マシンが最近重いと感じるようになりためしにHDBENCHを行ってみたところ、異様にグラフィックカードとHDDのスピードが遅いことが分かりました。しかし、その値が以上だと思うので詳しい方ご解説いただけないでしょうか。マシンはVAIO PCG-XR7E/Kを使ってます。出来るだけアプリも起動しない状態で立ち上げて試しました。パフォーマンスを改善するにはどうしたらいいのでしょう?値は以下のようになっています。HDDはLinuxを入れているため5つのパーティションに区切られ、前から64M(Linux /boot)4G(C:)256M(Linux Swap)3G(Linux /)17G(D:)となっています。改善方法がありましたら教えてください。

プロセッサ :Intel Pentium III Processor
CPUクロック :497.0 MHz
OSバージョン :Microsoft Windows 2000 ver.5.00.2195 Service Pack 2
物理メモリ残 :267,894,784 バイト
Intel(r) 82371AB/EB PCI Bus Master IDE Controller
プライマリ IDE チャネル
IBM-DARA-218000

Intel(r) 82371AB/EB PCI Bus Master IDE Controller
セカンダリ IDE チャネル
MATSHITA UJDA320

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
6608 22616 22530 10540 10748 13712 29

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write RRead RWrite Drive
12391 2167 2813 13 4486 3711 2188 1275 C:\100MB

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 書き込みが無いようなので、自信がありませんが、一言書き込みをさせて下さい。

参考になりますかどうか。

 マザーボード自身のドライバーはインストールされていますでしょうか。はじめの頃、82371(TX)はULTRA DMA/33には対応していないものもあったはずですので、それ用のチップがマザーボード上にあると推測されます。

 いづれにしてもDMA/33の機能を正しく動作させるためのドライバーがあるはずです。まずそれをビデオチップのドライバの前にインストールすれば解決するかも知れません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAKBPK5BF IDE Controllerのドライバが・・・

何かわからないけれど
AKBPK5BF IDE Controllerがおかしいです。
プロパティを開いてみると「デバイスの状態」のところに
「このハードウェアのデバイス ドライバーを読み込むことができません。ドライバーが壊れているか、ドライバーがない可能性があります。 (コード 39)」と書かれています。
解決方法を教えてください。

ちなみにPCはいつも通りに普通に使えていまが
これまでできたBDの再生ができなくなっています。
※OSはビスタです。
ほかに補足説明をするべきところがあればお申し付けください。

Aベストアンサー

一旦、デバイスマネージャで「!」または「?」が付いているデバイス
を削除して、再起動してみてください。

それでも解決しないなら、こちらのサポート情報を参考にしてみてください。
http://support.microsoft.com/kb/314060/ja

このページには「Fix itで解決する」、「自分で解決する」と2つの方法
が提示されています。
まずは「Fix it」を試してみてください。
それでうまくいかない場合は、「自分で解決する」を実行してみてください。

「自分で解決する」の手順は少し面倒ですが、説明をよく読み、間違い
のないよう、慎重に作業してください。

QIntel850とIntel845の違いは

わたしはVAIOLX(PCV-LX85)をつかっておりますが( http://www.vaio.sony.co.jp/produts/ )、チップがIntel845です。そこで嫌価なIntel845と高性能なIntel850の違いはどこでしょうか。

Aベストアンサー

使われているチップが違うのだと思います。
マザーボードの性能にはノースブリッジとサウスブリッジという
2つのチップが関わっているようです。ノースブリッジはCPUとメモリ、あと
ビデオボードが関係するようです。サウスブリッジはHDやドライブ、PCIや
あとはUSB2.0対応の有無なんかもこの辺で決まってきます。

ちなみに私の知る範囲では、845と850では使えるメモリが違うと言うことです。845はDDRメモリでPC-2100がメインで使われているようです。(一応他にもPC-1600などもあるようですが)
850はRD-RAMでPC800というメモリに対応しています。ちなみに
850EではPC800-40というメモリに対応しています。またチップセット的には
非対応らいいですが、メーカーが独自にPC1066メモリの動作を保証している
ものもあるようです。

Pentium4のFSBが400から533に上がったことにより、CPU~ノースブリッジ間
の転送速度は4.2GBになりました。(以前は3.2GB)
そこでPC2100メモリを使用すると、ノースブリッジ~メモリ間の速度は
2.1GBとなりメモリの方が低速で動作していることになります。
対してRD-RAMのPC800はノースブリッジ~メモリ間が3.2GBでとなります。
これでもFSB533のPentium4には及びません、FSB400のPentium4には
マッチしますが。そこで登場したのがPC1066メモリです、これだと
4.2GBで動作するのでPentium4のそれとマッチするということです。

使われているチップが違うのだと思います。
マザーボードの性能にはノースブリッジとサウスブリッジという
2つのチップが関わっているようです。ノースブリッジはCPUとメモリ、あと
ビデオボードが関係するようです。サウスブリッジはHDやドライブ、PCIや
あとはUSB2.0対応の有無なんかもこの辺で決まってきます。

ちなみに私の知る範囲では、845と850では使えるメモリが違うと言うことです。845はDDRメモリでPC-2100がメインで使われているようです。(一応他にもPC-1600などもあるようですが)
850はRD-R...続きを読む

Q同規格のオンボードIDEとIDEカードでのパフォーマンス

数世代前のPCにおいて、
最新のATA133のIDEハードディスクを使用する場合、

オンボードのIDE(ATA133)と
安いチップのIDEカード(ATA133)を使ったとき、
実測転送レートに差が出るものなのでしょうか?

経験の有るかた、よろしくお願いいたします。

また、理論上、CPUの負担率は軽減されるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

それはチップセットの造りにもよるのでは?

IDEインターフェースがチップセット内部バスにぶら下がっている方が、バス転送レートの上限が高いことが多いので、PCIカードを増設するよりも高い性能が出やすい可能性があります。ATA133だと、理論上の転送レートの上限がPCIバスのそれと一致するため、PCIのカードを差してもPCIがボトルネックとなり、性能を発揮させられません。しかしチップセット内部バスだと、PCIよりも高速なので、そうした制約から解放されることになります。

実際にそこまで高速なドライブがあるのかと言うのは別の問題ですが、PCIでは厳しいことは確かです。特にRAID0(ストライプセット)を組む場合は、PCIだと確実に帯域が不足します。

古いチップセットでは、チップセット内部バスもPCIを使っているものがあるので、オンボードだろうと拡張カードだろうと同じ(後はコントローラの性能次第)ことになります。

QIDE>USBに変換する便利なケーブル IDE3525について

IDE3525という便利なケーブルでIDEのHDDを使って外付けのHDDをつくれるのですがIDEのHDDにはインターフェイスにいろいろあるようですが
ULTRA ATA 66 ULTRA ATA 100 ULTRA ATA 133 SERIAL ATA 150 SERIAL ATA II150
SERIAL ATA II300などなどですがどれが使えてどれがお勧めでしょうか?

Aベストアンサー

IDE3525は実際に使ったことがないですが参考まで。

形状からSerial ATAは未対応だと思われますので,普通のIDE HDD(パラレルインターフェイス)を買えばいいです。IDEインターフェイスは下位互換性があるので,特にインターフェイスの種類(ATA66,ATA100など)を気にすることはありません。
一般的な話ですが,USB接続のインターフェイスは,パソコンのIDEインターフェイスに直接つなぐよりオーバーヘッドが大きいようで読み書きの速度は遅いです(HDDの性能が生かせません)。インターフェイス速度だけ速くてもあまり意味が無いと思います。だから,HDDのインターフェイスを気にする必要はないです。

少し調べてみて思ったのですが,IDE3525はUSBパワーでIDE->USB変換回路を駆動するタイプのようですね。パソコンによってはUSBの電源が弱いものもあるようです。違う製品の例ですが,私もUSB接続のインターフェイスでHDDなどを外付で使ったことがあるのですが,大きなファイルを読み書きしていると一瞬電源が不足するようで勝手にHDDがパソコンから切り離されてしまう場合がありました。仕方がないのできちんと外付の電源で駆動するタイプのHDDケースを買いなおしました。

IDE3525は実際に使ったことがないですが参考まで。

形状からSerial ATAは未対応だと思われますので,普通のIDE HDD(パラレルインターフェイス)を買えばいいです。IDEインターフェイスは下位互換性があるので,特にインターフェイスの種類(ATA66,ATA100など)を気にすることはありません。
一般的な話ですが,USB接続のインターフェイスは,パソコンのIDEインターフェイスに直接つなぐよりオーバーヘッドが大きいようで読み書きの速度は遅いです(HDDの性能が生かせません)。インターフェイス速度だけ速く...続きを読む

QチップセットIntel-865PEとIntel-875Pの違いが知りたい

自作しようとマザーボードを物色中です。現在、チップセットを何にしようかと悩んでいます。Intel-865PEとIntel-875Pの違いがよく判りません。なんとなくIntel-875Pが良いのかなと思っている程度です。どなたか違いを教えて頂けませんか。価格は余り問いません。作るならできるだけ汎用性のあるカスタマイズのし易いものが良いと思っています。作成したいレベルは、最大メモリ4GB、HDD-120G(7200回転)で少し欲張ったものを考えています。勿論Pentium4です。

Aベストアンサー

865Pを除いて
(865PはFSB800をサポートしない、875はFSB400をサポートしない)

865と875の違いは
875では
・PAT(Performance Acceleration Technology)「別名ターボモード」機能のサポート
・ECCメモリのサポート

チップセットのシリコン結晶の「良いところ」を選んで製品化したのが875みたいですよ?

CSAやGigabit Ethernetは両方サポートします。

サウスチップ(ICH5)のRAID機能はICH5Rでしかサポートしません。
しかもOSはXPのみ。

>最大メモリ4GB、

サポートは最大4GBですが、スロットの最大数は4スロットです。
容量1GBのPC3200はまだ見た事がありません。

>HDD-120G(7200回転)

SATAのHDDがかなり安くなってきました。
1対1でしか接続できませんが、ケース内がスッキリするので検討してみては?

速度を出したいならオンボードでSATAチップを搭載したものがお勧めです。
ICH5RのRAIDよりオンボードのSATAでRAIDを構築した方が若干速度が速いです。

私は875Pマザーを使っていますが、「ターボモード」が体感できるか?…と聞かれても「????」ですね。
ECCメモリなんかも手が届く物でもありませんし…。

信頼性とBIOSアップデートによる性能向上を期待して購入したんですが…
まだまだ、これからかもしれません。

865Pを除いて
(865PはFSB800をサポートしない、875はFSB400をサポートしない)

865と875の違いは
875では
・PAT(Performance Acceleration Technology)「別名ターボモード」機能のサポート
・ECCメモリのサポート

チップセットのシリコン結晶の「良いところ」を選んで製品化したのが875みたいですよ?

CSAやGigabit Ethernetは両方サポートします。

サウスチップ(ICH5)のRAID機能はICH5Rでしかサポートしません。
しかもOSはXPのみ。

>最大メモリ4GB、

サポートは最大4GBですが、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報