私の友達が困っていて、皆さんに教えてもらいたく質問します。友達は今、パートをしているんですが、もう一つバイトをしています。パート先では、副業はだめ!とゆうことになっています。
でも、バイト先の人が困っていたのでそのまま続けています。
計算した所、2つで収入は103万以下なのですが、旦那さんの年末調整で
配偶者の収入を書く欄があり、(友達は、扶養になっています。)70万以上収入がある場合、収入を証明する書類添付することとなっていたそうです。パートのほうは70万以下なので証明を欲しいと言えないそうなのです。副業がばれたら困る
そうなので、配偶者収入を書く時パートの方だけ書くとゆうのはダメなので
しょうか?(バイト先では友達のお給料いくら払っているか申告しているそうです。)バイト先で年末調整してもらうと言っていたのですが、配偶者収入
とは関係無いのでしょうか?旦那の会社にばれたら違反になるのでしょうか?友達がすごく悩んでいるのでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

所得税では、配偶者控除と、配偶者特別控除の2つが有ります。


この、控除が適用になるか判断するために、御主人の会社で書類に書く必要が有ります。
配偶者控除は、配偶者の年収が103万円以下なら適用され、配偶者特別控除は年収によって、控除額が変わりますから、両方の金額を合計した金額を記入しないと、脱税になります。
このことは、バイト先の会社が、払った金額を申告していることから、記入しないとかならず判り、御主人が会社で注意されることになります。

>パートのほうは70万以下なので証明を欲しいと言えないそうなのです。

ここの意味がよく分からないのですが、詳しく説明願います。
何故、云えないのでしょう。
バイト先からは証明書が貰えるのですか。
補足願います。

この回答への補足

電話して聞いてみました。
パート収入が42・3万・バイトも42・3万
(12月までの見積もり額)になるそうなので、70万にとどいていないので
理由を聞かれたとき、どうしょうと思っているみたいです。ばれる可能性が
あることを気にしているみたいです。
バイトの方の証明は、言えば貰えるそうです。
私も聞き方・書き方が悪いかもしれません
分かっていただけたか心配ですが、よろしくお願いします。

補足日時:2001/10/24 18:33
    • good
    • 0

超法規的手段もありますよ。


バイトってお願いされてしているんですよね?
ならば・・・・雇用主に頼み名前を変えてもらうのが宜しい・・・
例えば、本名が 日本 花子 ならば
韓国 辛美 という名前の人が働いていた事にすれば、全ては解決・・・
収入はパートの分しかないこtになります。
例え本当は130万超えになっていても、それで解決
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々有難うございます!お友達からも宜しくお伝え下さいと、申しておりました。
バイト先に、聞いてみるとのことでした。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/24 20:10

>旦那さんの年末調整で配偶者の収入を書く欄があり


これってもしかしたら「配偶者特別控除申告書」のことではないでしょうか?

>配偶者収入を書く時パートの方だけ書くとゆうのはダメなので
配偶者特別控除でしたらダメですよ。
配偶者特別控除を受けたいためにするように思ってしまいます。

>旦那の会社にばれたら違反になるのでしょうか?
税務署にばれたら所得税法違反でしょうね。
脱税、公文書偽造?に当りそうな気がしますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
きちんと申請しないのは、だめだよね!!
旦那さんに迷惑かけたら困るからと言っていました。

お礼日時:2001/10/24 19:34

「扶養手当とか、健康保険の関係で夫の職場では例え僅かな金額でも申告しなければならないんです。

夫の話では、私の年収の確認をするために証明書の提出を絶対に必要としているらしいので、発行してほしい。」と言えば普通発行してくれますよ。
会社の規則まで調べて、本当に必要か否かを調べるなんて人、よっぽどの暇人じゃなきゃしないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
お友達にきちんと伝えました。

お礼日時:2001/10/24 19:31

 非課税証明書は、前年所得に対する証明書ですので、今年分には使えないでしょう。

2カ所を合計して103万円を超えないのであれば、所得はゼロで扶養控除と配偶者控除は問題がありませんので、パートの部分だけでも問題は無いと思います。

 ただ、金額が上回っていたことが後日明らかになった場合は、追加で課税され御主人も追加課税となりますので、十分注意して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
友達に聞いたところ、絶対103万以上にならないそうです。
hanboさんの答え教えて、ホットしていたのですが
他の方からの答えを教えたら、また頭悩ませていました。

お礼日時:2001/10/24 19:30

市役所で「非課税証明」を取られれば分かると思いますが、それではだめですか?



非課税証明書
 内容:課税されていない場合の証明書
 用途:扶養の申請・年金の申請等に使用する
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!13年度の年末調整のことなので
市役所で出せるのは、去年分なのでだめだそうです。

お礼日時:2001/10/24 19:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雇用保険料の控除

20日締め翌月10日支払の場合に、21日に社会保険・雇用保険加入した方の給与から雇用保険料は控除すべきなんでしょうか?

10日に支払われる給与はあるものとして、社会保険料は月末時点で発生しているので
控除するというのは分かりますが、雇用保険料はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

雇用保険料は、健康保険料とは違って、月ごとでなく給与を支払うごとに支払わなければなりません。
雇用保険の被保険者に該当するときは、給与が発生すれば支払ごとに控除しなければなりません。
逆に育児休業中等、給与の支払いがないときは、被保険者期間であっても支払額がないので、雇用保険料も発生しません。

Q副業がばれそうになったら・・・

恐らく大丈夫だとは思いますが、もし、勤務先が住民税の徴収関係で金額が違うということで「副業?」と疑われた時、うまく言い逃れる技を教えて欲しいのですが・・・
親戚が経営している会社に名義を貸しているなど色々あるみたいですが、それで通るのでしょうか?

Aベストアンサー

自分で確定申告をし、その際申告用紙に住民税の納付方法の選択欄があるので「普通徴収」(自分で納付用紙で支払う方法)を選べば、勤務先が税額を知るすべはありません。

サラリーマンが以前ばあちゃんが住んでた家を貸しているってのは普通にあり、そのような非事業規模の不動産所得でも確定申告しなければならないので、年収300万円のサラリーマンが確定申告してもおかしな事はありません。

( ̄ー ̄)にやり

Q賞与からの雇用保険料控除について

先月からNPO法人の会計業務をしています。

12月に賞与がでたのですが、
控除されているのが健康保険料・介護保険料・厚生年金だけで
雇用保険料の控除がありませんでした。
過去のデータを調べてみると6月の賞与でも控除されておらず、
私より以前より勤務している人に聞いてみると
5年前くらいから賞与は支給されているが
一度も雇用保険料を控除されたことはない、とのことでした。
私なりにいろいろ調べてみたのですが
「賞与から雇用保険料を控除しなくてもよい」という
特例のようなものは見つからなかったのですが、
NPO法人だから控除しなくてもよい、という特例が存在するのでしょうか?

私はNPO法人の特例というのは法人税関係だけだと
思っていましたので、どこかわかりやすくまとめてある
サイトなどご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に、賞与からも雇用保険料は控除すべきです。

ただ、NPO法人については、私自身は良くわかりませんが、下記サイトで見る限りは、一般の法人と取り扱いは同じのようですので、やはり賞与から雇用保険料は控除すべきものと思います。

http://www.geocities.jp/michito_kimu/framepage8.html
(この中の「NPO法人の労務」の所)

賞与から控除する雇用保険料については、給与と同様に率で計算して金額を求める事となります。
http://www.matsui-sr.com/kyuyo/2-3shouyo-koyou.htm

雇用保険料については、労働保険の申告として、賃金の年間分の総額を計算して、申告・納付する事となっており、もちろんこの中には賞与も含めるべき事となっていますので、それに含めていたのに、従業員からもらっていないのであれば、従業員分を会社が負担してしまっていた事になりますし、もし含めていなかったのであれば、逆に労働保険料について過少申告していた事になってしまうと思います。
http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/daijin/hoken/980916_6.htm

「確定保険料算定基礎賃金集計表」の控えを見られて、一番下の方の賞与の欄に金額の記載があるかどうかを見れば、どういう申告をしているかは、確認できるとは思います。

基本的に、賞与からも雇用保険料は控除すべきです。

ただ、NPO法人については、私自身は良くわかりませんが、下記サイトで見る限りは、一般の法人と取り扱いは同じのようですので、やはり賞与から雇用保険料は控除すべきものと思います。

http://www.geocities.jp/michito_kimu/framepage8.html
(この中の「NPO法人の労務」の所)

賞与から控除する雇用保険料については、給与と同様に率で計算して金額を求める事となります。
http://www.matsui-sr.com/kyuyo/2-3shouyo-koyou.htm

雇用保険料につ...続きを読む

Q妻のパート収入と配偶者特別控除の関係

家内がパートを始め、毎月3万円から5万円、年間で36万円から60万円の収入が予測されます。
我が家は私がサラリーマン、家内が主婦、未成年で就学中の子供2人の4人家族ですが、この場合、配偶者特別控除の枠(年間38万円以内)を超えてしまいそうです。
家内は、パートですから出勤日等ある程度調節できますので、効率の良い働き方をしたいと言っております。
パート収入と税金の関係から考えてどんな働き方が良いか御提案をお願いします。
また、この辺の事情を解説したHP等ありましたら御紹介下さい。

Aベストアンサー

えっと 結論から 配偶者控除が受けれます。

収入が、36万から60万であれば、所得は、0です。
収入ー経費=所得
給与所得の場合は、
収入(額面ー交通費)= 源泉徴収表の支払金額の欄
経費=給与所得控除 最低65万円がある。

なので、65万円を控除すると、所得は0になるので、
配偶者控除が受けれます。

給与所得の場合は、
103 万までは、配偶者控除
141 万までは、配偶者特別控除 です。

税金カテゴリで、103 とか 扶養 とかで検索かければ、
いかに毎日 同じ質問をする方がいるか よくわかるでしょう。

質問者さんの会社の 家族手当などの支給用件がどうなっているか
事前にそこを掴んでおいてください。
会社によって、なし 税法上の配偶者控除内 社会保険上の扶養
など条件が違います。
一般には、103万までは、問題なし
103万を超えて、130万までは、家族手当によっては、損
130万から160万くらいまで、社会保険上の扶養に入れなくなると
年金、健康保険の問題がでてくるので、損
と言われています。

えっと 結論から 配偶者控除が受けれます。

収入が、36万から60万であれば、所得は、0です。
収入ー経費=所得
給与所得の場合は、
収入(額面ー交通費)= 源泉徴収表の支払金額の欄
経費=給与所得控除 最低65万円がある。

なので、65万円を控除すると、所得は0になるので、
配偶者控除が受けれます。

給与所得の場合は、
103 万までは、配偶者控除
141 万までは、配偶者特別控除 です。

税金カテゴリで、103 とか 扶養 とかで検索かければ、
いかに毎日 同じ質問をする方が...続きを読む

Q雇用保険料の本人負担分の控除について。4月に雇用保険料の本人負担分は4

雇用保険料の本人負担分の控除について。4月に雇用保険料の本人負担分は4/1000から6/1000になったとのこと。これって、22年度の概算保険料についてですよね。
去年会社は本人負担分を立て替え金として会社負担分と合わせて前納しています。
で、今度6月に年度更新するわけですけど、4月・5月分について本人負担分として控除するのは今まで通り4/1000のままでいいですよね。
本人負担分を6/1000として控除するのは6月の年度更新が終わった以降ということでいいですよね。
そんな理解をしていますけど、確信が持てないので質問させていただきました。

併せて、年度更新は6月1日から7月10日までですけど、6月の給与の後に年度更新手続きをした場合との違いが発生しそうなんですけど、そこら辺りも教えていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一応、社会保険労務士の資格者です。

> 4月に雇用保険料の本人負担分は4/1000から6/1000になったとのこと。
> これって、22年度の概算保険料についてですよね。
その通りです。

> 今度6月に年度更新するわけですけど、4月・5月分について本人負担分として控除するのは
> 今まで通り4/1000のままでいいですよね。
ダメです。
労働保険[労災+雇用]は4月から翌年3月の1年間を対象としますので、4月支払分(例外あり)以降は6/1000です。
【例外】
4月支払分であっても、平成22年3月に支払額が確定している場合には、平成21年度須仮定保険料を算出するための賃金総額に含めます。平成21年度の雇用保険料率は4/1000なので、この場合は4/1000が正しく、6/1000は間違い。

Q副業で20万以下の収入の場合、会社にばれないようにするには何の手続きが必要ですか?

私は今年の4月から社会人になります。内定している会社の副業が禁止かどうかは就業規則を見ていないのでわからないのですが、
社会人になっても当面金銭面では厳しい状況が続くと思うので、今現在やっているアルバイトをたまにだけ入ろうかと思っています。
目安は月に2.3回で、20万を超えないようにするには月で16666円以下に抑えれば大丈夫なようです。
毎月15000円を目安にしようと思うのですが、ここで質問です。

(1)20万円以下の場合確定申告はしなくて大丈夫なようですが、住民税などは特別徴収されてしまい、仮に20万円以下でも正社員の会社にばれてしまうような事を見ました。
この場合区役所に行く?それとも税務署に行く?どちらなのでしょうか。
またそこでどのような手続きをするのでしょうか?

(2)
4月から就職しますが、21年、1.2.3月分の給料ですでに20万円を超えてしまいます。
この後4月から毎月ちょびっとずず稼いだら40万オーバーぐらいまで行くと思いますが、この場合は確定申告が必要になるのですよね?

(3)
毎年20万を超えてしまい、確定申告を行い、普通徴収の欄にチェックをいれ、問題なく普通徴収になったとします。
会社側に行く税金の書類などで、この普通徴収をしている事はわかるのでしょうか?

以上回答いただけたら幸いです。

私は今年の4月から社会人になります。内定している会社の副業が禁止かどうかは就業規則を見ていないのでわからないのですが、
社会人になっても当面金銭面では厳しい状況が続くと思うので、今現在やっているアルバイトをたまにだけ入ろうかと思っています。
目安は月に2.3回で、20万を超えないようにするには月で16666円以下に抑えれば大丈夫なようです。
毎月15000円を目安にしようと思うのですが、ここで質問です。

(1)20万円以下の場合確定申告はしなくて大丈夫なようですが、住民税な...続きを読む

Aベストアンサー

まず、副業が20万以下で確定申告しなくていいのは
たぶんですが、副業が給与所得以外の場合だと思いま
す。

ちなみに俺は年間5000円のバイト代で会社にばれ
ました。

確定申告を行い、普通徴収の欄にチェックをいれ問題
なく普通徴収になったとしたら会社には絶対に副業が
ばれません。

まずなんで税金絡みで会社にばれるかというと住民税
絡みなんです。da-buraさんが就職すると給料から住
民税が天引きされます。
これってda-buraさんお住まいの役所からda-buraさん
の所得はこれだけだったので毎月これだけ給料から住
民税として差し引いて下さいね、って会社に連絡が行
くんです。

そこで、会社では、あれ???da-buraさんには
これしか給料払っていないのになんでこんなに給与
所得が多いの?さてはどこかでバイトしているな!
と気がつく場合があるんです。

そこで確定申告書の記入ですが
確定申告書をよーく読むと、給与所得以外の住民税は
どうするか?普通徴収か特別徴収か選択させられます。

文章から判断するとバイトは給与所得なので、給与
所得は無条件で選択はできないようにとれます。
でもここは必ず普通徴収を選択して下さい。

ちなみに
特別徴収は給料から天引き
普通徴収は役所がda-buraさん宅に納付書を送って
da-buraさんが銀行で支払います。

確定申告書の
1枚目は所得税用に税務署
2枚目は住民税用に役所に回って
3枚目が本人控えです。

この2枚目の住民税絡みで前述したように本業にば
れる可能性が大なんです。

給与所得者というのは普通徴収はできないんです。
かならず給料天引きなんです。

でもここで普通徴収にチェックする目的は、
バイト分にかかわる住民税だけを普通徴収に
してくれ!という意味で普通徴収にチェックを
入れるんです。
本業分はあくまでも特別徴収で給料天引きです。

でも役所の人も人間ですからいくら普通徴収に
チェックをいれても見落とすかもしれません。

なので俺は役所に回る2枚目に付箋で、バイト分は
ぜったいに普通徴収にしてね。と貼り付けました。
さらに役所に電話して、「今俺の確定申告してき
たからバイト分は必ず普通徴収にしてね!」と連
絡いれました。

こうすることによって、本業分にかかわる住民税は
給料天引きでバイト分は納付書で納めることになり
本業にはda-buraさんのバイト分がばれないという
すんぽうです。

ただこれはそうする前に役所に電話してバイト分
にかかわる住民税は普通徴収で本業分は特別徴収
にしてくれるか確認した方がいいです。
給与所得は普通徴収はダメだよ!っていう役所
もあるかもしれませんし。
そうなるとda-buraさんのもくろみはすべてパーで
す。

あとは、法律で禁止されているのは公務員だけです。
法で禁止されていないのを社内規定で禁止なんて
できません。
たとえば、18歳になれば車の免許とれますが社内規
定で20歳までダメだよ!なんていうのと同じです。

まず副業を会社はなんで禁止しているか。それは
職務に専念してもらいたいこと
同業他社に会社の情報を流されること
がいやなんです。

職務に専念してもらいたい、だから土日は遊びにい
かないで自宅でゆっくり休め!なんていいませんよ
ね。
ようは、職務に支障が出ない程度のバイトならまったく
問題ないんです。さらに同業他社でなければ問題ないん
です。
だから常識ある会社の社内規定では、会社に許可を得な
いでのバイトは禁止!ってなっていると思います。

だからといって簡単に許可くれるかどうかは解りませ
ん。前例がないから!なんて断られるかもしれないし、
もめごとおこして立場が悪くなるのはこっちです
からね。
だからついつい内緒でしちゃうんですよねー。

っていうことでバイト分に絡む住民税だけを普通徴収に
してもらえば税金絡みでばれることはぜったいにありま
せん。

確定申告しないと、大変です。
なぜ大変か・・・・。

会社やda-buraさんのバイト先は従業員、バイトの給与
支払い報告書を役所に提出するんです。そこでバイト分
は提出しないこともできるみたいですが提出してもいい
んです。
で、もしda-buraさんのバイト先がバイト分を提出した
らどうなるか。
役所はda-buraさんの本業からの給与支払い報告書とバ
イト先からの給与支払い報告書が回ってきますから
da-buraさんが確定申告しようがしまいが無条件で
この2枚を合算して本業の会社に住民税の天引きを依頼し
ます。
なので俺は年間たった5000円程度のバイトが会社にばれ
ました。
ですので必ず確定申告をして、バイト分は普通徴収を選
択する必要があるんです。

でもなんどもいいますが本当にバイト分と本業分の住民
税を分けてくれるのかは役所に聞いた方がいいです。
前述したように住民税は役所管轄ですからA市では
やってくれるけどB市ではやってくれない可能性もありま
す。基本は給与所得は特別徴収だからです。

とはいえたいていどこの役所でも普通に本業分は
特別徴収、バイト分は普通徴収に分けてくれると
思いますけど。

ですので20万以下に関わらず会社にばれたくな
かったら確定申告するしか方法ありません。

まず、副業が20万以下で確定申告しなくていいのは
たぶんですが、副業が給与所得以外の場合だと思いま
す。

ちなみに俺は年間5000円のバイト代で会社にばれ
ました。

確定申告を行い、普通徴収の欄にチェックをいれ問題
なく普通徴収になったとしたら会社には絶対に副業が
ばれません。

まずなんで税金絡みで会社にばれるかというと住民税
絡みなんです。da-buraさんが就職すると給料から住
民税が天引きされます。
これってda-buraさんお住まいの役所からda-buraさん
の所得はこれだけだ...続きを読む

Q確定申告と雇用保険料

社会保険控除の中に、(給与から差し引かれた)雇用保険料を入れていいのでしょうか。

手引きには、「入るもの」として雇用保険料は記載されていませんが、「など」で文章が終わっているので、入るかどうかがわかりません。

Aベストアンサー

>社会保険控除の中に、(給与から差し引かれた)雇用保険料を入れていいのでしょうか

直接的な答えは、雇用保険料をいれていい、ということになります。


しかし、給与から差し引かれた雇用保険料は、源泉徴収票に記載された「社会保険料等の金額」に含まれているのが普通です。

したがって、源泉徴収票を添付して確定申告するのであれば、源泉徴収票の「社会保険料等の金額」に、給与から差し引かれた雇用保険料をさらにプラスして記入するのではないことに注意してください。

Qパート・バイト先を探索しています。

重複して面接を受験するのは止めたほうがいいでしょうか。
一回一回結果を確認してから、動いたほうが面倒なことにならなくて住むと思います。
でも一回一回、結果を確認待機していたら、応募したい就職口がなくなってしまうことも多々あるのです。
こういう場合の対処方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

複数受けるのは当たり前のことですよ。
色々受けて、選んだ方が良いと思います。

Q雇用保険料の間違いについて

回答お願いします。 28年4月1日から雇用保険料率が引き下がったことを知らず、従業員の給与・4月の雇用保険料を182円多く、5月は213円多く徴収してしまいました。 この場合6月給与時に精算すればよいと思うのですが給与明細の控除額欄の雇用保険料(6月分)から差し引けばよいのでしょか? 別に項目をつくるのでしょうか? 従業員にも分かりやすいようにするにはどうすればよいでしょうか。

Aベストアンサー

> 精算書とはどういった時にどのように記入するものでしょうか?
書式は任意です。

例えば、題名を『雇用保険料清算書』とし、以下のような事柄を書く。
 4月 仮控除額 910円-正式額728円=182円
 5月 仮控除額1,065円-正式額852円=213円
                  合計 395円[6月の給料にて還付]

> 従業員には雇用保険料率が引き下がったため
> 4月分5月分の雇用保険料を返金?還付?いたしますで
> よいでしょうか? 
それで宜しいのではないでしょうか。
なお、「還付」ではなく「返金」ですね。


> 所得税にも誤りがでてきますが年末調整で精算できるので大丈夫でしょうか?
余程嫌らしい税務官が見つけない限り、「問題なし」と考えます。

Q副業をすると会社にばれる?

副業禁止の会社でパートをしています
フルタイムで働いているのですが、休みの日に、英会話の先生のバイトをしようかと思うのですが、
この場合、週5で働いている会社にはばれてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

そのパート先の会社が「源泉徴収票」をたぶん
出すことになるでしょうから、税務署や市役所(住民税)
からの計算資料(合算した計算値)が会社へ回ってきて
給与課で「おかしいな、税額計算が合わない」
ということになってしまい、たぶんばれるでしょうね
パート給与を「分離課税」にしたら、どのように
なるかは、詳しくは知りません


人気Q&Aランキング

おすすめ情報