
の自分が客観視、もしくは目をかけてあげることです。
今までは嫌な部分として否定的に嫌っていたものをそのままに受容してあげる事で、その
嫌な部分は抑うつされる事から開放され、ひねくれて暴走する事がなくなります。
そういう風にして、自分の色々な面を自分で制御していく事が必要です。

といいつつも、これを行なう事は簡単ではありません。ですから1)で述べたように、薬や
心理療法で自分の心の環境を整えておく。例えれば散らかした部屋を片づけておいてから
自分を受け入れるというのが必要なんだと思います。

わたしはいま薬を飲みつつもそんな事をして自分の嫌な部分をうまく制御しようとしてい
ます。

鬱病で2年間休職中の者です。

鬱病や神経症はそれぞれに原因があります。
鬱病は、内因性のもの(いわゆるセロトニン不足仮説)と心因性のものがあり、
神経症は、心因性のものです。

内因性のものには、薬が一番有効だと思います。なぜかといえば脳生理学的な原因が、
はっきりしているのですから、それを改善すればよいからです。
ただ、鬱病自体は内因性と心因性のものがあり、心因性のものに薬の処方をしても効果が
でないことがあります。

そして、心因性のものは、心の中になんらかの不全な状...続きを読む

Q自分はすごく人を怒らす才能があると思います。 それがすごく嫌で、どこへ行ってもトラブルメーカーな自分

自分はすごく人を怒らす才能があると思います。
それがすごく嫌で、どこへ行ってもトラブルメーカーな自分に飽き飽きしています。
そこでカウンセリングを受けてみよう!
っと思ったのですがカウンセリングはどんな人でも受けていいんでしょうか?
それはお金と時間はかかるかもしれませんが本気で治したいとおもっています。
このままだとどんな所に行ってもとラブルメーカのままです。
鬱になったとか夜ねれないとかそこまで大きい問題ではないのですが今後の人生を楽しいものにするためにという理由は良くないのでしょうか?
誰か教えてください。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

カウンセリングは、悩んでいて金がある人であればだれでも。
ちゃんとした臨床心理士がいいですね。
あなたと会話するだけで、問題点を暴き出してくれるでしょう。
すぐに解決してくれるはず。

Q家内が精神病院に入院しています。ずっと拘束されています。拘束されるのががとても嫌なのに拘束して欲しい

家内が精神病院に入院しています。ずっと拘束されています。拘束されるのががとても嫌なのに拘束して欲しいと訴えます。この矛盾は何が原因ですか?

Aベストアンサー

自分で、自分が 不安でならない のだと、思います。

妄想が強くて、現実との区別が付かなく、
現実 と 妄想 が、逆転している と、思われます。

現実の何かに、強い不安が有り、現実逃避している ものと、
判断できる のでは、ないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報