私はたまたま面白い歴史のHPを見つけて思ったのですが、時代劇の剣の流派って、本当にその流派の殺陣を採用してるんでしょうか?なんかどれを見ても似たり寄ったりの気がしてなりません。殺陣師がつけた派手なアクションのような気がして…。

 また、TVを見てますと、様々な流派も出てきます。名の知れた流派なら私もわかりますが、全く知らない流派だっていっぱい出てきます。あれってどうやってあんな名前の流派を付けてるんでしょうか?適当なんですか?それともそれなりの文献・資料に基づいて決めているんでしょうか?教えて下さい。

 このような剣術は、現代では古流武術と云われているようです。だけど今の日本にはどれだけの流派が存在してるんですか?まぁかなり淘汰されたか、継承されずに途絶えた流派が殆どだと思いますが、是非共知りたいです。 
 ちなみにドラマ“子連れ狼”拝一刀の『水鴎流』は今でも本当にあるみたいです。雑誌で読んだことがあります。山梨県あたりに…?。TVで見たことも聞いたこともない“飛猿陰流”は三重県にあります。猿飛佐助が編み出した剣だとか…。これはTVで旅行のミニ番組で見ました。ひょっとしたら文献・資料にも記載されていない流派ってまだまだあるのかもしれません。中村主水の『奥山神影流』は現在もあるのかぁ?『タイ捨流』なんてTVに出てきたことなんか一度もありません。

 気になったり、興味をそそられると余計に知りたくなります。誰か私の素朴な疑問に答えて頂けませんか?歴史好きな人、時代劇の好きな人、下記のサイトに覗いて来て下さい。本当に面白いですよ。

http://www.m-network.com/sengoku/index.html
http://www.interq.or.jp/tokyo/toshizo/bakusin/

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

剣の流派といって、ぼくがまっさきに思い出したのが、


「天然理心流」
新選組でおなじみの近藤勇や土方歳三の流派ですね。
といってもたいして歴史のある流派でもなく、近藤の養父が百姓しながらえっちらおっちら修行して、勝手に創始した流派だったと思います。
ちなみに、まだ実在します。

「タイ捨流」は
「体捨流」または「捨流体術」のことでしょう。
創始者は戦国末期の熊本・人吉の丸目蔵人長恵。
上泉伊勢守の弟子で、領国が薩摩に侵食されている中、かまわず上方に剣術修行に出て、乱暴ながらも確かな剣術で評判を取ったといいます。
で、その丸目蔵人が肥後に戻ったのちに作った流派が「体捨流」です。
海音寺潮五郎「おどんな日本一」(新潮文庫)で読みました。
今も大会が開かれている武道で「体道」というものがありますが、これはたしか「体捨流」の流れを汲むものだったと思います。

テレビに出てくる流派は、けっこう適当なものが多いのでは多いのではないでしょうか?
ましてや、悪代官と結託して悪さをはたらく道場主、などに実在の流派を使うわけないですしね  ^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。歴史のサイトを見たら、流派って結構複雑みたいです。現在何派あるのか作者にもわからないとか…。わからないとなると余計に知りたくなります。知ったからといって別にどうなるわけでもなし。剣術と剣道は別物のジャンルみたいですね。そんなこと考えたこともなかった。でも知ったら時代劇が面白く見れそうな気がしますけど…。

お礼日時:2001/10/26 11:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q剣術の各流派の特徴

剣術にはたくさん流派がありますよね。
それぞれの流派には特徴があると聞いたんですが、
調べてみてもいまいち分かりませんでした。

神伝流は暗殺のための剣だったという特徴があると聞きました。

では、
無双直伝英信流
香取新道流
柳生新陰流
示現流
兵法二天一流
新道無念流
小野派一刀流
北辰一刀流
直心影流
力信流
景山流居合
などは、どんな特徴があったのでしょうか?
もしも、知っている方がいましたら、教えてください。

たとえば、「護るための剣術だった」とか
「大勢を相手にする剣術だった」とか、
そんな風に答えてくれると、
分かりやすいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考までに。

学研から出版されている「歴史群像シリーズ 日本の剣術」という本に簡単な説明がされていますので、読んでみてはいかがでしょうか。
(内容についてはガイドラインに抵触しそうですのでご勘弁を)

日本の剣術
ISBN 4-05-604014-1 A4版カラー
天真正伝香取神道流、鹿島新當流、柳生新陰流兵法、小野派一刀流、兵法二天一流、示現流兵法、薬丸自顕流、神道無念流、天然理心流、北辰一刀流、

日本の剣術2
ISBN 4-05-604230-6 A4版カラー
鹿島神傳直心陰流、馬庭念流、卜傳流、タイ捨流、溝口派一刀流、心形刀流武芸形、鞍馬念流、関口流抜刀術、貫心流、立身流兵法、

Q武道の流派はなぜ?

なぜ、対外的に流派の技を使うとまずいのでしょうか。
特に古流の物などは安全なルールを定めても他流試合などを禁じているところが多いです。
戦国時代ならば、他人に知られれば研究されこちらの身が危ないことはあるでしょうが、それ以外に考えられるとするならば、もし負けた場合のメンツでしょうか。
他のものと比較検討できて初めてその流派の短所長所が解ると思うのです。
知らない人に宣伝効果を与えることはあれ、負の面はないように思うのですが。メンツなどよりも他の人たちとそれぞれの短所長所を教え合えば、さらによい物ができると思うのですけど。ちなみに私が属している西洋古典剣術はそのようなことは全くありません。

Aベストアンサー

説明ありがとうございます。
私の説明が悪かったようなので、追加します。

個人的には、武道・武術はもともと卑怯なものを格調高くさせようとしたものでもあると思っています。
また、卑怯なやり方に対応する工夫も重要です。(何が卑怯かは個人個人違うと思いますが、その工夫を活かせるような試合を作るといいですね。)
さらに、合戦を前提にしている場合、当然背後から攻撃されることや複数の相手も考えなくてはいけません。1対1の試合形式だとその点が甘くなります。大勢で1度にできて安全な真剣にできる試合もいいと思います。

「試合と書いていますが、大事なのは勝ち負けではなくそれを体験し、自分自身の短所と相手の長所を知る点です。」ということですが、大抵の人はルールがある限り勝ち負けに拘ってしまうのではないでしょうか? たとえ試合をしている人は拘っていなくても、流派を名乗って試合しているとそれを見た人は「あの流派が勝った・負けた」と思うでしょう。これは流派にとっては喜ばしいことではありません。
勝ち負けのないルールや、一般に敗者にみえるような側が賞賛されるような工夫もあるとよいでしょう。(それがつまらないなら、勝ち負けに拘っていることになると思います。)

「武器の件ですが、模造刀であれ竹刀であれ、相手も同じ物を使うのであれば武器による精神への追いは同じです。」
これについては、実際に模造刀(or刃引きの日本刀)でやった試合と竹刀でやった試合を何回か繰り返して比べて見ると、はっきりすると思います。
刃引きの日本刀でなくても、木刀とチャンバラ剣道の袋竹刀(正式な名称は知らないのですが)で比べたりしてもいいと思います。
模造刀と竹刀で比べるときは通常の剣道の防具をつけ、木刀と袋竹刀では防具をつけないでやって比べてください。武器があたったときの痛みや危険度の違いが、試合構造や精神状態ににどう影響するかがはっきり判ると思います。
(危険すぎてできないというのであれば、そこにこそ精神状態の違いが現れているのではないでしょうか? それでも何回か繰り返していくと試合の技術構造そのものの変化が見れると思います。そうすると試合することの功罪のある面が明確になってくると思います。怪我しても責任もてませんが!)

表演会といったのは、流派の特徴が出やすいのでそのほうが研究にはなるかなと思ったからです。
自分の技が通用するかどうかは別の話です。それについては個人的な試合や、他流や他道場との交換稽古などが必要だと思います。(交換稽古や他流との非公式な練習試合をやっているところもあります。)

「日本古流の物を、危険な技はかけないルールで古流を生かして誰でも参加し楽しめる物を作ろう。」ということですので、参考になればと、だらだら書いてしまいました。
武術・武道・格闘技・護身術といったものは身に降りかかった危険を、自分に対してどう安全にしていくかの方法論ともいえます。失敗すれば怪我/死をまねくという前提があやふやにならない、かつ、安全な試合形式というものを探求したらいかがでしょう。
柔道や剣道がそうであればいいと思うのですが、もっといいものを作ってください。がんばってください。

説明ありがとうございます。
私の説明が悪かったようなので、追加します。

個人的には、武道・武術はもともと卑怯なものを格調高くさせようとしたものでもあると思っています。
また、卑怯なやり方に対応する工夫も重要です。(何が卑怯かは個人個人違うと思いますが、その工夫を活かせるような試合を作るといいですね。)
さらに、合戦を前提にしている場合、当然背後から攻撃されることや複数の相手も考えなくてはいけません。1対1の試合形式だとその点が甘くなります。大勢で1度にできて安全な真剣に...続きを読む

Q弓道の流派と射法八節について?

こんにちは、質問があります。

僕は弓道をやっていて疑問なのですが、日置流や小笠原流や本田流の他に流派ってあるんですか?

あと射法八節がある流派ってあるんでしょうか?(全弓連以外で…)

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も高校の頃、弓道をやってました。
でも20年以上前なので覚えてません。

調べましたら、Wikipediaの弓術の項目が参考になると思います。

>射法八節がある流派ってあるんでしょうか?(全弓連以外で…)
昭和24年(1949年)日本弓道連盟設立。弓道は『精神修養の道』として復活し、当時を代表する弓道家らにより『射法八節』が定められ、現在に至る。

の記載がありましたので、体系化されたのは近代だと思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%93%E8%A1%93

Q居合流派の変更は難しいでしょうか

居合の道場に入ろうと思っています。勤務先の近くで活発な道場を見つけました。ただ、わからないことがあります。

今は転勤で東京に住んでいるのですが、遠からず(1-3年後)兵庫の実家に帰る予定です。できれば兵庫に帰ってからも続けたいので、同じ流派がいいのかと思うのですが、実家近くにはありません。別の流派の道場が多いようです。一方、実家近くの流派は東京では少し遠くにしかありません。

いったん入門した流派を変わるのは難しい(脱藩みたいなもの?)と聞いたことがあります。
・今の勤務先から多少遠くとも、実家近くにあるのと同じ流派に入門すべきなのでしょうか? 
・それとも、心機一転すれば流派変更もそんなに難しくないのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

数種類の道場を渡り歩く人も居りますし、江戸時代などでも同様でした。しかし、作法というかマナーがあり、新しい道場では、以前の道場で得た地位、段位はいっさい表に出してはいけません。白帯の初心者の気持ちで新しく始めます。授かった教え・技も同様です。そうしないと、お前は誰に何を学びに来たのか?と、道場主の怒りを買い、2度と来るなと言われてしまうでしょう。
 また、他の道場生徒を奪ったと言われるから、他の道場生の入門は受け付けないと言われる道場もありますが、その場合は以前の道場へは帰りませんという念書を書いて提出しますと言えば良いかも知れません。
 以上の点を踏まえれば、特別悩む事もないと思います。少なくとも、私はその様にしてきました。

Q西洋剣と日本刀の扱いの違いについて。

西洋剣と一言で言っても色々ありますが、ショートソードやブロードソードなどです。
これと日本刀では扱い方が全く違うんでしょうか?
剣道(というよりも剣術)をやっている人間が西洋剣を持ったら、
全然違うからやりづらい、もしくは違いはあっても剣は剣なのだから、
同じように使いこなすことが出来るかどうか……。

回答頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

それぞれの剣の特徴(基本の使用法)は、
日本刀は軽量で鋭い切れ味の細身の刀を両手で扱う。
西洋は細身のものは片手で扱いもう一方は盾を持つ。
西洋で両手で扱うものは重さで叩き潰す。
これだけみても技術体系が全く違ってくるのが分かると思います。

どの剣術であっても、その剣の特徴(重心、間合い、攻撃法等)を知った上でならある程度応用は利きますがやはり完全には使いこなせないですね。
ちなみにこれは武器の違い(槍、棍、刀、剣)や徒手(素手)等であっても同じようにある程度応用は可能です。
知らない人には徒手なんか本当に応用が効くの?って思うでしょうが、徒手も元々は戦場で武器を失った時の技術なので武器を扱う技を応用しているものが数多くありますので可能なんです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報