昨日深夜のTVで、芸人が服部半蔵=松尾芭蕉っていう説を語っていました。これは本当なんですかね?
何か知っている人はいますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%8D%E9%83%A8% …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B0%BE% …

服部半蔵とは、服部家の頭領を表す意味で受け継がれていった名前だそうです。
一般的に有名な服部半蔵とは服部正成のことでしょうが、松尾芭蕉とは生きた年代が異なります。後の代の服部半蔵、という可能性はありますがね。

一部のマニア(多分、架空歴史小説などの設定を信じている人たち)の間でご質問のような説が語られる事もあるようですが、それは松尾芭蕉が全国を旅した=幕府の隠密だったのではないか、という説を基に脚色されているのと、伊賀国で一時期仕えていた事が関係しているのではないでしょうか?

どちらにせよ、生まれも育ちも死に方もはっきりしている人たちなのでただのフィクションだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。歴史は実際にあった事なので色々調べると面白いですね。
色んなことがつながると面白くなるのが架空歴史を作るのかも知れませんね。

お礼日時:2005/08/07 17:00

やりすぎコージーでそんな話をしていましたねw


さて、率直に言うと服部半蔵=松尾芭蕉はありえません。
何故なら服部半蔵は1542年に生まれ、松尾芭蕉は1694年に死んでいます。
もし、同一人物とするなら150年も生きたことになります。
しかしながら、松尾芭蕉が忍者であったという説は否定できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。没年がはっきりしているのでやはり架空歴史の範囲なのですかね。

お礼日時:2005/08/07 17:01

服部半蔵は徳川家康に仕えた家臣です。


松尾芭蕉は家光から綱吉の時代の人で同一人物とは思えませんが。
どちらも伊賀の出身で、忍者ではないかという説はありますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。家光~綱吉のこと調べてみたいと思います。

お礼日時:2005/08/07 16:54

違いますよ。


両方とも実在の人物ですが、誤解されているようです。
服部半蔵は武将であって忍者ではありません。
強いて言えば、上忍。
忍者を指揮する人です。
松尾芭蕉は伊賀の生まれですが、忍者ではありません。
長旅にでるので「忍者」かもと思われただけです。
活躍した時代も違います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速お返事ありがとうございます。
色々二人が活躍した時代を調べてみたいと思います。

お礼日時:2005/08/07 16:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新影の軍団で

スーパーリーチになったときに実写で肩の刺青を
見せる女の子の名前(役者名)を誰か教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。影の軍団リーチの女の子ですね。
彼女は藤姫、正確には朝露姫で(ちなみに藤姫は3人います)、名前は勝村美香さんといいます。

話はそれてしまいますが、私は最近東京駅で金剛丸役の船木誠勝さんをみかけました。

勝村美香さんで検索してみるとよりわかるのではないでしょうか?

影の軍団リーチ・・・。熱いですよね・・・。

Q松尾芭蕉と、服部半蔵

おはようございます。
こちらでは 初めて質問させて頂きます。

 松尾芭蕉と、服部半蔵 が 何らかの関係にあったと聞きましたが、
 具体的にどういったものなのか ご存じの方はいらっしゃいませんか?
  どうぞ 宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

夢を壊すようでナンですが、服部半蔵と松尾芭蕉は全く何の関係もありません。

服部半蔵は一応服部家が継ぐ名ということになっているのですが、大坂の陣で半蔵正成の息子正就、正重の代までしか江戸にはいません。いわゆる伊賀同心は正就の代までで、そのあとは普通の旗本・御家人となります。正重の代に大久保長安についての事件により失脚、浪人となり、その後桑名藩の藩士として暮らすことになります。

一方の松尾芭蕉は水戸黄門とほぼ同時代、江戸時代中期の人です。
日本全国を旅してまわっているとはいえ、隠密と考えることは全く適当ではありません。

Q服部半蔵の実力

一般の日本人が思い浮かべる忍者と言えば、”服部半蔵”の名前が浮かびますが、服部半蔵は忍者として傑出した能力を持っていたんでしょうか?(百戦練磨の強者とか)
武勇伝やエピソードの類をあまり聞かないのですが、もしかして忍者としてはさほど能力は無く、統率力に優れた人物だったのでしょうか?
立場としては、今で言うCIAの長官の様なものなのでしょうか?
ご存知の方がおられましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

特定の主(徳川家康)に仕えていた服部半蔵は主の表向きの家来が
功を立てるために影で工作をするひたすら裏方に徹した人物です。
なので、手間を省いて彼自身が暗殺した方が敵の首を取るには早いと
思っていても、表向きの戦で主力同士が戦って優劣を決しなければ
互いの領民が納得しまいと思った時には敢えて出しゃばらない道を
選びました。そういう意味では、裏方の役割にひたすら忠実であったと
言って良いでしょう。今風に言えば空気を読めるといったところでしょうか。
統率力に優れるには、自らの忍者としての運動能力ももちろん卓越して
いなければ部下は付いてきません。表・裏の世界を問わず部下の袖の下に
こそこそ隠れて命令だけ高飛車な統率者に信頼を置く部下などいるはずも
ありません。

この時代の他の忍者はほとんどが特定の主を持たない(現代で言うなら
フリーター)流浪者だったので、自分が役立つことを示すために派手に
経歴を記していわばリクルート活動を絶えずしておかねばならなかった
のですが、半蔵の場合は徳川家康という一貫した主君があったので、
目立つような記録を作る必要性がなかった(逆に言えば顔が割れすぎて
しまうと本来の活動に支障をきたす)のでしょう。

家康との信頼関係の厚さは、江戸城の完成後、半蔵が江戸屋敷を与えられた
地の正面の門に半蔵門という名前をつけて天下取りまでの苦労を遇した
事からもうかがえます。

特定の主(徳川家康)に仕えていた服部半蔵は主の表向きの家来が
功を立てるために影で工作をするひたすら裏方に徹した人物です。
なので、手間を省いて彼自身が暗殺した方が敵の首を取るには早いと
思っていても、表向きの戦で主力同士が戦って優劣を決しなければ
互いの領民が納得しまいと思った時には敢えて出しゃばらない道を
選びました。そういう意味では、裏方の役割にひたすら忠実であったと
言って良いでしょう。今風に言えば空気を読めるといったところでしょうか。
統率力に優れるには、自らの...続きを読む

Q服部半蔵

徳川吉宗が将軍在職期の服部半蔵(伊賀)は、何代目ですか?

素人の質問ですみません。ご回答お願いします!

Aベストアンサー

残念ながら吉宗の時代に服部家はありませぬ

Q【歴史・日本史】松尾芭蕉の芭蕉とは植物の芭蕉のことでしょうか? 現在で言う芭蕉は観葉植物のオーガス

【歴史・日本史】松尾芭蕉の芭蕉とは植物の芭蕉のことでしょうか?

現在で言う芭蕉は観葉植物のオーガスタということになりますが松尾芭蕉の時代に観葉植物のオーガスタが日本に存在していたということでしょうか?

江戸時代の人は芭蕉=オーガスタは現在と同じように鑑賞用に見て楽しむ植物だったのですか?

芭蕉の葉は中国に出てきそうな風を作り出す道具として使われていた?

なぜ松尾芭蕉は芭蕉と名乗ったのでしょう?

風を作り出せる団扇である芭蕉の葉を気に入った?

となると、昭和でいう

松尾扇風機

とか

平成でいう

松尾エアコン

松尾クーラー

みたいなDQNネーム?だった?

Aベストアンサー

根岸でしたっけ
松尾の住んでいた家の庭に咲いていて
本人のお気に入りだったので
そう名付けたと記録にあります

Q松尾芭蕉について

 非常に低レベルな質問で申し訳ありません。私は理系の学生で、高校で日本史を習っただけで、ただ歴史小説や歴史的建造物などを見ることが好きな者です。

 たしか、高校時代に日本史の先生から「『松尾芭蕉は実は忍者で隠密活動の記録をもとに奥の細道を書いた』という学説が歴史学会で議論された」ということを聞いたことがあるのですが、本当なのでしょうか?

 「高齢であった松雄芭蕉は本文中どうりの日程で移動出来るわけがない」とか、「奥、細という漢字が忍者を暗喩している(なぜなのかはよくわかりませんが)」というような理由を言っていたのですが、詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

「松尾芭蕉=忍者」説のあらましは、色々なサイトで検索できます。
主には、芭蕉が伊賀の出身者であり、紀行文「奥の細道」の内容に不自然なところが見られることから、拡大解釈されたものが多いようです。
漂白詩人(歌人,俳人)は、やせこけた老人と言ったようなイメージがありますが、実際には剛健な体躯でないと漂白は出来かねます。芭蕉に先立つ西行法師(芭蕉が歌人の理想として挙げていた)なども、武士の出身であり、相当の体躯を持っていたようです。当時の有名な荒法師の文覚なども、「西行法師にあったら、一発かましてやろう」とひそかに思っていたが、実際に面会したときには、西行の風格に恐れをなしていたなどの話もあります。
芭蕉も、西行と同じように一般人と比べるとかなり剛健な体躯であったのではないでしょうか?
また芭蕉本人が忍者でなくとも(あるいはその素養が無くとも)、伊賀出身者であることから、少年の頃から忍者との交流や知識の伝授はあったと考えるべきでしょう。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B0%BE%E8%8A%AD%E8%95%89

「松尾芭蕉=忍者」説のあらましは、色々なサイトで検索できます。
主には、芭蕉が伊賀の出身者であり、紀行文「奥の細道」の内容に不自然なところが見られることから、拡大解釈されたものが多いようです。
漂白詩人(歌人,俳人)は、やせこけた老人と言ったようなイメージがありますが、実際には剛健な体躯でないと漂白は出来かねます。芭蕉に先立つ西行法師(芭蕉が歌人の理想として挙げていた)なども、武士の出身であり、相当の体躯を持っていたようです。当時の有名な荒法師の文覚なども、「西行法師にあ...続きを読む

Q松尾芭蕉は一生でいくつの俳句などを詠んだんですか?

松尾芭蕉は一生でいくつの俳句などを詠んだんですか?
教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは

このぐらいみたいです
http://www2.yamanashi-ken.ac.jp/~itoyo/basho/haikusyu/Default.htm

Q松尾芭蕉の職業は?

こんにちは!

松尾芭蕉をウィキペディア等で調べてみると「俳諧師」と書かれています。
ハテ、それでどうやってご飯を食べていたんでしょうか。
弟子をとることで学費のようなものを貰っていたんでしょうか?

つまらない質問ですが、おわかりの方はご教示ください。

Aベストアンサー

#1さんの回答のような一面が俳諧の世界ではあったと思われます。
いわゆる「点取り俳諧師」と呼ばれるものです。
弟子の詠んだ俳句を採点するのが職業ですが、賄賂を贈って来た人にはいい点数を与えるといった風にです。
そうすれば「○○も認めた文化人!」と言った風に評価がしてもらえます。そういう副収入が結構大きかったと思われます。

ただ、芭蕉はそういう俳諧の廃れを嫌がり神田川の水道工事に従事したりしています。


参考URLを張っておきます。真偽は分かりませんが参考になると思います。

参考URL:http://tisen.jp/tisenwiki/index.php?%BE%BE%C8%F8%C7%CE%BE%D6

Q松尾芭蕉の奥の細道「旅立ち」で、

松尾芭蕉の奥の細道「旅立ち」で、

月日は百代の過客にして~面八句を庵の柱にかけおく。

ここまでを現代的仮名遣いに直せません!!
どなたかわかる人いませんか??

Aベストアンサー

つきひははくたい(はくだい)のかかくにしていきかうとしもまたたびびとなり。ふねのうえにしょうがいをうかべ、うまのくちとらえておいをむかうるものはひびたびにしてたびをすみかとす。こじんもおおくたびにしせるあり。よもいずれのとしよりかへんうんのかぜにさそわれてひょうはくのおもいやまず。かいひんをさすらえ、こぞのあきこうじょうのはおくにくもの(ふる)すをはらいてややとしもくれ、はるたてるかすみのそらにしらかわのせきこえんとそぞろがみのものにつきてこころをくるわせ、どうそじんのまねきにあいてとるものてにつかず、ももひきのやぶれをつづり、かさのおつけかえてさんりにきゅうすう(ゆ)るよりまつしまのつきまずこころにかかりて、すめるかたはひとにゆずりさんぷうがべっしょにうつるに
くさのともすみかわるよぞひなのいえ
おもてはっくをはしらにかけおく


以上、参考までに。

Q松尾芭蕉について

お世話になります。謎の多い人物として松尾芭蕉の名前が出てきているのですが、お詳しい方に教えて頂きたいです。

2~3年前に「松尾芭蕉が旅を終え、実家に帰ってきた時、母親が他界。何もない状態だったそうです。しかし、へその緒とそれを入れたある箱だけあり、その箱には松尾芭蕉の「誕生時間」が書かれていた」という大学教授が資料提供した記事を読んだ記憶があります。

最近、ふと思い出しまして、いろいろと探したのですが松尾芭蕉は「生年月日とか生まれた所など」謎が多すぎる人物だとしか答えが出てきません。私が読んだ記事の真偽を教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

その記事やご紹介のエピソードについては全く存じませんが、松尾芭蕉は吉川弘文館の人物叢書に入っております。

http://www.7andy.jp/books/detail?accd=03740639
松尾芭蕉 人物叢書 新装版
阿部喜三男/著 吉川弘文館

この本には歴史家が認める史実のみが書かれており、とりあえず「最も信頼できる松尾芭蕉の伝記」です。容易に入手できる本ですので、この本を読んで、ご質問の答を探られては如何でしょう。

この本に該当する記述がなければ
1) ガセネタ
2) この本が執筆された後に発見された新事実
のいずれかでしょう。

2)については、東京の江東区にある
芭蕉記念館
http://www.kcf.or.jp/basyo/index.html
に問い合わせる手があります。専門知識を持った学芸員が一人はいるはずですので、「最近判明した松尾芭蕉についての新事実」についての情報は持っているでしょう。(1)の「ガセネタ」であるかないかも教えてくれると思われます。

問い合わせの方法としては、郵便がよろしいかと思います。返信用の80円切手を貼った長形3号<A4の紙が入る>封筒を必ず同封して下さい。博物館等に質問する際の礼儀です。

A) 自分の住所・氏名・電話番号
B) 今回の質問文に書いたような内容
C) 自分で「松尾芭蕉 人物叢書 新装版 阿部喜三男/著 吉川弘文館」を参照したが、(B)に該当する記載がない旨
D) (B)の話がガセネタか、最近判明した新事実か否かお教え下さいという旨

を分かりやすく書いて送れば、学芸員から返答を貰えると思います。学芸員がいなければ「生憎ですが」と言う返答があるでしょうから、その場合は他を当たりましょう。

その記事やご紹介のエピソードについては全く存じませんが、松尾芭蕉は吉川弘文館の人物叢書に入っております。

http://www.7andy.jp/books/detail?accd=03740639
松尾芭蕉 人物叢書 新装版
阿部喜三男/著 吉川弘文館

この本には歴史家が認める史実のみが書かれており、とりあえず「最も信頼できる松尾芭蕉の伝記」です。容易に入手できる本ですので、この本を読んで、ご質問の答を探られては如何でしょう。

この本に該当する記述がなければ
1) ガセネタ
2) この本が執筆された後に発見された新事...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報