若干前置きです。
先日テレビドラマを見ていました。(フィクションです)
小学校での出来事で、女の子が突き飛ばされたはずみで教室の窓ガラスにぶつかり、外れた窓枠は廊下へ落ちました。
窓枠にはガラスの破片が突き立つように残っており、女の子の足がガラス片に突き刺さるようなカット割りで、足首から出血をするというシーンがありました。
シーンのつながりでは大ケガかと思いましたが出血はそれほどではなく(静脈、動脈の切断はなさそう)、発見した担任の先生により止血をされながら、抱かかえられて搬送されていました。

シーンが変わり、学校内の保健室と思われる場所で、手術針らしきもので傷口の縫合らしき所作が行われていました。(クローズアップではありませんので雰囲気です。)
ケガをした女の子は治療中、大した痛さは表現せず、治療が済んだらすぐに歩いていましたので麻酔はしていないようです。

ここからが質問です。
傷口の縫合は明らかに医療行為と思っていますが、学校の先生は医療行為が許されているのでしょうか?
保健室(学校内)ということで治外法権なんでしょうか?
現実では、消防署の救急隊員は止血はしますが、器具の揃ってそうな救急車内でも縫合はしません。
ちなみに、担任の先生はドラマの中では多種多様な分野において高いスキルを有しているように描かれています。。
まさか医師免許は持っていないと思います。
なお、保健の先生ではないようです。

単なる興味本位の質問です。
ご存知の方はお暇なときにでもご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんばんわ。


まぁ、フィクションドラマですから(笑)。

ご指摘通り保健室の先生(養護教諭)は、どのような場合でも、基本的に縫合はしませんので、多分ですが――

近隣で開業している医師が校医としてちょくちょくやって来る場所なので、ナートの準備も整っている という設定なのだと思います。

こじ付け的には、傷開口部の左右の皮膚にバンソウコウを貼って、そのバンソウコウ同士を 靴紐を締めるように 糸を通してキュッと創を閉じた という事も考えられます。(バンソウコウだけで傷口を閉じて留める手法は応急処置としては一般的なものです。とりあえずバンソウコウで塞ごうとしたけど上手くいかず閉じ方が不充分だったので、糸できつく締める事を思い付いた という??)

余談ですが、医師法第17条は医師以外の者が「医業」を為してはならない と規定しているに過ぎません。医者は本人や家族の代理(委任)として、医療行為を任せられているに過ぎません。(庭木の手入れをする植木屋さんと同様です。)
行政府をはじめとして勘違いされている方が殆どですが、医療行為それ自体は、本人の同意・手技としての正当性・細心の注意・求めた結果を得る のであれば、誰がおこなっても構わないのです。(結果に対しては当然、責任を負います。)
緊急だったらやってもいい という考えも間違っています。違法性が阻却されるだけです。

以上、ご参考まで

この回答への補足

追加で質問させてください。
救急隊員が医療行為を行わないのは法律によりその行為を制限されていると思っていました。(通説として)
ですが、後段ご指摘の文章を裏読みすれば、医療行為を行わないのは消防庁のリスク回避(責任回避)と受け止めてもよろしいのしょうか?
それとも高度のスキルを必要としない医療行為は現在も行われているのでしょうか?
差し障りのない範囲でご教示ください。

補足日時:2005/08/10 08:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
> 医療行為それ自体は、本人の同意・手技としての正当性・細心の注意・求めた結果を得る のであれば、誰がおこなっても構わないのです。
なるほど。
勉強になります。
このドラマの主人公?である教師は有能者として描かれていますが、キャラクター設定の行き過ぎがあったのかな?とふと考えてしまいました。

お礼日時:2005/08/10 08:37

#2です。

追加質問の件についてですが、
先ず、「医療行為とはこういう行為である」と列挙している条文はありません。その時そのときというか、その時代に合った法解釈によって変遷して来ているのが実状です。例えば数十年前は、血圧測定だけでも医師以外の者がおこなう事はダメとされていたのです。現在は自動式血圧計であればヘルパーさん達でも堂々と使っています。もちろん救急救命士さん方は、サチュレーション等もあわせて測ってて下さっています。
(巷では、医師法を読んだことも無い人が「医療行為」「医業」「診断」をごっちゃにしたまま「医師以外がやってはダメ」と、のたまわっています。)

有資格者の場合、社会通念というか厚生労働省医極政局医事課が「やってもいいよ」と認めた行為しか、各業法的にやってはいけない事になっています。したがって消防の方が怠慢である とは言えません。
ボランティアさんであれば認められている「痰の吸引」を、救急救命士がおこなうと違法とされるなんていう可笑しな事態も起きたりしました。こういう矛盾も、「医療行為」と「医業」の区別が出来ていない監督官庁や、それを鵜呑みにする社会通念により引き起こされているのです。

法的に正しいか正しくないかの判断というのは、我が国の憲法的にいって、司法(裁判所)がおこなうものです。厚生労働省の判断というのは、単なる行政府見解に過ぎません。それを盲目的に信じてしまう人の多いこと(泣)。

行政府や立法府的に「おまえたちはこれ以上の事をしてはいけない」と言っている以上は、そのダメとされている行為をしない事は「責任逃れ」とは言えないと思います。

ただ、救急救命士としての勉強だけでなく、ACLS全般をしっかり勉強しておく等、自らのスキルを日常業務よりも高いところにおいて、「直ぐに医師等の専門家に任せられない状況に遭遇」した際には、本来認められていない行為をおこなう事は必然といえます。逆に、そういったスキルを保てない人は救急の専門家として未熟だといえます。

普通は、すぐに病院に搬送出来る環境にありますから、止血など応急処置だけで事は足りてしまうのです。

本来傷害罪に該当するはずの身体的侵襲行為を、処置という名目で医師が許されている理由は、刑法35条で有資格者の行為は罰しないと「単に規定されているから」ではなく、その条文自体が「緊急避難」や「許された危険の法理」を、違法性阻却の根拠においているからです。つまり、医師免許を持っているかどうかは 医療行為をおこなって良いかどうかの判断材料にはならないのです。
規制法規的に「医療行為をやってはいけない」とされている無資格者であっても、「緊急避難や許された危険の法理」を用いれば済むだけの事です。
(↑でいう「医療行為」は、正確には「医業」のことです。さらに余談ですが、判例からいって「医業」かどうかは、有償無償の別や反復継続性には左右されません。)

日本人は、何か起こった時に、すぐ人のせいにしようとしますから、社会法を整備する上でどうしても「規制的な対応」を監督官庁が採りたがってしまいます。もっと「自己責任」の考えが浸透してくれば、事態は変わってくると思います。

何か思いっきり話が逸れてしまいましたね(笑)。ゴメンナサイ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。(お礼が遅くなりました。)
ご返事に相応するお礼を書こうと暫く考えましたが、どうも浮かんできません。
私としては大変勉強になりましたが、直接業務に携わっている方々にジレンマが生じていないことを願うばかりです。
> 自己責任の考えが浸透してくれば
確かに!

お礼日時:2005/08/18 09:50

 まず、あのドラマは「事実上、ありえない」場面だらけで、観ていて笑ってしまいます。



 養護がいないのか、担任が治療してましたが、縫合用の針以外はなんでもあります。

 養護は、応急処置はしません。縫うほどの傷であれば、病院に連れていきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ストーリー展開上、病院に駆け込んでケガ自体で話を膨らませたり、校医を呼びにいってグダグダになるという場面もいらないので、制作サイドとしてはあの演出で正解なのかなと思いました。
女の子のケガはクラスの団結を導くきっかけに過ぎないという感じですね。

お礼日時:2005/08/10 08:42

 こんにちは。



 ご指摘のとおり、医師でなければ、医師法により医療行為は出来ません。 ただ応急手当はできます。これが出来ないと保健室の意味が無いですよね。

 それでドラマの話に戻りますが、医療行為か応急手当かということだと思いますが、縫合はやはり医療行為だと思います。
 それと、縫合の器具って、普通、保健室に置いてあるのか疑問ではありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
お礼が遅くなりました。

お礼日時:2005/08/10 08:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q免許の無い助手の医療行為について

ちょっとどうかなー、と思った事が有るので質問します。保健師助産師看護師法 31条に看護師でない者は
医療行為を行ってはならない。ただし、医師法、歯科医師法で定める行為は除く。と有るのですが、これは看護師免許が無くても医師の指示なら医療行為をしても良いという事ですか?実際、クリニック等で看護師の方が薬の調合をしてますが、行為は違いますが同じ
ように捉えてみると医師の指示で免許のない助手の人
が医療行為をしても良い様に捉えてしまいます。いかがですか。

Aベストアンサー

見当違いの話ならば、ごめんなさい。

「医療的ケア」ってご存じですか?
免許のない者が、医師の許で、研修を受けてから行われる医療行為です。(実際には吸引・吸入などの簡単なモノだけですが・・・)

実際、薬の調合まで医師が免許のない助手に任せるかは、疑問ですが・・・

Q医療ミス?不正な医療行為?

今年の4月に距骨骨軟骨障害で手術を受けました。しかし、今の担当医に疑問と言うか腑に落ちない点があるのですが、然るべき処置の仕方も分かりませんし、担当医の処置や治療方針に対する皆様のご意見や見解やアドバイスを頂ければ幸いです。
まず(1)、手術前に剥離しかけた軟骨部位を『骨釘』で固定すると説明を受けたにも関わらず、抜釘、ワイヤー摘出手術を最近受け、摘出された釘は骨釘ではなく普通の『金属の釘』という事を知りました。
(2)ワイヤーを足に残す(外踝の骨を固定(癒合)する為に入れた)事自体説明されていない。説明されたのは術後。
(3)釘もワイヤーも抜く予定は無いと術後に説明されたにも関わらず、ワイヤーと釘の皮膚への出っ張り具合による痛みとワイヤーによる足首の稼働域の狭さから、結局摘出手術する事になりました。
改善される経過や期間は個人差があるとはいえ、明らかに手術前に受けた説明と手術法や所見などが違い、それに伴い、回復も延びています。
これらについての事は医療ミスなり不正な医療行為に当たりますでしょうか?その場合、私はどちらに相談すれば良いでしょうか?宜しくお願い致します。

今年の4月に距骨骨軟骨障害で手術を受けました。しかし、今の担当医に疑問と言うか腑に落ちない点があるのですが、然るべき処置の仕方も分かりませんし、担当医の処置や治療方針に対する皆様のご意見や見解やアドバイスを頂ければ幸いです。
まず(1)、手術前に剥離しかけた軟骨部位を『骨釘』で固定すると説明を受けたにも関わらず、抜釘、ワイヤー摘出手術を最近受け、摘出された釘は骨釘ではなく普通の『金属の釘』という事を知りました。
(2)ワイヤーを足に残す(外踝の骨を固定(癒合)する為に入れた)事自体説...続きを読む

Aベストアンサー

医師は手術にあたり、インホームドコンセントと言って、体がこのような状態なので

こういう手術をします。それにより、こういった後遺症がでる恐れもあります

と具体的に説明し、患者が承諾、納得した上で手術に取り組まなければならないと

医師法で定められています

手術は医師の腕一つです。正直へたくそもいます。

医療事故情報センターと言うホームページがあります

一度相談されてはどうでしょう

Q学校での医療行為を受けたい

娘9さいで先日痙攣を起こし入院でも検査は異常なく。もし痙攣を起こしたら痙攣止めの座薬を入れ救急車を呼んでくださいと先生から言われたが、学校は医療行為でできないと、私も働いているので、呼ばれて着くころには20分以上たっている、痙攣は長引けば脳に与える影響が大きいし、娘は心臓も悪いからそのことは再三言っても医師法でとか医療行為でとかでできないというばかり。
救急隊員もできないみたいだし、皆さんはどうしてるのですか

Aベストアンサー

我が子も痙攣持ちです。
特別支援学校なので事情が違うかもしれませんが
主治医から坐薬使用の依頼書(学校指定書式)を貰い
使用する坐薬と共に学校に提出し
いざという時は養護教諭が使用することになっているようです。
(今のところ学校で発作はないですが)

恐らく学校に直接言っても進展は余り期待できないかと。

痙攣の恐れがあっても普通学校に進学している児童・生徒は
あなたの今日中エリアにいる筈です。
(実際知人にいますが)
市町村や都道府県の教育委員会などに連携を取り
現場での対応の実態などについて確認されてみてはいかがでしょうか。

Q医療訴訟を意識した医療行為について(一般の意見募集)

最近マスコミなどで何かと医療ミス、医療訴訟などといわれる時代になりました。

私どもは医療行為を行う立場のものですが、一昔前までは「患者さんのために」最善を尽くすことのできる治療法を模索して努力してきたつもりでした。
ところが、最近ことある毎に医療ミスだ、医療訴訟だといわれるのをみていると訴訟対策をふまえて行っている医療行為が多くなってきたように思えます。
特に患者さんに対する説明と同意(インフォームドコンセント)の点で。

極論すれば、「患者さんが死んでも訴訟にならなければよい」医療をいかに行うかを常に考えながら治療と説明にあたり、「患者さんのための」に本来行うべき医療は軽視されているように感じます。(私の錯覚なら良いのですが)

みなさんは
(1)「科学的根拠に基づく医療」を行っており、全ての医療行為に対するインフォームドコンセントなど患者さんへの情報提供がしっかりしている病院。全ての医療行為などがマニュアル化され整備されており、医療ミスを最小減にとどめようと対策を講じ、いわゆる訴訟対策がしっかりしている病院。
(2)医者は患者さんにとって重大なことについては詳しく説明してくれるが、患者さんの不利になるような情報はあえて伝ないなど患者さんの人道的立場に立って治療を行ってくれる病院。医療ミスや訴訟対策のマニュアルなどない病院。

どちらが良いでしょうか? たくさんの人の意見お待ちしております。

最近マスコミなどで何かと医療ミス、医療訴訟などといわれる時代になりました。

私どもは医療行為を行う立場のものですが、一昔前までは「患者さんのために」最善を尽くすことのできる治療法を模索して努力してきたつもりでした。
ところが、最近ことある毎に医療ミスだ、医療訴訟だといわれるのをみていると訴訟対策をふまえて行っている医療行為が多くなってきたように思えます。
特に患者さんに対する説明と同意(インフォームドコンセント)の点で。

極論すれば、「患者さんが死んでも訴訟にならなけ...続きを読む

Aベストアンサー

どっちもイヤです

インフォームドコンセントだって「全部言えば良い」というものではないはず
  (極端な例ですが)「あなたは末期がんです」と言われた患者が
  ショックで自殺したら(法的なことはわかりませんが)医療ミスだと思います
訴訟対策がしっかりしてるからDr.も医療行為に専念できるってことだってあると思います

患者さんの人道的立場って何でしょう?
  どんな病気・怪我であれ患者は本人必死です
  Dr.の言う通りにしていれば必ず良くなると信じます
  重ければ重いほどDr.の言葉を信じようと努力します

医療ミスって何でしょう?
  Dr.がDr.としてやるべきことをやっていれば
  例え何かがあっても医療ミスで訴えられることはないのでは?
  気の緩みや判断ミスがあったと思うから患者は訴えます
  八方手を尽くして貰ったと思ったら患者も訴えることはないと思います

私は入院前のアンケート?に毎回「元気をください」と書きます
色んな意味を込めてます
死ぬまで病院を放れられない者として、笑って治療を受けたいと思ってます

回答になってなくてゴメンなさいm(__)m

どっちもイヤです

インフォームドコンセントだって「全部言えば良い」というものではないはず
  (極端な例ですが)「あなたは末期がんです」と言われた患者が
  ショックで自殺したら(法的なことはわかりませんが)医療ミスだと思います
訴訟対策がしっかりしてるからDr.も医療行為に専念できるってことだってあると思います

患者さんの人道的立場って何でしょう?
  どんな病気・怪我であれ患者は本人必死です
  Dr.の言う通りにしていれば必ず良くなると信じます
  重ければ重い...続きを読む

Q「医師法でいう医業」と「医療行為」は業(なりわい)として行うかどうかで違うのではないですか

 医師法第17条にある、医師でしかできない「医業」というのは、なりわいとして行う医療行為であって、単にボランティアでアドバイスをするといった医療行為は、この条文でいう医業にあたらないと思うのですが、法律的な解釈はどうなっているのでしょうか。
 たとえば、風邪をひいて熱がある人に、「薬を飲んで休養しなさい」というのは、広い意味では医療行為かもしれませんが、その対価をもらっていなければ、業としては行っておらず、医業にはあたらないように考えます。
 ところが、なんとか治療院として、医師やその他の資格、免許を持っていないにもかかわらず、治療して、治療費を受け取っていましたら、業として行っていることから、「医業」にあたり、取締りにはなると考えます。
 そうでなければ、民間療法として、たとえば、おばあさんの知恵といったものまで禁止され、非常に生きにくい社会になってしまいます。
 職業としての医師の身分を保証した条文なのはわかりますが、業(なりわい)としていない、単なるアドバイスとしての「医療行為」までは禁止した法律ではないと考えますが、いかがでしょうか。

 医師法第17条にある、医師でしかできない「医業」というのは、なりわいとして行う医療行為であって、単にボランティアでアドバイスをするといった医療行為は、この条文でいう医業にあたらないと思うのですが、法律的な解釈はどうなっているのでしょうか。
 たとえば、風邪をひいて熱がある人に、「薬を飲んで休養しなさい」というのは、広い意味では医療行為かもしれませんが、その対価をもらっていなければ、業としては行っておらず、医業にはあたらないように考えます。
 ところが、なんとか治療院とし...続きを読む

Aベストアンサー

 医療カテゴリで「専門家って何」のご質問でNO.7とNO.22でお答えさせていただいた者です。
 私は、かつて医療行政に関わっておりました。もう、その立場からは離れておりますので、一匿名者の個人的な意見としてお聞き下さいませんでしょうか。
 医師法は、NO.3でお答えされている方のとおり、その立法主旨は、「国民の生命・健康に危険のある行為を禁止すること」にあり、違法行為の取り締まりを目的とする意味合いの強い法律です。
 医師以外の医業を禁止するとともに、医師の業務も義務付けられており、ともに、罰則規定が設けられています。

 匿名の元で行われる医療行為は医業に該当するかについては、その判断は恐らく内閣法制局も、現段階では下せないのではないでしょうか。その責任の所在があいまいなこと、特定できないことという理由から推測します。当事者に責任能力があるか、(能力という言葉は不適切かもしれませんが)ということですね。

 しかし、この医療相談により、医療過誤という問題が起こったときは、匿名性などに規制という枠組みをはめようとする議論が、今までの医事法制の流れから、起こることは予見できると思われます。取り越し苦労かもしれませんが、そのようなことは起こって欲しくないことに加えて、何よりも、回答者様には立法主旨を是非ご理解の上、ご回答していただくよう重ねてお願いしたく書きこみました。

 私は、このサイトが好きで、合間にのぞかせてもらっています。他の擬似サイトに比べると、はるかに質が高いように思います。ぜひ、よき方向にご質問者様、ご回答者様、運営者様のもと、このサイトが発展されることを心からお祈りします。

 回答になっていないので、申し訳ないのですが、アドバイスにチェックしてしまいました。

 最後に、ddiibb様、また、最初に回答させていただいたkuaaina様、発言の機会を与えて頂いてありがとうございました。また、一部ひんしゅくを買った記述がもしありましたら、どうぞご容赦下さい。決して批判したり、非難するつもりで書きこんだことではないことをどうぞご理解くださいませ。

 

 医療カテゴリで「専門家って何」のご質問でNO.7とNO.22でお答えさせていただいた者です。
 私は、かつて医療行政に関わっておりました。もう、その立場からは離れておりますので、一匿名者の個人的な意見としてお聞き下さいませんでしょうか。
 医師法は、NO.3でお答えされている方のとおり、その立法主旨は、「国民の生命・健康に危険のある行為を禁止すること」にあり、違法行為の取り締まりを目的とする意味合いの強い法律です。
 医師以外の医業を禁止するとともに、医師の業務も義務付...続きを読む

Q【医療費控除】レーシック手術は医療費控除が適用される。 医療費控除って何ですか? 医療費控除を適用さ

【医療費控除】レーシック手術は医療費控除が適用される。

医療費控除って何ですか?

医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?

Aベストアンサー

>医療費控除って何ですか?
医療費控除とはかかった医療費の一部を税金(所得税)から控除することです。

>医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?
1.医療費控除は確定申告をしなければいけません。
2.自分や家族のために支払った医療費等の実質負担額が、年間(1~12月)10万円(所得金額が200万円未満の人は「所得金額×5%」の額)を超えた場合、その超えた金額をその年の所得から差し引くことができます。
3. 控除できる金額の上限は200万円です。
4.2017年から新しい医療費控除の「セフルメディケーション税制」がはじまります。市販薬の購入費に限定した医療費控除です。 いままでは医療費の合計が年間「10万円」、または「所得の5%」(所得が2百万円未満の場合)という足切りラインがあり、その額を超えないと使えませんでした。
※たとえば所得が100万円の方であれば、医療費が5万円を超えなければ医療費控除を適用できません。
これに対しセルフメディケーション税制では、足切りラインが年間「1万2千円」と低めに設定されていますので、対象医薬品(パッケージに「セルフメディケーション 税 控除対象」というマーク(共通識別マークがあったり店頭で対象かどうか確かめてOKとなったもの)のレシートを取っておけばいいのです。
ただし、この税制では
(1)インフルエンザなどの予防接種、
(2)定期健康診断、
(3)特定健康診査(メタボ健診)、
(4)人間ドッグやがん検診(市町村・健保組合等が実施)
などのうち、いずれか一つを受けていることが大前提の条件です。つまりレシート+これらどれかの領収書を合わせて提出することで所得税の控除対象となります。

>医療費控除って何ですか?
医療費控除とはかかった医療費の一部を税金(所得税)から控除することです。

>医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?
1.医療費控除は確定申告をしなければいけません。
2.自分や家族のために支払った医療費等の実質負担額が、年間(1~12月)10万円(所得金額が200万円未満の人は「所得金額×5%」の額)を超えた場合、その超えた金額をその年の所得から差し引くことができます。
3. 控除できる金額の上限は200万円です。
4.2017年から新しい医療費...続きを読む

Q職場災害発生時の応急処置で薬を塗るのは医療行為?

私の職場では、普通聞いたことのないようなガス・薬品を使用しています。
そのなかで「弗酸」という薬品があります。身体に付着させてしまい、そのままにして時間が経過してしまうと痛みが発生し、骨のカルシウムを侵してしまうというものです。カルシウムを侵すのを食い止める(遅らせる)のを
目的とした薬(軟膏)が職場にあるらしいのですが、それを第三者が塗ることは医療行為となるのでしょうか?「弗酸」が付着してから軟膏を塗るまで、経過時間が短い方が良いとされているようなのですが。 ちなみに看護師と保健師が社内にいるのですが、「軟膏を塗る行為が医療行為」なら、医師の診断なく塗ることは違法となってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

少し興味があったので調べてみました。

アメリカには、聖書の「善きサマリア人」の思想から発展して考えられた「Good Samaritan Law 善きサマリア人法」という慣習法があります。これは善意の援助者の緊急医療援助については責任を問わないとするものです。

日本にも刑法37条(緊急避難時)に似たような規定があります。救命手当ては「社会的相当行為」として違法性を問われず、故意または重過失でなければ法的責任はないと規定されています。又民法698条(緊急事務管理)も、善意で実施した救命手当ての結果には責任は伴わないと定めています。

しかし日本のこの法律はアメリカの「善きサマリア人法」とは違って、あくまで一般人だけを対象にしており、医師、看護師など資格を持った人間の行為には免責適用外となるようです。

>ちなみに看護師と保健師が社内にいるのですが、「軟膏を塗る行為が医療行為」なら、医師の診断なく塗ることは違法となってしまうのでしょうか 

医療行為でしょうが、一般の方は罰せられなく看護師、保健士が行えば場合によっては責任が生ずるかもしれません。

この様な事を日本の医療者が認識すれば、緊急時にはこれでは手を出さなくなってしまいます。何かおかしい・・・

少し興味があったので調べてみました。

アメリカには、聖書の「善きサマリア人」の思想から発展して考えられた「Good Samaritan Law 善きサマリア人法」という慣習法があります。これは善意の援助者の緊急医療援助については責任を問わないとするものです。

日本にも刑法37条(緊急避難時)に似たような規定があります。救命手当ては「社会的相当行為」として違法性を問われず、故意または重過失でなければ法的責任はないと規定されています。又民法698条(緊急事務管理)も、善意で実施した救命手当...続きを読む

Q前歯の保健医療について

上の前歯のちょうど中心のところ(鼻の下)に過剰歯が2本ありましたが、虫歯になりこれを抜いてしましました。その後が1センチほど隙間があいてしまいました。通院中の歯科医師から、両脇の歯を削りブリッジでその歯に持たせる方法があるが、保険が利かず自由診療で40~50万円かかる、保険を使うのであれば、入れ歯しかないといわれました。1センチしか隙間がありませんので見た目がよく歯並びを整えるのであれば、その両側のいじらなければならないというのは、理解できるのですが、あまりお金をかけたくはありません。見栄えは気にしないので(今まで50年以上小さい過剰歯がありました)、隙間が埋まればいいのですが、入れ歯ではなく、保険適用でできないものなのでしょうか。

Aベストアンサー

専門家ですが、masa246akiさんの口腔状態を正確に把握できないので「回答に対する自信」は「なし」にさせていただきました。

単純に正中(真ん中という意味です)にある約1cmの隙間だけですと、両サイドの歯を土台として保険の治療でブリッジにすることは出来ます。二割負担の方で15000程度、三割負担の方ですと23000円程度の一部負担金が発生します。

ですが、4~50万円ということは、それ以上の欠損があるか、残存歯の状態がcmasa246akiさんの文面と違うのではないかと想像されます。保険の治療で取り外しの出来ないブリッヂを出来るか出来ないかは、素人の方には理解しがたい計算式でなされます。

今一度、何故保険適用のブリッジが出来ないのか、担当の先生に教えていただいてはどうでしょうか?納得できる回答が頂けると思います。

Q医療行為の範囲(視力検査)と判例、あなたの判断は?

 眼鏡店で視力検査をして眼鏡をいつもつくっていましたが、眼科医会のHP  
 http://www.gankaikai.or.jp/health/11/09.html

 などそれは医療行為であるとしています。しかし、実際には多くの眼鏡店が普通に検査しています。

そこでいくつかの疑問があります。判例や専門家の方の判断はもちろん私と同じような法律を学ぶ学生のかたの判断をお聞かせください。ちなみに教授は「グレーゾーンだから答えは出てこない」とのことでした。

1,近視とか乱視ということが医療行為なのか
2,視力を計ることが医療行為なのか
3,たとえば白内障かもしれないから医者へ行きなさいとか病名を口にするから医療行為なのか
4、そもそも処方箋以外の眼鏡作成が違法行為なのか

 眼科医の方や眼鏡店の方とくにアドバイスお願いします。HPや参考文献等の情報も待ってます。

 医師法の17条だけでははっきりしませんでした。

Aベストアンサー

タダの素人が検索しただけですので,そのお積りで参考にして,御自分で良くお考え下さい。

 チョット古いですが,下記の通知を御覧下さい。

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%8a%e1%8b%be%93%58&EFSNO=766&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=6
  検眼行為について

『眼鏡店において、非医師が、検眼機を使用して検眼を行う場合・・・(中略)・・・医師法第十七条・・・(中略)・・・違反を構成するものと解せられる。』

『なお、検眼について非医師の行い得る範囲は、眼鏡の需要者が自己の眼に適当な眼鏡を選択する場合の補助等人体に害を及ぼすおそれが殆んどない程度に止るべきであり、通常の検眼器等を用いて度数の測定を行うが如きは、許されないものと思料する。』

 どの様な検眼の仕方をするかが問題なようです。どこまでが『人体に害を及ぼすおそれが殆んどない程度』かの判断は難しそうですね。その意味では,教授がおっしゃる「グレーゾーンだから答えは出てこない」となるのかもしれません。

 なお,同じ事ですが,こちらも参考になるかもしれません。

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%8a%e1%8b%be%93%58&EFSNO=294&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=4
  検眼の広告及びその行為について

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%8a%e1%8b%be%93%58&EFSNO=780&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=3
  検眼器設置による眼鏡の販売について

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%8c%9f%8a%e1&EFSNO=784&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=1
  コンタクトレンズの取扱について

参考URL:http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%8a%e1%8b%be%93%58&EFS

タダの素人が検索しただけですので,そのお積りで参考にして,御自分で良くお考え下さい。

 チョット古いですが,下記の通知を御覧下さい。

 ・http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe2.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%8a%e1%8b%be%93%58&EFSNO=766&FILE=FIRST&POS=0&HITSU=6
  検眼行為について

『眼鏡店において、非医師が、検眼機を使用して検眼を行う場合・・・(中略)・・・医師法第十七条・・・(中略)・・・違反を構成するものと解せられる。』

『なお、...続きを読む

Q請求額に疑問? 眼科の処置点 保健医療

こんにちは!いつもお世話になっております。
この間、眼科へ行った時の請求額を少々疑問に思ったので質問させて頂きます。
請求されたのは、
初診料(270点)+処置料(500点)+処方箋料(50点)です。

疑問なのは処置点です。
とくに処置的な事はされておりませんし、500点って高!と思ったのですが、素人考えで請求に文句を付けるのも…とその場で支払いました。
私が勝手に疑惑を持っているだけだとは思うのですが…病院代を大体1500円位?と思って出かけていたので危うく薬代が支払えない所でした(苦笑)
今後ともその眼科を利用する為にもハッキリさせておきたいと思っております。

行った医療行為は、
・視力検査
・眼圧検査
・診察
・初診だったせいか問診
位のものです。

自分で調べてみてもよく解りませんでした…(TT)
お詳しい方、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

眼科処置ではなかなかその点数はいきませんが、検査項目で

精密眼底検査(両側)112点
細隙燈顕微鏡検査92点
精密眼圧測定85点
屈折検査74点
矯正視力検査74点
角膜曲率半径測定89点

のあたりと
あとなにか処置か処方箋かがあるのではないかと思います。

眼科初診としては、普通に行う項目だと思います。 
診療明細、またはレセプトの写しなどを医療機関でもらえたらはっきりすると思います。 ちなみにレセプトの写しは、健康保険組合経由で手に入れることもできます。

参考URL:http://shirobon.net/18/ika_2_3/i_m_2_3_3_1.htm

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング