私は今、土地を売ろうかどうしようか迷っています。
金額は、一般的にはそんなに悪くないらしいのですが、
それでも交渉の余地はありそうなのです。
どうすれば、自分の土地を少しでも高く買い取って
もらうことができるのでしょうか。
「その金額では売りたくない」とか、
「先祖からの大切な土地だから」といった感情論ではなく、
論理的に相手を説得する術はあるのでしょうか。
良い回答をお待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

土地の適正価格は、点ではなく、帯であると言われています。



つまり、複数の鑑定を依頼すると同じ土地について、
同じ鑑定結果が出る事もありますが、出ないことも多くあります。
その意味において、土地の適正価格は点(1万円)ではなく、帯
(8500円~11500円位の範囲の中)と言われるのです。

しかし、公共事業によって、土地を買収する際は、その鑑定を参考
にしながら、土地の価格を定めてゆきます。
この算定評価についても、国土交通省の強い指導があり、その算定
評価の仕方も、がんじがらめにされています。
 また、公共事業の買収は、1箇所の価格を変更するという事は、
その近辺の買収する土地の全部の評価(買収単価)をかえる事です。
 同じ年度において価格の見直しは、行えませんが、その土地等の価格
を決定するのに使用した基準地・公示地の価格変動により、年度が変われば
年度が変われば、土地の価格を変更する余地が出てくるのですが、
最近の基準地・公示地の変動をみれば、分かりますが、大部分が、
減少しています。
 つまり、来年になると、○山県の担当者は、公示地・基準地の
単価を参考に、貴方の土地の買収単価を下げなければならない
可能性が高いのです。
 その意味において、今年に提示された単価が、一番高い、買収
単価となる可能性がたかいのです。

 公共事業の買収には、譲渡益に対して、5000万控除する事
が認められています。その意味において、一般の売買より、相当
有利と思われます。

 上記のことから、単価の闘争よりは、残された土地の価値を上げる
ことを条件とする方が、はるかに有利です。
 その土地への乗り入れ進入路の確保の仕方、
公共事業が、擁壁(ようへき)工事なのか盛土工事なのか?
それによって、残された自分の土地は、その工事
により、どのようになるのか?土地の価値を上げるような
工事の依頼ができないのか?等々

 あえてもう一つ、その土地が田圃でないのなら、「残地補償」の
交渉ができる余地がある事は付け加えておきます。
 ただ、この残地補償は、田圃では、まれにしか認められないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょうど、買収のかかっている土地が公共事業だったので、
大変参考になりました。工事の種類や、お金+オプション工事
というやり方で、将来的な価値を上げていくと言う手もあるのですね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/24 10:34

その土地がどんな土地なのかによります。


よくある普通の宅地だとしたら、土地単体で売るよりも付加価値をつける、すなわち建売住宅にして建物とセットにして売ったほうが高く売れます。
ただ、そうではないのだとしたら、事情によりけりです。
土地なんて、値段があってないようなものですから、それこそかけひきのうまさに関わってくるのではないでしょうか?
    • good
    • 0

コストから売価をアピールする。

収益力から売価をアピールする。市場性から売価をアピールする。理論的にはこの三つです。

買主にも依りますが、一般的に理解されやすいのがマーケットアプローチ。近くのこの土地が、最近いくらで売れた。あの土地もこの値段で売れそうだ等と、地元ならではの新鮮で正確な情報で、当該土地の市場性の高さをアピールするのです。

要は、買い手が、何だかこの土地を早く買わないとソンしちゃうかな?と考え始めればしめたものです。値段が上がりそうだと判断すれば、買い急ぎます。但し、そのような情報がなければ、値付けは買い手次第となります。いわゆる買い手市場です。

なお、我が国の不良債権の早期処理も、同様の経済環境を創出すれば、早期処理可能ではないのかと岡目八目しております(^^)。
    • good
    • 0

最重要ポイントは、焦らずにじっくりと時間をかけて交渉する事です。



売り急いでいない物件は、買い手に良い物件という印象を与えるし、他の買い手が現れて横取りされるかもしれない、という心配も出てきてBid Up(希望購入価格の引上げ)をする可能性が高くなります。

仲介の不動産屋は売れてナンボの利益なので、成約させる為に売り手に(必要以上の)価格引下げを進める傾向が強い。 従って彼らの情報を参考として聞きながらも、ご自分で情勢判断して価格交渉を進めるのがBestだと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定価より高い金額では売りにくいのか?

例1:
先日、商店街で買い物をしました。定価1900円の商品です。あと100円足せば商店街のくじ引きが出来るので、「2千円払うからレシートは2千円で発行してくれ」と言いましたが断られました。理由は「その100円でくじに当たってしまうかも知れないから」でした。そんなバカなと思って2軒目の店で買いましたが、レシートは発行せず領収書を書いてもらいました。いかにもこっそり、という感じでした。

例2:
むつごろうこと畑正憲氏の著書によると、彼はデパートでスーツを新調したが用意したお金が余ったため、店に値段を高くしてくれと訴えたところ断られたそうです。

私の体験談(例1)も結局は定価を高くしてくれというものです。値引きはいくらでも交渉次第なのに、高く売るのは難しいのですか?値引きの金額がマイナスになっただけでしょう?と思うのですが、何か理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

 matchamanさん こんばんは

 とあるショップでmatchamanさんの希望通り1900円の商品を2000円で売って頂けたとします。そのことを誰かに話した時、きっとmatchamanさんはそのショップを親切なショップとして誰かに話すでしょう。
 ところがその話を数人を通して違う人に話が伝わる場合、100%正しく伝わるとは限らないです。万が一間違って伝わる、例えば「あるショップは定価より100円も高く売りつけるんだって~~」とmatchamanさんの意図してない内容で伝わる可能性だって0%ではないわけです。噂として物事が多くの人に広まる場合、往々にしてこの様な事が起こります。

 どのショップ経営者も自分のお店に対して悪い噂が伝わる事を一番恐れます。それは根も葉もない噂であっても、それがもし悪い噂だった場合客数減少・売上減少につながりかねないからです。

 以上の理由より、定価より高く売ることは何所のショップ経営者もしないです。

Q源泉徴収票の支払金額が、請求金額と実際の支払金額と異なる場合は?

お世話になります。
源泉徴収票の支払金額(30,000円)が、
領収書の請求金額(31,500円税込)と実際の支払金額(28,500円)と異なっていますが、
そのようなことはあるのでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.まずご質問にないことから。「源泉徴収票」と書かれていますが、「支払調書」ではありませんか。源泉徴収票は給与所得、退職所得又は公的年金の場合ですから消費税がかかることはありません。31,500円税込ということは、消費税の課税される取引ですから、報酬や請負代金のはずです。この場合は支払調書になります。

2.取引関係を整理すると
税抜金額 30,000円
税込金額 31,500円
源泉徴収税額 3,000円(30,000円×10%)
差引支払額 28,500円(31,500円-3,000円) という流れですね。

この場合、支払調書に記載する支払金額は、原則として税込みの31,500円です。ただし、消費税額が明確に区分されている場合は30,000円でも構わないことになっています。ご質問のケースはこの30,000円が記載されたものと思われます。ただし、この場合は摘要欄にその消費税額(1,500円)を記載することになっていますが、記載されているでしょうか。

Q収入印紙を仕入会社に表記金額で売ったとき

勘定科目を租税公課にして、入金の欄に金額を書けばいいのでしょうか?
わからないので、教えてください。

Aベストアンサー

税務署が調査に来たとき言っていました。
収入印紙は、使ったときに初めて租税公課という経費になります。年末に何十枚もまとめて買ってきて、その年の所得を少なく見せかけることを防ぐためです。
ですから郵便局で買ってきた時点では、まだ資産のうちです。第三者に転売したときは、棚卸資産と現金の振り替えをすればよいだけです。
ちなみに、租税公課の借方に現金が来ることは、家事関連費の按分などの場合以外はありません。

上記は原則論ですが、現実問題として、通常使用する程度に比べて極端に多くなければ、購入時に経費にすることも許容されています。
しかし、前述のようにマイナスの租税公課というのは原則としてあり得ませんから、第三者からいただいた現金は記帳せず、一両日中に印紙を買って補充しておくのがよいでしょう。

Qキャンセルによる、材料先方買い取時の仕訳につい

内装業をしています。
先日発注後の工事がキャンセルになりました。
特殊な材料だった為、先方が買い取ってくれることになり、口座に金額が振り込まれました。

先方への請求金額は、問屋の金額そのままではなく、上乗せして請求しています。

この場合の仕訳は売上ではおかしいですよね?

預金 ○○  雑収入 ○○

でしょうか?
それとも売上になるのでしょうか?


初めてのケースなのでどうしたらいいのか悩んでいます。
分かる方教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

売上でOKです。

出荷日:売掛金/売上

入金日:現預金/売掛金

・売上を計上する日付ですが、請求日と期またぎになっている場合は、どちらの期に計上するのかを決めて、出荷日もしくは請求日で計上すればいいと思います。
・売掛金勘定を使うことに抵抗があるならば、未収入金勘定を利用しましょう。

Q土地を売るためのお祓いは、譲渡所得の費用になるか?

建物が火事で焼失し、その際、居住者が死亡してしまった土地を、

売却するためにお祓いをしてもらった場合、

このお祓いの費用は、譲渡所得の費用になりますか?

Aベストアンサー

なりません


人気Q&Aランキング

おすすめ情報