最新閲覧日:

アメリカの空爆は、連日のように誤爆のニュースが伝えられています。
はじめのうちは、タリバン側が流したものとして考えていましたが、アメリカ側も認めているので、事実のようです。
数センチの誤差で爆撃できる技術を持つのに、これほどの誤爆を繰り返すとは、不思議でありません。なぜでしょうか。わざととしか思えません。

A 回答 (11件中1~10件)

ひとつ思い出したことがあります。



アメリカが報復攻撃をするかもしれない、
という情報が最初に流れた時、ある軍事評論家の人が言っていました。

「大規模な報復攻撃をしても、意味は無い。
 それは、畳にいるノミを拳銃で撃とうとしているようなものだ」

現状、そうなってしまっている気がしますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
どこにいるかわからない、そういうわけで誤爆かな。

お礼日時:2001/10/31 12:18

誤爆のニュースだけが偏って多すぎるとは思いませんか?



まず誤爆があり得るかどうかは常識的に考えると他の人の回答のようにあり得るという結論になるので、よほどのバカでない限り理解できるでしょう。

それよりも私が危機感を募らせているのは、あなたのように現在の日本のマスメディアの偏った情報操作による被害者がいるという点です。マスメディアの異常なほどの人権第一主義、公共の福祉よりも人権、殺された人よりも殺した人を救えという人権主義や、異常なほどの体制批判。なんでもいいんです、政府のすることにはとことん反対します。その割には中国が中国国内、中国周辺で行っている無茶に関しては何の批判もしないというマスメディアの意図したとおりに影響されている人が多すぎる。何か真実かもう少し情報を多方面から入れて自分で考えるようにしてほしい。。
そういう私もいろいろな方面(右派、左派、過激な団体、人権擁護団体、海外のマスメディアなどなど)から情報を入れていますがまだまだだと思います。面白い情報もあります。「ニュースステー***の久**は中国共産党と関係がある」とか、「国会議員の辻*のスキャンダル疑惑」とか、、とんでもない情報の中から情報を探す技術を養ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勝ってあたりまえの戦争で、いかに市民を殺さないようにして作戦を遂行するかというのが大事なのでは。面白いからもう少しおいとこうかな。

お礼日時:2001/10/30 12:19

湾岸戦争の時の話ですが、米軍自慢の精密誘導爆弾は、余りに高価なためストックが少なく、わずか一週間と持たずに使い切ってしまい、その後かなりの間は自由落下の通常爆弾を使用していたそうです。


今回も、初期は自慢げに精密爆撃の宣伝をしていましたが、最近になって急に誤爆が増えてきたようですね。
現代戦は、継続して戦闘できる弾薬量は数カ月がやっとだっていいますし。
ってとこじゃないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。自由落下とはいえ、羽が生えているので目標へ高確率でいけるものなのに。
この間の中国大使館のようなものなのかな。

お礼日時:2001/10/30 12:21

最近「誤爆」が増えているのは、当初のトマホークミサイルによる攻撃から、


航空機による誘導爆弾の投下に切り替わっているためと思われます。

トマホークのようにGPSで誘導する兵器の場合、目標設定さえ正しければ
非常に精度よく目標に到達できます。しかし、航空機からの爆撃の場合、
おそらくレーザー誘導によるものと思われ、ここは人が操作しますから
人為ミスの可能性が高くなるのではないでしょうか。

詳しくは、参考URLで軍事評論家の方のコメントを読んでください。

参考URL:http://www.sankei.co.jp/databox/attack/html/goba …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
人為的操作ミスですか。

お礼日時:2001/10/30 12:22

1.故意に誤爆しても、何ら利益はないのでありえないでしょう。



2.トマホークのような地形照合と状景照合を行う巡航ミサイルの場合、そもそも標的を間違えたのでしょう。おそらくアメリカの軍事衛星の解像度は10cmくらいなので擬装を施した施設であれば判別は難しいでしょう。
しかし、トマホークでも半数必中界(この半径内に必ず半数は命中)は数メートルと聞きますから、隣の建物を誤爆するくらいならありえそうです。

3.航空機から爆撃するレーザー誘導爆弾の場合、パイロットが目標を見誤る場合が考えられます。というのも、高高度・高速移動・対空攻撃という条件下で目標を視認するのはなかなか難しいからです。

4.以上、湾岸戦争のころの知識なので怪しいのですが、何でもありの実戦という悪条件下で、数センチの誤差で爆撃できる技術というのは聞きません。ハイテク兵器の命中精度は、軍が誇大広告した面もあって、実際より過大評価されている節があります。第二次大戦時の数百メートル単位の誤差に比べれば格段の進歩なのですが(だからB29は、あんなにバラバラと爆弾を落としていったのです)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

国連の決議を得られなかったことに腹を立てて爆撃したものと思ってました。
どうも、性能の限界みたいですね。

お礼日時:2001/10/30 12:24

いくら衛星とかでも、そこにある建物がどんな用途に使われているかはわかりません。


衛星だけで調査するなら何ヶ月もかけて出入りする車両や人などを分析する必要があります。
だいたい、衛星は数日~数時間に一度しか観測できませんし、雲があったら何も見えません。
さらに地下施設などは核施設など特徴が無い限り分析のしようが無いのです。
普通、怪しい施設はエージェントなどが目で見て、調べるのが基本でしょうけど、
今回の場合、急な展開なので情報収集、分析が甘いのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
情報不足ですか。

お礼日時:2001/10/30 12:27

精度を上げるとか、故障をなくす、とかいうのには、ずいぶんお金がかかるので、「使い捨て」のミサイル弾にお金をかけられない、ということでないでしょうか。



日本の技術でも、使っているうちに動かなくなるパソコンってありますから、飛んでいるうちに空中でフリーズする誘導システムがあってもおかしくない。「有人」であれば、お金をかけても、補助のシステムとか、いろいろできるだろうけど、最終的には敵地に落とすのが目的ですからね。外れたら撃ちなおせばいい、という発想でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。こわいですね。

お礼日時:2001/10/30 12:40

わざと誤爆はしないですよ。


アメリカとしても、ミサイルの無駄ですから。
トマホーク1発撃つごとに、億近いお金がかかるって言ってましたから。
だから、地上戦に切り替えてきていて、陸軍の特殊部隊を潜入させています。

どの程度、ビンラディン氏の隠れ家等の詮索が進んでいるかは、
軍事機密だから、情報として一般には伝わって来ませんけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 
像とありの戦いみたいなかんじですね。

お礼日時:2001/10/30 12:37

わざと誤爆はしないでしょう。


数センチの誤差で爆撃できる技術はコンピュータの話です。
しかもその操作は人が行っているのですから
当然と言えば当然でしょう。
戦争なんですから、
やっぱり戦争はやですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

人為的ミスですか。やはりいやですね。
ところで、同じ施設(赤十字)を再び攻撃するのかな。

お礼日時:2001/10/30 12:35

 こんにちは。



 機械は一流でも、操作している人間はそうじゃないという事ですね。
こういう事があるから、空爆には反対なんですが...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ほかの解決策はなにかあるのかな。

お礼日時:2001/10/30 12:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ