細胞内呼吸について勉強しています。
解糖系で高校生物の教科書では
[NAD] + [2H] → [NADH2] or [NADH2+] … (1)
などと表記されているのですが、
生化学の本では
[NAD+] + [2H] → [NADH] + [H+] … (2)
と表記されることが多いようです。

【Q1】水素運搬体NADのことを
なぜNAD+と表記するのでしょうか?

【Q2】また還元されたNADが、
NADH or HADH2 or NADH2+ などと
表記されてますが一体どれが正しい
のでしょうか?

【Q3】結局(1)と(2)のどちらの
反応式が正しいのでしょうか?

以上よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

NADが何であるかはおそらくご存じのものと思います。


質問ではふれられていませんがNADPの場合も同様に考えてください。

NAD+と表記するのはN(ニコチン)の部分が酸化型であることを示しています。
ニコチンアミド環の4位の部分にHが一つの状態が酸化タイプです。
(図が書けるとわかりやすいのですけど)

2Hは水素原子です。これがNAD+と反応すると先の4位の位置に
もう一つHがはいりNADH(NADの還元型)とH+(プロトン)
ができるわけです。ゆえに2の質問はNADHと表現すべきです。
ただし反応の中間式ですと状況が変わりますけどね。

おそらく高校の教科書では有機電子論が化学で範囲外であるために
生物での表記にも制限がかかり(1)の様に表現されるのだと思います。

正しいという意味では(2)を私は指示します。

生化学の教科書にはそれぞれの構造式が掲載されているはずですので
見比べながら読んでいただければ幸いです。

わかりにくい表現ですいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な解説ありがとうございます。
これで[NAD+]・[NADH]と表記するのが正しいと解りました。
高校生物の教科書ではきっと『[NAD]が水素[2H]を運搬するんだ』
くらいの気持ちを込めて[NADH2]と表記しているのでしょう。
本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/25 19:18

rei00 です。

お礼拝見しました。

> 電子を2個もらって[NAD+]が[NAD-]になり
> これに水溶液中の[H+]が構造的要請からニコチンアミド環の
> 4位の部分に配位結合して[NADH]になる?
> こんな解釈でよいのでしょうか。

 これで良いと思います。何処かにこのメカニズムが書かれた成書があるはずなんですが,チョット今山に埋もれていて見つけ出せませんが,あっているはずです。

 なお,H+ は配位結合ではなくて共有結合です。念のため。
    • good
    • 0

 お二人の回答でおわかりかと思いますが,若干補足致します。



【Q1】
 MiJun さんお示しのペ-ジで構造はお分かりと思います。これを見れば解る様に,NAD はニコチン酸のNが+になっています。この事を明示するために NAD+ と標記するわけです。

【Q2】
 上と同様ですが,還元型のニコチン酸はH1個が付いてN上の+電荷は無くなっています。ですので,H1個が付いた事を示し NADH となります(電荷がありませんので,+も-も付けません)。

【Q3】
 以上から考えると明らかなように,正確なのは(2)の方です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

【Q2】についてですが…
解糖の過程でグリセルアルデヒドのアルデヒド基が
カルボキシル基に酸化したときに失った電子を2個
もらって[NAD+]が[NAD-]になり(こんな表記はないと
思いますが…)、これに水溶液中の[H+]が構造的要請から
ニコチンアミド環の4位の部分に配位結合して[NADH]になる?
こんな解釈でよいのでしょうか。
ともかく生化学の表記
[NAD+] + [2H] → [NADH] + [H+] … (2)
が正しいことが解ってよかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/25 19:24

akiyamaharukaさんの補足です。


以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「広がる超分子の世界:生体内における分子認識」
このページで「図(4)-6 NAD+とNADHの構造」に構造式の記載があります。

ご参考まで。

参考URL:http://square.umin.ac.jp/aoki530t/prorogu_daigak …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

[NAD+]と[NADH]の構造式ありがとうございます。
ベンゼン環のCを1個[N+]に置換したものが
ニコチンアミド環になっていたんですね。
うっかり見過ごしていました。
[N]じゃなくて[N+]だから6π電子系の構造をとっていて、
それで[NAD+]がケクレ環で表記できるのでしょうか?
[NADH]の構造式でニコチンアミド環の4位の部分に[H]が
2個入っているのはどういうことなのでしょうか???
(ここはいまひとつよくわかりません)
ヘテロ芳香族は馴染みがないので難しいですね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/25 19:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q還元型補酵素は X・2[H]と表記する理由がわかりません

還元型補酵素は,NADPHと表記されますが,略記では X・2[H]と表記されます。
NADPHは,Hが1個だけ付加されているのに,なぜ2[H]と表記するのか,理由がわかりません。
どなたかご存じの方,ご教示をお願い致します。

Aベストアンサー

>NADPHは,Hが1個だけ付加されているのに,なぜ2[H]と表記するのか
NAD(P)Hは水素分子と等価な水素二つを放出しNAD(P)^+になりますので、変な書き方をし無くてはならないのです。

Q呼吸や光合成の過程の[H]

教科書や参考書などに呼吸や光合成の過程を示した図がありますが、反応過程で生じる水素は[H]と表記されています。[H]はなぜ[ ]でくくられて表記されているのでしょうか。

Aベストアンサー

あんまり勉強してないんで詳しくはお答えできませんが・・・

呼吸や光合成の経路では,電子の動きが重要です.電子が次々と受け渡されていって,経路が成立するのです.では電子が必要な時や捨てたい時は,誰が運んでいるのか?それはNAD+やNADP+といった補酵素です.そいつらが水素と結合したり,離れたりすることで,電子の受け渡しが行われます.

で,その[H]っていうのは,そのNAD+やらNADP+とかと結合した水素のことを表しているのかもしれません.(間違ってたら本当にごめんなさい)

その辺の詳しい話は大学か,高校の発展くらいのレベルじゃないかと思います.高校の生物の資料集やインターネットで調べてみてください.

QRh-の血液はRh+の人に輸血できますか?

Rh-→Rh+の関係はO形→A型の関係と同じように思います。
ではRh-の血液はRh+の人に輸血できるのでしょうか。(ABO血液型は同じとして)

Aベストアンサー

可能ですよ。
なぜO→Aで輸血可能かご存知ですか?
AにはA型抗原・B型抗体があり
OにはA,B型抗体がそれぞれあります。
抗原・抗体が同じ型の組み合わせになってしまうと抗原抗体反応がおこってしまうので輸血ができないんですよね。
上と同様でRh-にはRh抗原が存在しないので、Rh+の人に輸血ができます。

Q呼吸について正しいものを全て選べ。 1の回答は明確なのですが、2と3が正しいのか誤っているのかわかり

呼吸について正しいものを全て選べ。
1の回答は明確なのですが、2と3が正しいのか誤っているのかわかりません。教えて下さい。

1、右肺は上・中・下葉に分けられ、左肺は上葉と下葉に分けられる。

2、気道内の容積は細気管支までで約500mlあり、この値は通常の1回換気量と同程度である。

3、気管が多く分岐するのは、気管の総断面積を大きくするためである。

Aベストアンサー

2.ですが
おおむね気道内の容積は死腔に均しいので、150mlほど
だから間違いですね。
http://rehatora.net/%E6%AD%BB%E8%85%94%E6%8F%9B%E6%B0%97%E9%87%8F%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%8F%E8%AA%AC%E6%98%8E/

3.
気道が末梢側になればなるほど、断面積は大きくなります。
http://sekitann.com/sikumi_kouzou.html
だからこれは正しい

QNADH

NADHとNADPHとNADH2の違いを教えてください。

Aベストアンサー

NADやNADPは脱水素酵素の補酵素です。
NAD(ニコチン酸アミドジヌクレオチド)は好気呼吸や嫌気呼吸などの異化で使用され、NADP(ニコチン酸アミドジヌクレオチドリン酸)は光合成などの同化で使用されます。
これらは、脱水素酵素が基質から脱水素した水素の受容体としてはたらきます。
つまり、水素受賞体としてはたらいているので、水素を受け取るとNADH(「H」は水素)となるのです。これは、NADPHに関しても同様です。
NADH2は水素が2個NADについていることを示します。
このような補酵素として、FAD(フラビンアデニンジヌクレオチド)などもあり、同様にFADHなどの形になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報