私は物心ついたときくらいから、手のひらや、足の裏など、
ふつうの人はかかないようなところに汗をかいてしまう
多汗症で、その他も、
すぐ鬱っぽくなってしまったり、頭がいたくなったり、
車酔いが激しかったりと、なんだか自律神経失調症の症状を持っています。
それを人に話すと「気の持ちよう」と言われてしまうのですが、
自分の精神的なものとは関係なしに、このような症状が起こるんです。
汗に関しては、緊張したりすると、すぐ全身から暑くなくても汗がでてきて
しまい、その汗のせいでよけいに緊張してあせをかくという悪循環なこともあります。
本人の精神的には鬱っぽくなっているとき以外は、本当に元気でふつうだと思っています。
そこで、質問なのですが、生まれつき自律神経が弱かったり、失調症だったりすることってあるのでしょうか?
ようするに、自律神経が弱い体質ってことなんだとおもうのですが。。
あと、自律神経は自分の意志とは関係のないところでおこると聞いたことがおありますが、治す方法はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

器質的な先天異常はあるでしょうが、


Vegetative Stigmata[ 自律神経失調症 ]は人により分類が違う場合が有るのですが、交感・副交感神経のバランス異常が概要です。

Vegetative Stigmata[ 自律神経失調症 ]と診断されたと考えてよいのですか? 
投与されている薬剤は指示通りに服用されているのでしょうか?多分、医師にかかっていないか、または治らないので、他の方法をという事かと思います。


治療はどちらの神経の興奮が強いか弱いかなどを見極めたうえで自律神経遮断薬、tranquilizer、鎮静薬投与と精神療法、生活様式・生活環境などの改善を図るわけです。



まず、自律神経のアンバランスからという事だけを考えますと、交感・副交感神経を交互に刺激するサウナと水風呂とか温冷浴などで温度の刺激を与えるのが誰でも簡単に出来る方法です。
これが強すぎる場合は、布団をかぶったり脱いだりを1分交代で行うなども効果のある人がいます。

実際に解剖して見てみると、神経って人により太かったり細かったりします(勿論同じ部位です)。
簡単に言うと神経は電線と同じで細いと電気がよく流れません。神経を太くする方法って言うのは健康になる方法と同じく人それぞれの欠陥部分を補って全生活を改善していくしかないので治療も上記様に生活部分にかなりの重きをおきます。

つまり、本当に困っているならばですが、治す方法とは健康に成る方法を見つけて実行する事です。健康になると少なくても自律神経のバランスは取れてきているのでそれから来る症状はなくなります。

現代西洋医学は疾病はある程度治す手伝いは出来ますが、健康(人により、定義により違いますが)にする事は出来ません。健康に成るには自分自身の体力(免疫力・エネルギー、精神力など)を上げるしかありません。
    • good
    • 1

多汗症・・とのことですが、自律神経からだけでなく、甲状腺機能の場合があったり、別の原因だったり・・・色々あるんです。



http://ha2.seikyou.ne.jp/home/tsurena/hyper/menu …

こういったHPもあり、一人だけじゃないってこと分かるかと思います。

あてはまるかどうか一度覗いてみてはいかがでしょうか。

思いこむと余計にひどくなったりしますし、あまりひどいようならやはり検査を行けて、確認されたらよいと思いますよ

私は甲状腺関係でした。
    • good
    • 0

んっとですね、私が以前、突然のめまいに襲われて、たつことすら出来なくなって医者にかかったときのこと。

やはり自律神経失調症と言われたのですが、その時自分に思いあたるストレスはなかったんですよ。そしたら医者が言うには、ストレスとは、自分が嫌だと思ったり拒否していることだけを差すのではない、意識していないところで起こっているストレスもある、とのことだったんです。

例えば自分の記憶にないことが原因で体が拒否していたり、環境が合っていなかったり・・・。生まれつきのそう言う症状があるかどうかはわかりませんが、もしかしたらあなたの知らない原因が潜んでいるかも知れませんね。

また、多汗症を自律神経失調症と決めつけるのもいかがでしょう?身体的な治療を望めるかも知れませんよ?

あまり知ろうと考えで色々やろうとせずに、一度お医者様にかかってみてはいかがでしょう? 身体的な診断と、メンタルな診断と合わせて考えてみて、納得行く治療法を見つけるのが一番だと思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自律神経を改善する為に脳幹を鍛える方法

こんにちは。


僕は20代男子で。自律神経を悪くしています。


どうも脳幹を鍛えると自律神経が改善すると聞いたので
脳幹の鍛え方を色々教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

スクワットがいいみたいです。私もこれでかなりメンタルが強化されました。参考URLも面白いので載せておきます。

参考URL:http://kay.air-nifty.com/art/2009/07/post-f0db.html

Q自律神経失調症によるしびれを治したい

全身がしびれて苦しいです。医師から、自律神経失調症と言われましたが、治らないです・・・。これはどうしたら治るでしょうか?

Aベストアンサー

自律神経を揺さぶる要素があるんですよね。
貴方にとってのそれは何か?
その痺れはいつから始まって、そのきっかけは何なのか?
ストレスだとしたら、その貴方を悩ませて揺さぶっている要素を一つずつケアしていく必要がありますからね。
勿論薬の力も活用しながら、合わせて。
貴方の身体の状態は貴方を直に診ている先生しかわからない。
しっかり掛り付け医と相談して、これからの対策、自分がすべき事も含めて話し合いながら改善を見出していくしかないよねホイs

Q自律神経失調症?

多分自律神経が弱いです

カフェインやアルコールにも弱いです

胃や睡眠にすぐ影響が出ます

自律神経を鍛える方法とかってあるんですか?

逆に自律神経が乱れる原因とかも教えて欲しいです

Aベストアンサー

自律神経を整えるにはビタミンB群、鉄、ビタミンCが重要です。
これらのビタミン、ミネラルが不足すると、自律神経失調症のような症状がでてきます。
特に現代は鉄不足でいろいろな不調をうったえる人が増えています。
何処にも異常がないのに体調が不調な場合は、内科でフェリン値を調べ体内の貯蔵鉄量を調べてください。
一般の血液検査では分からない鉄欠乏性貧血かどうかが診断できます。
鉄欠乏貧血になると、唾液が異常に出てくる唾液分泌過多になってしまうことがあります。

「心療内科に行く前に食事を変えなさい」という姫野友美著も参考になります。

Q自律神経失調症の治療についてアドバイスください

 自律神経失調症の治療で著名な病院をご存じの方、教えていただけませんでしょうか。大阪在住ですので、大阪、奈良、京都、兵庫辺りでご紹介ください。
 患者は私の叔母なので、詳しい症状は分からないのですが、かなりひどいということです。現在は震えが止まらず、食事すら億劫がっていると聞いています。

Aベストアンサー

 そもそも「自律神経失調症」というのは、正式な病名ではありません。
 多彩な症状を訴える(不定愁訴という)患者をきっちり診断し切れない時に
「わかりません」と言えない医者が、自らの逃げ道として用意した診断名です。
 われわれ医師の間では、この病名を「ゴミ箱診断」と揶揄しています。
 少し過激な言い方をすれば、「自律神経失調症」の患者がたくさん通院する
医者は、ずばりヤブ医者です。
 で、その「自律神経失調症」の本体は、うつ病、不安障害といった精神科の
病気から、内分泌の病気だったり、果ては機能的なもの(=生理現象が大げさ
に起こったものと考えて差し支えありません)まで、さまざまです。

 そんな訳で、まず診断のやりなおしから始められてはどうでしょうか。

 医者選びがむずかしいのですが、神経・内分泌・循環器あたりに強く精神科
の知識も持ち合わせている内科医、というのがベストなのでしょうが、確かに
そんな内科医はそうザラにいるものでもありません。いわゆる「総合診療科」
になる訳ですが、開業医は「総合診療科」という看板を出せないので見分ける
のは至難のワザでしょう。
 大きな病院では、天理よろず病院(名称がちょっと違うかも)が昔から総合
診療をやっています。最近「総合診療部」のある病院が増えてきていますが、
その実態は「掃き溜め内科」(=単一専門科で扱えない患者の収容所)という
所が結構あり、新しい所はあまりおすすめできません。

 振り出しに戻すような話しかできませんでしたが、とにかく診断のやり直し
から・・・という話で、アドバイスとさせていただきます。
 長文、失礼いたしました。

 そもそも「自律神経失調症」というのは、正式な病名ではありません。
 多彩な症状を訴える(不定愁訴という)患者をきっちり診断し切れない時に
「わかりません」と言えない医者が、自らの逃げ道として用意した診断名です。
 われわれ医師の間では、この病名を「ゴミ箱診断」と揶揄しています。
 少し過激な言い方をすれば、「自律神経失調症」の患者がたくさん通院する
医者は、ずばりヤブ医者です。
 で、その「自律神経失調症」の本体は、うつ病、不安障害といった精神科の
病気から、内分泌の病...続きを読む

Q自律神経失調症の方で

自律神経失調症の自律神経ってどの部分のことなのでしょうか?
また、自律神経失調症の方はみなさん目がぱちくりとまばたきが多くなってしまうのでしょうか?自律神経失調症の方で目がぱちくりとまばたきが多くならないという方はいますか?

Aベストアンサー

自律神経症は
どの場所にあるか?人間のからだの仕組みの大事のことをする機能す。その機能が十分に機能しないと不安が増大したり、心臓の動悸が早くなったり、人の多い場所に出られなくなったり、眠れなくなったりのからだの部分に病気でないのに異常が現れる症状です。
それが続きますと本物の病気になりやすくなります。
それは貴方は優しい心のもっておいでる証拠なのですが自律神経症になりやすい体質なのです。
それより貴方の身体や心が安心出来るような心療内科の先生にあわれて診察されて事を祈っています。

Qインターネット上のセルフチェックなどについて。 前回このサイトで質問させていただき、自律神経失調症

インターネット上のセルフチェックなどについて。

前回このサイトで質問させていただき、自律神経失調症の可能性があるという回答をいただきました。
なので精神科、心療内科に行く前にネット上にある自律神経失調症セルフチェックというのをいくつかやってみることにしました。
結果は全て自律神経失調症の疑いがあるということだったのですが、インターネットのセルフチェックの結果は信用できるものなのでしょうか。
行って楽になるのであれば精神科か心療内科に行きたいと思っているのですが、私の住んでいるところは田舎で、そのような医療機関がとても遠くにあり、学生の私には父、兄の力を借りなければなりません。もし、セルフチェックの結果が間違っていた時に二人に余計な心配をかけさせてしまうことになるし、2人には仕事が忙しそうなので、できれば送迎などの負担はかけさせたくないと思っています。(まだ自律神経失調症の可能性があるとは言えていません)
もしも信用できるものであれば、勇気を振り絞って、父か兄に頼み精神科、心療内科に連れていってもらいたいと思っています。

長くなってしまいすみません。
インターネットの自律神経失調症のセルフチェックがどれくらい信用できるものなのかを教えてくださると嬉しいです。

インターネット上のセルフチェックなどについて。

前回このサイトで質問させていただき、自律神経失調症の可能性があるという回答をいただきました。
なので精神科、心療内科に行く前にネット上にある自律神経失調症セルフチェックというのをいくつかやってみることにしました。
結果は全て自律神経失調症の疑いがあるということだったのですが、インターネットのセルフチェックの結果は信用できるものなのでしょうか。
行って楽になるのであれば精神科か心療内科に行きたいと思っているのですが、私の住んでいる...続きを読む

Aベストアンサー

>もし、セルフチェックの結果が間違っていた時に二人に余計な心配をかけさせてしまうことになるし~
逆ではないか。
 疑いがある → 間違った診断だった → 自律神経失調症ではない。
だろ?

インターネット上のセルフチェックはあくまでも「疑いがあるか」を確かめるツールです。
確定するには専門家の診断を受ける必要がありますよ。

セルフチェックの信頼性?
(´・ω・`)しらんがな。
そんなのビンキリでしょ。

Q自律神経

少しの緊張で汗を大量にかくようになり、自律神経を疑って内科で受診したのですが、自律神経の場合、全身に汗をかいても手の平には汗をかかないとの事。私の場合全身で手の平にも汗をかくため自律神経の疑いはないとの診断だったのですが、ネットや知人に聞いても、自律神経失調の症状などは手の平に汗をかかないという症状は聞いたことがなかったので、自律神経の乱れというのは手の平には汗はかかないのでしょうか?教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

 こんにちは
 発汗には、「温熱性発汗」と「精神性発汗」があるようです。
「温熱発汗」は体温を一定に保つため、体温が上昇すれば、交感神経が興奮し発汗します。
「精神性発汗」は、よく”手に汗をにぎる”と言われますが、手のひらや足の裏は体温調節に関係なくすべらないようにするためのものといわれています。
 特に緊張したとき、やはり交感神経が興奮し、手のひらに多くの汗をかきます。

 いずれにしても、両者は自律神経の交換神経に支配されているので、交感神経が興奮したことを意味します。

 緊張したとき、体温が上がっていないにもかかわらず、汗をかく(冷や汗)ということは、自律神経が乱れたというよりは、自律神経の交感神経が必要以上に興奮したことによると考えられます。興奮癖がついたともいえます。
 
 <自律神経障害のイメージ>
 緊張の繰り返し→交感神経の過興奮→自律神経の乱れ→自律神経失調症
 
 以上です。

Q自律神経失調症の症状、セカンドオピニオンについて

この度はお世話になります。

母(63歳)が2週間前から、吐き気、微熱、倦怠感を訴えており、近所の病院に連れて行ったところ、軽い自律神経失調症と診断されました。そのお医者さんの話では、「前からその兆候があったけど、今回疲労もあって一気に出たのだろう」という診たてでした。
その町医者では、最初、軽めの胃薬と点滴(栄養剤、抗生物質なし)と軽めの風邪薬だけ処方されました。
しかし、1週間経っても、一向に改善しないので、再度病院に連れて行きましたが、風邪ではないとのことで、抗生物質の点滴と、少しだけ強くした風邪薬と胃薬を処方されました。
どうもこのお医者さんの診たてが正しいのかどうか心配になってきたので、母にセカンドオピニオン的な診断も受けさせようかと考えています。
3週間前までは元気いっぱいで、スポーツクラブでスイミングやヨガをしていたのですが、すこしやりすぎたのではないか、とも思っています。母の話では、スイミング中に水を飲んでしまったので「ノロウィルス」とか「O157」とかに感染したのかもしれない、と言っていますが、町医者さんでは、ウィルス性のものではないということです。

大阪の南側に住んでいるのですが、大阪府内で良い病院があればと思っています。
もしご存知の方がいらっしゃれば教えて下さい。

また、自律神経失調症などでこのようなご経験をされた方や、周りの人でこのような症状の人をご存知の方からご意見、アドバイス等をいただけるとありがたいです。

どうぞ宜しくお願い致します。

この度はお世話になります。

母(63歳)が2週間前から、吐き気、微熱、倦怠感を訴えており、近所の病院に連れて行ったところ、軽い自律神経失調症と診断されました。そのお医者さんの話では、「前からその兆候があったけど、今回疲労もあって一気に出たのだろう」という診たてでした。
その町医者では、最初、軽めの胃薬と点滴(栄養剤、抗生物質なし)と軽めの風邪薬だけ処方されました。
しかし、1週間経っても、一向に改善しないので、再度病院に連れて行きましたが、風邪ではないとのことで、抗生物...続きを読む

Aベストアンサー

セカンドオピニオンを強くお勧めします。
自律神経失調症は診断基準が少し曖昧なところがあり、特に原因の確定しない風邪のような症状を不定愁訴として片付けられてしまう場合もあるようです。
最初にかかられた町医者は何科専門でしょうか?そちらではどのような検査をされたのでしょうか?それにより今後の方向性は多少変わってくるように思いますが、とにかく色々な医師の見解を聞くのが妥当かと思います。ただの風邪だと思ったら血液疾患であったとか、消化器疾患であったとかいうことも考えられなくはありません。
最近はセカンドオピニオンについて送り出す方も受け入れるほうも良心的な病院が増えていますので、遠慮なく行動してください。

Q自律神経の乱れとは?

自律神経の乱れとよく聞きますが・・・

自律神経の乱れとはどういうことなのでしょうか?

また、自律神経が乱れるとどうなるのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

自律神経とは主に心臓や胃腸、内分泌系器官を支配する神経で、自分の意志ではコントロールできません。
これには、交感神経と副交感神経の2種類あります。

交感神経は身体を活動の状態(心臓を動かす、血管を収縮させる等)にし、副交感神経は休息の状態
(血管を拡張させる、心臓の動きを抑える、食物を消化吸収する等)にします。
普通はこれらの神経がバランス良く働いて体調を一定の状態に保っているのですが、強いストレス等により
バランスが崩れると体調をうまく保つことが難しくなります。これが自律神経の乱れた状態です。
不眠、食欲低下、動悸、めまい、肩こり、便秘など、いろいろな症状がありますし、個人差もあります。
自律神経の乱れが原因の場合、症状が出て病院で検査しても結果が「異常なし」と出ることがほとんどです。

Q自律神経失調症の確定診断法とは?

自律神経失調症について、疾患自体は様々な不定愁訴があり病態もあいまいな所があります。実際には自律神経失調症について具体的な診断法、または病名を確定する確定診断法はあるのでしょうか?具体的な診断法、検査方法などがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

医学的に「自律神経失調症」という病名は存在しません。
自律神経失調症というのは、何らかの自覚症状があるにもかかわらずどのような検査をしても悪いところが分からない時に医師が下す診断名です。
ですから、自律神経失調症というものを判定することは出来ません。
何が悪いのか分からない時につく名前なのですから。
起こる症状としては、自律神経に何らかの影響がある症状、つまり痛み、動悸等も含まれます。
原因不明の腹痛や頭痛で自律神経失調症と診断されることもあります。
病院では症状を抑えるための治療が行われるはずですが、それは内科的な治療であったり、外科的であったり、神経科的なものであったりします。

ちなみに、自律神経というのは人間が自分の意志で制御できない神経のことで、どのような病気の時でも自覚症状がある場合は少なからず自律神経に影響を与えていることになります。
また、「自律神経検査」とは身体機能の中で、自律神経機能が正常に働いているかどうかを見るだけで、その結果によって「自律神経失調症」という診断が下されることはありません。
あくまでも「何らかの症状があるから自律神経失調症」なのではなく、「症状があるのに原因が分からないから仕方なく自律神経失調症」という名前がつくのです。

医学的に「自律神経失調症」という病名は存在しません。
自律神経失調症というのは、何らかの自覚症状があるにもかかわらずどのような検査をしても悪いところが分からない時に医師が下す診断名です。
ですから、自律神経失調症というものを判定することは出来ません。
何が悪いのか分からない時につく名前なのですから。
起こる症状としては、自律神経に何らかの影響がある症状、つまり痛み、動悸等も含まれます。
原因不明の腹痛や頭痛で自律神経失調症と診断されることもあります。
病院では症状を抑える...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報