私はこれから起業しようと思っているのですが
どちらが良いでしょうか?
ちなみに営業は決して得意な方ではありません

1.特定の業種しか利用できない分野で起業
例)小売店しかその商品を採用できない
例)飲食店しかその商品を採用できない

2.かなり多くの法人に対応できる分野で起業
例)人材派遣業
例)経理代行

このQ&Aに関連する最新のQ&A

起業」に関するQ&A: 起業に必要なもの

A 回答 (2件)

答え:2


 理由:何が商売として当たるか、今の時点ではわからない。分野を絞るのは危険。また、何でも屋的なサービスが必要。
 経理代行は、すでに会計事務所で行っている。それだけで事業をはじめても成功しない。「得意分野」+広くこなせる分野がないと、起業しても倒産します。
    • good
    • 0

ちょっと分野は違いますが、営業が嫌いで自営業をしていたものです。



まず他人には出来ない何か特化した分野・・・いわゆる[ニッチ産業]がいいと思います。

さらにあの人、あの会社に頼めばという評価を得られる【腕】を持っていて、それを他人に認めさせれば万全です。

1)など特化していては面白そうですが、注意点は事業が絶えず新しい需要を喚起出来なければ下降線を辿ると思います。

2)のほうは税務署用の経理が簡素化されない限り、需要はあるでしょう、、、私は金勘定が一番嫌いだったもので!!

人材派遣のような[人間相手]の仕事については、見当がつきません...他人とは、自分の思うほど動いてくれないものですから!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Aベストアンサー

堅い商売かどうかは、しっかりとしたお客さんをつかんでいるかで決まります。
ということは寡占化が進んでいる業界ですので新規参入は難しいです。


かつおぶし・・・外食化、中食化(惣菜を買って家で食べる)が進むにつれ
お店でかつおぶしを買うのは少なくなっています。
日常の食品販売・・・大型ショッピングセンターの値下げ競争で零細や地域のスーパーは風前の灯です。
ダイヤモンド・・・先物まがいです。田崎真珠も危ういですし。


しいていうなら金かな。通貨が不安定になると金が買われますから。
安売り衣料品は一定の需要が見込まれます。
日本の景気は底に沈んで、以前のようには回復しません。

Q起業するにはどんな業種経験が役立つか。

すごく漠然としていますが、将来企業の方向で考えています。貿易関係で起業したいのですが(未定です、この点あまり突っ込まないでください)、今学生で社会人経験はありません。まずは、どのような仕事に就くのが得策だと思いますか?

僕は、やはり営業の経験をつむのがよいと思っています。回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、どんな仕事に就くかというのはさほど問題ではないと思います。むしろ、あなたの社会性を高めてくれるような会社や仕事を選ぶことから始めたほうが良いと思います。

「会社から何もかも得る」なんて他力本願な考え方をしていてはハナから起業することには向いていません。
会社から得られることなど事務的な処理レベルのことです。

一番重要なのは、常日頃から、他の人の幸せや喜ぶことを考え、自分がどう動いたら社会が良くなるかという意識を持って毎日を生きていくことです。そうすれば、自ずとその機会もチャンスも人脈も訪れてきます。

私も一人で貿易関係を営んでいます。
前は貿易関係の会社ではなく、全て独学ですが、年収は4000万以上あります。

Q起業する際の商号(会社名)が同業種で同じ名称の法人がないか調べたいのですが。

起業を予定しているのですが、考えている商号(会社名)が、同業種で同じ名称の法人がないか調べたい場合はどうすればいいのでしょうか? 会社設立の申請前に調べておきたいのですが。

Aベストアンサー

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00076.html
法務省のこのサイトで商号調査の方法が書かれています。

Q介護・福祉分野における新規起業

現在なんとなく介護・福祉分野における新規起業を身内でできないかなぁと考えております。(首都圏ではなく地方です)
しかし,現時点で施設は飽和状態になりつつあり,なかなか利益を得ることは難しくなってきている気がします。
当方あまり知識もなくこれから色々と情報を仕入れていきたいと思っておりますので漠然とした質問で申し訳ありません。どなたかこんな業種はどう?とか意見をください。
私が保持している資格は医師免許・介護支援専門員・専門医があり,身内に看護師2名・ヘルパー1級1名・作業療法士2名います。

Aベストアンサー

現在、高齢者福祉に携わっています。
高齢者という分野でお答えしたいと思います。

今、高齢者福祉は介護保険制度の見直しの時期になっており、現場ではこれからどうなっていくのかとても不安があります。

現在、介護保険の認定者の半数が要支援・要介護1で占められており、財政を圧迫しています。そこで、新・予防給付という考えが出てきています。
要介護状態になってからでなく、そうならないように予防していこう!というものです。要支援・要介護1の大半の方は、おそらく新・予防給付の対象になっていくと思われます。
そうなると、現在の福祉はずいぶん変わってしまうのではないかと思います。
これからは、施設ではホテルコストを取るようになりますし、ユニットケアが推進されていくと思います。国としては在宅重視したいと考えているようです。これからは、小規模・多機能な施設が求められてくると思います。

これから新規起業されるのでしたら、
 ☆在宅福祉サービス
 ☆小規模・多機能施設
 ☆介護予防
の分野はいかがでしょうか?

介護保険はまだ見直しの段階です。どのように変わっていくのか?何が求められていくのか?を勉強していくことが大切だと思います。

参考URLのページはぜひ見てください。全国の介護保険・支援費の事業所や病院・診療所などの検索もできますし、各種会議資料など行政関係資料も多数掲載しています。
今は大きな転換期なのでじっくり見据えていただきたいと思います。

頑張ってくださいね!

参考URL:http://www.wam.go.jp/

現在、高齢者福祉に携わっています。
高齢者という分野でお答えしたいと思います。

今、高齢者福祉は介護保険制度の見直しの時期になっており、現場ではこれからどうなっていくのかとても不安があります。

現在、介護保険の認定者の半数が要支援・要介護1で占められており、財政を圧迫しています。そこで、新・予防給付という考えが出てきています。
要介護状態になってからでなく、そうならないように予防していこう!というものです。要支援・要介護1の大半の方は、おそらく新・予防給付の対象になって...続きを読む

Q分野の全く違う業種を複数もつ起業はダメ?

現在、個人事業主で複数の全く異なる業種の仕事をもっています。

業種はそれぞれ全く異なりまして、

Aの仕事:メイン売り上げ、メイン収入
Bの仕事:2番目、売り上げそこそこ
Cの仕事:売り上げは少ないが、ひきは強く、これからって感じ
Dの仕事:テスト中だがこれも将来性あると感じている

この4つです。全て黒字です、赤字をくったことはありません。
Aの仕事以外では人は雇ってません。
BCDは外注、下請けに仕事をさせ、オペレーションは私自身でやってます。

どれも、わが子のようにかわいい存在なのです。
来年、法人化する予定ですが、

知り合いの先輩経営者に相談すると、
「業種を1つに絞れ!」
とか
「いろいろやりすぎ!」
などと アドバイスを頂いてます。

理由は経営者のパワーが分散するから結局良くないということです。


僕はどうしても一つの業種に絞ることはできません。

こういう経営はダメですか???
ちなみに借金はしてません。
自分の貯金と友達から出資(返還の義務無し)をうけてます。

経営者は私一人です。

現在、個人事業主で複数の全く異なる業種の仕事をもっています。

業種はそれぞれ全く異なりまして、

Aの仕事:メイン売り上げ、メイン収入
Bの仕事:2番目、売り上げそこそこ
Cの仕事:売り上げは少ないが、ひきは強く、これからって感じ
Dの仕事:テスト中だがこれも将来性あると感じている

この4つです。全て黒字です、赤字をくったことはありません。
Aの仕事以外では人は雇ってません。
BCDは外注、下請けに仕事をさせ、オペレーションは私自身でやってます。

どれも、わが子のよ...続きを読む

Aベストアンサー

いくつも事業のタネがあって羨ましい限りです。
一つに絞るも良し。二つに絞るも良し。全てやるも良しです。
先輩経営者様の助言は的を得ています。金融機関もだいたい同じ考えです。ですから、それはそれで、良く吟味ください。捨て置いてはいけません。考え方からはいろいろむとヒントがあるでしょう。

ここでは、4つ全てやることの意義と方法を考えて見ましょう。
【意義】
(1)成長過程において、ある程度成長した企業は、次に多角化を考えるじゃないですか。スタート時より多角化してるんですよね。
(2)一つに絞ったその業種が、環境変化で先行き不透明になったらどうでしよう。4つも事業の柱があれば、少々ではへこたれませんよね。
(3)一見バラバラの業種でも、直接的か間接的な相乗効果があるのではないでしようか。A事業での成功・失敗経験をB事業に活かすという考えです。文房具や事務所も共有であれば相乗効果ですよね。
(4)一つの事業にフォーカスしても、その事業が分化していけば、多角化になっていく。その管理方法を今から練習できる。
etcいくらでも、やっていくためのGOODな部分ありますよ。
頑張ってください。

【方法】
(1)各事業の優先度を事前に決めておく。資金的・人的・時間的限りがあるので、二つの事業から取捨選択の決断を迫られた場合に、即断できるよう常にシュミレーションしておく。どちらの事業部から「社長今から一緒に取引先に来てください」と言われた時等です。優先度は常に変化してよいのですが、その場になって慌てても遅いのです。
(2)より楽な管理手法を編み出しておく
(3)No.2、3の人材を育ててて、任せていくようにする
等々です。

がんばってください

いくつも事業のタネがあって羨ましい限りです。
一つに絞るも良し。二つに絞るも良し。全てやるも良しです。
先輩経営者様の助言は的を得ています。金融機関もだいたい同じ考えです。ですから、それはそれで、良く吟味ください。捨て置いてはいけません。考え方からはいろいろむとヒントがあるでしょう。

ここでは、4つ全てやることの意義と方法を考えて見ましょう。
【意義】
(1)成長過程において、ある程度成長した企業は、次に多角化を考えるじゃないですか。スタート時より多角化してるんですよね。
(...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報