昨日、死刑が執行されたとニュースで聞きましたが、現在の死刑はどのように行われているんでしょうか? 現在も絞首刑を行っているんでしょうか、それとも何か他の方法に替わっているんでしょうか。 また、計が執行された後の遺体を、他の囚人が片付けているという話も聞きましたが、本当でしょうか。 

A 回答 (4件)

◆Naka◆


そうですね。日本では今も絞首刑です。
絞首刑と言うと、首をしめて窒息させるようなイメージがありますが、実際にはある程度の高さから落とすことによって、頚椎を折るのが目的です。
これによって、苦しみを最小限にすることができるわけです。
その高さの設定は難しいらしく、足りないと頚椎が折れず苦しみますし、高すぎると首がもげてしまいます。
アメリカでは電気椅子ですが、こちらの方が苦しむようですね。
ただ見た目の残酷さは絞首刑の方が上かもしれませんが。
ようするに刑を執行する側が、罪の意識を持たなくて済むように、というのが本音でしょうね。だから電気椅子のスイッチを入れる人は数人用意されていて、一つを除いてダミーのスイッチになっているという話を聞いたことがあります。

またこちらはちょっと自信がないのですが、遺体の処分を囚人が行う、ということはしないんじゃないでしょうか?
    • good
    • 0

 明治15年施行の刑法から、一般人には、絞首刑、軍人は、銃殺刑になりました。

戦後は軍人はなくなりましたので、絞首刑のみです。

死刑執行に立ち会うのは、検察官、刑務官、医師などです。囚人は関係ありません。
 
 下のHPには次のような記事が見えます。

(1)法務大臣が死刑執行命令を出す場合、命令書の起案、決裁にかかわる担当官はだれか。執行の順番はだれがどのような基準で決めるのか。 

*個々具体的な死刑執行の決定に関する事項については、答弁は差し控えさせていただきたい。

 法務大臣が死刑執行命令を発する手続について一般的に申し上げると、死刑の判決確定後、関係検察庁の長からの死刑執行に関する上申を待って確定記録を取り寄せ、省内関係部局をして判決及び確定記録の内容を十分精査せしめ、刑の執行停止、再審又は非常上告の事由の有無、恩赦を相当とする情状の有無等について慎重に検討し、これらの事由等がないと認めた場合に、初めて死刑執行命令を発することとしている。 

(2)死刑確定者の動静を定期的に拘置所から報告を受けているか。 

*法務大臣は、適宣御指摘の報告を受けている。 

(3)死刑執行に立ち会う刑務官はいつ、どのような人選を経て指名されるのか。刑務官はそれを拒否できるのか。また、拒否することで、不利益をこうむるのか。 

*死刑執行については、施設長が、死刑執行前に、施設全体の職員の配置状況を見ながら、死刑執行を円滑に遂行できるように必要な人数の職員を指名して指示しているところである。この指示は、職務命令であり、これまでも職員は同指示に基づいて当該職務の執行に従事してきたところである。 

(4)刑場と刑具の規格は法令に定められているか。

*監獄法第七十一条第一項は、「死刑ノ執行ハ監獄内ノ刑場ニ於テ之ヲ為ス」と定めている。

 また、御指摘の刑具については、絞罪器械図式(明治六年太政官布告第六十五号)に定められている。 

(5)現在、東京拘置所では建て替え工事が行われているが、刑場も建て替えているのか。その規模、予算を明らかにされたい。 

*東京拘置所の刑場については、全体改築に併せて建て替える予定であるが、その配置計画、規模、予算等については、検討中である。 

七 死刑執行について

 過去三年間続いた十二月の死刑執行はなかったが、死刑廃止条約の批准を求めるNGOなどによると、数人の同時処刑をあらため、今月から一人ずつ死刑を執行するとの情報が流されているようだが、事実か。

*個々具体的な死刑執行に関する事項については、答弁は差し控えさせていただきたい。


 

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~iy3n-hsk/situmon/S3. …
    • good
    • 1

今は絞首刑です。


網走刑務所にはギロチン?がありますが、使われてはいないそうです。でも・・・・刃はきれいに研がれているとか・・
    • good
    • 2

現在も絞首(ただし実務上は縊首)のはずです。


日本では、これが非残虐的と解されてますので。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q死刑確定から死刑執行までの期間は?

宮崎勤に死刑判決が下されましたが、死刑が確定してから死刑執行までの期間はどれくらいなのでしょうか?

それから、麻原はなぜ死刑判決がでたのに、いろいろと理由をつけて延命してますが、なぜなんですか?

裁判のことはまったくわからないのですが、死刑判決がでたらすぐに死刑執行というのは無理なのですか?
宮崎も死刑囚としてあと数年は生きるのでしょうか?

Aベストアンサー

日本では、死刑が確定してから死刑執行までの期間は大体4,5年程度です。
死刑判決が出たらすぐに死刑執行というのは現実的にはありません。

2004年9月14日、宅間守死刑囚が死刑確定から約一年で死刑執行されましたが、これは極めて異例なことです。

ちなみに中国では、死刑が確定してから執行までに2年の執行猶予期間があります。これは『中華人民共和国刑法』に明記されています。

参考URLは日本の死刑制度について詳しくまとめられたサイトです。

参考URL:http://www.geocities.jp/aphros67/indexs.htm

Q日本の死刑執行はなぜ絞首刑なんですか?

絞首刑でなければならない理由ってあるんですか?海外では、薬殺刑、銃殺刑、電気椅子などありますが。

Aベストアンサー

絞首刑は生きれる可能性あります
床が開いて下に落ちたとき生きていたら生還になります
死刑執行は一度きりなので生き延びればやり直しにはなりません

せめてもの情けなんですね

Q光市母子殺害事件と死刑廃止論

現在、死刑廃止論者の弁護士の方々が、山口県光市母子殺害事件の被告人の元少年の弁護をしていますが、死刑にならず無期あるいは有期刑の判決が出た場合、死刑廃止論者の彼らにとって得することはあるのでしょうか?
死刑廃止論を唱えるためにこの事件のを利用しているようですが、死刑廃止論と死刑回避弁護のつながりがよくわかりません。
この事件で死刑が回避されても今の世論が死刑廃止に向くとは思えません。

Aベストアンサー

>死刑にならず無期あるいは有期刑の判決が出た場合、死刑廃止論者の彼らにとって得することはあるのでしょうか?

最高裁から、新たな事実が発覚しない限り、死刑はやむを得ないと差し戻されています。そこへ、死刑廃止論のもと、21人の弁護士が集まったわけです。
彼らは、死刑を回避する為に、一審・二審の発言を覆し、極度の精神異常だったという新事実を作ろうとしています。つまり、真実をねじ曲げてでも死刑を回避しようとしている訳です。
もし、この裁判で死刑が回避されれば自分達の知名度が上がるわけです。
例えば、貴方がどの弁護士も弁護に困る犯罪を犯してしまったとき、どの弁護士に頼みますか?そのとき頼むのはこれらの弁護士でしょう。何せ彼らは、『世間的に死刑回避が難しい光市の母子殺害事件も減刑できた』という名目がありますから。つまりは、売名行為にすぎない訳です。
但し、今回の事件で、それ以上にこの弁護士らの悪い知名度が上がってしまった為、逆効果だと思います。


>死刑廃止論と死刑回避弁護のつながりがよくわかりません。
>この事件で死刑が回避されても今の世論が死刑廃止に向くとは思えません。

その通りです。真に死刑廃止を唱えるなら、被告に心から謝罪させ、どう償っていくかを具体的に述べさせなければいけません。その上で、『どんな人でも、過ちに気付き反省、そして償うという良心があるんだ。命を絶ってしまえば、償うこともできないでしょう』と言うべきです。真実をねじ曲げ、精神病を装って死刑回避をしても、世間に死刑廃止論は一切浸透しません。むしろ、反感を買うだけです。


ここからは個人的意見ですが、仮に事件当時精神異常であったとしても、それから8年経ってから法廷で述べたことが真実なら、精神異常が収まっているように思えません。8年経っても治らないなら、何年経っても治らないでしょう。やはり、死刑しかないように思います。
そうでないと、酒に酔って暴れて何人も殺しても、ロクな刑を受けないことになります。精神異常だというだけで、減刑するのは止めるべきです。

>死刑にならず無期あるいは有期刑の判決が出た場合、死刑廃止論者の彼らにとって得することはあるのでしょうか?

最高裁から、新たな事実が発覚しない限り、死刑はやむを得ないと差し戻されています。そこへ、死刑廃止論のもと、21人の弁護士が集まったわけです。
彼らは、死刑を回避する為に、一審・二審の発言を覆し、極度の精神異常だったという新事実を作ろうとしています。つまり、真実をねじ曲げてでも死刑を回避しようとしている訳です。
もし、この裁判で死刑が回避されれば自分達の知名度が上が...続きを読む

Q絞首刑(死刑)についての質問です。

絞首刑(死刑)についての質問です。
まず、最後は食べたいものを食べさせてくれるのは本当か(酒は駄目らしいと)
遺書や遺言のようなものは残せるんでしょうか。
最後に、執行からどれぐらいで死に至るのですか?
あれは窒息死ではなく、脳への血液がどうやらこうやらという
非常に曖昧な知識しかありませんので……。

Aベストアンサー

はじめまして

>まず、最後は食べたいものを食べさせてくれるのは本当か(酒は駄目らしいと)
本当です。

>遺書や遺言のようなものは残せるんでしょうか。
残せます。

>最後に、執行からどれぐらいで死に至るのですか?
高いところから一気に落ちますので、首が折れて、即死です。
苦しめることが本意ではありませんので。

私見ですが、ひとを苦しめて殺したりしたら、苦しめて死刑にした方が、
良いと思いますが。
江戸時代の鋸引きとか、牛による股裂きや、釜茹でなど。

Q死刑廃止論について。

死刑廃止論について。
私は死刑賛成派なのですが死刑廃止を訴える方の主張する死刑廃止のメリットってなんなんでしょうか?
確か世論としてどこかのTVでアンケートした結果だと死刑賛成が7割で死刑廃止派が3割だった思うのですが正直、廃止派が3割もいたことに驚きました。3割程度だと死刑は廃止されないですよね?
死刑廃止なんてありえないと思うのですが廃止に躍起になっている千葉景子さんとかがおっしゃる死刑廃止のメリットってなんですか?

Aベストアンサー

『 人間の法と創造者の法の板ばさみになったときは、一瞬たりともためらってはいけない。人間の裁判官といえども、いつかは創造者によって裁かれるからである。人間の法も必要不可欠なものであるが、もっと改善する必要がある。人間の法は、愛と友情を考慮していないからである。
 死刑は廃止されるべきである。なんびとたりとも、よく考え抜かれ組織された方法で、冷酷に他人を殺す権利はないからである。個人の暴力的行為を抑止し、科学の力によってそういった病気を治療することができるようになるまでは、犯罪者は社会から隔離し、彼らに欠けている愛情を与え、彼らが今まで行ってきた行動の残虐さを理解させ、償いをしようという気持を起こさせるように努めなければならない。
 小さな罪を犯した人々を大罪人と同室させてはならない。大罪人は一種の伝染病患者であり、小さな罪を犯した人たちが、この病気に感染しないようにする必要がある。
 犯罪者はすべて、一種の病人であることを忘れてはならない。病人として彼らを取り扱うことである。ある時代には、ヒステリーの発作を起こす人は、2枚の敷布団にはさまれて窒息死させられたものである。今にして考えるとゾッとする。やがて犯罪という病気が、治療だけでなく予防もできる日が訪れたら、昔は犯罪者は処刑されたと聞いて、同じように人々はゾッとするであろう。_ラエル著』

・人間の法は、愛と友情を考慮していない。
・なんびとたりとも、よく考え抜かれ組織された方法で、冷酷に他人を殺す権利はない。

『 人間の法と創造者の法の板ばさみになったときは、一瞬たりともためらってはいけない。人間の裁判官といえども、いつかは創造者によって裁かれるからである。人間の法も必要不可欠なものであるが、もっと改善する必要がある。人間の法は、愛と友情を考慮していないからである。
 死刑は廃止されるべきである。なんびとたりとも、よく考え抜かれ組織された方法で、冷酷に他人を殺す権利はないからである。個人の暴力的行為を抑止し、科学の力によってそういった病気を治療することができるようになるまでは、犯...続きを読む

Q死刑確定囚に死刑を執行しないのは、法の下の平等に反していませんか?

 懲役刑や禁固刑、罰金刑は、刑の確定後、直ちに執行されると思うのですが、死刑の場合、確定後、長期間、執行されない場合が多いようです。
 合理的な理由もなく、長期間、執行しないで拘置したままでいるのは、法の下の平等に反していませんか?
 死刑が確定しているのに執行されず、いつまでも拘置所にいるのが理解できません。死刑の場合、直ちに執行しなくてもよい規定があるのでしょうか?

Aベストアンサー

一般に、死刑執行の順序は確定判決の出された日付順になっています。

ところで、死刑囚の中には、再審請求を何度も繰り返している人がいます。この再審請求も法律で認められている制度である以上、「確定したのだから法に従って死刑を執行しろ」ということで死刑に処してしまうと、死刑囚の権利を奪ってしまうことになります(実際、再審請求中の死刑囚の死刑を執行して世論の批判を浴びた事例もありました)。

ではその人はすっ飛ばして次の人を死刑、とやるのかというと、果たしてそれでいいのか?ということになります。先ごろ刑を執行された死刑囚は、自ら「死刑にしろ」といって弁護団の控訴を自ら取り下げたような曰くのある人物でしたから、「繰り上げ」にも批判の声は出ませんでしたが(むしろ「じっくり死の恐怖を味あわせるべきだった」といった批判が出るくらいでしたね)、これはレアケースで、理由もなく順序を繰り上げるのは裁量権の逸脱になる可能性があります。

現実の問題として、死刑制度について議論される中で歴代法相が執行命令書にサインしたがらないのも事実ですが、それでも在任中全くサインをしなかった法相は、少なくとも最近ではいないはずです。死刑の場合は、間違いのあった場合に取り返しのつかない刑罰である以上、これくらい慎重すぎる慎重さがあってもいいのではないかと思います。

ところで、この件はなぜ「法の下の平等」に反するとお考えになったのですか?

一般に、死刑執行の順序は確定判決の出された日付順になっています。

ところで、死刑囚の中には、再審請求を何度も繰り返している人がいます。この再審請求も法律で認められている制度である以上、「確定したのだから法に従って死刑を執行しろ」ということで死刑に処してしまうと、死刑囚の権利を奪ってしまうことになります(実際、再審請求中の死刑囚の死刑を執行して世論の批判を浴びた事例もありました)。

ではその人はすっ飛ばして次の人を死刑、とやるのかというと、果たしてそれでいいのか?という...続きを読む

Q死刑反対派の方へ聞きたい事その1(冤罪について)

死刑反対派の方へ聞きたい事その1(冤罪について)

死刑反対派の主張の一つ!冤罪があるから死刑はダメだと言う。
死んだら取り返しがつかない。

まぁ、その意見は分からなくは無いけど逆に聞きたいですが・・・

仮に死刑相当の容疑で捕まった人(冤罪)がいたとしましょう。

現行法なら死刑が言い渡され6ヶ月後死刑にされてしまいます。
その後冤罪と分かっても取り返しつきませんよね?

確かにその通り。それはあってはならないです。

じゃぁ、死刑判決が無かったとしたら・・・・
死刑の代わりに終身刑だとしたら・・・・

死刑執行されずに生き延びる可能性はあります。
が、冤罪と分かる前にそのまま獄中死した場合はどうやって
取り返しがつくのか教えてくれませんかね?^^

死刑反対派の主張は冤罪の時「死刑だと」取り返しがつかない。

じゃぁ、死刑じゃなければ取り返しがつくという事。
さて、私があげた例・・・どうやって取り返しつくのか教えてください^-^

Aベストアンサー

>死刑賛成の前提で考えますが、dragon-manさん自身は 視力剝脱や四肢切断の刑についてどう思いますか?

「目には目を、歯には歯を」は人間が本来持っている人間の自然な感情です。
必ずしも間違いとは言い切れません。
状況を度外視して視力剥奪だけを問われれば、人にあるまじき野蛮な行為と言うほかありません。
しかし、殺人という究極の野蛮がある限り、その代償はあって然るべきです。
文明が進化して、人間が完全に野蛮を断ち切ったら、殺人などと言う野蛮もなくなるでしょう。
死刑などという“野蛮な刑罰”も必要もなくなるでしょう。
でも、残念ながら未だに人類はまだそう言う進化のレベルに達していませんね。
身の毛もよだつ野蛮や残酷が世界中にはびこっています。
一向に減る兆しがありません。
そう言う状況にありながら、人道だけを声高に言うのは片手落ちで、何の解決にもなりません。
人類は人道を口にする前に、世の中の混乱や矛盾をきちんとコントロールしなければなりません。
死刑廃止は、人類がもう少し進歩した後の話でしょう。
いつそうなるかは、まったく疑問ですが。

Q業務上過失致死罪についての話です。 一人の男が死刑判決を受け、今まさに死刑が執行されようとしていま

業務上過失致死罪についての話です。

一人の男が死刑判決を受け、今まさに死刑が執行されようとしています。三人の執行官が各々刑を執行するボタンを押し、受刑者を死刑に処します。
通常死刑が執行されると、足元の板が外れ受刑者は首を吊って死亡します。しかし、足元の板が外れた瞬間、同時に首吊り用の縄が外れてしまい、受刑者はそのまま下に落ちてしまいました。運悪く、受刑者は落下したときに頭を強く打ってしまい、そのまま亡くなってしまいました。
ここで本題です。この様な事故が起きてしまった場合、死刑を執行する施設の責任者は業務上過失致死罪にあたる罪を犯したことになるのでしょうか?又は本来死刑を執行する事が決まっていたので、お咎め無しなのか?

単純に自分の興味で聞いているだけなので、是非是非皆さんの意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

この様な事故が起きてしまった場合、死刑を執行する
施設の責任者は業務上過失致死罪にあたる罪を
犯したことになるのでしょうか?
  ↑
施設の管理などについて、過失があることを
前提に、業務上過失致死が成立します。
まあ、実際に立件されることはないでしょうが、
犯罪としては成立すると言わざるを得ません。

例えば、車に轢かれた。
1分後に死ぬはずだったが、10秒後に
他の車に轢かれて即死した。
他の車の運転手が業務上過失致死で
最初の車の運転手は業務上過失傷害
ということになります。


本来死刑を執行する事が決まっていたので、
お咎め無しなのか?
  ↑
実際はそうなるでしょう。


尚、ロープが切れた、という事件は実際に
発生したことがあります。
その場で、やり直し、無事に死刑になりました。
法的にも、この処置は正しかったと評されて
います。

Q死刑から無罪判決

死刑から無罪判決
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201203150086.html
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2012031501001413/1.htm
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/549835/

母子殺害ということで二審で死刑判決が出ていた被告に対し、差戻審で無罪判決が出ました。
最高裁で差し戻されていたので死刑確定ではなかったのですが、それでも死刑から無罪とは衝撃です。
光母子殺害の時は死刑執行が大分言われていたようですが、今回の事態で死刑執行についてどのように考えられるでしょうか。

ちなみに私は総論死刑廃止、各論死刑という正直矛盾した考えです。一般論では死刑が犯罪抑止にもなっていないように思えるし、先進国では死刑は少数派です。しかし、個別事件を見ると死刑にしても軽すぎると思える感情もあるためです。

Aベストアンサー

死刑の場合、執行したら、間違っていても回復できない(生き返らすことはできない)。

私の考えは、
間違っていてもも回復できるように、最高刑を無期懲役にする。
死刑を残すなら、間違った判決をした裁判官、訴訟を提起した検事、捕まえた警察官を殺人罪として死刑にスル。死刑は、故意殺人の典型なので。
これくらいしなければ、冤罪死刑は防げないように思う。

Q死刑判決の根拠。判決が出るスピードと死刑執行までのスピード

 死刑判決が出る根拠はどれくらいの罪だとなるんでしょうか?。
 人を殺したら必ず死刑なんでしょうか?。
 殺人しても計画性が無く、反省の態度があれば無期懲役?。殺人しても懲役何年は有り得るでしょうか?。
 
 死刑判決が出るまでのスピードや死刑執行までのスピードは個人差がありますが、どういう違いがあるんでしょうか?。
 麻原被告のようにうやむやな態度をしていると、審議が進まないんでしょうか?。
 死刑執行まで10年など掛かる人もいますが、何故そこまで掛かるんでしょうか?。宅間被告は一年くらいで執行されましたが。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 死刑判決をするための判断基準は、4人を殺害した連続射殺事件の永山則夫元死刑囚のケースで最高裁判所の判決(1983年7月)によって確立したとされています。
 その判決では、死刑を選択できる判断基準として、罪質、動機、態様、被害者の数、社会的影響などを挙げています。

 具体的な判決内容は、「「犯行の罪質、動機、態様ことに殺害の手段方法の執拗性、残虐性、結果の重大性ことに殺害された被害者の数、遺族の被害者感情、社会的影響、犯人の年齢、前科、犯行後の情状等各般の情状を合わせ考察したとき、その罪責が誠に重大であって、罪刑の均衡の見地からも一般予防の見地からも極刑がやむを得ないと認められる場合のみ、その(死刑)選択が許される。」

 この「永山判決」は、考慮すべき事情の一つとして、被害者の数といっただけで、1人のときは死刑にしてはいけないといってはいませんが、いつの間にか被害者が複数でなければ死刑にしないという流れができてしまっているのが現状です。
 つまり、初犯で一人殺したくらいでは死刑にならないという事です(怒)。

>死刑判決が出るまでのスピードや死刑執行までのスピードは個人差がありますが、どういう違いがあるんでしょうか?。
 麻原被告のようにうやむやな態度をしていると、審議が進まないんでしょうか?。

 判決は、裁判の進み具合によるでしょう。麻原みたいなやり方は得(卑怯)で、故宅間は損(真摯)なやり方だったという事ですね。
 執行までの時間は、推測するしかないですが、「死刑制度はやめないぞ」という感じで、死刑廃止論が強まってくると、執行される様な気がします(私だけ?)。あと、故宅間のように、世間を震撼させ、多くの人が早期の執行を望んでいた得意なケースは早いようですね。

>死刑執行まで10年など掛かる人もいますが、何故そこまで掛かるんでしょうか?。宅間被告は一年くらいで執行されましたが。

 長くかかる人は、その間に反省してもらおうという事でしょう。いつ死刑になるか分からない、明日かもしれないと思いながら暮らすのも、これは精神的にとても辛いと思いますよ。

 こんにちは。

 死刑判決をするための判断基準は、4人を殺害した連続射殺事件の永山則夫元死刑囚のケースで最高裁判所の判決(1983年7月)によって確立したとされています。
 その判決では、死刑を選択できる判断基準として、罪質、動機、態様、被害者の数、社会的影響などを挙げています。

 具体的な判決内容は、「「犯行の罪質、動機、態様ことに殺害の手段方法の執拗性、残虐性、結果の重大性ことに殺害された被害者の数、遺族の被害者感情、社会的影響、犯人の年齢、前科、犯行後の情状等各...続きを読む


人気Q&Aランキング