痔になりやすい生活習慣とは?

小学校一年生の子供と「ほたるの墓」をテレビでみました。
戦争についてなるべく判りやすく説明したつもりです。
空襲の場面で私はこのように説明しました。

私「あの飛行機はアメリカの飛行機だ、アメリカが日本を空襲したんだよ」
子供「なぜそんなことをするの」
私「1925年頃はアメリカと日本とは仲が悪かったんだ、日本もアメリカに爆弾を落としたことがあったんだ」 
・・・中略・・・・

子供「なぜ日本とアメリカは戦争を始めたの ?」
ここでつまってしまいました。
小学校一年生に判りやすく説明ができなくなってしまいました。
ただ仲が悪くなったからといって人殺しをする理由は私には
説明ができないのです

この後、小学校一年生の子供にどのように説明したらよいのでしょうか
また、そのあと原爆についても説明する必要があると思います。

・男のこです
・アメリカと日本の地図上の位置関係や日本国内の沖縄、広島、長崎などと自分のいる位置関係は理解しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

学校 アメリカ」に関するQ&A: アメリカ人の英会話の先生が生徒の保護者と付き合ってるのを知ってしまった。学校に知らせるべきですか??

A 回答 (13件中1~10件)

あくまでも個人的な考えですが、太平洋戦争開戦の理由を小学校一年生に口頭で説明しても、果たして理解できるかどうか。

私にも自信はありません。というか、小学校一年生という時期に理解させる必要性を感じません。もう少し大きくなってからでも十分ではないかと思うからです。

例えば、小学校三、四年生くらいになってから、松谷みよ子さんの『ふたりのイーダ』を読ませてから、とか、『はだしのゲン』を読ませてから原爆の悲惨さについて説明する、というかその年齢で読めば自ずと分かると思います。私もこの2作品は小学校三、四年生で読んだ記憶があるからです。

『火垂の墓』もいい作品だと思いますが、同じ作品でも小学校一年生で見るのと三、四年生で見るのとでは、理解の仕方が全く異なると思います。子供の成長は早いですから。

私事で恐縮ですが、小学校3,4年の頃はまだ宅地開発が進んでおらず、家の近くに広い空き地があって、古い資材などが置かれたままでした。また、当時、毎週土曜の夕方5時になると、テレビで『コンバット』を放映していて、古い廃材を基地にみたてたり、隊長や軍曹や兵隊役に分かれてよく戦争ごっこをして遊んだものでした。男の子でしたので戦争映画も大好きでした。もっとも父親も好きで、『トラ、トラ、トラ』を楽しく観たりしていました。

小学校4年生の夏休み、東京の親戚の所へ遊びに行きました。戦争映画が楽しみだと言ったら、伯母(母の姉)に「戦争の悲惨さを知らないからそんなものが平気で見れるのね。」と怒られてしまいました(もちろん伯母は戦争体験者です)。そのことを家に帰って言うと、父親は困ったような顔をしていました。

長くなりましたが、私の場合、最初は「戦争好き」から入って戦争そのものに興味を持ち、伯母の言葉や『ふたりのイーダ』や『はだしのゲン』から戦争の悲惨さを学んでいったという道をたどってきました。女の子の場合はよく分かりませんが、男の子なら入り口は戦争に興味を持つことから入り、その後戦争の悲惨さを学ぶことは可能だと思われます。これは自分の体験に基づいて言っています。

確かに戦争の悲惨さを理解させるのはとても大切なことですし、また、最終目標はそこにあると思いますが、まずは興味を持たせることから入っていってもいいのではないかと思います。人間、特に男の子の場合、攻撃本能のようなものがありますし(私はウルトラマンとか仮面ライダーはそうした幼児期における攻撃本能をいい意味で養うためにあるのではないかと思っています)、それををいい意味で養い、そしてそれを自分でコントロールしていくということを順を経て学んでいけば、普通の、自分の感情をコントロールできる人間になれると思っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
うちの子供も、ウルトラマンとか仮面ライダーごっこも大好きで毎日暴れまわっています。

また、私の父親も戦争体験者で子供の頃、話を良く聞かされました。



> 子供「なぜ日本とアメリカは戦争を始めたの ?」
> ここでつまってしまいました。

このときの子供の大きな疑問の視線を私は忘れることができないのです。
まだ、話す時期にはやや早いとは思いますが今、話してやるべきかと思っております。

お礼日時:2005/08/09 14:03

 「どっちも、自分は絶対正しいって思っていて、自分たちの方法のほうが必ず世界を平和にできるんだって信じていて、けんかになってしまったの。


 そして、どんどん、けんかのためのけんかになってしまって、最後は戦争に関係ない人たちまで戦争に巻き込まれていってしまったんだよ。」
ぐらいでよいのではないでしょうか?

 実際は、日本と世界の歴史、天皇制、人種問題、経済、当時の世相、日本人のものの考え方など総合的に理解しないと正確な回答は大人でも難しく、あまりにリアルな回答はお子さんによっては逆効果になってしまうこともあります。

 個人的にはこの年齢は親から答えを聞くより、子供向けの「マンガ日本の歴史」などで歴史を順に自分で知ることが一番だと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

> 総合的に理解しないと正確な回答は大人でも難しく、あまりにリアルな回答はお子さんによっては逆効果・・

その通りだと思います。
できるだけ単純化して大事なところを伝える工夫が大切かと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/09 15:58

僕自身、ここで回答している皆さんと同じような歴史教育を受けてきたのですが、10年ほど前から、戦争前後の事情を勉強しまして、知らなかった事実をたくさん学びました。


第二次大戦前は、欧米諸国は植民地支配によって、アジアやアフリカの伝統的な社会を破壊しました。欧米国内では、非欧米人に対する差別がひどく、日系人はアメリカでどんなに懸命に働いても、土地を買うことができませんでした。
日本は国際連盟の理事国になりましたが、国際連盟規約の前文に、人種差別撤廃を盛り込もうと努力しました。しかし、欧米諸国の反対で潰され、特に強力に反対したアメリカは、国際連盟参加さえ見送りました。アメリカの参加しない国際連盟は、最初から無力でした。
世界恐慌の後、植民地の貿易を宗主国が制限するブロック経済がはじまり、日本は大きな打撃を受けました。アジアと貿易するためには、日本は軍事力で欧米をアジアから追い出すしか、方法が無くなっていったのです。
確かに、欧米を追い出した後、日本が欧米の代わって、アジアの支配者になろうとした点は、批判されても仕方ありません。しかし、第二次大戦前は、国際連盟の力は無いに等しく、力が物を言った時代だったのです。
未来のある子供さんには、どうか、日本が人種差別撤廃のために欧米と戦ったことを伝えてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます
私も回答者様のような見解があることは存知挙げております、そういったことも子供に説明するときは頭の片隅にあった上で話すべきかと思います。

有難うございました

お礼日時:2005/08/09 13:57

「そのころの日本のえらい人と、アメリカのえらい人がまちがっちゃって、せんそうになったんだ」



「どんなふうにまちがっちゃったの?」

「どちらのえらい人も、じぶんの国やすんでいる人をたいせつに思ってる。パパやママがかぞくをたいせつに思うようにね。でも、そのきもちが行きすぎちゃって、ごうじょうをはって、あいてのことを考えられなくなって、それで、けんかになっちゃったんだと思う」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
皆さんの色々な回答を拝見しているうちに私も
かなり勉強がたりないことがわかってきました

お礼日時:2005/08/09 13:55

文面からあなたは母親であると想定して回答します。



息子さんには、「お母さんは女だから、戦いのことはわからない。でも、お母さんは戦争はきらいよ」と応えてください。
どんなことがあっても生命の大切さを訴え続けるのが母親の役目だと思います。

そして、息子さんが小学校高学年位になったときに、父親から戦争とは何かについて説明してもらうと良いでしょう。

以上、3児の父親からでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実は私は父親です。
子供は7歳と4歳です。

ありがとうござました。

お礼日時:2005/08/08 22:15

簡単です。

イギリスがアメリカを戦争に引き込みたかったからです。そうしないとドイツとの戦いに負けるからです。実は、ソ連もそれを期待していました。そこでアメリカをそそのかして、日本に高圧的態度にでるようにしたのです。その結果、アメリカは、ハルノートを日本に突きつけて、戦争を不可避にしたのです。(実はルーズベルトは戦争を始めたかったが、議会が反対していた。)

喧嘩に負けそうなとき、強い用心棒を呼びたくなるのは人情です。でもその用心棒が今は戦いたくないと言ったので、喧嘩を始める動機を作ってやったというわけなんです。小学生でもわかるでしょう。

原爆を使用した理由ですか。それは台頭してきた、ソ連に見せ付けるためですね。日本占領を独り占めして、日本を極東への拠点にするためです。それと米国も本土決戦を回避したかったんです。さすがにこれ以上、将兵を戦死させると米国民の世論に影響しますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
これほど皆様のご意見が頂けるとは思っても見ませんでした。
皆様のご意見を元に子供に話してみたいと思います。

ありがとうござまいした。

お礼日時:2005/08/08 22:17

No.1のafter_8です。


考えてみたのですが、ヒジョーに大雑把に言うと、

「その頃は日本も、他のいろいろな国も、利益を争ったり力を持とうとしていて、その中でアメリカと日本も戦争になった」

ということですよね。
あとは、、難しいからゆっくり勉強していくとか・・・。
ご自分も一緒に勉強しちゃうのもいいのでは。

戦時中の日本の話をちらちら見聞すると、たしかに現在の北朝鮮みたいだ、、と思えますが。。。

戦争や原爆については、児童文学、絵本やマンガもありますね。
史実を学ぶにはそれだけでは不足でしょうが、子供が「こういうことがあったんだ」ということを考える入り口になるのではないかと思います。

ハワイ、グアム、サイパン、パラオ、セブ島etc.今ではリゾート地になっているところでも戦争していたのですよね~・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びありがとうございます。
子供は現在、何とか戦争のことがわかり始めている時期になり本も
読めるようになっています。

きっかけとして色々な本を選んでやりたいとおもいます

本については過去ログでも掲載がありましたのでそれも参考にしています。

お礼日時:2005/08/08 22:12

対話形式で書いてみました。


難しい言葉があったら、言葉を足して説明してやってください。


”空襲について”

- 戦争では空から爆弾を落としたんだ。日本の家は木でできていたから、焼夷弾という火を起こす爆弾が使われた。空の高いところからこの爆弾をばらまくから、町は全部火につつまれ、兵隊も老人も女性も子供もみさかいなく火に焼かれた死んだんだ。第二次世界大戦では、軍隊のいる基地は工場を爆撃するだけでなく、普通の人々も標的になった。これを無差別爆撃っていうんだよ。


”無差別爆撃の意義”

- 町も家も何もかも破壊することで、戦い続けようという気力を奪うことが目的だよ。お店も田畑もみんな焼けてしまうから、人々は生活もできなくなる。だから戦争を続けられなくするためなんだ。ただしそういう目的で行われていたけれど、実際の効果がどの程度あったかは疑問視されている。結局、ドイツも日本もイギリスも中国、無差別爆撃を受けたけれど、それで戦争をやめる気なったことはないんだ。だから実際はただの人殺しに過ぎなかったって非難されているんだよ。


”無差別爆撃の非人道性”

- 兵隊ではない普通の人を殺したり、家を焼き払ったりすることは、ルール違反とされていたのだけれど、ピカソの「ゲルニカ」の絵で有名なスペインでのドイツが都市爆撃を始めてやって、アジアでも日本が上海で都市を破壊したんだ。こうやって一回でもルールが破られると、それが悪い意味で新しいルールになる。戦争相手に対抗してアメリカやイギリスなども都市の普通の人々を爆撃で殺すようになったんだ。戦争では無関係の罪のない人々が大勢死んだんだよ。


”日本とアメリカが戦争を始めた理由”

- 日本とアメリカが戦争を始める前に、日本はもう中国と戦争をしていたんだ。日本では軍人が政治家の言うことを聞かなくなっていて、勝手に戦争を起こしたんだ。戦争は火事のようなもので、一回火がついてしまうとなかなか終わらない。当時、アメリカは日本に石油を売っていたのだけど、日本が中国から軍隊を引き上げないと、石油はもう売らないことにした。石油がないと日本は戦争を続けられなくなるので、アメリカの仲間だったオランダやイギリスから奪い取ることにした。もちろんそんなことしたらアメリカとも戦争になるわけだから、日本は相手が油断しているうちにハワイを攻撃してしまおうと思ったわけだ。そうして戦争は太平洋全体におよぶもっと大きな戦争になったんだ。


”原爆について”

- 原子爆弾は、もともとはドイツの科学者たちが開発をはじめた爆弾で、町を丸ごと破壊する力があった。ドイツはユダヤ人を迫害していたので、そこから逃げ出したユダヤ人科学者たちがアメリカに移ってきて、ドイツよりも先に原爆を開発したんだ。でも完成したころにはドイツとの戦争は終わっていて、必要なかったけれど、初めてタイプの武器だったので、実際に使ってみないと効果がわからなかった。日本との戦争は長引いていて、日本はもう勝ち目はなかったんだけど、一億玉砕とかいって、国民みんなが死ぬまで戦うと言っていた。アメリカは沖縄で戦って、日本軍が住民を巻き込んでほんとうに死ぬまで戦う気でいるとわかったので、アメリカ兵の犠牲者がこれ以上でないように、日本政府をなんとか降伏させようと思った。そこで日本の仲間だったソ連(ロシア)に日本を攻撃するように頼んで、さらに実験も兼ねて、広島と長崎に原爆を投下したんだ。これは降伏しないなら、もっと原爆を落として日本を灰にするぞ、っていう警告でもあった。それで日本は無条件降伏して戦争は終わるんだ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長文にわたるご回答ありがとうございます。
このような内容を子供に伝えて行くのが大人の義務と思います。
うちの子に判るように何とか話してみたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/08 22:08

>日本もアメリカに爆弾を落としたことがあったんだ



パールハーバーのことでしょうか?
日本は非戦闘員を、執拗に殺傷していませんから、同列に語るのは問題があると思います。
立ちションと殺人を同じ犯罪と言っているようなものでしょう。

アメリカが持っていた中国の利権を、日本が侵そうとしたからですね。

わかりやすく言うと、
当時の日本は、今の北朝鮮のような国だったんだよ。
だから世界中と仲が悪くなって、戦争をする羽目になったんだ。

というのがわかりやすくていいのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かにそのような国でした。
私の父親(75歳)からも聞いております

お礼日時:2005/08/08 22:03

間違いが無い事で話をすれば。



なぜ戦争(喧嘩)になったのという事には、「その時の偉い人の考えが足りなくて、日本が先に手をだしたから。」という答えで良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

確かに現在、子供が理解できそうなのはその程度だと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/08 21:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学生でもわかる第二次世界大戦の流れ

小学生と、知的障害がある中学生に第二次世界大戦のことについて
説明してほしいと頼まれましたが、しゃべった内容が難しかったのか
ぽかーんとされてしまいました。自分が完ぺきに理解しているというわけでもないので
説明しながら自分でもわからなくなってしまいました。

そこで、子どもにも簡単に説明できるような第二次世界大戦の
開戦きのっかけ、流れ、終戦、状況などをとても簡単に教えてください。
お願いします。
一時間以内で話せたらいいかなあと思っています。

Aベストアンサー

 こういうのでどうでしょうか?

(1) 世界は3つのグループがあった。
 A)アメリカやイギリスなどお金持ちの強い国。
  Cグループの弱い国を支配していた。

 B)日本・ドイツなど貧しくて強くなりたかった国。
  AグループからCの国を奪おうとして戦争を起こした。

 C)AグループやBグループに支配されていじめられて
  いたので支配から逃れようと運動をおこしていた。

(2) 開戦

 ・日本は朝鮮や台湾・中国の北部を支配していた。
  中国全部を支配しようと戦争を始めていたが、アメリカ
  やイギリスが邪魔をしたのでそれら強国との大戦争に
  なった。
 ・ドイツも同じく周りの国々を軍隊の力で支配し、
  アメリカやイギリスと大戦争になった。
 ・強国に支配されていた国々は日本やドイツのやりかた
  が酷かったので日本やドイツと戦いを始めた。

(3) 流れ

 ・日本とドイツの戦争のしかたは奇襲といって相手が
  油断しているときに突然襲う戦い。だから初めは
  勝つけれど、より強いAグループが本気を出すと
  日本・ドイツは負けていく。そして支配の仕方が
  酷いので支配された国の人から恨みをかい日本と
  ドイツは大敗する。

(4) 終戦
 ・負けることがわかっても日本だけ戦いつづけた。
  理由は天皇を守るためということだった。
  戦いが続く中、アメリカは原爆という大きな爆弾を
  日本の広島と長崎に落として日本は降参した。

(5) 状況

 ・この大戦争は初めは強国どうしのよその国を奪い合う
  喧嘩だった。けれど日本やドイツが少人数の偉い人の
  命令をみんなは文句を言わず聞け、一人一人の事より
  国=偉い人のほうが大事なんだという考え方と、一人
  一人の事を大切にする考え方に賛成する国々との戦い
  となり、最後は日本と80の国々との戦いとなった。

 ごめんなさい。やはり難しいですね。でもこれを下敷きに

もっとお話し的に変えたらどうでしょう?

 

 こういうのでどうでしょうか?

(1) 世界は3つのグループがあった。
 A)アメリカやイギリスなどお金持ちの強い国。
  Cグループの弱い国を支配していた。

 B)日本・ドイツなど貧しくて強くなりたかった国。
  AグループからCの国を奪おうとして戦争を起こした。

 C)AグループやBグループに支配されていじめられて
  いたので支配から逃れようと運動をおこしていた。

(2) 開戦

 ・日本は朝鮮や台湾・中国の北部を支配していた。
  中国全部を支配しようと戦争を始めていたが、アメ...続きを読む

Q戦争が起きた原因

1・一番始めに戦争が起こった原因は何なのでしょうか

2・なぜ日本が戦争をしなければならなくなったのか
  またその引きがねとなった理由は

3・日本はどこと戦争していたのか

4・戦争中の日本を誰が指揮していたのか

5・なぜ周辺アジアと未だに仲が悪いのか

いまだに全く知らない自分が恥ずかしいです・・・。
よかったら教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

第2次大戦の事として、回答いたします。

1.これは、とても難しい話で、アヘン戦争の時代からの問題で、簡単には述べられません。
当初明治政府ができた時、朝鮮半島は、無政府状態で、そこに欧米列強の進出が有ると、国防上大変な事になります。
そのため、朝鮮半島を日本の勢力化に置き、本土の前哨線としようとしました。
そのため、利害の対立する、清やロシアとの戦いになりました。
朝鮮半島が日本の勢力下におかれると、さらにそこを守る前哨線として、隣接する満州地区を、さらに満州に隣接する北部中国へと、軍をすすめてゆきます。

当時の中国は、欧米列強による半植民地状態で、中国で、欧米との利害関係での対立を引き起こした事に起因します。

2.日本軍が、中国に深入りしすぎて、撤退も妥協もできなくなったため、国際間での調整がつかなくなったためです。

3.同盟関係は、とても複雑で、基本的には世界の2/3の国を相手に戦いました。
同盟国は、ドイツ、イタリア、ハンガリー、フィンランド、ブルガリア、ルーマニアです。

中立国は、スエーデン、スイス、スペイン、トルコ、タイなどです。

主な敵国は、アメリカ、イギリス、ソ連、オランダ、中華民国、中国共産党、自由フランス、などと、その植民地のオーストラリア、ニュージーランド、インド、カナダ、などです。

4.一応大本営は有りますが、各組織が勝手に作戦をたてて動いていました。

5.アジア周辺と仲が悪いと言っても、問題になるのは、中国および華僑圏と、韓国・北朝鮮です。

東南アジアの華僑は、大戦前は、シギリス・オランダ・フランスなどの植民地支配の手先として、現地人を支配する立場にいましたが、日本軍の進撃により、植民地軍が撤退すると、その利権を奪われてしまいました。
その後、日本の支援で独立国となったため、当時の利権を永久に失ってしまった事によります。

中国(中華人民共和国)は、戦勝国といっても、自分達では、全く無力で、何もできませんでした。
実際、中共軍と日本軍は、ほとんど戦っていません。
戦勝国といってみても、実質が全く伴っていませんでした。
そのため、日本に対し、強いコンプレックスを持ってしまい、やたらに正当性を主張するようになりました。
最近では、中国の国力がアップしてきましたので、コンプレックスは、より大きくなっているようです。

韓国ですが、本来韓国は、敗戦国なのですが、戦勝国としての地位を求め、他国からソデにされています。
ここでも日本に対して強いコンプレックスから、反日になっています。

ただ、韓国の場合でも中国の場合でも、日本に対して、真に反日の人は、それほど多くなく、パホーマンスの域を出ていないようです。

第2次大戦の事として、回答いたします。

1.これは、とても難しい話で、アヘン戦争の時代からの問題で、簡単には述べられません。
当初明治政府ができた時、朝鮮半島は、無政府状態で、そこに欧米列強の進出が有ると、国防上大変な事になります。
そのため、朝鮮半島を日本の勢力化に置き、本土の前哨線としようとしました。
そのため、利害の対立する、清やロシアとの戦いになりました。
朝鮮半島が日本の勢力下におかれると、さらにそこを守る前哨線として、隣接する満州地区を、さらに満州に隣接する北...続きを読む

Q戦争・原爆について書かれた子供向けの本

小学2年の娘に読ませたいのですが、
いきなり戦争場面の話でなく、
だんだん食料が少なくなり、疎開したり、という
時代背景からちゃんと書かれた子供向けの本を探しています。
何かおすすめの本はありますか?

Aベストアンサー

「ちいちゃんのかげおくり」これは私も知ってますよ。
本単体でも売ってるようですし・・・

あとは「後ろの正面だあれ」って映画(アニメ)がありました。これの本が、かなりお勧めでしょう。
ただ、原作は読んでないのでそのままかどうかは知りませんけど・・・
(原作は後ろの正面だあれで原作者、海老名香葉子さんの体験記です)
映画では戦争の始まりから、終わりまでを描いていて東京大空襲とか疎開なども描かれています。(映画では)
疎開のシーンもありますし、結構悲しい結末ですよ。
(子供向けですが、人によっては泣けるかも)
http://www.nowhere-records.com/sy/anime.html
(上はビデオ、本の購入は参考、下は映画のストーリーの一部)
http://www1.ttcn.ne.jp/~satsumaimo/satuma2.html
子供には絶対?に将来のためになるかも・・・これは大人でも結構忘れられないですから・・・

参考URL:http://shopping.yahoo.co.jp/books/juvenile_and_picture_books/juvenile_book_collection/202805/title_list2.html

「ちいちゃんのかげおくり」これは私も知ってますよ。
本単体でも売ってるようですし・・・

あとは「後ろの正面だあれ」って映画(アニメ)がありました。これの本が、かなりお勧めでしょう。
ただ、原作は読んでないのでそのままかどうかは知りませんけど・・・
(原作は後ろの正面だあれで原作者、海老名香葉子さんの体験記です)
映画では戦争の始まりから、終わりまでを描いていて東京大空襲とか疎開なども描かれています。(映画では)
疎開のシーンもありますし、結構悲しい結末ですよ。
(子供向...続きを読む

Q70年前の日本は、なぜ戦争を決断したのでしょうか?

お世話になります。

戦争は、外交手段の一つの方法でしかも最後の方法です。それでも、70年前に日本は世界大戦を決断しました。

(この世界大戦に至る序章として中国東北部の植民地化があったと考えます。この植民地化は、日本の勝手な解釈で「欧米列強のマネであることが権利」で錯覚していた様子です。この意味では、日本を含め中国を占領した国家は中国に謝罪は必要です。)

その延長で、連合国との全面戦争は開始されましたが、

●技術的
●生産力
●資源力
●人員力

から見ても、圧倒的に不利であったはずです。合理的に考えれば、国力の差は戦力に比例するはずですよね。

でも、70年前の日本は、なぜ戦争を決断したのでしょうか?その時の日本は、戦争をしなければならない 進退窮まる理由 があったのでしょうか?でも、敗戦は必定です。

Aベストアンサー

マクロ経済の観点から考察する対米開戦はまさに無謀の一言、一例を挙げれば一般会計と臨時軍事費に占める直接軍事費の割合が脅威の75.7%、これは対米開戦直前の数字ですが、当時の日本は日中戦争以来まさに食うや食わずで戦争を継続していた事がこの点に於いて明らか。
冷戦構造下のソビエト連邦が、アメリカとの軍拡競争で経済が破綻した際の同比率が50%強ですから、戦争突入以前の直接軍事費が70%を超える事の異常さが御理解頂けるかと思います。

更にはGDP比換算で1(日本):20(アメリカ)、質問者様が仰る通り近代戦は国家としての総力戦でありまさに大人と子供の喧嘩、そう形容するしかない戦争でした。

>70年前の日本は、なぜ戦争を決断したのでしょうか?

以上述べた前提はいかに当時の軍部主導下にあっても、大国アメリカとの戦争を想定した場合当然客観的判断材料として顧みられたはずであるが、では何故当時の大日本帝国首脳が対米開戦を決意したのか、その原因はそれこそ無数にあると思われますが、私なりの結論としては以下の2点。

1.本来日本の意図は対中権益の確保、本命である日中戦争を継続する為の石油・粗鋼の多くをアメリカに頼っており、その供給をストップされ且つ日本の対米資産凍結、更にはイギリス・オランダがそれに同調して所謂ABCD包囲網が構築された事で追い詰められていた事。

2.日露戦争の悪しき前例、即ち交戦期間2年程度を互角の戦いに持ち込み、ナチスドイツの欧州での勝利を希望的観測で織り込み、総力戦・消耗戦になる以前に仲介国を待つという戦略が可能であると甘く判断していた事。

但しドイツがソ連との不毛な戦争に突入した事で日本の思惑は大きく外れ、しかもアメリカの戦時経済が本格的に稼働しはじめた為、太平洋戦争開戦1年を過ぎた頃から国力相応の差が出始め、皆様御承知の通りの結果に終わってしまいましたが。

マクロ経済の観点から考察する対米開戦はまさに無謀の一言、一例を挙げれば一般会計と臨時軍事費に占める直接軍事費の割合が脅威の75.7%、これは対米開戦直前の数字ですが、当時の日本は日中戦争以来まさに食うや食わずで戦争を継続していた事がこの点に於いて明らか。
冷戦構造下のソビエト連邦が、アメリカとの軍拡競争で経済が破綻した際の同比率が50%強ですから、戦争突入以前の直接軍事費が70%を超える事の異常さが御理解頂けるかと思います。

更にはGDP比換算で1(日本):20(アメリカ)...続きを読む

Qアメリカは日本になぜ原爆を落としたのでしょうか

先日、テレビで広島に落とした原爆と長崎に落とした原爆では、種類が違うということを聞きました。
私はなぜ違うのだろうと疑問を感じました。

早く戦争を終わらせるためという理由だけでしたら、同じ種類の原爆でいいんじゃないかなと思ったのです。
アメリカが日本に原爆を落としたのは、実験の意味もあるのでしょうか?

だけど、実験で何十万という人間が死んでしまうわけですから、アメリカが実験でそのようなことをするのかなとも思います。

すみませんが、お教えいただけましたら助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問の主旨は↓でよいのでしょうか。

>アメリカが日本に原爆を落としたのは、実験の意味もあるのでしょうか?

回答:そうです。

原爆使用の目的は↓です。

1:原爆(2種類)の効果を、実際の都市や人間で確かめ、データをとる事。
2:他国に使用可能な核保有国であることを示し、戦後の国際関係で優位に立つ為。

1についてですが、上記の目的を満たす為に、投下する都市は↓のような経緯で選ばれています。

A:周囲を山に囲まれた直径3マイル以上の市街地を持つ都市。
アメリカは、↑の条件をより満たす為に、広島への空襲を停止して建築物を保存し、人口を集中させました。

B:警告無しの使用の決定
トルーマン大統領は、自分が設置した暫定委員会で、原爆の使用は「労働者の住宅に囲まれた軍需工場に、事前の警告無し」で行われるべきだと語り、そのように決定しています。
(開発に携わった科学者は、無警告の原爆投下に反対しています。)


この質問は過去にも何度か出ており、警告については、連合軍は爆撃前にビラをまいて避難を呼びかけていたという意見がありますが、それには【広島】と【小倉】は入っていません。(画像参照)

実は、小倉は広島と同じ理由で選ばれていましたが、爆撃機が航路を誤って、長崎に落してしまいました。
長崎の投下地点の真上には、日本に始めて建設された「教会」がありました。
(アメリカはこの事を隠していますが)


アメリカの原爆の使用について、日本が降伏をしなかったからだという意見もありますが、それは間違いです。

当時の日本は条件さえ合えば降伏(というか講和)をするつもりでした。
しかし、アメリカは曖昧な降伏条件(国体の護持、天皇制の維持等が保証されていない)を出すことで、日本が降伏できないようにして、原爆を使用する準備をしました。
(降伏条件の起草段階では天皇制の維持が含まれていましたが、トルーマンはこの部分を変更しています。)

ただ、これについてはいつまでも戦争を続けていると、ソ連が参戦してしまい、戦後処理についてソ連に発言力を与えることとなり、タイミングが難しい作戦でした。(実際そうなりました)

日本は↑のような条件が不明な状態で降伏した場合、国が消滅する事もありえるので、安易に降伏はでいませんでした。
更に、降伏後に天皇が処刑された場合、国民や軍部が政府の意向に関係なく戦闘を行う場合もありえます。
そのような内戦になった場合、中ソが介入して朝鮮やドイツのような分断国家になり、冷戦の最前線になってしまう事も考えられます。

以上から、敗戦後の外交や政治まで考えれば、安易に降伏できる状態ではありませんでした。
そもそも、原爆の使用自体が、民間人の虐殺という国際法違反であり、日本が降伏しないことを理由に正当化するのは間違いです。


原爆の使用について、東京裁判で糾弾されていたという意見もありますが、それは誤りです。
原爆については、日本の弁護についたアメリカ人(ブレイクニー氏)が語っていますが、その目的は↓を指摘することで「裁判自体の無効」を訴えるもので「原爆の使用そのもの」を糾弾するものではありません。

【戦争は国家の行為であり、戦争指導者であっても個人に責任は発生しない。
なので、日本の戦争指導者が個人として責任を追及されているのは間違っている。
日本人が「個人」として裁かれるなら、原爆の使用を決定した者も裁かれるべきである。】

それに、彼の意見は、↓の動画では、裁判所の意向に拠って却下されています。

【A級戦犯は冤罪】(動画:東京裁判の映像)
http://www.youtube.com/watch?v=sDTJVZheUwo


この類の質問ではよく言われることですが、戦争は政治であり、外交の一手段です。
である以上、国家間の約束や契約である条約は守る必要があります。
戦争では【国際法】がそれにあたります。
そして、【法】である以上、一国の【都合】や【政治的判断】とやらで解釈や判決が変えられるべきではありません。
勝てば何をしても不問になるなら、国際法は無意味になります。


ご質問の主旨とは外れますが、
対立する意見の者を「ネトウヨ」と呼んで、「歴史の一部」だけを取り出して、「事実」を歪曲したり、印象操作、誤解、させるのは愚の骨頂である。ということを書き加えさせて頂きます。



>だけど、実験で何十万という人間が死んでしまうわけですから、アメリカが実験でそのようなことをするのかなとも思います。

質問者様は、WW2が人種差別との戦争であると言われている事をご存じないのでしょうか。
またアメリカ国内の人種差別を知らないのでしょうか。

アメリカには1964年までジム・クロウ法という、黒人は白人と同じ公共施設を使用できないという内容の法律がありました。
こんな法律があるくらいなので、民間でもそれぞれ専用の店があり、トイレも分離されていました。

徴兵されたアメリカの黒人兵は、
【何故我々が、白人と戦っている日本人と戦争をしなければならないんだ】
と言っています。
(アメリカ軍内では、戦闘では黒人がまず先に出され、枢軸軍に応戦させて位置を調べてから、砲撃をしています。)

黒人だけでなく、日系人(アメリカ国籍)も差別の対象でした。

【第442連隊戦闘団(アメリカ日系人部隊)】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC442%E9%80%A3%E9%9A%8A%E6%88%A6%E9%97%98%E5%9B%A3
(アメリカ政府は、アメリカ国内の日系人社会の動向を、黄色人種に対する人種差別的感情を背景に(実際に同じく敵国であったドイツ系やイタリア系アメリカ人については、大がかりな強制収容は行われなかった)不安視していたことなどから、1942年2月以降に、アメリカ西海岸に居住していた日系人と日本人移民約12万人は、ほとんどの財産を没収された上で全米に散らばる強制収容所に強制収容された。)

同じアメリカ人同士ですらこの有様なので、日本人への扱いは更に酷いものでした。

【大東亜戦争における米軍の残虐行為】(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=g6MmpEuGipQ

質問の主旨は↓でよいのでしょうか。

>アメリカが日本に原爆を落としたのは、実験の意味もあるのでしょうか?

回答:そうです。

原爆使用の目的は↓です。

1:原爆(2種類)の効果を、実際の都市や人間で確かめ、データをとる事。
2:他国に使用可能な核保有国であることを示し、戦後の国際関係で優位に立つ為。

1についてですが、上記の目的を満たす為に、投下する都市は↓のような経緯で選ばれています。

A:周囲を山に囲まれた直径3マイル以上の市街地を持つ都市。
アメリカは、↑の条件をより満たす為...続きを読む

Qなぜ「広島」「長崎」に原爆投下?

どうして広島と長崎に原爆投下したんですか?
他にも候補地がいくつかあったみたいですが・・。
東京、川崎、横浜とかも入っていたんですよね。
広島に落とすより、東京に落とすほうが意味があるような気もしますが・・・。
気象の関係と言うことも聞いたことがありますが、わかりません。

Aベストアンサー

下記リンクの中の「原爆投下都市の選定理由」に書いてあることが、私の知るところと概ね一致しています。

その中にあるように、長崎に原爆を落とした時は、小倉が第一目標であったが、小倉に落とせずに長崎に落としたとされています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%88%86#.E5.8E.9F.E7.88.86.E6.8A.95.E4.B8.8B.E9.83.BD.E5.B8.82.E3.81.AE.E9.81.B8.E5.AE.9A.E7.90.86.E7.94.B1

日本に対する都市無差別空襲について、下記の本が参考になりますので推薦します。「京都が空襲されなかったのは、文化遺産を惜しむアメリカの配慮」というのが根拠のない俗説であることが論証されていますが、「空襲の優先順位」などについても分かります。

日本の古都はなぜ空襲を免れたか
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31002714

「東京、川崎、横浜とかも入っていたんですよね。
広島に落とすより、東京に落とすほうが意味があるような気もしますが・・・」

日本の主要都市は、昭和20年8月にはほとんどが焼け跡になっていました。東京も川崎も横浜も徹底的に空襲されて、燃えるものが既にない状態でした。

原爆の投下候補都市は、「ある程度大きく、かつ大規模な空襲を受けていない都市」として選ばれたようです。

下記リンクの中の「原爆投下都市の選定理由」に書いてあることが、私の知るところと概ね一致しています。

その中にあるように、長崎に原爆を落とした時は、小倉が第一目標であったが、小倉に落とせずに長崎に落としたとされています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%88%86#.E5.8E.9F.E7.88.86.E6.8A.95.E4.B8.8B.E9.83.BD.E5.B8.82.E3.81.AE.E9.81.B8.E5.AE.9A.E7.90.86.E7.94.B1

日本に対する都市無差別空襲について、下記の本が参考になりますので推薦します。「京都が空襲されなかったの...続きを読む

Q昔はどうして戦争をしたの?と子供に聞かれたのですが

小学校低学年の子供に、
「昔は、どうして戦争をしたの?」
と聞かれて、答えが分かりませんでした。

子供の言う昔の戦争とは、武士などの戦国時代ではなく、太平洋戦争などのことを言っているようです。

どうして太平洋戦争は起こったのでしょうか?
子供に説明したいので、分かりやすく教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

日本が持っていない物を持ってるからそれが欲しくてあちこちへ侵略戦争をしかけたんだよ。
人が持ってる物が欲しくて、無理やり奪い取る悪い子と同じ事をしたんだよ。
ハワイを突然攻撃した真珠湾攻撃は、大きなアメリカに出てこられたら欲しい物全部取れなくなって困ると思って宣戦布告もしないで先に攻撃した(闇討ちした)けど、逆に怒らせただけで日本が思った以上にめちゃくちゃ強かったアメリカに日本が負けることになったんだよ。

それで、奪い取った物全部返して、さらに沖縄や北方4島など取られてしまったんだよ。

沖縄は、返してもらったから今は日本だけどね。


こんなもんでいかがでしょう?

Q日本とアメリカが戦争したきっかけは?

日本とアメリカが第二次世界大戦時戦争したきっかけはなんだったのでしょう?

Aベストアンサー

日本の中にもアメリカとは戦争したくないと言う声は少なくなかったのです。しかし、石油などの資源をアメリカに押さえられてしまい、これを打開しなければいけませんでした。

 当時、日本は「日独伊防共協定」を結んでおり、さらにドイツはソ連と「独ソ不可侵条約」を結びました。そこで、日本は日独伊の関係をさらに強化し、同時に、そこにソ連も加えて4カ国の同盟関係を作れば、アメリカも容易には攻撃できず、経済制裁の解除もしやすいと考え、「日独伊三国(軍事)同盟」を結成しました。だが、この軍事同盟に参加したことでアメリカは日本をヒットラー政権と同列に位置づけ、さらに日本への警戒心を強くしました。
 その後、日本は早期の4カ国同盟の結成を目指し、ドイツ側と調整を行っていました。ドイツは当初はこの同盟に(少なくとも表面上は)積極的でしたが、この頃になるとドイツはソ連侵攻の準備を始めていたので、(当然ですが)調整は上手くいきませんでした。なかなか動かないドイツに対してしびれを切らした日本は、ソ連と「日ソ中立条約」を締結し、残るイタリアとソ連との軍事同盟、そして新たなる4カ国での軍事同盟の再結成の準備に入りました。しかし、そんな思いも虚しく、中立条約締結の2ヶ月後には独ソ戦が開始されました。この時になって、初めて日本はドイツの真意を知りました。
 この結果、日本は大した後ろ盾もなくアメリカとの経済制裁の解除の交渉に臨まなければいけませんでした。その後、紆余曲折を経て、最終的に真珠湾攻撃となりました。

簡単に言えば、アメリカが日本に対して経済制裁を行い、これを解除しようと日本側はさらなる軍事同盟の強化・拡大という道を取ったものの、外交能力の甘さから自分の首を絞める結果になりました。

 余談になりますが、ドイツから見れば日本はドイツのじゃまばかりしたことになります。ドイツにとって「独ソ不可侵条約」は東側のフランスなどとの戦争を有利にするために、一時的に結んだ条約です(最初から、いつかは破ることを考えていました)。一方、ソ連側もいつかはドイツが破って攻めてくると考えていましたが、対日戦略のことを考えて条約を結び、戦力を東側に集めました。それを、ドイツが対ソ戦の準備を始めた頃に、日本が「日ソ中立条約」を締結してソ連の東側の脅威を消したために、東側に集中していたソ連の軍隊の大部分を西側に持ってくることができ、ドイツは当初の計画よりも、苦戦することになりました。
 さらに、当時アメリカは対独戦の大義名分もなく、国内の世論もヨーロッパの戦乱にアメリカが参戦すべきではないという声が多く、参戦できないでいました。そこに、ドイツとの軍事同盟を結んでる日本がアメリカに参戦してきたことで、アメリカは対独戦の大義名分を得ることになりました。

ついでに、ときどきヒットラーは軍事的なもので政権を取ったと勘違いをしている人がいますが、ヒットラーは選挙で徐々に自分達の議席を増やし、国会でヒットラー独裁政権のための法案を可決させ、独裁化しました。何でもかんでも多数決をしたがる人がいますが、それは危険なことだと教えてくれることです。また、日本は経済制裁を受けたことで、最終的に戦争に突入しました。北朝鮮への経済制裁も、行った結果(破れかぶれで)日本や韓国へ戦争して来るとも限りません。不用意に経済制裁をすべきではないのです。

最後に、戦後の「東京裁判(極東国際軍事裁判)」において、日本側の弁護についたアメリカの弁護士は、日本がアメリカに対して戦争を行ったことに関する弁護で「日本の(宣戦布告なしの奇襲である)真珠湾での攻撃をしたことを罪とするならば、広島・長崎において行われた新兵器による一般人も含めた大量虐殺も罰せられなければならない」という内容で弁明しましたが、無視されてしまいました。(アメリカはもちろんのこと、日本でも原爆による攻撃でポツダム宣言を受諾したと思っている方が多いのですが、実際は、ソ連の参戦により、連合国側との仲介役をソ連に頼もうとする考えができなくなり、ポツダム宣言を受諾したのです。ここでもいろいろあるのですが、余談が長くなるので、止めます。)

日本の中にもアメリカとは戦争したくないと言う声は少なくなかったのです。しかし、石油などの資源をアメリカに押さえられてしまい、これを打開しなければいけませんでした。

 当時、日本は「日独伊防共協定」を結んでおり、さらにドイツはソ連と「独ソ不可侵条約」を結びました。そこで、日本は日独伊の関係をさらに強化し、同時に、そこにソ連も加えて4カ国の同盟関係を作れば、アメリカも容易には攻撃できず、経済制裁の解除もしやすいと考え、「日独伊三国(軍事)同盟」を結成しました。だが、この軍事...続きを読む

Q戦争についての宿題が出ました。

戦争についての宿題が出ました。
自分で、テーマを決めて調べないといけないのですが、テーマが思いつきません。
少し思いついたのは、≪戦争に遭った人の思い≫というテーマで、ひいおばあちゃんに、話を聞くという内容です。でも、それだけでは、内容が少し薄いので・・・
新しくテーマを、考えていただくか、≪戦争に遭った人の思い≫というテーマの、内容を詳しく考えてください。できれば、≪戦争に遭った人の思い≫の内容を考えていただきたいのですが・・・
どうぞよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

実体験を語ってくれる方が身近にいるのは得がたいですね。
 たとえば、いろんなことがネットに出ていますが、それとこれとは別だと思います。
ひいおばあちゃんの当時の年齢、住んでた場所、空襲にあったかどうか、食べ物はどうだったか、身近に出兵された方はいたかどうか・・・ごくごく普通の小学生が思う疑問をいろいろ箇条書きにしてインタビューされてはいかがですか?

 この質問は保護者の方が書かれてると思うので、一緒にお話を聞いて、まとめてくださいませ。

Q今、小学生。やって良かった学習、学習法があれば・・・

首都圏から離れる数十万の市に通う小学校3年生の子どもがいます。
成績はテストでは、ほぼ100点といったところです。
今の段階でテストで学力ははかれるとは思えませんね。
ゆとり教育になって自分の時と比べこんなにもゆとりある教科書や、学習量で高校や大学受験の時困らないのかと最近になってふと思いました。
子どもなりの夢を叶えるに大学には行きたいみたいです。
学校の宿題以外に、書店のドリルや英語教材など使ってはいますが、まわりのお母さん達がのんきなのか?私が心配性なのか?
なんか、足りない気がします。

お子さんをお持ちの方や、教育関係の方で、今のうちからこれはやっておいたらいいよと思うこと、
逆に、あれをやったけど効果も利点もなかったなど
お話聞かせていただけませんか?
ひとり目のせいか、子どものやる気を伸ばしてやる方法がみあたりません。

ちなみにこちらは小学生の塾はありません。
塾は中学からのようです。

Aベストアンサー

現在、高校3年生の息子。旧帝大志望。この子のことを書きます。

小学校1年から5年まで。
公文のプリント学習をしました。
朝、登校するまでの時間に学習し、そのプリントを私が採点しました。公文の先生からはほとんど教えてもらってないです。
4年生くらいから中学生相当の部分の学習が出てきたので、理解しずらかったようで、xの概念は「魔法使いのおばあさん」が魔法をかけて・・・と説明したり、
三平方の定理の部分では、牛乳パックで工作して
A,B,C,Dなどと点をつけて教えました。
5年の後半で高校2年レベルまで教えました。
私がわからなくなったので、公文をやめました。

6年生
Z会(通信教育)の私立中学1年コースの数学を学習させました。
もちろん、本人ひとりではできません。
ここで、公文で足りなかった数学の問題の記述のしかたを徹底的に教えました。

中学3年間
塾に行きました。英語はまったく学習していなかったので、それを自覚させて、努力させました。
中学を卒業してから打ち明けてくれた話ですが、
「学校の数学の授業は、図形のところだけ授業を聞いて、あとは聞いてなかった。教科書は、1学期中くらいに1年ぶんを終わらせていた。」そうです。
ただ、努力型の子で、登校前のほんの10分でも
英語の単語カードや社会のカードを見て覚えていました。

高校(現在)
1,2年は通信教育のZ会のみ。
高校のテストがたくさんあるので、Z会をやるだけで必死のようです。
3年の現在は、塾にちょっとだけ行っています。

1科目に自信をつけるとほかの科目も連動して成績がアップしています。
理系のくせに、中学3年の3学期のテストで国語、100点取ったし、高校でも、「アンタ、ほんまに理系か?」というくらい、文系科目の得点率がいいです。

余談です。
小学校の「ゆとり教育」とか「個性重視」の教育を信用してはいけません。
現在、中学生の娘、小学校のとき、「個性重視」でおだてられてその気になってしまって、
現在、中学校で勉強できなくてエライ目にあっています。
結局、大学入試の制度は相変わらず変わっていないので、気をつけたほうがいいです。
小学校の先生は小学校を卒業するまでしか責任を持ってくれないし、中学校の先生も中学を卒業するまで。
結局、自分の子と長くつきあうのは親だけです。
がんばりましょう。

現在、高校3年生の息子。旧帝大志望。この子のことを書きます。

小学校1年から5年まで。
公文のプリント学習をしました。
朝、登校するまでの時間に学習し、そのプリントを私が採点しました。公文の先生からはほとんど教えてもらってないです。
4年生くらいから中学生相当の部分の学習が出てきたので、理解しずらかったようで、xの概念は「魔法使いのおばあさん」が魔法をかけて・・・と説明したり、
三平方の定理の部分では、牛乳パックで工作して
A,B,C,Dなどと点をつけて教えました。
5年の後半...続きを読む


人気Q&Aランキング