在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

こんばんは。
8月20日から一週間ほど、フランスに出かけます。
今、インターネットで調べてみたら、ここ数日のパリは最高気温24度、最低気温は11度…と出ていたのですが、最高気温35度の日本にいると、全くイメージが出来ません…(笑)

今年のヨーロッパは猛暑、とどこかで聞いたので、日本の夏と同じ洋服(クロップドパンツ&ノースリーブシャツ&寒いとき用に綿カーディガン)を準備していたのですが、11度って…なんだか寒そうですね。

24度、11度ってどんな服装をすればいいんでしょう?

また、実際に8月下旬にフランスを訪問された経験のある方からのご意見もお待ちしています。
よろしくお願いしますvv

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ドイツ在住ですが、先週パリ&モンサンミッシェルに遊びに行ってきました。


朝の8時にパリに到着したんですが、すっごく寒くて驚きでした。ですが昼からは気温がグンと上がって半袖でOKでした。
朝夕の気温差がすごくありますので、長袖のジャケットは絶対に持って行った方がいいと思います。

ドイツの話で恐縮ですが、いつも外出する寸前に長袖か半袖かを決め、暑いと思われる日でも曇ってくると寒くなってくるので、いつも薄手のジャケットを持ち歩いてます。
(ちなみに今日のドイツは気温が15℃ぐらいで、皆少し厚手のジャケットを着て外出してます。)
今年のお天気は、気温が上がったり下がったりで安定してないみたいで、8月に入ってからは寒い日が続いています。
おととしの猛暑とはえらい違いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おおっ、ドイツ在住の方!
実は去年はドイツに行きました。
9月下旬に南ドイツをレンタカーでまわったのですが、フランクフルトでは夏の半袖Tシャツ+綿カーディガン(夜の寒さ用)、ミュンヘンではババシャツ+カットソー+カーディガン+秋冬の裏つきショートトレンチでちょうどいいかんじでした。

今回の日程では去年より一ヶ月早い上、ドイツより南の国ということで、それより軽い服装でいいんでしょうか?
秋冬用トレンチは早すぎますか?
よければ教えていただけると大変助かります~!

あ、それから!
フランスの方がたはもう秋もののお洋服でしたか??
枯葉色なんて着ていったら地味かな・・・

お礼日時:2005/08/12 02:20

再び#3です。


私が行った時のフランスの方の服装は、はっきり言ってバラバラでしたね~。ノースリーブの方も入れば、ジャケットの方もいました。本当にすっごい気温差だったので、朝方、日が沈んだ後は秋冬用のトレンチコート、必要だと思います。私はドイツよりは暑いだろうと思って、半袖の服ばっかり持っていってかなり後悔しました。
がしかし、お昼からの気温の上がり方もすごかったので(ノースリーブでOKなぐらいでしたよ!)、そうなるとトレンチコートは必要ないかもしれませんが、あの寒さをこらえるのはかなりつらいと思うので、持って行った方がいいと思います。
ちなみに私が住んでいるのはドイツの北部なんですが秋冬のトレンチコートが終日必要なぐらい寒いです。昨日はトレンチコート、タートルネックのセーター、ロングブーツの方をみかけて、「今って何月?」って思いましたよ。
フランスはドイツより気温が高そうなので、半袖の服、又は薄手の長袖にトレンチコート(枯葉色素敵ですね!)を羽織るぐらいでいいと思います。
では、よい旅をお楽しみくださいね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます~~!!
オススメにしたがって、秋冬用のトレンチを持っていくことにしました!
暑ければ脱げばいいですが、寒いのはどうにもならないですもんねv
しかし、ヨーロッパはすごい気温差ですね…!
衣替えなんて必要ないみたい(笑)

これからコートの中身を考えたいと思います。
ホントにありがとうございました~~!!

お礼日時:2005/08/14 01:38

こんばんは。


パリコレで8月の下旬から何度か行きましたが、寒い時は、トレンチコートを着ている人がいました。八月だというのに。しかし、おとどしは確か猛暑で、熱中症で死者もでたとか。いずれにしても、8月下旬なら薄いブルゾン、ジャケット、カーディガンくらいはおもちになったほうが、とはいってもジャングルに行くわけではないので現地でおかいもとめになってもいいかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

8月のトレンチコート…
日本で考えると!?なかんじですが、それくらい寒いということなんですね!
わーん、夏よりにするか秋よりにするか、悩みます~~!!(T_T)
回答ありがとうございました!

お礼日時:2005/08/12 02:09

経験はないんですがまさに今、渡航準備に追われているものです。


海外経験豊かな方が同行してくれるので色々アドバイスを受けたのですが、やはり朝夕は寒いそうですよ。
しかし日中はかなり暑くなる事もあるのでやはり重ね着で乗り切るのが一番だそうです。

半袖やノースリーブ、長袖シャツ、トレーナーやパーカ、と気温に応じて重ねて行き、それでも寒い事もあるのでウインドブレーカーがあると便利だそうです。

それと日中は暑くて汗をかいて、日が落ちると途端に寒くなったりするので綿100%よりもポリの入った乾きやすい物がいいそうです。
湿度か日本とは違いますので気温の数字だけでは図れないようです。
あとスカーフ(その方は風呂敷を持って行けばバッグにもスカーフにもなって便利と言ってます)など首に巻くものがあるとずいぶん寒さが凌げるそうです。
日差しは結構強かったりするので帽子もあった方がいい、との事でした。

と、こんな感じで荷物を詰め終わったところ…。
あと必要なものは現地調達ですね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おおっ!
今頃はフランスでしょうか?
なるほど、ノースリーブからトレーナーまで、重ね着で乗り切る!
ううう、クローゼットの中を総点検です(T_T)
アドバイスありがとうございましたv

あっ、お帰りになりましたら、ぜひぜひ経験談をお聞かせいただきたく~!!vv

お礼日時:2005/08/12 02:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q9月のパリの気候とファッション

9月のパリの気候とファッション
について、パリ在住や詳しい方教えてください。
9月8日~14日まで一人でパリに滞在します。
夏のヨーロッパは初めてで、天気予報を見てもピンときません。
長袖がいいのか?半袖などに羽織り物があったほうがいいのか?
またファッションですが、観光の他、ブティックも少しのぞくつもりです。
高そうなファッションだとメトロなどでは狙われると聞きますし、
安っぽい格好だとブティックには入れないでしょうし、
観光と買い物は分けて考えればよいでしょうか?
当方、アラフォー女性、日ごろはかなりファッションには気を使っています。

Aベストアンサー

9月のパリは日本で想像するより肌寒く日中感じる日もあります。
空気が乾燥しているので、そうなのかもしれません。

 薄手のセーター、秋用のジャケットは必ず持参してください。
半そでは不要ですよ。
私はヒートテックを肌着に着たりします。
今はユニクロもパリにあるので・・・(笑)

 買い物を観光は完全に分けてください。
アラフォーだと入る店も若い人とは違うでしょうから。

 高級ブティックにはジーンズでもいいですが、スニーカーは×
30万円以上の買い物したら、タクシーをお店で呼んでもらってください。
一流店になると、30万円以上ぐらい買い物したら、ホテルまで届けてくれます。
アラフォーでファッションに気を使っていらっしゃるなら、
そのようにされると安心ですよ。

 それから、高級宝飾店には完全に買う意思がないならば、
外からのウィンドウショッピングだけにしておきましょう。
鍵を開けてもらい、中に入るということは購入する意思があると見なされます。
購入を迷っているなら、ギャラリーラファイエットなどデパートの売り場で良く見て悩んでください。
そして、路面店・本店でシャンパンやお茶を飲み、最終選択をし、話しながら楽しく購入されたらいいですよ!


 

9月のパリは日本で想像するより肌寒く日中感じる日もあります。
空気が乾燥しているので、そうなのかもしれません。

 薄手のセーター、秋用のジャケットは必ず持参してください。
半そでは不要ですよ。
私はヒートテックを肌着に着たりします。
今はユニクロもパリにあるので・・・(笑)

 買い物を観光は完全に分けてください。
アラフォーだと入る店も若い人とは違うでしょうから。

 高級ブティックにはジーンズでもいいですが、スニーカーは×
30万円以上の買い物したら、タクシーをお店で呼んでもらっ...続きを読む

Q夏のヨーロッパに行かれた女性の方

7月にドイツ、スイス、フランスのツアー旅行に参加します。
そこで経験者の方にお聞きしたいのですが、服装や持ち物はどんな感じでしたか?
スイスでは少しハイキングがあるのでスニーカーは必要だと思っているのですが、他の町ではどのような靴が良いのか迷っています。
スニーカー一足(おしゃれスニーカーではなくランニングシューズ)だと当然服装もジーンズとTシャツなど、上着はパーカーやネルシャツなどのスポーティーな感じになってしまいそうなのですが、せっかくパリなどの町歩きをするのにちょっと雰囲気が出ない気がします。
日本の夏ではほとんどサンダルやミュールなのですが、ヨーロッパで素足では寒いのか、また歩きにくいのでしょうか?
あまり荷物も増やしたくないですし、今から買って慣れないのも嫌なので既存のものでと思っています。
スニーカーともう一足、
(1)後ろストラップの2WAYタイプの楽なサンダル(素足)
(2)かかと部分のないヒールのある靴(パンツをはくと前から革靴のようにみえるもので靴下は履ける。着脱は楽)
(3)ストラップのあるバレエシューズのようなローヒール(パンプス用の靴下?しかはけないためあまり歩くと痛くなる)
どれがましでしょうか?

帽子もあったほうが良いとされてますが、それは普通の綿のハットかニット帽のほうが良いか迷っています。(個人的には秋~春はニット帽をよくかぶっています)
また皆さんがどのような服装、靴、持ち物で行かれたかぜひ教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

7月にドイツ、スイス、フランスのツアー旅行に参加します。
そこで経験者の方にお聞きしたいのですが、服装や持ち物はどんな感じでしたか?
スイスでは少しハイキングがあるのでスニーカーは必要だと思っているのですが、他の町ではどのような靴が良いのか迷っています。
スニーカー一足(おしゃれスニーカーではなくランニングシューズ)だと当然服装もジーンズとTシャツなど、上着はパーカーやネルシャツなどのスポーティーな感じになってしまいそうなのですが、せっかくパリなどの町歩きをするのにちょっと...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、何度かヨーロッパに行っているので一部体験談で。

夏のヨーロッパって意外に暑いですよ。9月に行った時でも半そででも暑い日がありましたから。特に今年のドイツは現地在住の友達によると既にかなり暑いとのことですので、寒さ対策は、念のためはおるものを用意しておけば良いかと思います。ただ、確かに雨や曇りの日に急に寒いということもありますので、月並みですが重ね着できて脱ぎきしやすい恰好がいいと思います。もちろん山間部などはこの限りではありませんので、心配ならネットなどで現地の平均気温か現在気温を確認なさるのを一つの方法かと思います。

帽子は日よけも兼ねて綿のハットが良いと思います。No1の方と意見が相反して申し訳ありませんが、日傘はやめた方がいいと思います。もちろん雨用の折りたたみの傘はあった方がいいと思うのですが、あちらでは日傘をさすのは一般的でないんじゃないかと・・・。一度ツアーで、イタリアに行った時、同じツアーの方が数人日傘をさしていて、他の国の人々に”なぜ、雨が降っていないのに?”と指をさされたり、実際質問もされましたから・・・。地域によって違ってたら申し訳ないですが、他の国に行った時にも見た記憶はありません。
ただ日差しが強いのは事実ですので、綿のハット、日焼け止め、サングラス、があればよいかと。

靴についてはこれは個人差が多いと思うのですが、アドバイスできるとすればヨーロッパの街は歩道がほとんど石畳だと思った方がいいということですね。どの靴が一番、長時間石畳を自分は歩きやすいか??それを考えてみると答えが出るかなと思います。
”これがいいです”と言いきれなくてすみません。

荷物はまあ、割と何でも買えちゃうので、雑貨的なものは最低限のものでいいと思います。服装はちょっとしたレストランで食事を・・・と考えているならば、しわにならないようなワンピースを一枚持っていくといいと思います。ヨーロッパだと着替えてディナーが普通なので。ドレスコードがあるところもありますから、すでに行きたいお店が決まっているなら、一応、確認しておいた方がいいと思います。(ツアーならあらかじめ決まっているんですかね?)

あまり回答になっていませんが、1か所でも参考になれば幸いです。
良い旅行になるといいですね。

こんにちは、何度かヨーロッパに行っているので一部体験談で。

夏のヨーロッパって意外に暑いですよ。9月に行った時でも半そででも暑い日がありましたから。特に今年のドイツは現地在住の友達によると既にかなり暑いとのことですので、寒さ対策は、念のためはおるものを用意しておけば良いかと思います。ただ、確かに雨や曇りの日に急に寒いということもありますので、月並みですが重ね着できて脱ぎきしやすい恰好がいいと思います。もちろん山間部などはこの限りではありませんので、心配ならネットなどで現地...続きを読む

Q8月のヨーロッパ旅行の服装

8月に、ヨーロッパ周遊旅行を計画しています。訪れる場所は、

フランス:パリ、モンサンミシェル
ベルギー:ブリュッセル、ブルージュ
オランダ:アムステルダム
ドイツ:フランクフルト、ロマンチック街道
スイス
イタリア:ベニス、フィレンツェ、ローマ、カプリ

上記全てを訪れるかはわかりませんが、上記のフランス、パリと
ドイツロマンチック街道、そしてスイスは絶対に行くつもりです。
そこでいくつか質問があります。

1.持っていく服は、日本の夏服と同じもので良いのでしょうか?
イタリアは暑いと聞きましたが、スイスは寒そうな気もします。
それから、こういう服装がオススメというのがあればそれも教えてください。

2.靴はどういうものが良いのでしょうか?私は夏はサンダルばかり履いてますが、
サンダルじゃおかしいですか?沢山歩くだろうし、スニーカーですか?

3.出歩く時に持つ鞄はどんなものが良いですか?
やはりショルダーバックがオススメですか?オススメの大きさも教えてください。

ちなみに、私は20代の女性です。宜しくお願いします。

8月に、ヨーロッパ周遊旅行を計画しています。訪れる場所は、

フランス:パリ、モンサンミシェル
ベルギー:ブリュッセル、ブルージュ
オランダ:アムステルダム
ドイツ:フランクフルト、ロマンチック街道
スイス
イタリア:ベニス、フィレンツェ、ローマ、カプリ

上記全てを訪れるかはわかりませんが、上記のフランス、パリと
ドイツロマンチック街道、そしてスイスは絶対に行くつもりです。
そこでいくつか質問があります。

1.持っていく服は、日本の夏服と同じもので良いのでしょうか?
イ...続きを読む

Aベストアンサー

まず気候です。
基本は日本の夏服で良いと思います。
が、このところヨーロッパは天候不順で、5月に猛暑の日があったり、8月に寒波があったりすることがめずらしくありません。
またヨーロッパの夏は、暑くても湿度が低い事が多く、日陰や朝晩と、日中の気温差が激しいのも特徴です。
夏服+長袖1枚位、上に羽織れる物でしょう。
スイスだから涼しい、イタリアだから暑いというわけでもありません(平均値を見ると当然そうなりますが、ピンポイントで見るとお天気などにも因りますので)

履物は履きなれたものであればサンダルでも構わないと思います。が、スイスでハイキングなどを計画されている様であればスニーカーが望ましいですし、お天気が崩れた時のことも考えると、やはりスニーカーが便利です。
足元は常に石畳。それも数百年ものもありのでこぼこです(笑)
ちなみに私はスニーカーとビーチサンダルです。ビーチサンダルはあまり荷物にもなりませんし、ホテルの室内でスリッパ代わりに使用できます。あまりキレイでないバスルームだったらビーサンでそのまま使えますし、ホテル内をうろつく程度でしたら履き替えも不要です。

バッグは斜めがけが出来て、入り口がファスナーのショルダーバッグ、お腹などに巻ける貴重品入れです。
個人旅行では貴重品の管理がポイントになります。イタリアの様な国に行かれるのであれば、団体旅行でもコレをお勧めしています。
斜めにかけているショルダーバッグでも、人ごみでカバン本体をばっさり切られたり、後から来た人にショルダー部分を切られたら終わりです。(スリはプロどころか芸術家です。他国からの出稼ぎ組みも多いですが、いずれにしても信じられない手際の良さです。)

その他の諸注意
尚、美術館などはリュックサックの持込が出来ない所が多いです。
教会などはノースリーブ、破れたジーンズ、ミニスカート(膝より上)は入場が規制されることが多いです(特にイタリアなど)
紫外線が強いです。サングラス、帽子、日焼け止めなどをお忘れなく。
ドイツ・スイスなどは冷房のない施設も多いので、覚悟も必要です(笑)

その他何か気になる点がありましたら補足して下さい。

まず気候です。
基本は日本の夏服で良いと思います。
が、このところヨーロッパは天候不順で、5月に猛暑の日があったり、8月に寒波があったりすることがめずらしくありません。
またヨーロッパの夏は、暑くても湿度が低い事が多く、日陰や朝晩と、日中の気温差が激しいのも特徴です。
夏服+長袖1枚位、上に羽織れる物でしょう。
スイスだから涼しい、イタリアだから暑いというわけでもありません(平均値を見ると当然そうなりますが、ピンポイントで見るとお天気などにも因りますので)

履物は履きな...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qパリ観光には何にち必要??

来月初めてパリに行きます。
夕方パリ着で、翌日の夕方から深夜までコンサートに行きます。
それ以外で4日程パリ観光のため滞在しようかと思ってますが十分でしょうか?(何処に行きたい、何を見たい、何をしたいかにもよるかと思いますが。)
美術館にいけたら1日程行き、ベルサイユ宮殿に興味があります。
エッフェルタワーと凱旋門にも行く予定です。
朝市などプラプラと町散策でも魅力がありますね。
観光場所があちこちにあるので何処に行ったら良いのかわかりません。
お勧めなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

SNCFはフランス国鉄の事なので特に早い乗り物というわけではないと思います。メトロに乗り、「サンラザール駅」で降りて階段で地上に出ると目の前にSNCFがありまして、そこで乗り換えてベルサイユに行きましたよ。大体ベルサイユまで20~30分位電車に揺られてましたかね・・・。SNCFの乗り場はとても広すぎて券売所窓口が見つけられなくて、しょうがなく自動券売機から試行錯誤して買いました。小銭が6,7ユーロくらいで片道買えたような気がします。色々いじっているとベルサイユ宮殿近くの駅の名前が券売機に表示されますので。
だから、メトロでもSNCFでも見たい建物の近くの駅がわかる資料があると大変助かりますね。
着いたら手持ちの地図には広場みたいな絵が書かれていたのでそちらへ行ってみたら朝市が開かれていました。
朝は9時前位にはベルサイユ宮殿前にいましたよ。その頃はベルサイユの券売所はガラガラでした。
ちなみにRERという電車の方が更にベルサイユに近い駅で降りれるのですが、帰りに利用したら治安に不安を覚えてしまい、二度と使わなくていい。と思いました。不良少年みたいな人や急に署名を求めてきたり、雰囲気が既に良くなかったです。

前の方が書かれているサクレクール寺院(モンマルトルの丘)にも行きましたが、フランスらしい雰囲気で私も好きです。いろんな所にオシャレなお店も並んでますし。サクレクール寺院に行く坂の途中のお店の並びには安い卸売りの服が並んでいて楽しいです。ただ、サクレクール寺院には高額なミサンガを勝手に腕に巻きつけてお金を取ろうとする黒人がいます。アジア人狙いみたいなので気をつけて見て下さいね。
添付したファイルはクチコミ情報ばかりなのでとても役に立ちました。
ベルサイユへの行き方も載っていますのでご参考にどうぞ。

参考URL:http://www.france-tourisme.net/

SNCFはフランス国鉄の事なので特に早い乗り物というわけではないと思います。メトロに乗り、「サンラザール駅」で降りて階段で地上に出ると目の前にSNCFがありまして、そこで乗り換えてベルサイユに行きましたよ。大体ベルサイユまで20~30分位電車に揺られてましたかね・・・。SNCFの乗り場はとても広すぎて券売所窓口が見つけられなくて、しょうがなく自動券売機から試行錯誤して買いました。小銭が6,7ユーロくらいで片道買えたような気がします。色々いじっているとベルサイユ宮殿近くの駅の名前が...続きを読む

Qいくらユーロに換金すればよいですか?

お世話になります。

1週間後にフランス、パリに6日間旅行します。
その際、現金はいくら持っていった方がよろしいでしょうか?
現在、200ユーロ換金しました。

よろしくお願いいたします。

また、その他パリ旅行への注意点などありましたら教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

年末に9日間パリとモンサンミッシェルを個人で旅行してきました。
どのようなお金の使い方をするのかで違うと思いますが、現金は200ユーロ位にしておいた方がスリや紛失などの万が一の時にリスクが少ないと思います。それと、高額紙幣よりは10、20ユーロ札が沢山あった方が便利です。
それと、切符などの自動販売機は紙幣が使えない物がほとんどです。ただし、クレジットカードは使えます。
パリは観光施設の入場料や小さなお店までクレジットカードが使えますので、クレジットカードをメインの支払いにする方が精神的にも楽かと思います。(暗証番号を入力する必要がありますので忘れずに!)

イーバンク銀行などの国際キャッシュカードも何処でも使用できました。ATMが24時間何処でも稼働していますので、現金が不足してきたら国際キャッシュカードやクレジットカードのキャッシングなどで補充するのも良いかと思います。(200円程度の手数料がかかります)
パリで日本円をユーロへ街の両替所で両替することも可能です。

余った現金のユーロは帰国後に両替所で日本円に変えられますが、レートから1ユーロあたり約5円低いのが一般的だと思います。
貨幣(コイン)はチップや小さな買い物に便利なので現地に数日居るとどうしても増えてしまうと思います。コインはそのまま持ち帰っても「大黒屋」などのチケットショップではユーロのコインも日本円に両替してもらえますので、もうしばらくユーロ圏に行くことがなければ紙幣と一緒に両替して貰うと良いかと思います。交換レートは空港や銀行の交換レートとほぼ一緒です。

パリは年末~年始までいましたが一日の中でも気温差が激しいです。それと晴れていたと思ったら急な雨や雪・・・など。外出中は面倒がらずに天候や気温の変化に対応できる服装や用意をお勧めします。
バリは寒いですが北海道ほどの寒さには感じませんでした。でも外に長くいると底冷えする感じですかね~。

ぼん ぼゃ~じ。

https://www.youtube.com/watch?v=JSXyQBb70XI

年末に9日間パリとモンサンミッシェルを個人で旅行してきました。
どのようなお金の使い方をするのかで違うと思いますが、現金は200ユーロ位にしておいた方がスリや紛失などの万が一の時にリスクが少ないと思います。それと、高額紙幣よりは10、20ユーロ札が沢山あった方が便利です。
それと、切符などの自動販売機は紙幣が使えない物がほとんどです。ただし、クレジットカードは使えます。
パリは観光施設の入場料や小さなお店までクレジットカードが使えますので、クレジットカードをメインの支払い...続きを読む

Qパリで購入して、お得なブランドは??

パリに旅行に行きます。

バックや洋服、アクセサリーのブランドで、
「日本にまだ入ってきていないけど素敵」とか
「日本で購入するのに比べると金額的にかなりお得」とか
教えていただけると助かります!
ルイヴィトンとかアニエスベーとかって
日本とどのくらい金額違うのでしょうか?

また、お土産として買ってきて、
喜ばれたものなどあれば、教えてください!

Aベストアンサー

パリではないのですが、フランスでロンシャンのバッグを購入しました。パリでも、ラファイエットやプランタンに店舗が入っているので容易に見つけることが出来ます。

私が行ったときは、たまたまセール期間でとてもお買い得でしたので
折りたたみのできるオーソドックスな「プリアージュ」という商品の、日本で1万以上する一番大きいサイズが5000円程度で購入出来ました。
セールじゃなくても、日本よりは安く手に入りますし軽いし小さくなるし、とても便利です。
旅行に行くときに、手持ちのバックに入れていけば荷物が増えてしまっても安心です。
帰国する際にお土産で荷物が増えてしまって困りがちですが、ロンシャンなら軽いのでそんな心配も必要ないです。

お土産ですが、スーパーで売っているマヨネーズが可愛いビンに入っているので喜ばれました。使用後にグラスとして使えるものです。
空港にあった変わったマスタードや、チーズも喜ばれましたよ。
気をつけて、楽しんで来てください!

参考URL:http://www.longchamp.com/

Qスーツケースベルトは必要ですか?

卒業旅行のためにスーツケースは買ったのですが、スーツケースベルトを買おうか迷っています。スーツケースベルトはスーツケースが開かないように固定するのと、目印のためだと言われますが正直必要ないと思います。経験者の方は教えてください

Aベストアンサー

スーツケースベルトの目的は、3つあります。
2つは、ご質問者の方も言われているように、スーツケースが開かないように固定するため、それと「目印」のためです。(「目印」は、主たる目的ではないと思います。)
もう一つ、重要な目的があります。空港職員による解錠-窃盗を防止するためです。スーツケースは、合鍵やピッキングで簡単に明けることが出来るそうです。ダイヤルロックも、慣れた人にとっては10秒程度で明けることが出来るそうです。昔からこの手の犯罪は後を絶たず、外国の空港では荷物の仕分場に監視カメラを付けているところもあります。ニュースで、監視カメラによる窃盗の現場の映像を見たことがあります。
窃盗は素早く行わなければならず、スーツケースベルトがあるとベルトを外すのに手間が掛かるため、窃盗者が手を掛ける可能性が低くなる、ということになっています。そのため、取り外しが便利なスーツケースベルトというものは一切売っていません。

なお、米国は安全確認のためスーツケースを明けることが認められおり、TSAロックという公認の鍵以外は施錠しないようアナウンスされてます。渡航先が米国の場合は、スーツケースベルトも意味が無いと思います。

スーツケースベルトの目的は、3つあります。
2つは、ご質問者の方も言われているように、スーツケースが開かないように固定するため、それと「目印」のためです。(「目印」は、主たる目的ではないと思います。)
もう一つ、重要な目的があります。空港職員による解錠-窃盗を防止するためです。スーツケースは、合鍵やピッキングで簡単に明けることが出来るそうです。ダイヤルロックも、慣れた人にとっては10秒程度で明けることが出来るそうです。昔からこの手の犯罪は後を絶たず、外国の空港では荷物の仕...続きを読む

Qヨーロッパの夏休みの期間はどの辺ですか?

ヨーロッパの夏休みの期間はどの辺ですか?
ヨーロッパでバカンスで夏休みを取るのは有名な話ですが、
話によると夏は約3週間、冬2週間と聞きます。
 
実際には8月1日頃から3週間となるのでしょうか。
それとも8月末に合わせて3週間となるのでしょうか。
 
また、これらの期間に旅行に行くと、お店なども限られてきますか。
それともお店はかき入れ時なので、どこも熱心に商売しているのでしょうか。

Aベストアンサー

>ユダヤ教に至っては日曜日は労働すら禁止だそうですね。

ユダヤ教は土曜日が安息日です(正確には金曜の日没から土曜の日没らしい)
キリスト教も最初は土曜日だったらしいです。今調べたら正教会は今でも土曜だと。
イスラム教は金曜日。

でも西欧社会は日曜休みで動いているのだろうと思います。
ギリシャやロシア(正教の国)も日曜休みみたいですし。
(北米に住んでいるイスラム教徒は金曜でなく日曜日に礼拝に行くと本で読んだことがあります)

何曜日かという理由はそれぞれ違うようですが、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は兄弟宗教ですから、似た考え方があるんじゃないでしょうか。

ちなみにユダヤ教徒も現代では正統派から気にしない人までさまざまですので、世界中のユダヤ系の人が全員、安息日には働かないと考えているわけではないです。


まあでも、ヨーロッパは「休むときは休む」感じなのでしょうね。
数年前に行った韓国の秋夕時期もかなりのお休みモードでしたが・・・・・日本も正月あたりはもう少しお休みモードに戻っていいんじゃないかと思ったりします。

学校の夏休みはアメリカやカナダも6月途中で学年が終わり、8月終わりか9月初め(地域により違う)に次の学年が始まると聞きます。西洋は学年の開始が9月始まりなので、どこもこんな感じなんじゃないでしょうか??
スペインは9月中旬まで休みだとか(笑)
大人は会社によって異なるが「少なくとも2週間」だそうです。
http://www.spain-column.com/2007/06/post_5.html

観光的見地からすると、地域によっては真夏は暑過ぎるとか、地元民で混むとかありそうな。
ヨーロッパ旅行は6月ぐらいが良い季節ではないかと思います(時期を選べるならばですけどね)。

参考URL:http://kasespain.muybien.info/live/live017.htm

>ユダヤ教に至っては日曜日は労働すら禁止だそうですね。

ユダヤ教は土曜日が安息日です(正確には金曜の日没から土曜の日没らしい)
キリスト教も最初は土曜日だったらしいです。今調べたら正教会は今でも土曜だと。
イスラム教は金曜日。

でも西欧社会は日曜休みで動いているのだろうと思います。
ギリシャやロシア(正教の国)も日曜休みみたいですし。
(北米に住んでいるイスラム教徒は金曜でなく日曜日に礼拝に行くと本で読んだことがあります)

何曜日かという理由はそれぞれ違うようですが、ユダヤ教...続きを読む

Q9月下旬のイギリス&フランスの服装について

九月下旬から末まで、イギリスとフランスを急ピッチで1週間で旅行します。色々とありまして、これからやっと準備にかかれます。

私は旅行の時に一番迷うのが「現地での服装(気温&場所に馴染むか)です。最初は8月の予定だったのですが、この時は「夏服でいいやー、そんなに迷わないだろう」と思ってました。しかし、9月下旬に日程が変更して・・・。いつも日本にいても、この季節の変わり目衣替えの手前の時期は「何をきるか」本当に悩んでしまうくらいですから、外国となるとさらに悩んでしまいます。洋服はかなりもってない方です(汗)。

9月下旬は、イギリス&フランスは

1.半そでに、薄手のカーデorパーカーを羽織るくらい?
2.本格的に長袖
3.上記1&2の両方の用意(半そで/薄手羽織る物/長袖)全部
4.その他の服装

とどれでしょうか・・・。

現地での予定は、フォーマルな事はありません(アフタヌーンティーなど)。ただ、フランスでは、日本人の経営されてる、多分あまり格式ばってないと思われるフレンチの夕食の予定/美術館めぐり はあります。あと、ブランド物のお店も行きません。

あと、フランスでジーンズをはいてる人はいないとどこかで読んだことがあるのですが・・・。本当だとちょっと悩んでしまいます。
考えてる服装は、今、街でみなさんよくきてる「ジーンズ&チュニック?のようながぼっと上から着るトップス」です。

どなたか良い知恵をお貸しくださいm(__)m

九月下旬から末まで、イギリスとフランスを急ピッチで1週間で旅行します。色々とありまして、これからやっと準備にかかれます。

私は旅行の時に一番迷うのが「現地での服装(気温&場所に馴染むか)です。最初は8月の予定だったのですが、この時は「夏服でいいやー、そんなに迷わないだろう」と思ってました。しかし、9月下旬に日程が変更して・・・。いつも日本にいても、この季節の変わり目衣替えの手前の時期は「何をきるか」本当に悩んでしまうくらいですから、外国となるとさらに悩んでしまいます。洋服は...続きを読む

Aベストアンサー

ヨーロッパ在住です。
9月下旬の気温は、どちらかというと、もう暖かくはないと思います。7月にロンドンに行った事がありますが、たまたま天気が悪く寒くて、長袖を着ていました。

ヨーロッパは天気(&朝晩)によって気温の差が激しいので、基本的な服装は、長袖(Tシャツ地などの薄手でも可)+上着(ジャケットなど)をお勧めします。

天気が良ければ、稀に半袖+上着でOKの日もあるかも知れませんが、こればかりは何ともいえないので、もし半袖も持参するとすれば、Tシャツ等が1~2枚あれば十分かと・・・
温度調節の為に薄手のセーターか羽織る物もあると便利ですが、寒い日や夜の外出には、ちゃんとした上着(ジャケットかコート等)は必要です。

ちなみに今日のパリとロンドンの気温は22℃のようです。私は別の国に住んでおりますが、今週は寒く、室内での服装は私の場合、長袖シャツ+ジーンズです。外へは+ジャケットです。
ヨーロッパでは、一般的に外出をする際(フォーマルを除く)もジーンズを履く女性は多いように思います。50代の方になると少ないようですが・・・

とにかく持参される服は、長袖を中心に色んな天気を想定してお持ちして下さい。楽しい旅行を♪

ヨーロッパ在住です。
9月下旬の気温は、どちらかというと、もう暖かくはないと思います。7月にロンドンに行った事がありますが、たまたま天気が悪く寒くて、長袖を着ていました。

ヨーロッパは天気(&朝晩)によって気温の差が激しいので、基本的な服装は、長袖(Tシャツ地などの薄手でも可)+上着(ジャケットなど)をお勧めします。

天気が良ければ、稀に半袖+上着でOKの日もあるかも知れませんが、こればかりは何ともいえないので、もし半袖も持参するとすれば、Tシャツ等が1~2枚あれば十分か...続きを読む


人気Q&Aランキング