公的資金の財源っていうのは、国民の税金や赤字国債発行などあると思うのですが、他にはどういう財源があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 これは、財政投融資といっているものです。

今までは、財務省の資金運用部が、郵便局の貯金・保険、年金積立金、特別会計余裕金を集めて、ろくな審査もせずに貸していましたが、今年の4月から資金運用部がなくなり、郵便局や年金の資金が一部自主運用できるようになりました。下は財務省のHPですが、財政投融資をわかりやすく書かれていますので、参考にしてください。割り引いて、考えることも必要ですが。

参考URL:http://www.mof.go.jp/zaito/zaito2001.html
    • good
    • 0

金融機関への公的資金の導入に関してですね。



金融機関への公的資金の財源としては、そのために国債を発行して処理しています。
年金会計からの投入などは行なっていません。
いずれにしても、最終的には国民の負担には変わりありませんが、

もう一つ、公的資金の融資制度があります。
これは、政府系金融機関および各事業団と自治体による融資活動や助成金事業を云いますが、「国民金融公庫」「中小企業金融公庫」「商工組合中央金庫」などの融資がそうですが、これらの財源には、国債の他に、郵貯・年金資金などを使っています。 
    • good
    • 0

 国の公的資金であれば、郵便事業からの借り入れ、年金会計からの融資・借り入れ、ほかの特別会計からの借り入れがあると思います。

しかし、それらの借り入れも、国民の税金であり、国民の貯金であり、国民の掛け金であるわけです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公的資金注入

国民の半数以上の人がりそなへの公的資金注入に反対しています。

自分の口座がある金融機関が破綻するのと、公的資金投入となる今回のようにどちらがいいと思いますか?
それでも公的資金注入に反対しますか?

Aベストアンサー

私もTVで公的資金注入に反対が40%?くらいいるを見て??と思いましたが、、、思い出して見れば1000万円保証ありましたもんね。普通預金は全額OKだし。
 ですから、破綻銀行に預金が1000万円以下で、サブの銀行に取りあえず分を用意してあれば、「反対」するのは可能ですよね。メガバンクだから潰れない、という雰囲気を作るより、”潰れる”ものは、”潰れる”と言う方向のほうが、融資などで直接関係してない人々は、長い目で見たら、そう方が、自分達のため、と考えても、「無理」はないです。(現実は、、難しいような)
 潰しても、同じ以上のお金がかかると、分かっていればですが。質問者さんの質問で、りそなの預金者が、どれだけ「反対」か知りたくなりました。全額保証される部類の人達が。
 私は、自分の口座がなくても、あっても僅かですが、公的資金注入に賛成です。ただし、行為に対して、それなりの責任を取って、全体(日本)のモラルが引き締まる方向であるならですが。

Q素朴な疑問 赤字国債発行している国が米国債購入で出来るのでしょうか

赤字国債(税収の倍ぐらい)、財政赤字出している国がどうして米国債を大量に保有、購入できるのでしょうか、理由は何なのでしょうか。
日本はアメリカのいいお財布(デパート1Rで米国人が財布を空にしても2Rで日本が財布にお金を入れてくれる)とは日本がお金を借りて米国債を購入しているから、又はアメリカに輸出した代金で米国債購入しているからアメリカの財布は減らないからなのでしょうか。日本はどうしてお財布になる必要があるのでしょうか?

Aベストアンサー

単年度の予算で政府が消費するお金と、財政投融資資金や日銀の運用資金がごっちゃになっていないでしょうか?
外貨準備を用意するにしても、国際決済通貨であるドルで保有する割合が高くなります。そのドルを保有する形態に米国債などがあります。普通、WTOやIMFに加盟する国は多かれ少なかれ、米国債を保持していますよ。
米国債はドルで購入しているわけで、為替リスクは日本側が背負っています。ですから、ODAと利率のみでの比較はできません。ODAは円建てがほとんどで、為替リスクは援助受け入れ側が背負う事になります。

Q公的資金注入によって

金融相も代わり公的資金が注入される可能性もあると思いますが、公的資金が注入されると、直接、間接的に注入される金融機関の抱える債務超過会社はどうなるのでしょうか。誰か教えてください。

Aベストアンサー

公的資金を注入するといっても、あげる訳ではなく、
貸すわけでから、貸したお金を回収するために
指導をするのは当然です。
優先株で指導できるなら、それで良いし、
通常株で議決権を得ても良いし、
ようするに、どのような計画をたて、誰が責任を取るのか
明確にする事で国民が納得できるものかどうかが問題です。
債務超過会社がどうなるかについては買いオペが意味するものは
調整インフレですので、借金が減ります。
月の所得が100万で返済額が120万の場合、
2倍のインフラで物価上昇と共に所得が200万になります。
しかし、借金は120万のままなので、
実質、借金が半分になります。

Q「国債って何?」&「建設国債と赤字国債の違い」

日本の借金について調べていたら、国債(建設、赤字国債)のことが出てきました。

債権のこともよくわからないのに、赤字国債と建設国債と言う言葉が出てきたので、頭の中が整理できません。

出来るだけ、詳しく教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

簡単な考え方で個人レベルに置き換えると
建設国債=住宅や車をローンで買う
財政にゆとりが有っても、一度に年収以上の多額の支払いを行うのは困難なので、長期で支払う方法です。

赤字国債=生活費の不足を借金で賄う
給料日までの一時凌ぎの様に一時的ならいいのですが、続けば借金が膨れ上がり破綻します。
となります。

Q公的資金注入

国が公的資金を注入すると、多額の不良債権を抱える企業はどうなるのでしょうか。
公的資金を注入しない場合と、する場合でどう違うのか
誰か教えてください。

Aベストアンサー

公的資金が投入される企業は一般的に破産する可能性があると見られている銀行です。

預金者全員の預金額を一億円と仮定して、預金者から見れば銀行に一億円の資本を銀行は保有していると考えます。しかし、実際銀行にはそんなにお金はなく、直接預金者に払い戻せる金額はわずかに残してあるだけで、あとは企業への融資に使ってしまっているのです。だから、銀行は預金者に対して「預金を下ろすに来ればいつでも払い戻しますよ。」と言っておきながら、実際に預金者全員が預金を下ろしに来れば、銀行は払いきれないのです。もともとそんなお金は常時銀行に置いていないわけですから・・。預金者全員が預金を下ろそうとした歴史的な例は世界恐慌後の「取り付け騒ぎ」でしょう。

しかし、それでも預金者は「あの銀行なら潰れないだろう」という一定の信用のもとで預金しています。つまり、銀行の経営は「信用」によって保たれているのと同じなのです。

この「信用」がなくなってしまった銀行はどんな末路をたどるのか。それは預金者の立場から考えればハッキリします。つまり、自分がもしその銀行の預金者であるとすると、その銀行は潰れるかもしれない。なら、早く預金を下ろさないと自分の預金がパーになってしまう。みんなそう考えるでしょう。ですからみんなその銀行に預金を下ろしに来る。そうすると「取り付け騒ぎ」になって、なおさら銀行の経営は悪化する、そうすると信用がなくなる。というように破綻への道まっしぐらになってしまうのです。だから銀行にとって「信用」は命と言っても過言ではありません。


そこで、経営が危ういとされている銀行数社に公的資金を投入されると、その資金を不良債権処理につかうなどしてその銀行の経営は少しは改善された、と思わせるのが狙いだろうと思います。つまり「信用」を保たせるためのパフォーマンス的な部分もあるのです。だから公的資金を注入された銀行のほうがされていない銀行よりは「信用」があるのです。

結論的に言えば、公的資金投入は「この銀行は潰れないですよ~という合図」で、こうすることによって最悪の事態(取り付け騒ぎ)を防ごうというわけです。

公的資金が投入される企業は一般的に破産する可能性があると見られている銀行です。

預金者全員の預金額を一億円と仮定して、預金者から見れば銀行に一億円の資本を銀行は保有していると考えます。しかし、実際銀行にはそんなにお金はなく、直接預金者に払い戻せる金額はわずかに残してあるだけで、あとは企業への融資に使ってしまっているのです。だから、銀行は預金者に対して「預金を下ろすに来ればいつでも払い戻しますよ。」と言っておきながら、実際に預金者全員が預金を下ろしに来れば、銀行は払いきれ...続きを読む

Qアメリカの公的資金で金融機関の不良資産の買取、、の公的資金とは?

リーマン問題で
アメリカが公的資金で金融機関から不良資産を買取とありますが、
この公的資金とは 税金の ことですか?
いわゆる日本でいう公的資金とは 国民からの税金ですが
アメリカも同じですか? 
税金でなければ 何なのでしょうか?いまいちわかりません、、。

また、日本でも資金配給をするというような記事がありましたが、
この資金配給の元出は公的資金=国民の税金 なのですか?

Aベストアンサー

公的資金を税金と考えても間違いではありません。
ただし、政府には信用力がありますから、国債を発行するなり、中央銀行に借りるなりすれば、買取資金は用意できます。
今回は、不良資産の買取ですから、騒動が治まって売却できるようになったころに、徐々に売却していけば、資金は回収できることになります。

この時の売却金額は、今現在では推定するしかありませんが、これが買取金額より高ければ、税金を使うことにはなりませんが、売却金額が買取金額より低ければ、損失が発生し、それを税金で支払うより仕方がありません。

ですから、公的資金は潜在的には税金ですが、税金が使われるかどうか、その場合の金額については、まだ不明なのです。

Q98年、99年の日本の公的資金注入について

98年に21の銀行へ公的資金1.8兆円を注入。
99年に32の銀行へ公的資金8.6兆円を注入。

なぜ、98年と99年の2回に分けて公的資金を注入することになったのでしょうか?

単純に、98年の1.8兆円では銀行再建には効果が得られなかったので、仕方なく99年に追加で公的資金を注入したのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.mmjp.or.jp/tokuchan/bouble.html

このサイトの一番下の記述をご覧下さい。
「1999年 地価の低落幅拡大、依然として地価の低落が続く、政府史上最高の緊急経済対策を決定・・・」
とあります。
99年も厳しい状況が続き金融不安を取り除くための注入です。

Q今の財政赤字による国債発行は大きな問題では無い」

「財政赤字や財政拡大のために国債を発行しても将来の国民にツケを回していることにはならない。海外から借金をして貿易赤字にした時のみ将来の国民に負担を押しつける。むしろ現在の巨額の貿易黒字の存在は将来の国民に大きな蓄えを残している。だから今の財政赤字による国債発行は大きな問題では無い」・・・・・・とか。
 本当なんでしょうか? 私には、次の様な問題があるように思いますが、如何なんでしょうか?
1.財政赤字を、国債を発行し日銀に引き受けさせ、これをずっと、継続させれば、問題では無い。と説明されていたのですが。
   これは、単なるマネーサプライの増加で(市中銀行が引き受けたのではないので、金の貸し渋りとならない。また、個人や企業が買ったのでないので、その時の市場のマネーサプライの増減にこれが原因で生じることはない。)そう、単なるマネーサプライの増加で、日銀が国債を引き受けた分だけ、市場にお金が増加し、その結果、物価は上昇し、インフレとなる。
   現在、国債を40兆円発行しているので、これを全て日銀が引き受けたら(現在は市中銀行と個人も引き受けているが、膨大な額になると、殆どを日銀が引き受けざるを得ない。)市場にお金がその分増加する。それが年々継続すると、50兆、100兆、1000兆となり、ハイパーインフレになる。
   そうすると、国民の貯蓄は、どんどん目減りし、無くなってしまう。円では貯蓄ができなくなり、国内外で、円売りの嵐になる。
結果、誰も円を持ちたがらなくなるので、100倍ぐらいの新円を発行して、赤字財政を止め、大幅な増税をせざるを得なくなる。
   この様にして、国民の貯蓄は無くなり、大増税がなされ、税務署の調査が強力化され、戦後のような怖い税務署が復活するのです。
   そして、政府は、壊れた円の信頼を取り戻すために、10年位の努力を必要とするでしょう。
2.私は、国債を日銀に引き受けさせるなら、国が国債でなく、そのままの金額を刷って発行すれば良いと思います。
   結果は、単なるマネーサプライの増加ですので、国債を発行する経費や、金利が助かります。日銀は、ナスダック上場の株式会社です。大量の国債の金利が、日銀に蓄えられ、それが、株主への配当になるのは、不労所得を大量に与えるだけです。

 このように、国民は、貯蓄を奪われ、増税に苦しむことになると思います。若い人は、これから貯蓄を増やしていくので、それ程悪影響は受けないと思いますが、老人、特に貯蓄だけで、収入が無い人は、文無しで、年金暮らし、その年金も20%位低下させられるようです。(IMF)
 と言うように思いますが、本当はどうなるのか、教えてください。

「財政赤字や財政拡大のために国債を発行しても将来の国民にツケを回していることにはならない。海外から借金をして貿易赤字にした時のみ将来の国民に負担を押しつける。むしろ現在の巨額の貿易黒字の存在は将来の国民に大きな蓄えを残している。だから今の財政赤字による国債発行は大きな問題では無い」・・・・・・とか。
 本当なんでしょうか? 私には、次の様な問題があるように思いますが、如何なんでしょうか?
1.財政赤字を、国債を発行し日銀に引き受けさせ、これをずっと、継続させれば、問題では...続きを読む

Aベストアンサー

この前は触れなかったことについて、ちょっと追加で。


>次に、国債が増加した原因は、米の内需拡大要求と政府の選挙のための公共事業のバラマキにあると思います。

まったくおっしゃる通り!と思います。


●おっしゃるように、日本人の国民性の問題もあるでしょうか?
よ~く考えると、バブル前の日本経済絶好調の時代から、赤字が増え始め、バブル時代も90年以外はずっと毎年赤字だったっていうのが、ちょっと異常な感じがします。
戦争のせいではなく、これだけの赤字を積み上げた国は歴史上ないんだそうです。



>日米貿易摩擦から端を発し、日本に莫大な国債を発行させ(結果的に)政策金利をどんどん低下させ、米の金利高により、円売りドル買いの経済環境を作り、ドルの安定を支えた。

結果としては、日本が米国に資金を提供し、アメリカの繁栄を支えてきたといえますね。日本もアメリカに物を買ってもらえないと困るから、そうしたわけですが。


ただ、ちょっと誤解なさっているように思う点があります。

A、ドル高はアメリカの貿易赤字を増やしす。だから米国政府や米議会強硬派は、日本の為替介入による円売りドル買いを非難してきた。(いまは同じ理屈で中国を非難している)
日本政府が通貨介入して米国債を買ってきたのは、アメリカ側から見ると癪に障ることであって、アメリカの要請でやったわけではない。

B、中国や日本が(為替介入によって)米国債をたくさん買えば、米国債の利子率が低く保たれる→米国内の金利が上がらない→経済に好影響
です。
つまり、アメリカは通貨介入を非難するが、一方で米国債を買ってもらえないと困るというジレンマを抱えています。
財政と経常の「双子の赤字」を抱えているので、外国から資金が流入しないと国の経済が回らなくなりますよね。今はドルが基軸通貨だから、いくらでも金は入ってくる(要するに、いくらでも外国から借りられる)ので、「稼いだ以上の金を使って暮している」って状態でも大丈夫なわけですが。。。

C、日本政府が莫大な国債を発行したから、日本が低金利になったわけでははありません。
一般論として、「国債乱発→売れ残りぎみ→不人気のため高金利でないと落札されない→国内の長期金利上昇」です。
(ついでに、「国が借りまくるせいで国内の資金が国債に吸い取られる→国内金利上昇&企業に金が回らなくなる」。クラウディングアウトといいます)
だから、財政赤字が増えすぎると経済に悪影響を及ぼすとされているわけです。
(また「金利上昇→経済の実力以上の円高」というルートでも不況になります。)

D、日本の低金利は、日銀がデフレ対策のためゼロ金利政策をとって、短期金利がゼロになるまでじゃぶじゃぶ金を供給したから(+融資先が見つからない銀行等が、BIS規制のせいもあって国債を買いまくるから)です。
銀行が買った国債を、日銀が買い取って(買いオペ)、代金を銀行に渡すというやり方(日銀の国債引受にかなり近い)で、金をあふれさせたわけです。

E、日本の不況はアメリカには大迷惑なので、ゼロ金利政策には文句を言わず、円安も容認しています。
でも、ドル高を支えるためにゼロ金利にしろと日本に要求した、という認識は違うと思います。(GMやフォードは、円が安すぎるといって議会に圧力をかけているそうです。)


ご参考になったなら幸いです。ではでは ^-^

この前は触れなかったことについて、ちょっと追加で。


>次に、国債が増加した原因は、米の内需拡大要求と政府の選挙のための公共事業のバラマキにあると思います。

まったくおっしゃる通り!と思います。


●おっしゃるように、日本人の国民性の問題もあるでしょうか?
よ~く考えると、バブル前の日本経済絶好調の時代から、赤字が増え始め、バブル時代も90年以外はずっと毎年赤字だったっていうのが、ちょっと異常な感じがします。
戦争のせいではなく、これだけの赤字を積み上げた国は歴史上な...続きを読む

QJAL公的資金注入について

JAL公的資金注入の報道が本日流れていますが
公的資金注入された場合、株はどうなりますか?
少々の株を持ってますが、心配で・・・
何方か教えてください

Aベストアンサー

エルピーダは、株価が上がってます。もっとも、半導体セクター全般ですが、、、。
注入を国土交通大臣がすぐにOKしなかったので、不透明感で売られていると思います。
株主優待なんて、なくなるか大幅縮小でしょうね。それどころじゃありませんから。

Q今日本は多額の赤字国債を発行しているが国有財産で支払い可能ですか?

国債は金融機関の貯金ではなく国有財産が担保だと
思いますが これをM地所などにすべて売却したら

国債はどの程度軽減できるでしょうか?

Aベストアンサー

国有財産の価格は、簿価では約102兆円ほどです。このうち土地は、31 兆円ほどです。
ただ、取得時が戦後すぐという物件が相当あるので、時価にするといくらになるか分かりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報