親戚の叔父さんが、世界中旅行したんですが、直線距離でどのくらいあるだろうか知りたがっています。図書館で、世界地図を見て、測ればいいのでしょうか?

A 回答 (3件)

図書館にはいろいろな種類の地図が置いてありますから、


地図を選べばいいです。
正距方位図法によって書かれた地図がベストですが、これ
はあくまで中心からの距離が正しいのであって、中心以外
の場所同士の距離が正しく測れるわけではないので注意し
てください。
ですから、世界中のいろいろな場所を中心とする正距方位
図法の地図を探して、一つずつ測ればかなり正確な距離が
出せるでしょう。
細かい移動の部分は、エッケルト等で書かれた普通の拡大
地図から計算すればよろしいと思います。
    • good
    • 0

 短い距離でしたら、地図帳でもいいですが、ある程度長い距離でしたら



 http://www.indo.com/distance/

 のようなサイトを利用するのがいいでしょう。
ただし、英語サイトですので、アルファベットで入れてください。

 日本からの距離でしたら
http://village.infoweb.ne.jp/~fwnk7304/hikaku/di …
 もあります。
    • good
    • 0

地図は、丸い地球を平面に写した物ですから、


距離については大きく誤差があります。

地球儀で、糸を使って区間距離を測る方が正確・・・
・・・・・・な筈です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界日射量地図について

世界日射量地図を入手したいのですが、
入手方法等について情報等があれば教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

こういうサイトがありましたが。
http://ingrid.ldgo.columbia.edu/SOURCES/.ISCCP/figviewer.html?plottype=colors

http://www.etl.go.jp/~k.otani/ja/doc/irrdata/jses9905.htm

参考URL:http://ingrid.ldgo.columbia.edu/SOURCES/.ISCCP/figviewer.html?plottype=colors

Q【世界銀行】世界銀行が地球温暖化がこのまま続くと貧困層が世界で1億人増加すると発表しました。なぜ

【世界銀行】世界銀行が地球温暖化がこのまま続くと貧困層が世界で1億人増加すると発表しました。

なぜ地球温暖化が続くと貧困層が増えるのでしょうか?

もし地球が寒冷化すると貧困層が1億人減少するのでしょうか?

何をもって貧困層が1億人増加すると言っているのでしょう?

Aベストアンサー

建前の話です。
地球温暖化については、欧米系とアジア系では使う歴史資料が違いますし、基準とする気温が違います。これを承知置き下さい。
現在の地球温暖化議論では百年後に地球上での平均気温が3-5度程度上昇するシナリオが有力で、これを前提としたとき、現在の世界的穀倉地帯で小雨や異常高温がシミュレーション上で計算されています。日本に置き換えますと、青森・札幌が東京近辺と同程度の気温になると計算されます。これは日本史では縄文高温期・青森県三内丸山遺跡の時代、平安高温期・岩手藤原氏文化全盛の時代の気温に匹敵します。このように気温が高いと現行のジャポニカ米は高温障害で収穫量が減少し、果樹や野菜の産地は200-300㎞程、北に移動すると予測されています。これと同じような穀物生産量予測が、世界規模で行われています。
この結果、人口とその必要な摂取カロリー計算を行い、それを必要穀物生産量に置き換えると、地域ごとの過不足が求められます。不足地域でお金を十分に持たない階層は食料が手に入らないと云うことです。主体はアフリカ諸国ですが、インド大陸や中国も該当するようです。
なお、温暖化はカナダやロシア・バルト諸国には有利に働きますが、フランス・アメリカ・オーストラリア・中国に不利になるようです。
一方、寒冷化が今後に顕著に表れて来ますと、食料生産だけに焦点を当てますと、温暖化以上に好ましくない状況になるようです。アメリカ・オーストラリア・中国などでは穀倉地帯の地下水源を使い果たしたとの事のようですので、これ以上の穀物生産の上乗せは期待できませんし、カナダやロシア・バルト諸国では寒冷化では耕作不適地が増えます。
唯一の期待はブラジルのアマゾン流域と云うことのようです。

現在は、学問的には人類活動による地球温暖化ガス効果論と太陽活動周期説とがぶつかり合い議論中ですが、お金と云う観点からは温暖化説が主流となっています。例の排出権取引や途上国援助と云うやつです。寒冷化説はお金になりません。

建前の話です。
地球温暖化については、欧米系とアジア系では使う歴史資料が違いますし、基準とする気温が違います。これを承知置き下さい。
現在の地球温暖化議論では百年後に地球上での平均気温が3-5度程度上昇するシナリオが有力で、これを前提としたとき、現在の世界的穀倉地帯で小雨や異常高温がシミュレーション上で計算されています。日本に置き換えますと、青森・札幌が東京近辺と同程度の気温になると計算されます。これは日本史では縄文高温期・青森県三内丸山遺跡の時代、平安高温期・岩手藤原氏文化...続きを読む

Q世界遺産と世界文化遺産

世界遺産と世界文化遺産は、同じとうい解釈でいいのですか?
それとも全くの別ものになるのでしょうか?

Aベストアンサー

 世界遺産と一言で言っても、大きくは3種類に区別されます。
 「世界文化遺産」は、その3つのうちの1つの区分です。
 残る2つは、「世界自然遺産」と、自然・文化の両方の特徴を併せ持つ「世界複合遺産」です。

 例えば日本の世界遺産で言うと・・・
 ・世界文化遺産 ⇒ 姫路城、白川郷、石見銀山など
 ・世界自然遺産 ⇒ 知床、屋久島、小笠原など、
 ・世界複合遺産 ⇒ 日本にはありませんがギリシャのメテオラ、オーストラリアのエアーズロック(ウルル)、中国の武夷山など

 また、世界遺産の中でも、自然災害や戦争・紛争などにより、その存続が危ぶまれているものがいくつかあります。その場合、それらを特別に「世界危機遺産」と呼ぶことがあります。

 くわしくは、以下の日本ユネスコ連盟のHPでどうぞ。

 http://www.unesco.or.jp/isan/about/

Q熱量を測りたいのですが、、、

 私は、現在「水を電気分解して、水素を発生させる装置」を作っています。

 どれだけの水素が発生したかを調べるために、発生した水素を燃焼して、その熱量を測ろうと思っているのですが、適当な検査機関、検査方法が見つかりません。

 発生している熱量は、1時間で100万kcal~200万kcalだと思います。また、現在ある検査機関に検査を依頼していますが、難しいと言われています。

 どなたか、熱量を測る適当な検査機関、検査方法を教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

どれだけの水素が発生したかを調べるために、発生した水素を燃焼して、その熱量を測ろうと思っているのですが、
● 水素は熱量既知の物質です、普通は発生量を測定すれば、総熱量がわかります。
●総熱量を測定し、発生量を知るなど不経済な事はしません、検査機関はないでしょう
●発生量が解らないで熱量の測定も難しいですね

発生している熱量は、1時間で100万cal~200万kcalだと思います
● 水素の燃焼の発熱量は 285KJ/mol です。
● 1mol は 22.4L
● 電気分解の装置の使用電力は 分解効率約80%と仮定で 1500~3000Kw程度となり、大規模工場ですね何処かに間違いはありませんか?

まとめ 測定方法の再考が必要と思います、1時間で100万kcal~200万kcaも発生する設備ですか?

Qお勧めの図書

現在の電池業界(特に二次電池)の生産量や電池別の用途状況などが詳しく乗っている書籍はご存じないですか?お勧めの図書をおしえてください

Aベストアンサー

電池業界の市場調査をした資料には、下記サイトのようなものがありますが、かなり高価な特殊な書籍のようですから、大きな図書館へ行って調べたほうがいいかも知れませんね。

参考URL:http://www.j-economic.co.jp/010829-denchi01.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報